ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・レジェンド!トゥヘルの契約延長を信じず!ドイツ紙《ドイツの反応》




Sport.de



元BVBのプロであるユルゲン・コーラーは、トーマス・トゥヘルとボルシア・ドルトムントの共同作業が、長い間続かないと思っている。


entry_img_1640.jpg
引用元:Sport .de

“僕は、これから契約延長されるとは思えないね。”と1997年のチャンピオンズリーグ優勝者で現在もクラブと深いつながりがある彼は“ヴェルト”で語っている。彼は、ドルトムント内で多くの懐疑的な意見を耳にするようだ。

スポンサーリンク



トゥヘルの契約は2018年まで残る。これまで契約延長についての話し合いは持たれていない。これについての話し合いはシーズン終了後に持たれるようだ。


監督人事はさておき、コーラーはドルトムントは良い人材がそろっていると見ているようだ。“ドルトムンダーは国内でも国外でも戦う事ができる力を持っている。”とかつてのディフェンダーは語った。


コーラーはドルトムントが、来シーズンは優勝争いに絡むと信じている。“もしそうならなかったら、それはドイツサッカーにおいて本当にひどい事だね。”と51歳は語る。


また彼は先週のポカールでバイエルンに勝利したことは、チームの成長にとって非常に重要だったと思っているようだ。“若い選手たちは、このように高いレベルで、トップチームに対抗できることが分かったはずだ。この経験は非常に重要だよ。”





以上です。

コーラーはトゥヘルの契約はないと思っているようです。内部ではトゥヘルの延長に懐疑的な声が多数上がっているとのことでしたが、これは昨シーズン終了後にキッカーが同様の記事を掲載していましたね。確かドルトムントの年配のOBを記念してのパーティーでの話だったと思います。

しかし、トゥヘルとBVB幹部の中が悪いというのは、そもそもはビルトあたりが言い出した事だったような気がするんですが、その元となるエピソードというのは元スカウト部長のミスリンタートの件ぐらいしか表に出てきていないんですよね。これもメディアが作り上げたストーリーなのか、それとも本当の事なのか・・。

まあシーズンが終わればわかるでしょう。もうすぐですね。



それから、先日は多くのコメントありがとうございました。

いろいろ考えましたが、ルール内であれば、自分と意見が違うからと言って、特にコメントを制限するつもりは今のところありません。ただ、思う事があれば、時々それに対する管理人の意見も言わせていただくつもりではあります。

そらからコメントを書く際は以下の点にご注意くださいますようお願いします。

・基本的に丁寧語でのコメントを推奨します。(言葉遣いの粗いものは承認されません。)
・意見を述べる際に、他人の意見を攻撃したり、あまり過剰な反応をしないようにご注意ください。
・意図のわかりづらい(笑)やwwwなどを多用したコメントは承認されません。
・ソースの不明な情報や、他サイトからの情報の貼り付けはご遠慮ください。
・あきらかに挑発を目的と思われるものは承認されません。
・コメントはできるだけ簡潔にお願いします。









[ 2017/05/01 19:11 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)
他クラブから選手を買うのを監督が知ら無いとか、監督の望んでい無い選手をクラブ首脳が勝手に獲得するとか、普通の事なんでしょうか?私は、初めて聞きました。ただ、他クラブの事情が外に漏れなかっただけかもしれませんがね。
どちらにしても、監督としては面白い筈が無いと思うのですが・・リスペクトには欠けますよね。
[ 2017/05/01 19:24 ] [ 編集 ]
トゥヘルのケルン戦後のインタビューがドルトムント公式サイトに出ていますが、良い印象でした。
事件のせいかわかりませんが、その頃から優しくなった気がします。能力は間違いないと思いますので良い方向に進んで欲しいですね。
[ 2017/05/01 19:36 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつも楽しい場をありがとうございます。

トゥヘル監督は優秀な若手監督だと思います。クロップのような実績を残した監督の次で、いまの成績なかなかできないと思います。

リアクションでチカラを発揮するタイプかと思います。ポカールを見てもそうですが、強い相手に作戦勝ちするタイプ。イニシアチブを握ってやるのは苦手、といいますか、これからのような気がします。
[ 2017/05/01 19:52 ] [ 編集 ]
トゥヘルは続かないと思います。
理由はドルトムントではなく上を見てしまっている気がするからです。
[ 2017/05/01 21:00 ] [ 編集 ]
トゥヘルは一からチームを作るには向いているけど、跡継ぎとしてダメだ。

