ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川途中出場ドルトムント!ホッフェンハイムに勝利し3位浮上!選手採点と寸評!《ドイツの反応》


entry_img_1649.jpg

西ドイツアルゲマイネ



ビュルキ 3
彼が最初に動き出すまでには22分もかかった。ヴァーグナーがヘディングをしたが、それは彼の目の前だった。彼が自分の力を出さなければならないことは非常に稀だった。しかし大抵の場面では手堅く安定していた。そして試合を早く組み立てようとしていた。失点はPKからで、彼にはあまり対処のしようがない。


ギンター 3
予想に反してベンダーの代わりに出場。しかし大抵はしっかりとした働きを見せた。大きなミスはなかった。彼はもう少しで点を入れるところだったが、シュートはゴールの上にそれてしまった。彼のファールがPKになったことは、厳しい判定だった。


ソクラティス 3
彼は非常にエネルギーに満ちたツヴァイカンプフと相手陣内へのスピードある突進を見せた。そしても少しで2:0となりそうな長いパスをロイスに出した。彼がヴァーグナーのユニフォームを掴み、PKを獲られなかったのは幸運だった。


スポンサーリンク




シュメルツァー 2.5
彼は3バックの左側を担当。彼はこの役割をミスなくこなした。ドルトムント守備の中で最も良い選手。


ピスチェク 4
右サイドで頑張っていたが、あまり成功しなかった。攻撃では勢いを与えることができなかったが守りは安定していた。彼のクロスが2:0へとつながった。


ヴァイグル 3
中盤で良い仕事をした。彼は多くのスペースを埋め、ボールを確実にさばいた。44分位は直接ロイスにパスを出すことによって危険なカウンターの起点に。


カストロ 2.5
開始4分に、彼のボールがロイスの前に落ちたことは、どちらかと言えば、意図したようには見えなかったが、アシストになった。攻撃中盤でボールを捌き、全てが成功したわけではなかったが、多くは成功した。攻撃選手では最も良かった。


ゲレイロ 3
カストロへのループキックが1:0への起点となった。そして彼のポスト直撃のシュートが2:0の起点となった。それ以外でも攻撃において勢いを与えようと努力していた。しかし対戦相手のカデラベクを相手に守備では問題を抱えた。


デンベレー 4
非常に多くの失敗。今回は、多くの試合でみせてきた驚異的なドリブルやゴール前での脅威が見られなかった。その代わり、彼は多くの場面で躓いてばかりいた。しかしロイスのチャンスを作ってもいる。


ロイス 3.5
前半戦では彼は不当な判定で退場させらた。今回は審判には恵まれたようだ。彼が開始4分にゴールを決めたが、明らかにオフサイドだった。さらに相手ハンドでPKを獲る前には、自分もハンドしていた。全体的には、目立つときもあれば、正確性に欠けることも多かった。58分の直接シュートを相手キーパー、バウマンが止めたのは不運だった。73分のシュートはゴール上にそれた。


オバメヤン 4.5
前半はたった一度しか目立たなかった。PKを枠から外した時だ。それ以外は前半は完全に彼抜きで試合が進んだ。後半は少なくとも何度かボールに触っていたが、ほとんど成功しなかった。ゲレイロのポスト直撃シュートが彼の目の前にやって、それをヘディングで決めるまでは。



20170507035232021.jpg





【ルーア・ナッハリヒテン】


ビュルキ 3
ヴァイグル 3.5
ピスチェク 3.5
シュメルツァー 2
ギンター 3
ソクラティス 2.5
ゲレイロ 4
ロイス 3.5
カストロ 2.5
デンベレー 3.5
オバメヤン 4.5




【ビルト】

ビュルキ 3
ピスチェク 4
ギンター 4
シュメルツァー 4
ソクラティス 3
ヴァイグル 3
カストロ 3
ロイス 2
ゲレイロ 4
デンベレー 4
オバメヤン 3



2017050703523155b.jpg







以上です。

今日はドルトムントにも運がありましたね。最初のゴールは明らかにオフサイドでしたし、ソクラティスのファールもPKになりませんでした。

試合全体はなんだか非常にファールでの中断が多く、落ち着きのないものになっていましたが、ホッフェンハイムにあまりチャンスを与えていなかったのは良かったですね。

しかしオバメヤンはあのPKを外してはいけませんね。あれで試合が随分楽になったはずなんですが・・ここ4回中3回外しているので、別な人が蹴っても良いと思うんですが、得点王争いもかかっていますから、まあそれは難しいところですね。

香川選手はもう少し長い時間見たかったですが、1:0と勝ってはいたので、交代のタイミングがなかなかやって来ませんでしたね。

さて後2試合。しっかり勝って自力でチャンピオンズリーグ入りを決めてもらいたい所です!





