ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ロイスとまもなく契約延長か?ドイツ紙《ドイツの反応》



Sport.de




BVB、まもなくロイスと契約延長か?

entry_img_1645.jpg
引用元:Sport de

ボルシア・ドルトムントは、将来のメンバーの計画にむけて忙しく動き回っている。そしてマルコ・ロイスがこれから数年間のチームの顔となるようだ。


すでにスポーツ・ビルトが伝えているように、この代表選手はまもなく契約を延長するようだ。ロイスの契約は2019年までとなっている。


スポンサーリンク



もし、この攻撃的選手とドルトムントの契約が延長されれば、この27歳がキャプテンになる事もあり得るようだ。ロイスが負傷しなければ、トーマス・トゥヘルも彼をリーダーに従っているようである。現在は左サイドバックのシュメルツァーがその役割を担っている。



背景:バス襲撃事件の後で、ロイスはフィールド内外でリーダー的存在を発揮した。“彼は信じられないような成長を見せた。彼は内側から輝いている。”とトゥヘルは彼を称えている。彼のスポーツ面での意味合いは、もはや争いの余地はない。



この元グラートバッハの選手も、最近ではBVBマガジンでクラブへの思いを熱く語っている。
“僕はドルトムント生まれだし、ここでプレーする事が大好きなんだ。”



これで契約延長を遮るものは何もない。



火曜日のキッカーでは、ロイスのチームメートである香川真司も延長される可能性があると報道していた。これまでにはピスチェク、シャヒン、ヴァイグル、そしてカストロがすでに契約を延長している。










以上です。

ロイスの延長は重要ですね。試合に出ればかなりの確率で活躍するロイス。少なくともシーズンの半分ぐらいは負傷無しでワールドクラスの活躍を見せてほしいです。


さて、気づけば当ブログで紹介した記事もとっくに1500を超えていました。最初の頃と比べると、ものすごくスピードが上がりましたね。さて、ここで告白しますが、元記事の人名はほぼ必ずフルネームで書かれていますし、年齢がのっていることも割と多いです。でも管理人は、時々フルネームをタイプするのが面倒くさいので、ゴンザロ・カストロ、というところをカストロと略して書いてしまっています。一人だけだったらいいんですが、今回の記事のように4人ぐらい続くと結構長いんだ、これが。

でもここの読者は選手の名前はたいていみんな知っていると思うので、まあそのぐらいは許してください・・・。



【おまけ 今日は夜なべ】

20170504063533e60.jpg

桜の塩漬けの塩抜き乾燥中
[ 2017/05/04 06:27 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(15)
ロイスは今のドルトムントに欠かせない選手で延長は当然です
以前、トロフィーが欲しいとか言ってましたがそれがリーグ戦でのことかCLでのことかどのことか分りませんがポカールなら今期可能性はありますね
怪我が少なければとうの昔にメガクラブに移籍してたでしょう、ここは何とも
[ 2017/05/04 08:17 ] [ 編集 ]
何をおっしゃいます管理人様。
むろんフルネームを略してもここの読者にはほぼ影響ありませんし、
何より現地での貴重な情報を発信していただいていることにいつも感謝しています。
これからもご無理することなく、末永くよろしくお願いします。
[ 2017/05/04 09:51 ] [ 編集 ]
 ロイスがBVBのキャプテンとしてシャーレを掲げる日が来ると信じています。彼は味方を鼓舞するタイプではありませんが、勝利に対する貪欲さはプレーを見ていて感じます。トゥヘルに従順ではありませんが、癖のあるトゥヘル体制だと、そのくらいのキャプテンのほうがバランスが取れるんじゃないですかね。
[ 2017/05/04 10:09 ] [ 編集 ]
分かります、ロベルトレヴァンドフスキとかレヴァンドフスキですら長いと思いますし
あとトゥヘル在任中は厳しい気もしますがロイスにはタイトルを獲らせてあげたいな、タイミングというかシンジ以上に運がないのに誰もが認めるあのセンスですからね、不憫で不憫で
追記、自分も桜の塩漬け作りました、おむすびにしてお花見の時に持ってきました
[ 2017/05/04 10:24 ] [ 編集 ]
ロイスはドルトムントの神。 ユニフォームもロイスの11番で買ってあるし大事な試合の時はそれ着てドルトムント応援してる。怪我が多いけど試合に出れば眩いほどの輝きを見せるし、ビジュアル面でも欧州サッカー界でトップクラスのイケメンw 是非ともドルトムントと契約延長して今後もドルトムントの顔としてタイトル獲得、そしてレジェンドになって欲しい!! その為にもポカールの獲得が大事な一歩になると思う!! 今期は契約延長する選手が多くてとても嬉しいです!!
[ 2017/05/04 11:06 ] [ 編集 ]
初めてコメントさせていただきます。いつも貴重な情報ありがたく拝読しております!

