ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント茶番劇!トゥヘル、今シーズンでBVBを去る可能性?!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト

ドルトムント茶番劇

トゥヘル、ヴァツケに勝つことはできない!


entry_img_1652.jpg
引用元:Bild



ドイツのサッカーファンは、ドルトムント茶番劇に対して本当に言葉もない・・・

BVBは2:1でホッフェンハイムに勝利し、現時点ではチャンピオンズリーグ直接参加圏内にいる。しかしヴァツケとトゥヘルの間での争いが鎮まることはない。

スポンサーリンク




しかしトゥヘルがヴァツケに勝つことはできない。という事は2018年までの契約にもかかわらず、トゥヘルがこの夏去る可能性が大きい。契約延長の話し合いが出てきたにもかからわずだ。


今年に入ってからヴァツケとトゥヘルは必要最低限に事についてしか話をしていない。そしてバス襲撃事件がその関係をさらに厳しいものとした。



BVBボスは“Funk Mediengruppe”のインタビューにおいて、信頼関係がないことを間接的に語っている。ヴァツケは、モナコ戦での再試合の日程に関して、意見の衝突があったことを認めている。



トゥヘルは、その決断にかかわることができなかった事を批判していたのだ。


ラウバル代表(BVBプレジデント)は現在、板挟みに立たされており、ビルトに対して以下のように語っている。:“この決断はヴァツケ一人の物ではない。その会議には私も参加しており、決断には私も関わっている。それは今でも変わらない。”

ラウバルはヴァツケの側に立っている:“バス襲撃事件の後では、短い時間で決断が下されなければならなかった。内部で連絡を取り合ったが、現場からの最初の連絡は、特に大きな損害はなかった、というものだった。バルトラが重傷だったという事も、その夜に後から分かったことだ。”


201705081904404f7.jpg



トゥヘルはこの時無視されたのだろうか?

ラウバルは監督の意見には反対だ。:“次の日、監督を含めた全員に、試合の日程に反対する意見を言う権利がある事を伝えた。しかしそうした希望は出なかった。”


▶批判:トゥヘルはテレビインタビューで、新たな日程について批判したが、その前に内部で言う事はなかったようだ。その時以来、トゥヘルは公の場では、選手の側に立つ繊細な感情を持ち合わせたマネージャーとしてふるまっている。そしてヴァツケは冷酷なボス。これは不当な事だろうか?



▶ラウバルはヴァツケを支持:“彼はここ何年にもわたって個人的な事ではなくて、BVBの事を考えていることを証明してきた。だから彼を信頼するべきだ。”


entry_img_1650.jpg


▶トゥヘルの反応は?:土曜日に彼は嘲笑的にこう語っている。“今日の試合前に行われたヴァツケさんのインタビューが我々に力を与えることはなかった。それは今でもそうだ。”ビルトの質問に関してトゥヘルの代理人はコメントを拒否しており、トゥヘル自身も黙っている。



▶このドルトムント茶番劇はどうなるだろうか?:両者ともにポカール決勝までの3週間はプロフェッショナルに振る舞うだろう。しかし例えトゥヘルがポカールを獲得したとしても、クラブ幹部に対して勝利することはできない。








以上です。

トゥヘルは、ホッフェンハイム戦前のインタビューで争いがあることを間接的に認めるような発言をしたヴァツケに対して皮肉をぶつけていました。まあヴァツケが大事な試合の前に、わざわざメディアを騒がせるような発言をしたことは事実ですから、気持ちはわかります。

まあ結局は監督も雇われの身ですから、いくら頑張ったところで勝つことはできないでしょう。

チャンピオンズリーグの再試合の日程に関してですが、その時点では犯人を含めほとんど情報も出ておらず、被害が拡大する可能性もあったので、早すぎたのは事実ですね。ただ一視聴者としては、試合の日程がすぐに決まって一安心したのも事実ですが・・・。