CLの決勝トーナメントもそうだけど、オフサイドかどうかを肉眼で判断するのはかなり難しくなってきている。
攻守の切り替えだったり、プレースピードが上がっているゆえなのか、そろそろ限界じゃないだろうか。
[ 2017/05/07 05:07 ] [ 編集 ]
まぁジャッジがお笑いだとか色々あったけど、取り敢えず守備は整った。

ホッヘェンハイムは言いがかりつけてくるかもしれないけど負けたのはレフリーのせいじゃない。ドルのゲーゲンが効いて20分過ぎ辺りからはパスすらまともに回せなかった。3バックの間に2枚置いてボランチの前にも1枚置いていたから間延びさせてビルドアップを封じた。まぁドルが3バックしてる時にやられたことをホッヘェンハイムにやってたわけだけど。
とはいえ、まだトランジッションがおかしい。特にボランチとトップ下が合わせて10回くらいミスやった。これでは相手のミスにつけ込むとかラッキーなゴール以外点は取れないね。3位どころかうまくいけば2位フィニッシュも見えてきたのでビルドアップをしっかり立て直してもらえればいいんじゃないですかね。
[ 2017/05/07 07:15 ] [ 編集 ]
>そろそろ限界じゃないだろうか。

そろそろどころか、とっくに限界ですね。
誤審をこんなにも放置してるスポーツはサッカー以外にありません。
[ 2017/05/07 08:48 ] [ 編集 ]
たしかに。今回はドイツ最高の審判て触れ込みだったので余計に残念でした。ブンデスは来シーズンからビデオ判定入るのでそれに期待しましょう
[ 2017/05/07 08:55 ] [ 編集 ]
前回のリーグの試合は3アシスト(1アシスト誤審、2アシスト未遂)級の活躍の香川がなぜベンチだったのでしょうか。

移籍交渉にもかかわらずバイエルン戦は出場なし、今日の大一番もベンチスタートでわずか10分の出場は明らかに「移籍を選択しなければ控えとして延長することになる」と言ってるのと同じです。

この前の試合も誤審とFW陣の体たらくがなければ3アシストというずっと絶好調を維持してる香川に対してドルトムントはあまりにも扱いが酷くないですか。

それとも、既に裏では香川が移籍しようとしていることがはっきりしていて、それに対して試合に出さないようにしているという可能性もあるんじゃないかなと、それなら前回3アシスト級の絶好調の香川が試合にでれないのに合点がいきますので。

バルサのスポンサーになった楽天のあの人は、金も出すけど口も出すことで有名らしいので、香川はバルサに移籍するのではないかという噂が日本ではあります。

来季スタメンを約束されるのであればドルトムントに残ってほしいところですが、このもやもやした状態ももうすぐはっきりするかと思いますので、もう少し我慢して待ちたいと思います。
[ 2017/05/07 08:58 ] [ 編集 ]
一つ前のビルトの記事で「ドイツサッカー協会はこの誤審にしっかりと対処した。そしてブンデスリーガで最高の審判を送り込んだのだ」ってのがきな臭く思える試合でしたね
あれがブンデス最高の審判だったとか
ロイスはハンドもありました
ロイスは1つのオフサイド・ゴールとハンドで復讐できて嬉しいのでしょうか
[ 2017/05/07 09:21 ] [ 編集 ]
この勝ちは大きいですね!!