ロイス延長は当然ながら大きなニュースですね。すぐにイライラする王様気質がCP向きかはともかく、その才能実力人気は圧倒的ですからね。香川さんの移籍問題が取り沙汰されていますが、相性良いこのホットラインをもっと見ていたいです。
あと最後の「告白」何事かと思いきや、フルネームタイプが面倒って笑。管理人様のお茶目な一面に笑いました。2000,2500postとこれからも楽しみにしております。
[ 2017/05/04 11:08 ] [ 編集 ]
許しましょう!
そういえばドイツでは結婚すれば性はどちらかのになるんですか?
香川選手がドイツ人と結婚すれば名前がどうなるのかと思いまして
[ 2017/05/04 11:21 ] [ 編集 ]
ロイスもステップアップしたかっただろうに
怪我でその可能性も少なくなりましたね
その変わりに引退するまでドルトムントにいてくれそうで良かったと思うしかないですね
[ 2017/05/04 14:40 ] [ 編集 ]
ロイスのレベルからすれば、ドルトムントの角落ち感は否めない。
しかしドイツ国内でアイドル的な人気を誇る彼にとって、国外に出て行くよりも、ドルトムント(ドイツ随一の人気クラブ)に所属している事はかなりメリットが大きいだろう。
クラブ以外から得られる収入などを考えればね。

バイエルンを蹴って入団した時から、ローマにおけるトッティのような存在になる運命だったのだと思う。
あの時バイエルンが味わった危機感や屈辱は、計り知れないものがあったはず。
その後の補強や引き抜きで(本気度が分かる)、とてつもない差は付いてしまったが。
ロイスとはまさに「真実の愛」を体現する選手だ。
ロイスがいる限りドルトムントは大丈夫だろう。
[ 2017/05/04 15:39 ] [ 編集 ]
ひたすらドルトムントに尽くす彼には早くタイトルを獲得してほしいですよね
本当に不運というかなんというか
[ 2017/05/04 16:34 ] [ 編集 ]
彼がシーズン30試合稼働出来れば今のチームでも誰が監督でも十分タイトル争いのチャンスはあると思います
昨季の勝ち点71は普通ならどこのリーグでも優勝してるポイントですから
ただブンデスには2013以降本気出したバイエルンが居たのが全てであり
バイエルンとドルトムントの最大の違いはフロントの意識と主力が長居しない事ですね
[ 2017/05/04 17:18 ] [ 編集 ]
ロイスはボルシアMGでほとんどの試合に出てたと記憶してますが
なぜこんなに怪我が多くなったのでしょうか?
[ 2017/05/04 19:55 ] [ 編集 ]
管理人さんこちらこそ省略しまくってますが、宜しくお願いします。
[ 2017/05/04 20:04 ] [ 編集 ]
ロイスがステップアップを望むかという議論は無意味でしょうね。
彼は自分のキャリア以上に、純粋にドルトムントのファンであり、ドルトムントでプレーし、チームにタイトルをもたらすことが彼の最大の望みでしょう。
[ 2017/05/05 16:14 ] [ 編集 ]
05/04 17:18
ほぼ同意ですが12年のバイエルンも相当なものでしたよ、シーズン後半はハインケスがカウンターも取り入れてチームを安定させて猛追してましたからね
05/05 16:14
それこそ無意味な議論じゃないですか?確かにドルトムントに在籍してる今日までクラブと自分にタイトルをもたらす事が悲願ではあったと思いますが、この先はどうなるか分かりませんからね
13年頃ならともかく今のドルトムントではロイスを満足させることは出来ないと思いますし、怪我がちとはいえそこまでクラブよりで考えてしまうと希望的観測と言わざるを得ないと思います
[ 2017/05/06 08:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。