ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川が移籍したらセリエAからリャイッチを獲得か?」《ドイツの反応》



ガイレ・トーレ】



もし香川真司が移籍したら:この2500万ユーロの攻撃のスター選手がBVBの補強となる!

entry_img_1639.jpg
引用元:ガイレ トーレ


次の順番がやってきた。


BVBのファンたちは、毎週オバメヤンの後継者の名前が上がる事、そしてそれに関して来シーズンのメンバーに関してもたくさん噂されることに慣れている。


ここ最近は、力強いパフォーマンスで契約延長の材料がそろったとはいえ、香川真司の残留はまだ確かではない。

スポンサーリンク



しかしイタリアのオンラインサイト“Tuttomeratoweb”によると、香川が去った場合、セリエAの選手がBVBのボスのターゲットとなるようだ。



BVBはアデム・リャイッチを2500万ユーロで獲得するか?


20170501041459922.jpg


アデム・リャイッチはこの夏トリノからASローマへと移籍したばかりだが、力強いシーズンを過ごしている。これまでの公式戦32試合で、10ゴール10アシストを記録し、スコアポイントは20となっている。


リャイッチは非常に多くのポジションをこなすことができ、そこにはサイド、トップ下、シャドーも含まれている。



とにかく、この補強は香川が移籍した場合に現実的になるようだ。


リャイッチが、シーズン後にクラブを去る可能性は決して低くないとみられている。ミハイロヴィッチ監督とあまり上手く行っていないからだ。


ガイレ・トーレの見解:リャイッチが来るのは実際香川が移籍した場合という事だが、香川は現時点では移籍する可能性は低い。


また、マリオ・ゲッツェやアンドレ・シュルレという高額のスターがBVBでのチャンスを狙っている事を忘れてはならないし、リャイッチのポジションは彼らと似ている。


それに、そもそも必要なのはオバメヤンの後継者だ。まあいずれにせよBVB移籍に関する噂が熱くなることは間違いない。







以上です。

ガイレ・トーレという、今まで一度もこのブログで扱った事がないサッカーサイトの記事でしたが、紹介しました。元のソースはイタリアのオンラインメディアのようで、これもまああまり信ぴょう性がありませんね。まあただイタリアの噂を紹介するだけでなく、自分たちの見解も載せていますので、まあそういうところは面白いですね。

ドルトムントとしては、来シーズンは大きな補強はする気はないようですので、まあ誰かが出ていくか、出ていく前提での補強となるでしょうね。すでにトプラクの獲得が決まっていますので、まずはギンターが移籍するかもしれませんね。

2列目はまずはモアがローンで出される可能性が高いですね。香川選手に関しては、とりあえずポカール決勝までは特に動きはないのではないかと想像しています。。




[ 2017/05/01 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(18)
管理人さんの言うようにシーズン終わるまで明らかになることはないと思います
ユナイテッド移籍時は契約延長の意思がないことがシーズン中に明らかになっていましたし、ユナイテッド在籍時も移籍する意思はないことをはっきり言っていましたから
W杯前というのが判断を難しくしそうですね

[ 2017/05/01 07:18 ] [ 編集 ]
次の順番ってオバの次に香川の移籍の噂話という事ですかね。シーズンが終わればより活発になりそうですね。香川の場合は新しいチャレンジを選ぶかと思ってたけどここにきてドルに残る可能性もあるかなと思えて来ました。一つは今季思い通りの結果が出せず年齢的にもステップアップは難しい事。そして再びCLで戦いたいという望み。それから皆が思ってるよりトゥヘルとは不仲ではないしドルの競争にも負けない気持ちは強いのではないか。一年延長でW杯後に再び進路を考えても悪くない気がするんですが。まあ魅力的なオファーがあれば話は別です。いずれにしてもこれから香川の周辺はますます騒がしくなりそうですね。
[ 2017/05/01 07:49 ] [ 編集 ]
香川の代わりに2500万€のリャイッチは高過ぎませんか? 香川は最大でも1500万€ぐらいしか移籍金としては得られないと思うので、だったら噂通りブンデス経験もあり若く、トップ下、サイドもこなせて尚且つ800万€と格安のブレーメンのドイツ代表グナブリー取った方がいいと思います。
[ 2017/05/01 08:23 ] [ 編集 ]
ミハエロヴィッチは今ローマで指揮を採っていたのですね。有名クラブの監督達十数名は常にその中をぐるぐる回っているみたいですね・・・

