ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、トゥヘルの後継としてファブレと接触か?その他候補は?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト


ビルトが5人の後継者を上げる!

トゥヘルに変わってファブレがやってくるだろうか?



entry_img_1654.jpg
引用元:Bild



ドルトムントがXデーに向けて準備している。


もうドルトムントとトーマス・トゥヘルの関係は音を立てて砕けてしまったようだ。一気に別れとなる危険性がある。その結果として、すでに後継者に関して議論が始まっているようだ。監督のスカウティングは始まっている。


スポンサーリンク




トゥヘルの後継は誰がふさわしい?ビルトがその可能性を探る!

▶ルシアン・ファブレ

このスイス人はBVBの候補となっている。元グラートバッハとヘルタの監督の彼はフランスのクラブ、ニースですでにチャンピオンズリーグ入りを決めている。ビルトの情報によるとすでに両クラブは接触しているようだ。BVBもファブレ側もそれについては否認している。今のところは。

問題:ダフードを発掘したファブレはフランスを気に入っている。しかしドルトムントに来ればようやくヨーロッパのトップクラブを率いる事になるので、この移籍の可能性はある。




▶ディエゴ・シメオネ

アトレティコ・マドリッドの監督を獲得できればBVBにとっては理想的となる。クロップのようにクラブに全力を注ぐタイプだ。

BVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは最近インタビューにおいて、“シメオネはクラブに全力を尽くすタイプの監督だ。”と語っていた。シメオネは今シーズンでマドリッドをやめるつもりだが、一年間休養するつもりだった。ドルトムントはすでに彼問い合わせをしたようだが・・・。

201705091744183c7.jpg




▶ホルヘ・サンパオリ:FCセビリアの監督は2019年まで契約を残している。しかし彼は150万ユーロの契約解除金でクラブを去ることができる。このアルゼンチン人は戦術の専門家とされている。BVBはすでに長い間彼をチェックしている。




▶ダヴィッド・ヴァーグナー:彼はイングランドのハダースフィールドで一部昇格をかけて戦っている。ヴァーグナーはすでにBVBを知っている。一年前までU23を率いていたのだ。テレビの前でも力強い印象を与える事が出来る。唯一の問題。ドルトムントでの仕事はまだ早すぎる?

20170509174419691.jpg



▶ユリアン・ナーゲルスマン:ホッフェンハイムの監督はドルトムントやバイエルンの候補として名前が上がっている。問題:ナーゲルスマンは2018年まで契約を残している。その後だったら熱いオプションとなるだろう。

201705091744167c0.jpg






以上です。

ビルトも手をゆるめませんね。次から次へと新たに情報を出してきます。もちろんビルトは煽り、誇張が多く含まれますが、このような情報をドイツの多くのメディアが追従するのも事実です。すでにドイツの多くの一般紙などが、「ビルトが伝えたところによると、ファブレが監督候補となっている」として次々に報じています。

ファブレは良い監督ですね。グアルディオラの後釜としてはかなり有力とされていましたが、グラートバッハの開幕6連敗の責任をとって自ら辞任していました。

ヴァツケとしてはシメオネに来てもらいたい所でしょうね。何度も名前を挙げていますから。これはどうなんでしょうか・・・説得出来たら面白いですが・・。

さて、トゥヘルに関しては別のメディアでもコラムが掲載されたりしていますので、これから取り上げていきたいと思います。



[ 2017/05/09 17:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(43)
ここまで立て続けに記事が出てくるってことはもう契約は夏で打ち切り確定っぽいですねこれは。
シメオネかナーゲルスマンに来てほしいなぁ
[ 2017/05/09 18:00 ] [ 編集 ]
やはりもうトゥへルが出る事は決定っぽいですね。
ヴァツケがマスコミに監督批判をすればその後どの様な流れになるかは想定していると思います。
こちらでマインツ時代と同じ流れになったとありましたが、表に出ていないところでもトゥヘルの性格にもかなり難が
ありそうですね。