こうなったらトゥヘルは意地でも3位とポカール優勝を決めて、自分から辞める可能性もありますね。別に夏の時点でオファーがなくても、一年以内にどこかの大きなクラブの監督が解任になって後釜として呼ばれる可能性だってあるわけで、本人は別に焦っていないでしょうね。







[ 2017/05/08 19:15 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(32)
トゥヘルは外部からの評価が高い監督だから辞めても良いオファーが来るかもね
ただヴァツケはCL権をとれなかったわけでもないトゥヘルを成績以外の理由で辞めさせたとしたら
新監督がトゥヘル以下でチームが低迷とかした場合馬鹿だと批判されるでしょうし
フロントが出しゃばって監督を攻撃するような最近のこの流れ、ミランみたいになりたいのか?って感じです
[ 2017/05/08 19:48 ] [ 編集 ]
 選手が監督と意気投合できない事があるように、監督と経営陣が合わない事もあります。誰が悪いとかそうではなく、とても当たり前の事と私は思う。

 ファーガソン監督は絶対的な存在としてUTDに長年君臨しましたが、あの人は例外でしかない。普通は経営者に雇われた監督が同じく雇われた選手を率いるだけです。アーセナルのベンゲル監督は長く同チームを率いているが、フロントと一丸となっているわけではない。バルサも、レアルも、バイエルンも、どこだってフロントと監督の見解のずれはありますし、それがちょっとした問題になることもある。

 BVBの来期の監督がどうなるかはトゥヘル監督次第だと思いますけど、出会いもあれば分かれもあるのがプロフットボールの世界なので、人事がどうなろうが、ファンである我々はそれを楽しむだけです。
[ 2017/05/08 19:54 ] [ 編集 ]
んーこれはもう修復不可能な関係なのかな?
トゥヘルレベルの監督を連れてくるのはかなり難しいし
コンディションでメンバーをチョイスしがちだけど、若いこのチームには合ってるとおもうんだけどなあ。
もう少し見てたかった
[ 2017/05/08 19:55 ] [ 編集 ]
香川加入以前からドルトムントを追っています。
正直なところ一部のトゥヘル好きな人には申し訳ないですが、トゥヘルがやめてくれれば非常に嬉しく思います。

というのは、トゥヘルは大きなクラブで監督をするような器ではないからです。
また、彼の戦術ではドルトムントの魅力的なサッカーはすっかり消えてしまい、本当に退屈なサッカーだからです。
そして、専門家からみても急に不可解な戦術変更をしていると指摘されていましたが、それによって自滅することが非常に多く、今回のリーグ戦では勝てる試合を何度も落としていました。
あれでは来季も4位争い、オバがいなくなればCLすら獲得できない中堅クラブになるのは目に見えています。

元のクラブのマインツに対して行ったトゥヘルの行為から違和感を持っていました。
フンメルスと対立していたときから選手から慕われない監督であることはわかっていました。
試合に負けたときに自分ではなく真っ先に選手を攻撃するのもドルトムントにふさわしい監督ではありません。

彼はマインツをやめたときと同じ行為をドルトムントに行うでしょう。
マインツの件のせいで、同じことを大好きなドルトムントにするだろうことが既に見えて来ているからこそ怒りも出てきています。
次に来る監督は人間力のあるドルトムントにふさわしい監督であることを心から願います。
[ 2017/05/08 19:58 ] [ 編集 ]
経営陣や監督の緻密な連携はクラブの躍進には必須条件ですよね だからあんまり、こういうのは見せてほしくはないです
トゥヘルとヴァツケには早く何とかしてほしいですね
[ 2017/05/08 20:07 ] [ 編集 ]
どうなる事でしょうね。
ドルトムントもヴァツケもトゥヘルも大好きですから、良い関係になって延長して欲しいですが…