イタリア産はインモビーレは得点王の称号と共にきましたが、通用しませんでしたので良くないですね。ピッチ上でもですが、それ以上に去った後の印象がドルトムントの元選手としてふさわしく有りませんでした。
イタリア人としては自分を擁護する弁解は当たり前の事で必要な文化なのかもしれませんが「真実の愛」のブランドを傷つける事、ファン心理を逆なでするだけの結果になってしまいましたね。
先日のケルン戦後、元ドルトムントの3選手の内、スポディチだけが黄色い壁の祝福を受けていましたね。まあ、去った後にああいうことが起こるクラブというのもドルトムントだけでしょうが、香川がユナイッテドに去った後の#Free
Shinji作戦といい、こういう事がドルトムントの魅力でありブランド力です。だからインモビーレの言動はいただけませんでした。ちなみにヨイッチも公の場でクロップを批判していましたね・・で放出された。
[ 2017/05/01 08:43 ] [ 編集 ]
トプラク、シャルケ戦でしたかまた負傷してましたね
結構怪我の多い選手なんでバルトラが戻ってきたとしてもギンター出すでしょうか?
モルはこれだけ出場機会に恵まれてないと若いのでローンは本人のためにいいでしょう
怪我のシュールレは来期に間に合うとしてもゲッツェは計算できるのか不安
香川はドルトムントから出て行く時も戻って来る時もギリギリだったのでまぁギリギリでしょう
ブンデス内でオファーがあったとしても香川の場合ブンデス内のオファーは受け付けるとは思わないですね
[ 2017/05/01 08:58 ] [ 編集 ]
香川がいなくなるなら、攻撃的中盤を補強する必要あるんですかね?
まあマルコがまたいつケガするかわからないし、ゲッチェもシュールレも安定して数にかぞえられないし、
モルもローンならもう一人くらいは欲しいのか。
どうなるのでしょうねー
[ 2017/05/01 10:50 ] [ 編集 ]
管理人さんいつも興味深い記事ありがとうございます。
2列目の選手は昨年たくさん取ったはずなのに、まだ探している事に驚きました。
とてもイケメソそうな選手なのは嬉しいですが、気になったのは監督とうまくいってないっていうところからですかね
プレイスタイルなのか性格なのか?

記事にもありますが、現実的に必要なのはCFだと思いますが、、、オバメヤンがどうなるか分かりませんが彼が怪我などで長期離脱の場合どうなるのかなって
いつも思います。
[ 2017/05/01 11:09 ] [ 編集 ]
 ヴァツケら経営陣はゲッツェが主力選手として復帰できる見込みがあるかどうかで、香川に延長オファーをかけるなり、攻撃的MFを補強するなり、このポジションに対する行動をとるつもりではないでしょうか。ゲッツェの状態はどうなんでしょうね?

 ギンターは放出してほしくないです。ドゥルム(24)は年齢的に格別な成長の見込みがないし、ギンターを放出するよりドゥルムを放出してギンターを右SBとして使うほうが良いと思います。
[ 2017/05/01 11:25 ] [ 編集 ]
ミハイロヴィッチとリャイッチの関係は面白いですね
代表チームに召集するもリャイッチが国歌斉唱を拒否して以降呼ばれなくなっていたと思います
トリノでは信頼関係が結ばれている感じですが、リャイッチはボールを持ちたがるので合わない気がしますがドルトムントがそういう血を入れたいと考えているのでしょうか?
[ 2017/05/01 12:54 ] [ 編集 ]
前の選手ならニャブリは獲得して欲しい。稼働率が低いロイスや、オーバメヤンのバックアッパーになれると思う。
ギンター放出するならフライブルクのソユンクの獲得を期待したいところ。
香川は残るにしても出るにしても納得のいく選択をして欲しい。
[ 2017/05/01 14:46 ] [ 編集 ]
ギンターは放出では無くて、本人の移籍希望だった気がします。SBとして常時スタメンで出たいのでライプチヒに移籍したがっているという報道を見ました。ピスチェクの牙城は固いですから・・・

7月の浦和戦に香川が居ない可能性の方が高いでしょう。浦和との試合は100%Jリーグ負担の招待試合ですから、前の川崎戦とは全然意味合いが違います。川崎の時はドルトムントの方からJリーグと試合をしたいと誘ってきた、アジア戦略でした。

思えば、ゲッツエ復帰の時も初めは噂を流して様子見をして、訊かれたら復帰はあり得ない。と答えつつ可能性は否定せず・・いざファンの理解を得られそうだとみると復帰させるも出場はこれまた凄い慎重で、しかも何この上ゲ記事?というゲッツエ上げの記事連発・・
ゲッツエはユース出身のドイツの至宝。出て行き方から南スタンドの裏切者でしたが、本人が戻りたがっていると言う事を公言し始めて、フロントもどっちがブランド価値を下げないかを検討しつつ進めた感が有ります。