次期監督はドイツ人ではないんでしょうか?
シメオネさんが来たらすごいですね。
ただ、オーバが移籍しちゃうと若手中心のチームですし、新監督は大変だと思います。
[ 2017/05/09 18:27 ] [ 編集 ]
ここまでトゥヘル解任したい感が出ているのであれば仮契約済みかもですね。
トゥヘルを追い出してまで新たに契約するとしたらシメネオなのかな
[ 2017/05/09 18:28 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイムがあれだけ組織的に賢くパスを繋げられるのに、なぜ選手層ではるかに上を行くドルトムントが繋げられないのか…
あまりにも幼稚な蹴り込みサッカーになってしまっている。
適切な指導をしてくれる新しい監督を求む。
[ 2017/05/09 18:34 ] [ 編集 ]
サンパオリに本物の戦術家ってやつをドルトムントで見せてもらいたい
現実的かどうかは置いといて凄く合うと思う
他は合わなそう
[ 2017/05/09 18:35 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンはSAPを効果的に使いこなせる貴重な監督だから、SAPない所に行くと
かなり勿体ない気がするのでドルにくるならSAPセットなら面白そう

ファブレでしょうかね?ドルのプレースタイルに近いし
[ 2017/05/09 18:36 ] [ 編集 ]
良記事ありがとうございます。
[ 2017/05/09 18:45 ] [ 編集 ]
■シュールレ、ゲッツェ、ローデは若手ではない■
監督はチームの顔。

ブンデスだけでなく、プレミア、リーガ、セリエなど見ているが、トゥヘルは監督として圧倒的に絵が弱い。
これほど存在感の乏しい監督も珍しいだろう。
やはりもっと絵になる監督が欲しいところだ。
BVBにはそういったボスが必要。
[ 2017/05/09 18:49 ] [ 編集 ]
シメオネは普通に考えたらまず無い。現実的で可能性が高いと思うのはナーゲルスマン、ファブレ、P・ソウザこの辺だと思う。サンパオリの名前が上がっているが彼はバルサが引き抜きを狙っているし、トゥヘル以上に試合ごとにシステムを変える監督なので個人的には無いかな。 ナーゲルスマンはまだホッフェンハイムとの契約が残っているし監督指導歴が浅く主力を引き抜かれた後の年の結果やCLでの監督経験が無いので未知数。 ただポテンシャルは欧州のトップ監督になれる物を持っているので将来的な招聘はアリ。となると来季から率いて計算できるのはブンデス経験もあり、フランスで若手主体のニースで結果を残しているファブレかな。
[ 2017/05/09 18:50 ] [ 編集 ]
シメオネはアトレティコを出るなら相思相愛のインテルしかないと思います
やっぱりファブレかナーゲルスマンじゃないですかね
[ 2017/05/09 18:54 ] [ 編集 ]
かなり立て続けですね。驚きです。ビルトは情報を貯めていたんでしょうかね。

監督はよくわかりませんが、ヴァツケが何度も名前を出しているならシメオネが欲しいんでしょうかね。
アトレティコは縦に速いサッカーというイメージがあるので、ドルトムントの攻撃陣には合うかもしれませんね。
[ 2017/05/09 19:27 ] [ 編集 ]
ん??若手が多い???


オバメヤン
(ラモス)
ロイス
シュールレ
ゲッツェ
香川
カストロ
ヴァイグル
ローデ
シャヒン
ピシュチェク
ドゥルム
バルトラ
ソクラテス
ギンター
ベンダー
(スボティッチ)
ゲレイロ
シュメルツァー
ビュルキ
ヴァイデンフェラー




多くないよね………
[ 2017/05/09 19:45 ] [ 編集 ]
シメオネ監督のような、いわゆる「大物」を釣り上げる為には確固たるプランが必要ですね。
それも、真の欧州トップクラブになるというような。
ドルトムントは育成クラブの方向に少し舵を切っている気がします。そういった野心の小ささというものが障害になると思います。
[ 2017/05/09 20:00 ] [ 編集 ]
 ビルドさんどんどん来ますね。トゥヘル監督は性格に癖がありますが、CL圏争いをするクラブの監督としては良い監督なので、契約延長を願う人も結構いらっしゃるでしょう。

