ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBトゥヘル対ヴァツケ!ヴァツケが、トゥヘルとの争いを認める!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト


バス襲撃事件後の試合日程に関して

ヴァツケ、トゥヘルとの争いを認める!


20170507183725d15.jpg
引用元:Bild

やっぱり、そうだったのか・・・・

ドルトムントのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはインタビューにおいて、4月11日のバス襲撃事件後の試合日程に関して、トーマス・トゥヘル監督と喧嘩した事を認めた。


スポンサーリンク



トゥヘルは、モナコ戦直前に、試合の日程に関して公に批判する発言をしていたが、その発言はヴァツケにとっては、寝耳に水だったようだ。彼はWAZのインタビューで答えている。


BVBのボスは、これに関して、トゥヘルとヴァツケの間で意見の食い違いがあったか、という質問に対して、“その通りだ。”と認めた。



監督は事件後の試合日程に関しては、UEFAとその決断にかかわったヴァツケを批判していた。


トゥヘル:“我々は動物ではない。家族も子供もいる人間だ。命があって嬉しいよ。この試合について考えるスペースはまったくない・・・・まるで失神したかのように感じている。バスの前で立ち往生し、バルトラが病院に運ばれた・・。そしてUEFAが決断した事を聞かされた。あまり良い感じじゃないね。”

entry_img_1650.jpg


ヴァツケはそのインタビューで、試合に出たくないと申し出るものは一人もいなかった、と述べている。彼によると、“その次の日(試合当日)”も誰もいなかったようだ。彼によると、“チームとの話し合いで、なにもただ意味もなく水曜日の仕事を免除すると話したわけではない。どの選手も気分がすぐれなければ、その日の午後まで断ることが可能だった。もちろん監督だってそうすることができた。この件に関しては誰とも意見は対立していなかった。”



シーズン後にはトゥヘルの将来がどうなるか決断されなければならない。彼の契約は2018年までだ。


ヴァツケ:“総括となる話し合いでは、スポーツ面以外にも、戦略面、コミュニケーション、信頼関係についても話し合われる。”



ヴァツケにとっては、最終的な順位が成績表となる。そして当然ながら、4位よりも3位の方が良い。今日のホッフェンハイム戦では勝利しなければならない。








以上です。

最後の文章からもお判りでしょうが、これはホッフェンハイム戦前の記事です。そして当然ですが、大事な試合の前にこうした発言がボスの口から出たことで、トゥヘルはさらに腹を立ててしまったようです。今日はトゥヘルのさらなるヴァツケ批判でさらに盛り上がっていますが、まずは最初の記事から紹介しました。

それにしても、今回のこのヴァツケの発言は、なんとなく、保身に走っている政治家のような印象を受けますね。要約すると、“ショックが大きくて無理だと思ったら、試合に出なくても良かったのに、誰も申し出なかった・・それなのに後からテレビの前で批判するなんておかしいじゃないか・・・“と言っているように聞こえましたが、この発言はヴァツケを除いていったい誰にとってプラスになるのでしょうか?

ヴァツケはもう少し裏にいたほうが良いように思いますね。バイエルンのウリ・ヘーネスやルンメニゲよりも表に出てくる機会が多いような・・・・。




[ 2017/05/07 18:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(28)
私はドイツ人同志の話だから、どっちにも突っ込みどころがあるからコメントしようが
ありませんが、トゥヘルからの声が出てきたのはプレミアからでもオファーあるんでしょうね
だから強気で行ける気がします
[ 2017/05/07 18:54 ] [ 編集 ]
この発言には驚きました。最低ですね…
爆破事件に関しては一貫してトゥヘルのコメントに共感しています。今までは時にトゥヘルの発言に疑問を覚えることもありましたが、事件後、彼も意識が変わったと感じています。
死ぬかもしれないという恐怖感に晒されるのは忘れることのできない、人生のターニングポイントになりうる出来事です。試合前の涙ぐんだ選手の表情、試合後には泣いていた選手もいました。それを忘れる事はできません。
対してヴァツケのこの発言は何でしょう。完全に他人事です。こんな発言をしてまで自分の対応が間違っていなかったと言い切る必要がどこにあるのでしょう。犯人が逮捕されたとはいえ、これには選手も怒りを感じるのではないでしょうか。
昨日の試合後に映ったヴァツケの表情が冴えず、全く喜んでいなかったので不思議に思っていたところでした。
[ 2017/05/07 19:14 ] [ 編集 ]
こうなるとトゥヘルとの契約延長はない感じですかね?
それとツォルクの役割や権限ってどのようなものになるんでしょうか?
[ 2017/05/07 19:22 ] [ 編集 ]
もともとそんなに関心を持ってなかったですけど
イメージ的には近年急にメディアの前で種蒔くようになった感じっすね
自分はこういうの嫌いじゃないですけど、応援してるクラブとなるとちょっと邪魔臭く感じますな
[ 2017/05/07 19:22 ] [ 編集 ]
管理人さんに同意ですね。
なぜわざわざ公の場で言わなくて良いことを言うのか理解できません。
内々で処理すればいいのに。
進んで事を大きくしている印象です。
特にこの事件についてはトゥヘルの意見に賛同しますので、こんなことをインタビューで言われて同情します。
[ 2017/05/07 19:43 ] [ 編集 ]
プロの選手が出たくないなんて言えるわけがないのに、ですね。
でも興味深い記事ありがとうございます。続きも楽しみに待たせていただきます。
[ 2017/05/07 19:46 ] [ 編集 ]
パンがなければお菓子を食べればいいじゃない
に近い発言と感じました
[ 2017/05/07 19:47 ] [ 編集 ]
興味深い記事ですね。ありがとうございました。
やたらと戦前インタビューでトゥヘルがプレッシャーを感じると言っていた意味が納得できました。