ドルトは完成されたチーム。
戦術まで確立され、それに沿った選手を狙う段階まで突き詰めてる。

そこにトゥヘルの様なタイプが来ても、良さを破壊する事にしかならない。
だから成績が悪く、意味も無く選手が不調にさせられる。

チームのやり方に沿った監督を選ぶべき。
名前でなくてね。
[ 2017/05/01 21:00 ] [ 編集 ]
クロップ時代は選手獲得の場合CEOとSDとクロップと3人の意見が一致してようやく獲得できた経緯があります
今は違いますよね
ほとんどがフロントだけの意見での獲得のようですがどうしてそうなったか経緯をご存知ですか?
もしご存知なら教えてください!
[ 2017/05/01 22:34 ] [ 編集 ]
トゥヘル解任しろの意見はよく聞くが後任はこの人がいい!!とかそういう具体的な声は全く聞かないんだよな…。 トゥヘル解任したとして今より良くなる(ポカール二年連続決勝進出、CLベスト8、CL出場権二年連続獲得)保証なんて無いし、ドルトムントにトップクラスの監督が来てくれるとも思えない。だったらもう一年様子見て若手選手と一緒に若手監督であるトゥヘルにも一緒に成長してもらったらいいんじゃない? クロップもそうだったようにさ。個人的にポカール優勝してタイトル獲得すれば自信付いて監督としての格が出てくると思う。まずは今季タイトル獲得出来るかできないか。出来たら合格でしょ。
[ 2017/05/01 22:44 ] [ 編集 ]
彼の現役時代を知らない私が言う権利はないのかもしれませんが、個人的には元選手というだけで現在内部に居ない人が、こういった人事に関するあれこれについて発言するのは、あまり好印象は持てません。日本ではよく"老害"なんて言葉を目にしますが、彼は現地のドルサポから見たらどういう存在なんでしょうね?その辺りも含めて情報を頂けると、記事の雰囲気がより解りやすいと思います。
[ 2017/05/01 22:49 ] [ 編集 ]
ポカールで優勝した時のみとか、かなり前になりますが最低リーグ3位とかって話もありませんでしたっけ?
今ホッフェンハイムに抜かれて4位になりましたが、その辺りのことも関係しているのかな
[ 2017/05/01 22:52 ] [ 編集 ]
>クロップ時代は選手獲得の場合CEOとSDとクロップと3人の意見が一致してようやく獲得できた経緯があります
今は違いますよね
ほとんどがフロントだけの意見での獲得のようですがどうしてそうなったか経緯をご存知ですか?
もしご存知なら教えてください!

経緯はわかりませんが、そもそも前が異常だっただけでしょう。ビッククラブでこんなクラブ聞いたことが有りませんよ。監督が知らずに採って即レンタルに出すなんて事はプレミアでは日常茶飯事です。

[ 2017/05/01 23:09 ] [ 編集 ]
株主的見方なら、ポカールと3位を確保すれば大成功とは言えずとも、文句なく成功と言えるでしょうね。
ファンからしたら、コーラーのような見方が大勢ではないのでしょうか。どうなんだろうか。優勝とは言わずとも、3位よりも1位に近い方の2位が「成功」の最低ラインになるような気がします。ここのところCLに出てたライバルは軒並み低迷して、ライプツィヒもまだそんなにお金使ってるわけじゃないですから。毎年ファンの満足度調査でもあったら面白いんですけどね。
[ 2017/05/01 23:19 ] [ 編集 ]
クロップが残した実績が大きかっただけに次の監督は大変だなというのが正直な感想です。トゥヘルは経験も浅くビッククラブを率いるのはまだまだという感じですがもう少し様子を見ても良いと思います。選手もですが監督も成長を見守る期間が必要なのでは。コロコロ監督を変えて成功するクラブは少ないですからね。
[ 2017/05/02 00:02 ] [ 編集 ]
どうしてもクロップの影がちらついてる感がありますよね。
自然ともっと熱いキャラクターを求めているような。
とはいえ、トゥヘル以上の采配ができる監督というのも限られますし、無理に改革に走る必要はない気もします。
若手の成長もあるでしょうし。
[ 2017/05/02 00:17 ] [ 編集 ]
トゥヘルは若い良い監督だと思います。バス衝撃事件以降、彼の印象も変わりました。でも今季の補強金額やチームのタレントを考慮にいれると、もうちょっと良い成績で残せないのって思う人もいると思う。ぶっちぎり良い成績だったら周囲も何も言わないよね。元ドルのOBのコメント、トゥヘル続投に対して懐疑的ですが、チームに対しては評価しているので、一概に”老害”とは言い過ぎのような感じがします。いろいろ憶測が出るけど、まずは次節の試合に勝つこととポカール優勝ですよね。
[ 2017/05/02 00:20 ] [ 編集 ]
トゥヘルはまだ若いから、課題があるように思える分だけ成長する余地があると思います。