 私は監督が代わる可能性に好意的です。何故かというと、トゥヘル監督の戦術に少し飽きたから。流行を取り入れて新しい事を試していくタイプの監督は、最初は新鮮で楽しいのですが、引き出しの中身が減っていくと苦しくなる。そうではないスタイルのある監督はお約束の展開ってやつをずっと楽しめたりする。それぞれ一長一短なのですが、トゥヘル監督は完全に前者の監督です。彼のBVB用の引き出しの中身はまだ残っているだろうけど、完全に無くなってからでは厳しいですし、良い頃合かなと思います。そして、異なるクラブでトゥヘル監督がどんな采配をするのか観たいという欲求も実はあったりします。
[ 2017/05/09 20:00 ] [ 編集 ]
プリシッチ、、デンベレ、ゲレイロは皆レギュラー組ですし、パスラック、モル、メリーノ、イサクだってビッククラブの誘いを断って入って来た金の卵。ブルニッチやラーセン、ボーンマン、なんて選手も控えでいる。
ギンター、ヴァイグルも若いよ。

本当に多くの若手を育てつつ結果も残しているのに…
[ 2017/05/09 20:52 ] [ 編集 ]
19:45
スカッドの平均年齢がtransfer marktによると25,4歳なので比較的若いチームかと。ちなみにバイエルンは27,8、レアルは27,2。また若いチームというイメージがあるトッテナムは25,3です。それとデンベレ、モル、パスラック、プリシッチ、メリーノ、イサクのようなトップチームデビューしている選手達をそのメンツに入れない意味が分かりません。
[ 2017/05/09 20:54 ] [ 編集 ]
シメオネのアトレティコはパス回しがほんと上手いよね。
ドルトムントのバックラインとは天と地ほどの差がある。
皆がテクニックがあり、賢いので、パス回しでのゲームコントロールに優れており、むやみに縦に蹴り込まない。
現在のドルトムントは、悪い意味で日本代表のように監督の言われた事しか出来ないというか、愚直すぎるサッカーになっている。
ドルトムントだと、クリエイティブな香川はアトレティコのサッカーに一番合うと思うわ。
[ 2017/05/09 21:04 ] [ 編集 ]
私の中で若い選手=10代です。
それを除外したメンバーを見て下さい。
十分スカッドは揃っているはずです。
トッテナムはドルトムントが見習うべき組織的なサッカーをやっていますね。
選手はもちろんですが、ポチェッティーノが何より素晴らしい。
ブルニッチ、ラーセン、ボーンマンなんてのはU23なので、そもそも取り上げる必要はありません。
それを入れたらそりゃ平均年齢は下がりますよ。
パスラックも無理してトップチームにあげる必要はないですし。
[ 2017/05/09 21:35 ] [ 編集 ]
もし仮にシメオネを招くのであれば、上層部もバイエルンに本気で挑み、欧州トップに仲間入りしていく覚悟がないと無理だと思う。
若手の発掘もいいけどある程度のスター選手とかとってガチガチに戦っていけるようなクラブにドルトムントなって欲しい。そういう意味でもシメオネがいいな。
[ 2017/05/09 21:40 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。楽しく読んでいます。
トゥへル監督ごめんなさい。シメオネの名には、ちょっと心が揺れました。私は熱いコメントを出す監督が大好きなのです。
とはいえ、シーズン終了前にどんどんこんな記事が出てくるのは監督にも選手にも気の毒ですね。
ボカールまで集中して久しぶりの優勝を狙ってほしいです。
[ 2017/05/09 21:50 ] [ 編集 ]
チェルシーと比べてみましたが、若手が多いかと言われればそうでもなさそうですね。
17、18歳の選手を試合に出すか、レンタルに出すかというのはクラブや監督次第ですから、若手3名をレンタルに出したとしてスカッドを24人で揃えると平均25.7歳でチェルシー(25.9歳)と同じくらいです。
また、先発の多い順に11人選んで、デンベレの代わりにシュールレ、ヴァイグルの代わりにシャヒン、ゲレイロの代わりに香川を入れると平均27.7歳。バルトラの代わりにスボティッチを入れると27.9歳ですから、これもチェルシーのスタメン(27.4歳)とあまり変わりません。
という事で、監督とクラブの方針次第ですね。