ヴァツケはUEFAから明日試合をするか、棄権して没収試合にするかの二択を迫られて、棄権しようか(棄権してモナコに勝ち点3をプレゼント)という気持ちもよぎった…と記事で見ました。仕方ない決断だったと思います。

トゥヘルがこの記事でまた反論したのであれば違うかもしれませんが・・・
ヴァツケの事も数冊の本で読んで彼の能力は半端ないと思っている私的には、これも有る意味戦略では無いかと思ってしまいます。ファンに人気のないトゥヘルの人気を上げるために、敢えて自分が悪者になって選手の味方をする優しい監督像を作り人気を上げる・・・考えすぎでしょうか?

何にしても、考えなくペラペラしゃべる人では無いと思いますよ。明確な意図、ブランドとイメージを確立させるためなら突っ込んでしゃべる人です。
[ 2017/05/07 19:57 ] [ 編集 ]
補強もフロントがトゥヘルの意見をあんまり聞かずに積極的にやってるようだし
今シーズンのトゥヘルは成績的にそこまで悪くないのに
ヴァツケに色々言われたりしてトゥヘルが気の毒に思えてきました
ヴァツケは移籍していったムヒをネチネチ批判して反発食らってたりもしたし黙った方がいいですね
[ 2017/05/07 20:10 ] [ 編集 ]
ヴァツケはバスに乗っていなかった
一方でトゥヘルはバスにのっていて実際に体験している
それだけの違いでしょう。
それだけですが精神に与える影響は人間性も変えるくらい大きな影響です。
ヴァツケ一人にどれだけのことかを体験してもらえるプログラムを組みましょう。
[ 2017/05/07 20:41 ] [ 編集 ]
育てて売るチームになってるようだし色々考えものですなあ
[ 2017/05/07 21:00 ] [ 編集 ]
記事とは関係ないですが、今横浜の赤レンガ倉庫でFRUHLIHG FESTというドイツの春祭りをやっているので昨日行ってきました。ドイツの楽団にドイツ料理やドイツビールの屋台が立ち並び、数十種類ものドイツビールが有りました。楽団の歌に合わせてビールの乾杯の踊りを皆で踊って飲みました。私は他にカレーブルストも堪能しました。楽しく美味しかったですが、まあとにかく凄い混雑でしたよ。