例えばターンオーバー、選手の統率(人心掌握)、ファンサービス、対マスコミでの選手へのフォローあるいは鼓舞、安定した守備戦術の構築などなど…。

それなりに問題の多い監督ですが、指揮能力は高いと思うので、末長くクラブチームや若手と一緒に成長していけば良いのではと思います。
[ 2017/05/02 01:08 ] [ 編集 ]
管理人さん

もろもろ了解いたしました。

とあるブロガーさんが、コメント欄を閉じれば良い、Bild記事の翻訳をやめればいい、香川選手を押し出さない、自分の言葉で愛情溢れるコラムを書く等とご提案されていました。

これはつまり、ご自身のブログと同じ形を推奨しているのでしょう。
しかしながら私はそれが良い方向性だとはあまり思えません。上記ブログは文体はともかく言葉はメディアからの寄せ集めが多いので、こちらの管理人さんが書いてくださるコメントの方が自然体で、短いながらも書き手のカラーを感じることが出来ます。

こちらのブログの開かれたスタンスに好感を持っています。ご苦心は多いと思いますが、今回のように読者へ呼び掛けるなど裁量は管理人さんがしっかりと取りつつ、引き続きブログを続けていってくださると嬉しいです。

現地での盛り上がっている話題、ちょっとしたユニーク記事、おかしな皮肉っぽいコラムなど、ピックアップ記事を読むことで色んな記者さんが色んな視点を持っているんだと大変楽しめます。もちろん選手を傷つけるような記事は私も傷つきます…。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。
[ 2017/05/02 02:15 ] [ 編集 ]
途中までヤン・コラーの話かと勘違いして読んでました笑
“ディフェンダー”と出てきたので気付けましたがついでにコーラーの事も調べてみました。
なんと私がBVBを見始めた前年に引退されてて全く知りませんでした。。
あのCL優勝メンバーなんですね〜
当時はなかなかドルトムントの情報を日本語で得られなかったので今は良い時代です。
[ 2017/05/02 09:12 ] [ 編集 ]
管理人さんのサイトですから、このような意思表示、方針を提示するのは非常に良い事だと思います。
上の方と同様に自分もこの開かれたサイトスタンスに好感を持っています。このスタイルは管理人さんのお人柄もあると推察しています。
また、海外でやっていく事の厳しさや実際にドイツで生活している人でないとわからない事など、勉強になる事も非常に多いです。
コメントの件は自分にとっても自省する良い機会になりました。意見が違ったとしてもそれはそれ、否定する必要はないですもんね。
翻訳は本当に骨の折れる作業ですし、このクオリティならいっそ有料会員制にするのも良いんじゃ!と思いましたが、管理人さん的には本末転倒なのかもしれませんね。
これからも更新を楽しみにしています。BVBが残り試合全勝でポカールを取って、読むに楽しい記事が多くなる事を信じています。
[ 2017/05/02 10:04 ] [ 編集 ]
私は以前はトゥヘル監督解任を支持していました。理由としては自分の失敗だと言う事が極端に少なかった為です。これでは結果が出ない事が増えれば、選手も付いてこなくなると思うのです。
モナコ戦以降自身のミスを認める発言があったと聞き、今後は自身のミスはミスだと認める方向で行くのかと期待しています。
4位以上はほぼ決まりでしょうし、最低限の仕事はしたとは思います。
[ 2017/05/02 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。