しかしホッフェンハイムファンからすれば審判に憤懣やるかたないでしょうね。前回のロイスへの誤審に対するドルトムンターのように。
[ 2017/05/07 09:27 ] [ 編集 ]
監督の師弟対決としても注目してましたが、トゥヘルの策にナーゲルスマンは最後まで対応できませんでしたね。
ホッフェンハイムらしさを完全に殺して殆どチャンスを作らせませんでした。
賛否両論ありますけど、こういう現実的な選択をできるトゥヘルは素晴らしいと思います。
ただまたしても審判が残念でしたね…
[ 2017/05/07 09:32 ] [ 編集 ]
 トゥヘルは相手の良さを消す事に成功しました。こっちの良さも消えましたが、負けない事が重要だと判断したのでしょう。そして相手も同じことを考えていたので膠着した試合展開に。勝敗は審判によって決したようなもので、残念ながら気持ちの良い試合ではなかった。
 次の試合は審判に勝たせてもらうのではなく、相手を相殺するでもなく、こっちの強み出してチーム力で完全勝利し、スッキリさせてくれることを期待します。
[ 2017/05/07 10:00 ] [ 編集 ]
内容ではホッフェンハイムの勝利、結果はドルトムントの勝利。そういう試合でしたね。個人的に復帰したローデに好印象を抱きました。トゥヘルもトレーニングでローデが素晴らしかったと言っていましたが確かにそうだな、と。 彼が入ることによって中盤での強度が上がる気がします。 今のカウンター主体のドルトムントにとってローデのボール奪取力、ダイナミズムは守から攻への切り替えにとても貢献してくれるのでは無いか?と思いました。 テクニックは無いですが良く働きますし、規律も守りますしカストロよりローデを試して欲しいです。勝ててよかったですが残り二試合で内容の伴った勝利を収めてベルリンでの決勝に繋げていって欲しいですね。
[ 2017/05/07 10:01 ] [ 編集 ]
好ゲームでしたね!
若手戦術家対決は
トゥヘルが一枚上手でした

自分たちの順位を考えたリアリズムと
臨機応変の対応力
選手全員に浸透させてました

サッカーとしては
キーパーからキープして
パスで一枚はがして行く
縦パスのチャンスあれば
ばんばん入れて行く
ホッヘンハイムのはうが
見ていて楽しかったのは事実です

ブンデスの奥の深さを
見た気がしました!
[ 2017/05/07 12:19 ] [ 編集 ]
中盤でパスミス連発のゲレイロ、前線で判断や凡ミスを重ねたデンベレ、中盤から前線でドリブルしてボールを配球できずカウンターを受けたカストロは4以上にはならないなぁ。パパ、ギンターもPA内で常にあの守備のやり方してるのは4以下。副審も4。
守備戦術自体は5人になっても最終ラインの役割分担がはっきりしてて、モナコ戦からしたら格段に良かった。ただスタメンが間違ってて幸運がなければ自滅で引き分けか敗戦の試合なのでトゥヘルも4。
ピシュチェクのクロスは狙うコース含めてワールドクラス。ヴァイグルは深い位置からカストロ以上に前線に配球した。
幸運にも勝利を手にした事は来季に向けて良かったのか悪かったのか。
[ 2017/05/07 12:50 ] [ 編集 ]
試合みてないので香川の一問一答とかインタビュー読んだだけですが、香川はあそこまでマスコミに
毎回まともに答えてもらってもあのインタビューからいろいろ憶測記事を作るんだろうな、となんか笑ってしまった。

なんであそこまで答えてもらって毎回ファンタジー小説ばりの記事がでるんだろうか。
香川より自分たちの方が「えらい」ので香川は「何でもマスコミの質問に答える義務がある」のでしょうか
試合後に毎試合群がって、ダメ出しする材料考えてる、とか考えたら読んでて切なくなる
[ 2017/05/07 15:08 ] [ 編集 ]
>香川はバルサに移籍するのではないかという噂が日本ではあります。


一度も聞いた事ないのですが…
バルサが狙うMF(イニエスタのポジ)で名が上がっているのは、ヴェラッティ、ディバラ、コウチーニョなど、今が旬の超一流のワールドクラスばかりですよ。
ドリブルなど個でバリバリ剥がせないと無理です。