まあ正直上手くいかないっていうのも納得です。トゥヘルとヴァツケの求める方向性は微妙に違うというかずれてるよね。
トゥヘルの手腕は戦術のみならず、練習メニューや食事、移動に至るまであっぱれだと思うし、良い監督だから無理しなくてももっと上位クラブでさえ狙ってオファーしてきそうだしね。
ただ、ドルトムントの後釜監督候補がいますかね?第2のクロップなんてそうゴロゴロいませんよ。
[ 2017/05/08 20:17 ] [ 編集 ]
ヴァツケはあれだけの負債をわずかな間に色々なスポンサーを引きつけクラブを建て直した人ですからラウバル代表も頭が上がらないですよね
その間に2連覇やポカール優勝やCL準優勝とブンデスでも中堅だったドルトムントというクラブをクロップという監督と共に世界に知らしめた人ですから
[ 2017/05/08 20:21 ] [ 編集 ]
経営陣は経営陣の考え方があるのは最もだし、コーチとしてはコーチの考え方があるのは
最もなので、どうしようもないですよね
[ 2017/05/08 20:30 ] [ 編集 ]
結局ヴァッケは選手よりもクラブ全体の利益を優先した決断をしたってことでしょ
そりゃ金になる決断をしたわけだから会長が批判する訳もない
監督、選手をはじめとした現場の人間にとっちゃ堪らんだろうけどな
[ 2017/05/08 20:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルより皆が納得する監督が来る保証なんかないし
あのフロントが費用の掛かる名将を雇うとは思えませんね
それにトゥヘルはこの2年大成功した訳ではないですが
勝ち点71やムヒタリアンを大成させたり収益だったり諸々含めて成功と言えるのではないですかね
フロントが変わなければどの監督が来てもバイエルンとの違いは変わらないままだと思います
[ 2017/05/08 20:40 ] [ 編集 ]
成績不振で切るなら兎も角、フロントが掻き集めた若手を育てながら当初の目標以上の結果残したのにこれは…
流石にトゥヘルに同情しますね…
[ 2017/05/08 21:26 ] [ 編集 ]
問題なのは上層部が既にトゥヘルの後任の目星が付いていて話し合いに入っているのかどうか。個人的にはあまり監督を変えすぎると選手も混乱するでしょうし、今夏にまた1から監督の戦術を浸透させていかないといけないのでトゥヘルはあと一年様子見した方がいいと思います。ライバルクラブのシャルケの例もありますし、フロントはもし本当にトゥヘルを解任したいなら相応の覚悟とファンを納得させられる後任の人選をすべきです。個人的に可能性が一番高いと思うのはフィオレンティーナのP・ソウザではないかと思うのですが。クラブOBでCL優勝メンバーで話し合いをしていたというニュースも出ていましたし。セリエAのフィオレンティーナの試合をこれから観ておくことにします。彼がどのようなサッカーを目指しているのか? キャラクターはどのようなものか? システムは? 等など知っておくに越した事はないですからね。
[ 2017/05/08 21:53 ] [ 編集 ]
残念な方向に向かっているようですね。
来季はトプラクを得たトゥヘルがコンテすると思っていたので悲しいです。
もしもトゥヘルの後任がパウロ・ソウザで
オバメ放出で後釜がインモービレすれば間違いなく下位に沈みますね。
今シーズンのようにチーム全体がスペスペしたら下位どころでは…
フロントにはあと一年は我慢して欲しい。そしてナーゲルス男ならまだいいです。
さすがに今オフは。。なんだかんだオバメが抜けたチームをCLに残せるイメージができるのはトゥヘルしかいません。
オバメトゥヘルの同時放出はリスクが高杉ます。
[ 2017/05/08 22:05 ] [ 編集 ]
これ、トゥヘルは最初、UEFAを批判したんだよね?そしたらUEFAが「クラブが自分で選択した事だ」という反論記事が出て、その後ヴァツケへの批判となった。
だとすると、トゥヘルが悪いよ。会議室の事情を知らないままこういった発言をするのは、トゥヘル以外のBVB関係者全員が迷惑を被るので…。なんだかインモービレの別れ際を思い出す出来事でした。
[ 2017/05/08 23:09 ] [ 編集 ]
ミランのアッレグリ、バレンシアのエメリ
解任されればここに加わると思います
[ 2017/05/08 23:16 ] [ 編集 ]
どうなるんでしょうね。ただこの記事を読むとポカールの結果は関係なしにトゥヘルさんの解雇?辞任?はほぼ確定している印象です。采配、人格に疑問に思うことも多かったけど今シーズンの結果を見れば間違いなくいい監督だと思うのに。あの事件の後の対応に遺恨が残るのは理解できます。命を粗末に扱われたような不信感があると思います。