何故か、赤レンガ倉庫ではオクトーバーフェスト、クリスマスマーケット、フリューリングフェスとドイツ祭りが毎年行われ、ちょっぴりドイツの空気を味わえて楽しんでいます。
ここではドイツ中のビールが数十種も選べて飲み比べられもしますが、ドイツ在住の義兄はオクトーバーフェストはミュンヘンのお祭りだから、ミュンヘンでしか無いし、ビールもミュンヘンのビールだけだというのですがそうなのでしょうか?春祭りの様子等も知りたいです。
[ 2017/05/07 21:55 ] [ 編集 ]
今まで水面下でくすぶっていたお互いへの不満がテロ騒動の対処の食い違いから表面化してきた感じですかね。これからどうなるんだろう。
[ 2017/05/07 22:00 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガの監督がUEFAやクラブ幹部にマスコミ使って非難できるほどの権限をもっているのかよくわかりませんが。
CLは各リーグの上位チームに参加する権利が与えられますが、それを行使するかはクラブが決定するのでは?ドルトムントは権利を行使して参加している立場ですよね。
異なるリーグクラブとの対戦で、自分たちの事情で好きなように日程を変更しろと言われて、はいそうですかとできるものかもう少し考えてもよさそうです。UEFAは各リーグの協会とクラブと調整を行い、試合を開催します。その準備がどれほど大変なものか。ELのセルタは市長がのりだして、警備の対策、飲酒の販売などイングランドのファン対策を講じて試合の日を迎えたそうです。これを見てもドルトムントのクラブだけでどうにかできる規模のものではないでしょうに。
クラブがあるドルトムント市としては、テロの危険もあるので中止の方がよかったでしょう。しかしながら翌日開催できるように、尽力してくれたと思いますよ。モナコ側はファンに返金する事態になってますし。
トゥヘルの振る舞いはあまりに子供じみてると思いますね。翌日になったのは、モナコ側も数日後に控えたリーグ戦も考慮してとのことでした。
まずは、翌日に試合ができたことを周りに感謝すべきでしたね。そのうえで、選手の事を考えてできればもう少し時間がほしかったと訴えればよかったのに。
監督はクラブの選手だけではなく、BVB幹部の立場や、UEFAへの印象、他リーグ選手の事を慮ることができればよかったですね。幹部の事情を考慮せず、好きなことだけマスコミの前で喋って選手まで喋っちゃ、BVB幹部としては憤慨でしょうに。
彼らは、クラブを経営してるんですから。慈善事業じゃないんですよ。
トゥヘルはこのままではプレミアの監督にはなれませんね、プレミアは経営第一、権限の逸脱には非常に厳しいですよ。
[ 2017/05/07 22:14 ] [ 編集 ]
いつも楽しく読んでいます。更新ありがとうございます。

ヴァツケに対する違和感がクロップがいなくなってから、くっきりしてきたような気がします。商売気がありすぎるというか。。バイエルン戦にたいする弱気な発言が最初でしたでしょうか。クロップが案外うまくフォローし、チームの士気を守っていたのかなと感じます。
私はクロップ時代にドルトムントと香川選手のファンになったので、大事な試合で香川選手がでない現状は残念ですが、仕方ないですね。トゥヘルは、チームの士気を鼓舞しモチベーションを保つような運営は下手な気がしますが、たくさんの若い選手をそれなりにうまく戦術を使って回しているのかなとも思います。
トゥヘルが去り、香川選手が残るのか、その反対なのか、あるいは両方が?
どちらにしてもドルトムントは今、過渡期にある感じですね。ポカールを優勝し、ひとつ成果が得られるとよいですね。
[ 2017/05/07 22:25 ] [ 編集 ]
実際にその人の立場に立ってみないとわからないことってありますよね。私の中では、ヴァツケさんは破産危機に瀕していたクラブを立て直したすごい人ってイメージが強いので、つい口がすべったとか、考えなしにしゃべる人じゃないような気がするのですが……。他の方もコメントされてましたね。トゥヘルさんとはちょっとしたすれ違いであってほしいな。言った言わないっていうのは私達のまわりでも当たり前のようにありますからね。突き詰めるとほんとに些細なことだったりしますから。まあ、マスコミも煽りますしね。
残り3試合?かな。特にポカール決勝、今度こそ勝って終わってほしい。勝利したあとの皆のぴょんぴょん子どもみたいに跳ねる姿がまた見たいです。
[ 2017/05/07 22:52 ] [ 編集 ]
あんな目にあった上にトップから無理だって言えばよかったじゃんと言われたらガッカリというか悲しくなる。せめて公には自分が無理させて申し訳なかったくらい言ってくれれば良かったのに。
これは国によって感覚が違うのかも。ドイツ人はそういう責任の所在とか個人の責任をはっきりとさせる性質なんでしょうかね。
[ 2017/05/07 23:25 ] [ 編集 ]
ブァツケの発言について
基本的に、フロントと現場の方向性が同じ方向を向いてないて事ですね。この件ばかりでなく、今年のドルトムントは、フロントと現場の意志疎通があまり上手くいっていないのが、モロに表に出て来ていますね。クロップの時はなかったので、双方とももう少し上手く出来ないのでしょうか?
[ 2017/05/07 23:26 ] [ 編集 ]
あの状況で選手たち自身にCL撤退の決断をさせるってのは色々な面で酷なことだと思います
やるって決めたんだから文句言うなって風には割り切れないでしょうね
[ 2017/05/08 00:21 ] [ 編集 ]
あの事件以降のトゥヘルの発言は、選手に寄り添うものや守るようなものが多く共感できます
逆にヴァツケは…
ヴァツケ、ツォルク、クロップの関係は絶妙だったんでしょうね
成績関係なく契約延長は難しそうですね
それどころか、トゥヘル自ら去る可能性もあるかもしれないですね
[ 2017/05/08 01:04 ] [ 編集 ]
私は一つの記事で、人を最低とまで呼んでしまう方々が恐いです。

