ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント対ホッフェンハイム!ロイス、レッドカードに対する復讐なるか?《ドイツの反応》




ビルト



BVBスター:前半戦は退場!


ロイス:レッドカードに対する復讐!



entry_img_1648.jpg
引用元:Bild


さあ、これがドイツにおけるチャンピオンズリーグ決勝だ。

スポンサーリンク



ドルトムント対ホッフェンハイム!チャンピオンズリーグ直接出場をかけた3位を争っての直接対決だ。


直接チャンピオンズリーグに参加できれば3000万ユーロの収入となり、予選に出なくてもすむ。



そして一人のスター選手が、ホッフェンハイム戦で本当に燃えている。マルコ・ロイスがレッドカードに対する復讐に燃えている。


思い出そう:2:2に終わったホッフェンハイム戦での審判、ベニヤミン・ブラントがアミリへのファールの疑いでレッドカードを出したのだ。


しかしそれは不当なものだった。ファールされたのはロイスだったのだ。そしてこれが彼のブンデスリーガにおける唯一の退場となる。



2017050605233074a.jpg



トーマス・トゥヘル監督:マルコ・ロイスが、この試合をとても待ちわびていると感じている。この試合はポカールのK.O.試合のように非常に熱い試合になるだろう。僕たちの目標はもちろんホッフェンハイムを倒すことだ。


前半戦ではもう一つの騒動があった。ブラント審判はホッフェンハイムが2:1とする前に、サンドロ・ヴァーグナーがベンダーを押した場面を見逃したのだ。


ドイツサッカー協会はこの誤審にしっかりと対処した。そしてブンデスリーガで最高の審判を送り込んだのだ。ワールドカップの審判でもある、ドクター・フェリックス・ブリーチがチャンピオンズリーグをかけた決勝戦で笛を吹く!







以上です。

この記事を読んで、前半戦の忌々しい記憶が蘇ってきました。
あのヴァーグナーのファールと言い、アミリのファールと言い本当に誤審でしたね。明日はドイツ最高の審判であるブリーチが笛を吹くそうなので、その辺にも注目ですね。とにかくドルトムントの勝利を期待します。



[ 2017/05/06 06:00 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(6)
オバメヤン、ロイス、デンベレ。
バイエルンを破った3トップ(得点者&アシスト)がいます。

負けるわけがない!
[ 2017/05/06 06:47 ] [ 編集 ]
12月にやったゲームはロイスが退場する前は3バックして失点重ねたけど、退場後4バックにしたら前後のバランスが良くなって10人でドローに持ち込めた。
今のドルはバイエルン戦の後半から4バックつかクリスマスツリーを基本システムにしているから以来失点は無い。守備はいい方向に向かっている。
ケルン戦はスポティッチにラストパサーとフィニッシャーの間にうまく入られて点取れなかったけど、ホッフェンハイム戦はここのとこに誰か噛ませることを心がけていれば点は取れるでしょ。特にオーバとロイスの間。ホッフェンハイムはアウェーだし守備的にやってくることが考えられるのでここのとこはしっかりやんないとね。
とにかく緊張感maxの試合になりそうなので期待してるよ。
[ 2017/05/06 06:52 ] [ 編集 ]
 リーグタイトルが終ってしまっているので、ドイツメディアはBVBを煽ってきましたねぇ。CL争いという大きな目標が主要欧州リーグの魅力を高めている。羨ましい!
[ 2017/05/06 12:18 ] [ 編集 ]
CLを逃すとオバメを始め沢山の選手の流出は避けられません。また、金銭的にもCLは勝ち進む度に高額な賞金が加算されますので、出ると出ないでは雲泥の差です。

ドルトムントがバイエルンに次ぐブンデスリーガの雄としての立場を堅持するには絶対にストレートインの3位が欲しいところです。

熱い戦いを期待します!!
[ 2017/05/06 19:01 ] [ 編集 ]
契約延長交渉しようとしてる選手に対して大一番で2戦連続ベンチってドルトムントは香川を優秀な控えとして延長しようとしてるって暗に言ってるのと同じですね。
さて、香川はどう答えるのでしょうか。
逆にいうと延長交渉は姿勢だけであり、香川に移籍を選択させようとしてるのかもしれませんが。
クラブは最善を尽くしたが香川は移籍を選択したということをサポーターには言い訳できますから。
こういう延長交渉と移籍の駆け引きって毎回ありますけど毎回疲れますよね…。
[ 2017/05/06 22:18 ] [ 編集 ]
今見てるけど誤審が多すぎですね。プレッシャーかな
[ 2017/05/06 23:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。