こうなったらぜひともポカールを優勝してもらってトゥヘルさんの就活がうまくいくように祈ります。そしてBVBと戦う展開になったら面白い。
[ 2017/05/08 23:49 ] [ 編集 ]
マインツ時代に契約を1年残して突然辞任してましたが
原因は結局何だったのでしょうか?
まさかマインツのフロントと合わなかったとかではないですよね?
[ 2017/05/09 00:05 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
クロップ監督がいたときは、選手の獲得についてはヴァツケさんとツォルクさん、クロップ監督の3人で決めていて、皆の意見が一致した場合のみ獲得するというルールにしていたと、ヴァツケさんがインタビューで語っていました。トゥヘル監督とはそういった決め事とかはしていないのでしょうか。一連の記事を読んでいると、いちばん大事な選手の獲得を事後報告のときもあったとかって、ほんとでしょうか。だとするとすれ違いが起こっても仕方がないような気がします。とりあえずポカールが終わるまで静観するしかないですね。
[ 2017/05/09 00:12 ] [ 編集 ]
個人的な好みは置いといてこの2年の結果見ると解任は不当では・・・
フロント側は後任しっかり考えてないと後悔するんじゃないかなあ 
成績いいのに他の要因で監督変えて失敗したクラブいくつか思い浮かぶし不安だ
[ 2017/05/09 01:16 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンがルディ、ズーレを引き抜かれてどのように対処するか(ドルトムントと状況が似ている)、またCLでどのような結果を出すか(ドルトムントはCLの常連)…… それ次第でドルトムントが本格的に招聘し出す可能性もある。ナーゲルスマンの興味深いと思った発言が「身体に関しては限界がある。今後発展していくとしたら認知、判断の領域だ。」彼がそのアイデアを発揮できるのはホッフェンハイムのSAP社の技術的な後ろ盾があるからなのも事実なのでドルトムントに来たとしてホッフェンハイムで行っているような最新技術を駆使したトレーニングや選手管理が出来るかどうかは疑問ですね。また自分より年齢が上の実績のある選手をどのように扱うのかも疑問に思います。日本人的な考え方だとどうしてもやりずらそうと思ってしまうのですが……。 ホッフェンハイムはいいサッカーをしているので是非ともドルトムントでナーゲルスマンが率いる所が見たいのですがあと1年はトゥヘルに任せるのが正解だと思います。
[ 2017/05/09 02:21 ] [ 編集 ]
目途がついていようがついていまいが現時点で不仲表明する意味が無いんですけどね
それだけ内部での対立が末期状態という事なんでしょうけれど…。
トゥヘルは欧州の監督の中でもトップ20に入る存在です。
今のトゥヘルの年俸の2倍でも支払って招聘したいクラブはあるでしょう。そんな監督を碌な後継も決まってない状態でみすみす手放すのはかなりの悪手だと考えます。
[ 2017/05/09 02:28 ] [ 編集 ]
契約通り来季まで指揮を取ってもらって、その後ホッフェンハイムと契約の切れるナーゲルスマンにトライするのがベターなのではないだろうか。
ナーゲルスマンの契約来季までだよね確か。新進の若手監督を使う流れは変えないで欲しい。
[ 2017/05/09 05:50 ] [ 編集 ]
うーん、トゥヘルのスタイル自体はあんまり好きではないけど、欧州ではとても評価の高い監督ですし、フンメルス、ギュンドアンが引き抜かれたシーズンでカップ戦決勝、CL権内、トラブル込みのCLベスト8、立派な成績です。手放す理由があまり見当たりませんけどねえ・・次の監督にナーゲルスマンがきてくれる保障もないでしょうし、正直あんまり賢い選択だとは思いませんね。
[ 2017/05/09 06:12 ] [ 編集 ]
チームの歴史や魂を蔑ろにするトゥヘルは論題ですが、フロントは長年それに輪を掛けて論外な事を繰り返してますね。
戦力の話が出ていますが、チームが獲得した若手は戦力になり、監督が熱望して高額移籍金で取得した選手がまったく役に立たないのが現状です。
サポーターの内容もプレミア化が進んでるように見えるのが残念ですが。
[ 2017/05/09 06:23 ] [ 編集 ]
あんだけトヘル叩いてたのに、皆さん急に方向転換ですね。
[ 2017/05/09 08:23 ] [ 編集 ]
そもそもがインタビューで聞かれたから答えてるって話なので、不仲を表明って表現は正しくないと思ってるけど、
仮に積極的に不仲や解任を匂わせているなら既に後継にあたりがついているのかもね。
シーズン終了後に広い分野について話し合うって言うのがオフィシャル回答なので、そこでわだかまりが取れるなら続投だし、延長しなくても、来期後なら解任組に加えて、W杯予選敗退国の監督とかも市場へでてくるだろうから、じっくり探せる。
[ 2017/05/09 08:58 ] [ 編集 ]
トゥヘルの人間性についてはマインツ時代から散々指摘されているので
バケツさんを応援したいと思います!
[ 2017/05/09 11:09 ] [ 編集 ]
信頼を築いて来なかったトゥヘルさんの自業自得なんじゃないでしょうか。