こうしてスカッドの年齢構成を見渡してみても、トゥヘルが昨年後半のプリシッチ起用を皮切りに突然若手偏重の起用になったのは、フロントとのコミュニケーションがうまく行かずに「若手を使え」と口出されて、あてつけで極端な方針転換をしたんじゃないか…などと勘ぐってしまいます。
[ 2017/05/09 22:49 ] [ 編集 ]
シメオネかサンパオリがいいですね。
どちらかならうまくいきそう。
[ 2017/05/09 22:55 ] [ 編集 ]
優れた戦術家というわりに丸一年経っても守備が仕上がらないのはどういうことなんだろうね。
攻撃は運とか不確定要素が大きいからこそゴールアシストが重要なわけだけど、
守備はチームとしての約束事でしょう。
優れた戦術家というならまずは守備をしっかり作り上げて欲しい。
大事なゲームは後ろに人数並べて放り込みしかしてないし、
それでも失点しまくってる印象。
[ 2017/05/09 23:22 ] [ 編集 ]
守備が仕上がらないのは選手の質の問題だと思いますけどね
元々ゲーゲンプレス有りきで守備を構築していたチームで育った守備陣が多いのだから無くなればこんなものでしょう
昨季の後半は失点を激減させていた実績があるのだからトゥヘルはむしろよくやってますよ
大好きな監督かと言われたら微妙ですが能力がないような言い方がされるのはおかしい
[ 2017/05/09 23:52 ] [ 編集 ]
シメオネが来る・・なんてことになったらオバメヤンもパリ行き考え直すんじゃないか?
[ 2017/05/09 23:57 ] [ 編集 ]
ドイツではドルトムントファンにトゥヘルの後任に来て欲しい監督は誰か? もしくは残留して欲しいか?的なアンケートってとってないんですかね? 現地のファンの意見も聞きたいのですが……。
[ 2017/05/10 00:04 ] [ 編集 ]
クロップ→トゥヘル→シメオネって方針ぶれぶれじゃないですか
ポゼッション志向からいきなりカウンター志向の監督ですし
今の選手とシメオネが求める選手ってかなり違うんじゃないですかね。そもそも来るのかという問題も…
ファブレはいい選択肢になるんじゃないですか
スタイルが大きく変わることはないでしょうし、ブンデスの実績もあります。
ただまぁ、こんな形でトゥヘルが去ってしまうなら残念です。
主力三人抜けての今季の結果はケチつけられませんし、ナーゲルスマンのボール運び封じは見事でした。
自身が望むスカッドでのサッカーがみたいですが、厳しそうで残念です。

[ 2017/05/10 00:23 ] [ 編集 ]
ポカール優勝のみトゥヘル続行という記事が出たかと思いきや、そのタイトルに王手がかかると、フロントとの不仲説をおおっぴらにして、今季限りの可能性、後釜探しと、トゥヘルが辞めるレールがひかれているような印象で、スッキリしませんね。トゥヘルに辞めてほしいなぁ〜とずっと思ってましたけど。バス襲撃事件後、フロントの対応にトゥヘルの方が愛想をつかしたのではないかと思います。ポカール優勝、リーグ2位、3位になってもフロントと一悶着ありそうで。次の監督を招聘するにもフロントはケチりそうだし。こんな状況を一掃すべく、チームはポカール優勝、リーグ2位を目指してほしいです。
[ 2017/05/10 00:46 ] [ 編集 ]
シメオネ対サンパオリのあの対決は戦術家好きには堪らなかったでしょうね。
個人的にはアンチェロッティのような地に足が付いた監督が好みですがサンパオリのビエルサ仕込みの戦術はコロコロいじるけど理に適ってるので試合が終わってからイラつくことも無いので好きです。
ただ人気銘柄すぎて想像出来ません。
玉突きでアンチェロッティ来ないかなぁ
[ 2017/05/10 01:26 ] [ 編集 ]
イサク、ラーセン、ブルニッチ辺りを入れないのはまだわかるけど
リーグで600分出場してるモルとパスラックを加えないのは不自然だよ
今季前半に多かった怪我人の代役で出場してた選手達への敬意がない
好きな選手はいてもBVB自体は応援してない方なら仕方ないですが