[ 2017/05/07 17:04 ] [ 編集 ]
スタメン約束される選手なんて毎試合結果を出すか完全に中心の選手だけですよ

ロイスでさえも結果や効果的なプレーが無くなれば外されるでしょうし

未だに不当な扱いされていると言われるのは納得出来ませんね・・・

今回はローデが良さそうだったのと守備固めの一つの方法が見つかったのが収穫ですね
明らかな誤審で勝ったのはスッキリしないので是非とも次は文句無しの勝ち方したいですね
[ 2017/05/07 17:07 ] [ 編集 ]
採点は12:50さんの感想に似てます。
リトバルスキーが雑誌のインタビューで香川は「計算の出来る選手」
出来る事と出来ない事がはっきりしていてそれにトゥヘルも気がついたのでは?とありましたが、
何ですかねこのモヤモヤ感は
試合後の香川選手の一問一答はとても丁寧に答えてましたね。言葉の端はしに香川の心境が隠れている気がして
興味深かったです。この記事に関しては聞きづらい事も突っ込んで聞いていて、香川もそれなりに大人な返答をしていました。
香川の性格からして嘘をつけないみたいなので、大事な試合に戦術のためとはいえベンチにいなければならない、それを受け入れつつも自問自答しているんだなと
ここ一番と言う試合に戦術でのポジションが無いからと外されるのは仕方ないのかもしれませんが
IHから強制的にトップ下へと戻してくれたトゥヘルには感謝ですが
今のままドルにいて香川選手の努力は報われるのだろうか?
自分勝手なファンとしての願いかもしれませんが、
香川の絶対に諦めない強いメンタルを信じています。
サッカー少年の香川選手やっぱりベンチではかわいそうです。
ポカール決勝の後に決断すると言っていたのでそれまでは残りの試合に集中させてあげたいですね
[ 2017/05/07 17:56 ] [ 編集 ]
まあホッフェンハイムには十分復讐できたんじゃないでしょうか ただ、オバメあそこで外さないでほしかったですね外してなかったらかなり楽に試合を運べたのに
[ 2017/05/07 18:09 ] [ 編集 ]
香川がバルサに移籍する噂なんてあったんですか。ここのコメント欄やファンの願望や本人の夢として同様の意見を目にすることはありましたが。
公平に見て仮にバルサに行けたとしてもスタメンは非常に難しいと思いますが、そういう願望を語る人はBVBのベンチは駄目でバルサのベンチはいいのでしょうか。
昨日の試合は香川に関して言えばスタメンで見れなくて残念でしたが、理由は本人がインタビューで語った通り、343の布陣では仕方ありません。
ややBVBに有利な判定があったものの、トゥヘルのプラン通りで試合で勝利できたので何よりでした。何はともあれ勝利できた事が重要です。
[ 2017/05/07 19:01 ] [ 編集 ]
あまりいいたくないですが香川に関して現実的な見方をしたほうがいいのではないかと思いますね…
香川の長所とバルサが求めるタイプは違いますし正直に言えばバルサレベルにはありません
まるでドルトムントの他選手を貶めているかのようにも見えます
[ 2017/05/07 19:17 ] [ 編集 ]
[ 2017/05/07 09:32 ] -[ 2017/05/07 10:00 ][ 2017/05/07 12:19 ] 同感です
今日は香川がトップ下で出ても、守備に追われるだけだったでしょう。オバもデンベレもロイスもそうでした。
しっかり守備して前3人の速さで勝つ。それとホッヘンハイムは190センチ以上が4人もいてセットプレーが得意なチームだから、身長的な事でもデンベレが優先されたのは仕方ない。でも単調なカウンターとパスミスを見ると香川の方が楽に勝てたかも‥なんて思う気持ちも有りますが、勝ったのだし後半短かったけど出番が有ったのはたぶんこの前の様に出番を約束されていたのかもね。

やはりドルトムントがポゼッションできない時は香川のスタメンは難しいかもしれませんね。守備して前3人でカウンターというのがトゥヘルの戦術で、実際かなり勝っていますし。でも、それ以外ならモナコ戦の様にコンデションさえ良ければ必ずスタメンですよ、控えなんて事はありません。ファンの皆さん香川をもっと評価してあげてください。
[ 2017/05/07 19:41 ] [ 編集 ]
昨日スタジアムで試合を見ましたが、守備はかなり改善されていて、ワンツーワンも徹底していた印象がありました。デンベレがボールを持つとスタジアム中が湧き上がり黄色い壁がliveで観れたのは幸運でした。
[ 2017/05/07 20:56 ] [ 編集 ]
香川ファンですが、香川が出てる出てない関係なく(気持ちに関係なくという意味)昨日の試合のような展開は正直退屈でつまらないです。

ただ、昨日は勝つことが最もチームにとって大切である事は明白で、だから守備に重きを置いて、攻撃は前の3人で何とかする戦術は仕方のないところだし、それが可能な3人だと思いますので、香川本人もインタビューで話していたし、移籍絡みで起用しないとかは考えすぎだと思います。