選手と監督、監督とチーム首脳、サポーターと監督など、やれるコトって結構在ったと思いますよ。

選手をコマのように代えてみたり、スカウト部長と揉めてみたり、戦術をコロコロ変えて不甲斐ないチームを披露してみたりと、数字を残しているから一応我慢はしているという状態なんじゃないでしょうか。
何処か一つでも堰が崩れたら一気に崩壊するのではないかと思う次第です。

敢えて言わせて貰えば、トゥヘルさんって風見鶏みたいな気質なんじゃないですか。
風向きが合わなければコロッと辞めてしまうコトもアルと思います。
[ 2017/05/09 17:13 ] [ 編集 ]
>>08:23さん
トゥヘルのやり方に疑問は持ちつつも、出した結果を見れば評価せざるをえないって考えの人が多いだけかと 特に香川もドルも好きな人だと香川の起用法に不満ある人多そうだし、自分もトゥヘル好きじゃないけど優秀なのは認めてます
あとはドルの事考えると下手な解任は絶対よくない 監督次第でどんなチームも降格から優勝まであり得るのがサッカーの怖いところですわ
[ 2017/05/09 22:42 ] [ 編集 ]
選手へ責任転嫁する様な発言が多いトゥヘルは嫌いだが、昨シーズンから選手のモチべを低下させる発言してるヴァツケも嫌いなんだよなあ。
この記事もヴァツケの仕掛なのかもしれないと考えると、嫌いだけどトゥヘルを擁護したくなってくる。
[ 2017/05/10 01:06 ] [ 編集 ]
いくらなんでもヴァツケが自分の感情だけで解任騒ぎを起こしているとは思えない。実際にプレーしている選手たちから戦術や采配に関して不満の声が出てきたことがヴァツケを動かしたのでは? 監督と選手の間が良好であるならまずまずの成績のトゥヘルを切る理由がない。
[ 2017/05/10 05:57 ] [ 編集 ]
私はトゥヘルの自業自得だと考えます。
ラウバル氏の言ってる事が正しければ、トゥヘルにも襲撃事件の翌日に試合をする事を反対出来た筈です。しかし反対しなかった。フロントに反対意見は出さなかったのにメディアにはCLの運営批判。運営はもちろんドルのフロントに打診していたし、現場責任者であるトゥヘルにも連絡はドルフロント経由で聞いている。
トゥヘルのやり方は、あまりにも子供じみてるふうに見えます。
この件だけに限ればトゥヘルが100%悪い。
[ 2017/05/16 11:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。