2010年以降のBVBは名前だけ見ればブンデスで常に1~2番の戦力だけど
今季はロイスや香川が怪我でスタメンで出れたのは今季10数試合程度ですよね
ムヒタリアン、ギュンドアン、フンメルス抜けたのに加えて主力の怪我も今季響いたのではないですか
[ 2017/05/10 02:06 ] [ 編集 ]
確かに若手は多そうに見えるけど、中堅が揃っているし戦力的に問題はないね。
もしフロントが若手を積極的に試合に出せと命令してたなら話が変わるけど。
全選手の平均年齢をみろー若いだろうがーって言ってる人は意味が分からない。

私はトゥヘルは嫌いだが、フロントもそれ以上に大嫌い。
優勝できる可能性があるのに戦う前から白旗宣言するからね。
レスターの例もあるし、どのチームにだって可能性があるというのに。

選手層は問題ないので、彼らの力を最大限に引き出せる、クロップのようなモチベータータイプの監督にきて欲しいところです。が、フロントはイエスマンを連れてくるだろうなー。本当悪い意味で保守的だもんな。
シメオネが第1希望ですが、まぁないでしょ笑
[ 2017/05/10 02:59 ] [ 編集 ]
以前、ヴァツケが「トゥヘルはクロップやシメオネのようだったら・・・」と言っていた記事を見た気がするので、ヴァツケは既にシメオネと接触し、一定の関係はあるのかもしれないですね。

しかし、本当に辞めるのかなぁ。すべて憶測だから飛ばしの可能性も高いですよね。
[ 2017/05/10 08:25 ] [ 編集 ]
シメオネ人気ですね〜意外でした
今のドルトムントファンってアトレティコみたいなサッカー嫌いじゃないのですか?
チームは強くなるだろうけどカタルシスを違うベクトルで感じる人じゃないと楽しめなくなると思いますよ
[ 2017/05/10 09:16 ] [ 編集 ]
ファブレは結構不安定だから本当に良い監督なのか微妙だと思う
特定の選手を干したりするし
若手を成長させるイメージはあるけど
ほぼ全ての点でトゥヘルと同等またはそれ以下の監督だと思う
[ 2017/05/10 09:44 ] [ 編集 ]
若手中心×モチベーター監督でやって優勝してくれないかなー。
[ 2017/05/10 10:04 ] [ 編集 ]
トゥヘルのサッカー
好きじゃないですが、
この結果なら3年はやらしてあげたいなー
と思います。

本人がやりたければ、
ですが。

ホッヘンハイム戦の前の記者会見で
ナーゲルスマンとは背負ってるものが違う
というようなこと言ってました。

2位は絶対、
チャンピオンズリーグも絶対、
あわよくばバイエルンを倒す、
というクラブの監督の宿命でしょうか。

4位5位なら確実に解任、
ですよね。

ドルトムントの好まれるDNAは
チャレンジャーだと思うので
クラブカラーとは合ってないんですよね
きっと
でも声かけたのもクラブですし

おたがいいいカタチになること
祈ってます

ところで管理人さん、
レーヴが始めたドイツサッカー改革
その一つが監督の養成で
一期生がトゥヘルですよね?
違ってたらすみません

話題になっている元グラートバッハの監督
いいサッカーしてましたが
スイス人とのこと
この流れとは無関係でしょうか?
[ 2017/05/10 10:40 ] [ 編集 ]
10代以外のスカッドを見て下さい。
これだけのメンバーがいて、ブンデス3位以下のスカッドに見えます?