香川は正にドルトムントのブランド商品としては最大級の宝です。なぜなら無名の安く若かった選手が、リーグ連覇、2冠の立役者となった。巨漢に自分たちが見つけて育てた選手でが勝ったのですから。だから、フロントは延長してほしいけど、香川にその気が無いならお互いのイメージを落とさないように慎重な対応をするでしょう。
香川ははっきりとCL出場にこだわったブログを更新していますから、それなりのクラブに行くつもりだと思います。


[ 2017/05/01 16:02 ] [ 編集 ]
もう攻撃的な中盤の数は十分ですよ...
香川が抜けたとしてもね
それよりも今のドルトムント一に守備選手二に守備選手三に守備選手です それでやっと四にオバメの後継者探しです
[ 2017/05/01 16:17 ] [ 編集 ]
これリャイッチ側の売り込み記事だと思う。
リャイッチはしょっちゅうドルに移籍か、の
記事を数シーズン見て来たから契約年数から
香川の名前を出されたんでしょうね。

今度こそ本当に動いたのか知りませんが、
性格がきついので(モルタイプ)クラブを転々としてる
イメージがあります

香川はもうすでに決まってるんじゃないかと思ってますが、
クロートは値段つり上げとかの為に他クラブと競合させる為に
こうした飛ばし記事を絶対にださないから、日本のマスコミや
海外のマスコミが連日移籍移籍とか憶測記事をいくつ出そうが
見てる側にはシーズン終わるまで絶対に漏れてこないでしょうね。
[ 2017/05/01 17:11 ] [ 編集 ]
ほかの人の意見でギンターを本格的に右SBコンバートしたら?というのは面白いですね。CBだと個人的に限界だと思っていました。というのもヘディングでのクリアミスや寄せの甘さ、パス回しでの不用意なミス、不要な飛び出しで潰し切れず空いたスペースを活用される等結構不安定だったからです。右サイドバックならクロス精度が活かせるだろうしいいと思いますが、やはりスピード不足、敏捷性の無さ、軽い守備など不安要素はありますね…。 欲しいクラブはたくさんあると思うので移籍しても文句はありませんね。CBは来年 ソクラティス、トプラク、ベンダー、バルトラと枚数的には揃ってますが怪我がちのトプラク、ベンダーがいるのでギンター出すとしたらもう1枚必要ですね。
[ 2017/05/01 17:22 ] [ 編集 ]
まずはトゥヘルと話し合ってシステムに合う選手を探してから獲得してほしいです。スボティッチとクバは何がダメだったのか皆目見当もつかないですけど
[ 2017/05/01 17:32 ] [ 編集 ]
トゥヘルは普通の監督だから、強い即戦力を求めているんだと思います。カストロやシュールレ等は移籍金等やスター性ででぎりぎり許容範囲だったのでしょう。まあ、それ以上の選手の伝手自体トゥヘルは持っていなさそうだし・・

フロントは第2の香川的な選手を探しているんでしょうね。安く無名で性格が良く、何より実力が有る選手。まあこんな金の卵がゴロゴロいる訳も有りませんが。最近はお金も余裕が出て来たので、安くというところにはさほどこだわりを感じませんが、スター選手の獲得はしないでしょうね。あくまで自分たちが見つけて育てたファミリーになれる選手を求めている感じがします。スポディチやクバはフロントは出したくなかったからレンタルですよ。本人が出場機会を求めていたので仕方ありませんね。
[ 2017/05/01 18:45 ] [ 編集 ]
オバメ→イサク、香川→ロイス(中に入って左右にシュールレ、プリシッチ、デンベレ等)
ゲッツェ復活ならイサク、ロイス、シュールレでトップローテとか現時点でも計算出来ます。
攻撃側補充は急務ではないですね。可能性がある若手を見つけたら獲るくらいかな。
DFはトプラク入れても駒不足だしギンター去るなら質より量でシュテンツェルを呼び戻すとかするのかも。
まあ、SBよりCBですよね獲って欲しいと思うのは。
[ 2017/05/02 00:40 ] [ 編集 ]
なかなか居ないんだろうけど、必要なのはフンメルスの後釜ではないでしょうか・・・
スボティッチも放出したし、守備陣をどうするつもりなんでしょうか・・・
[ 2017/05/02 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。