去年フンメルスも移籍が決まった後も試合に出ていましたし、今のところ戦術で343の時などは、本人が出来ないと思ってるというよりも、トゥヘルにはその場所で香川を使うという選択肢はないと香川本人も感じていましたし、そのせいだと。

強い相手に対して343を使うことが多いため、強い相手になると香川先発の可能性が減るというのが今のドルトムント及びトゥヘルの判断だから仕方がないですね。

本人がそれを不服と思えば移籍するでしょうし、補強によって縦パス出せる選手が増えて、守備も4231で安定して戦えるようになると考えれば残るかもしれないし、トゥヘルも残るかどうかも分からないですしね。

何となくインタビューを読むと移籍に傾いているようには感じますが、まあシーズン終わってから移籍の席につくと言っていて、現段階では分からないですし、またコメント欄がファンとファン嫌いな人で余分に貶め合うのはやめませんか?
[ 2017/05/07 22:14 ] [ 編集 ]
ファンの皆さん香川をもっと評価してあげて下さい。

評価してますよ!香川のファンですから、唯一無二のサッカー選手だと思っています。
だからこそ戦術によって使ってもらえないなら別の選択があっても良いのでは?と思っているだけです。
ファンだからこそ香川選手には後悔の無いようサッカー人生を歩んでほしいと願っているだけです。
試合後のインタで自分らしいプレイ〜って言っていたので
応援するのみです!何処で誰とプレイしようと
[ 2017/05/07 22:47 ] [ 編集 ]
JH
トゥヘルはリアリストのようで、
相手の良いところを潰して
自分たちの良いところを出す
そのバランスをいつも考えているように思います。

サッカーにエンタテインメントを求めると
確かに面白くないサッカーかもしれませんね。

ホッヘンハイムはセンターバックのVogtと
ワンボランチのRudyでパスを散らしていくので
デンベレにRudyをマンマークさせて自由を与えず。
(その分、デンベレもあまり輝けず)

相手の2つの長所を一つ潰しました。
ドルトムントはドリブルでボール運べるし
オバメヤン・ロイス・デンベレ+ゲレイロで
高速カウンターで点も取れる。

ちなみにドルトムントはパスの散らしが
ヴァイグルだけなので
フンメルスの代わりがいないのが今シーズンずっと痛いですね。

後半、ホッヘンハイムがほぼツーバックにして
前に圧力をかけてきたのをトゥヘルは見逃さず
香川を入れてオーバメヤンのサポートに。
結果、二点目が生まれました。

あそこでゲレイロがいるところがすごいと
個人的には思いました。
さすが現役ポルトガル代表です。
現ヨーロッパチャンピオンの国ですね。

ホッヘンハイムの監督の潔さ
チャレンジ精神はさすがでしたが
トゥヘルの方が一枚上手と感じました。
[ 2017/05/08 06:48 ] [ 編集 ]
実際どうなんでしょう
トゥヘルは相手により戦術を変えていますが、本来やりたいことなのか、それとも今の選手構成でやむを得ずそうなっているのか
上のコメントにもありますが、香川に関しては純粋に戦術にはまらないという評価なのか、それとも他の選手との兼ね合いなのか
それによっても香川の去就は違ってきますよね
[ 2017/05/08 08:17 ] [ 編集 ]
システムだとか、そういった以前の話だと思いますね。
一人で状況を打開できる能力が高い選手をスタメンに使いたいのは当然だと思います。
それが一流の攻撃選手というもの。
ロイスとデンベレは、欧州のどのビッグクラブも欲しがる選手ですから。
[ 2017/05/08 12:17 ] [ 編集 ]
まぁ、システムに嵌まらないからでしょう。
ロイスやデンベレには彼らの、香川には香川の良さがあり、片方の良さを持ち出してもう片方のことを下げるのは無意味だしアンフェアです。
特定の能力だけあればいいわけではないし、状況によって必要な能力は変わってくるのですから、ここが良いから~、悪いから~なんて単純な話ではないです、スポーツは。

ローデおかえり。
勝ててよかった。
[ 2017/05/08 17:02 ] [ 編集 ]
17:02さまに同意。監督、フロント、全ての選手に敬意をもってコメントしたいと改めて自分に言い聞かせています。
[ 2017/05/08 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。