さらにはドイツ代表、元バイエルン、元バルセロナ、EUROベスト11…が新加入。

「このスカッドでトゥヘルはよくやってるよ」

は???
あまりにも選手たちを馬鹿にしすぎですね。
[ 2017/05/10 12:05 ] [ 編集 ]
シュールレもローデもバルトラも皆怪我で長期離脱している。ついでにロイスも香川もシャヒンもかなり長い離脱や不調だよね。
デンベレはレアル蹴ってドルトムントに来てくれたから、成長の為にはある程度出さなければならない。
プリシッチもアメリカン代表10番。アメリカのマーケットも重要です。

私は全てスコアブックつけて、相手フォメーションや戦術考えて、その上で良くやっていると思う。
あまり試合さえ見ないようなコメント主に印象で語って欲しくないです。
[ 2017/05/10 15:49 ] [ 編集 ]
あれだけ怪我人続出&再発したのはチームの責任ではないんですか?
さすがに選手だけの責任にはできませんよ。
個人技任せで負荷のかかるサッカーをやっているから怪我人が続出するんでしょう。
若手だけは元気でしたが。
[ 2017/05/10 17:13 ] [ 編集 ]
スコアブックを付けて考察してそれを元に自分の意見をコメントするのは素晴らしいですが、
“私はスコアブックを付けて他の人達と違いしっかり分析している”“他の人達はロクに試合も見ないでコメントしてる”
は違うでしょう。
振りかざしてはいけない物でしょう「それ」は。
主観で他者を否定してるだけで根拠が無いですよ。

ドルトムントは名実共に世界でトップ10に入るクラブです。ファンの要求もそのクラスになってるのは仕方無い事ではないでしょうか。
[ 2017/05/10 18:09 ] [ 編集 ]
[ 2017/05/10 15:49 ] - です

シュールレと香川は代表で怪我した。バルトラは事件で。シャヒンやロイスの怪我がちなのは昔からだよ。何でもかんでもトゥヘルのせいにするのはいかがなものでしょうか?

ちなみにシュールレは代表でMOMの働きの2ゴールしたのに、その試合で再度怪我してしまった。そうそう、ベンダーもオリンピックで怪我して長期離脱してたね。
ドルトムントはほぼ代表選手の集まりだから(3月も17人が代表招集されている)確かに選手のレベルは高いけど、その分負担も大きい。ホッフェンハイムやライプチヒは昨シーズンのマインツみたいに週1でリーグに集中、代表招集選手もそれほどいないし、分析もそれほどされていない、来期が正念場だよ。
[ 2017/05/10 19:16 ] [ 編集 ]
>守備が仕上がらないのは選手の質の問題だと思いますけどね
質ではなく特性じゃないですか?
いま3バックで使っているDFでセンターバック向きの選手が何人います?
フンメルスに逃げられ、スボティッチを飼い殺しにして、
ギンターやシュメルツァーがディフェンスラインに入っているわけです。
どちらもサイドバックでやりたいと思っているんじゃないですかね・・?
CBの選手が足りないのに無理やり3バックを続けている事に疑問を感じますがどうなんでしょう?
CB3枚いないんだから4バック(CBは2枚ですみますよね?)にして、
一つ前に3枚置くことだって出来るわけで。

そうなったらそうなったでディフェンシブなミッドフィルダーが足りないってのはありそうですが、
ピシュチェク含むディフェンスラインのミスで失点を重ねるってのは、
選手を適正に合わないポジションに無理やり押し込んで使うトゥヘル采配が原因だと思います。
[ 2017/05/10 20:45 ] [ 編集 ]
怪我人は書ききれないほど大量に出ていますよ。
シュールレは代表だけでなく、レアルマドリー戦でも怪我をしていますし。
ドルトムントでの試合で、毎回のように怪我人続出していました。
練習中での再発も山のように出ています。
さすがにこの多さは個人の責任の域を越えて、チームとして明らかにおかしいと言わざるを得ません。
[ 2017/05/10 22:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。