ヴァツケは、試合を強要していない事実を知って欲しかっただけでしょうし、
記者から受けた質問を冷静に回答しただけでしょう。

悪い言い方をすると、保身に走ってるかもしれませんが、発言をしなければ一方的に悪者になることもあるでしょう。

私はこの記事でヴァツケを批判すべきではないと思います。
[ 2017/05/08 01:36 ] [ 編集 ]
クロップは訊かれる度にトゥヘルについては厚めに擁護してきましたが、その意味が少しわかったような気がします
もちろん後継指名した手前というのもあるでしょうが
[ 2017/05/08 02:29 ] [ 編集 ]
今シーズンはヴァツケとトゥヘルの意見の食い違いがかなり表面化してきていますね。

この事件のあと、クロップのコメントを目にしましたが、(かなり記憶はあいまいですが、、)
先ずは、バスに乗っていたのは自分の古くからの友人たち(選手)でショックだしとても心配している、、
その後、翌日に試合が行われたことに対しては双方の意見は分かるので何とも言えない
という感じだったと思います。

BVBの幹部が一番クロップロスに陥っているっていうのはなんかわかる感じがします

[ 2017/05/08 10:23 ] [ 編集 ]
本気で殺されそうになってスレスレで助かった人たちに一言棄権するか?と聞いていればここまでしこりを残さなかったと思います。この状態でやれるか?ってきっと選手たちは全員思っていたはずです。その上、試合当日も恐怖をあおるようなことがあったしで、いい印象ではないですね。逆にトゥヘルさんが気の毒になってきました。ただ単にクロップさんがいなくなってBVBのこういう黒い部分というか、シビアな現実が隠せなくなってきただけかもしれませんね。
[ 2017/05/08 11:47 ] [ 編集 ]
経営側として、監督としてヴァツケもトゥヘルもそれぞれ言い分があると思います。
自分にはどちらの立場も理解できます。
ただいずれにせよ、この件も含めやはりコミュニケーションが上手くいっていないことが浮き彫りになりましたね。

ここから関係が改善するようなことがあれば、とても強固なものになると思うのですがどうなるでしょうか。

個人的にはトゥヘル留任派ですが(今現在ドルに来てくれそうなこれ以上の監督が思いつかない)、
もしトゥヘルをクビにしたいなら、良い後任監督を確保済みであってほしいです。
[ 2017/05/08 12:43 ] [ 編集 ]
ゲッツェの起用法、トゥヘルの希望する選手と違う補強、そして今回のテロ。
溝はかなり前からあった気がします。

ドルトムントを建て直した頃のヴァツケならトゥヘルと延長すると思いますが、天狗になっているのを見ると解任も有り得ますね。
もしくは愛想を尽かしたトゥヘルが出て行くか。PSGかアーセナルが空きそうですし、、。
[ 2017/05/08 13:39 ] [ 編集 ]
ヴァッケCEOはチームのことを考えられる人物だと思います。しかし、同時に優秀な経営者の側面も持っています。CLにおける利益は無視できません。彼が伝えたいのは「監督や選手に選択肢を与えていた」という事実でしょう。ドライな考え方ですが、監督・選手を従業員の1人とするならば、どういう心境であるにしろ、明確でなくても彼らがやれるとなれば仕事は行うということでしょう。逆に、彼らの1人でも出来ないとあらゆる圧力を度外視して、明確に拒絶すれば、試合は行わなかったと思います。結果的にはそれが限りなく難しいことであったのですが。
事故における最大の被害者はバスに乗っていた人々であって、ヴァッケCEOら首脳陣でも、ニュースを目にして心を痛めた人々でも、モナコの選手たちでもありません。完全に気持ちを理解し合えないことが難しい点ですね。
ヴァッケCEOがこの件を公にしたのは、トゥヘル監督との間にある確執を水面下のドロドロとしたものでなく、健全な確執(上手く言えないです)としたかったからではないでしょうか。もちろん個人やドルトムントという組織としてのスタンスを示す目的もあったでしょうが。
[ 2017/05/08 16:49 ] [ 編集 ]
うーん。どっちの言い分もそりゃそうだと思うだけになぁ。それまでのお互いの違和感がバス事件ではっきり亀裂が入って溝になったというか…でも1番の被害者はあの日バスに乗っていた面々だしそこらへんをかんがみてヴァツケさんは優秀な経営者ならもうちょっとうまくやってほしかったかなとは思います。
[ 2017/05/08 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。