ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元マインツ・キーパー!再びトゥヘルを批判!「気難しくて、非常に特異な人物」ドイツ紙《ドイツの反応》




Sport1

ハインツ・ミュラー!ドルトムント監督、トーマス・トゥヘルを批判

ミュラー:トゥヘルは“気分屋で特異な人物”


entry_img_1658.jpg
引用元:Sport1


ミュンヘン:トーマス・トゥヘルのBVB時代は、どうやら今シーズンで終わってしまうようだ。

そしてクラブやその周辺の話を聞いたところによると、それはスポーツ面においてではなく、より監督の人間性が問題になっているようだ。

スポンサーリンク




BVB会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケは、先週土曜日のインタビューがこの議論の発端となり、さらに月曜日の南ドイツ新聞において、選手たちのコメントがそれに追い打ちをかけることになった。


匿名のコメントではあったが、トゥヘルとチームの関係性の悪さが明らかになったのだ。



“完全にいじめ”



そして、トゥヘルの仕事や人間性について意見を表明してきた一人が、ハインツ・ミュラーだ。2009年から2014年までマインツでキーパーだった彼は、かつての監督について決してポジティブな話をしていない。


それも不思議ではない:トゥヘルは当時のキーパーナンバー1を2013/14シーズンの冬休みに入る前に、プロチームから追い出したのだ。その事について、この元マインツのキーパーは、監督を“独裁者”と表現し、“完全にいじめ”だと語っていた。


当時の彼はさらに、“トーマス・トゥヘルは尊敬、礼儀、正直さを重要視しているが、自分ではそれを完全に踏みにじっている。みんな彼が重要だと思っている通りに、彼が生きていないことは知っている。”


そして彼は、現在のドルトムントの状況についてSport1の質問に答えた。“今トゥヘルがどのように選手と接しているのかが明るみに出ることは、僕にとっては全然不思議なことではないよ。トーマス・トゥヘルは本当に特異な人物で気分が良く変わり、すごく気難しいんだ。”と彼は語る。


“それについては、ジャーナリストの多くもすでに感じていると思う。そして、彼は根に持つタイプなんだ。トレーニングでうまく行かなかった時なんか、彼はそれをすごく個人的な事として受け取るんだ。”



“火のない所に煙は立たぬ”



この38歳はこう続ける。“当時もすでに言ったことだけれど、火のない所に煙は立たないものだよ。”


Sport1はトゥヘルの代理人、オラフ・メインキングはハインツ・ミュラーのコメントに対して質問したが、当時と同様に何も答えを得られなかった。


ミュラーは、当時、自分をトゥヘルの犠牲者としては語っていなかったが、しかしチームから外された事を考慮すると、それは十分に感じられる。


なぜならミュラーは、当時公式戦23試合に出場することで、自動的に契約が延長される事になっていた。しかしプロチームから外されたことで彼は2014年の夏に、所属チームが無くなり、結果として引退することになってしまったのだ。


“あれは非常に難しいが、徹底した決断だった。そうなった要因はいくつかある。”とトゥヘルは2013年冬に発言し、その後ロリス・カリウスをキーパーにしている。



裁判はまだ決着つかず。



ミュラーはその後、契約内容に関してクラブ側を訴えを起こしており、2015年に一度勝っている、しかし2016年に上告となり、エアフルトの裁判所で争われることになった。その決断はまだ下されていない。


トゥヘルは最初の裁判でも証人として発言しており、パフォーマンスの低下や選手の社会性を理由に挙げていた。







以上です。

当時の様子について管理人が補足します。
ハインツ・ミュラーはそのシーズン、レギュラーとして前半戦10試合でプレーしていました。しかし、その後負傷して離脱を余儀なくされています。冬休み前に練習に復帰しましたが、そこでプロチームから出ていくように、いきなり言われたようです。ハインツ・ミュラーの当時の発言の引用ですが、“今からマネージャーの所に行って残りの給料をもらってくるんだ。お前は(キーパーとして)ナンバー2でも、ナンバー3,ナンバー4でもない。”とトゥヘル言われたようです。(ソース:Tオンライン 2015年)

これによって彼は前半戦10試合プレーしていた状態からいきなり2部チームへと落とされることになりました。契約内容は23試合で自動更新というものだったため、契約が更新されることもなく、そのまま引退となったようです。

ミュラーは当時の契約と支払いに関してクラブを訴えています。

さていろいろなメディアがこの問題を大きくしようとしているようですね。今回はSport1がミュラーに新たにインタビューをして、当時の発言を掘り返しています。

ヴァツケに対する批判がないかも探しているんですが、なかなか見つかりませんね。わざわざ試合の日にインタビューを公開するなんて、サッカービジネスの不文律を犯している、というヴァツケに対するコメントあるんですが、よくよく読んでみると、ヴァツケがそれを知らないはずはないから、計算された事だろう、という見方になっています。その辺はまた次回紹介します。




【おまけ今日のドイツ】

20170512063335082.jpg

よく行くカフェ
[ 2017/05/12 06:30 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(35)
我々の場合は、香川を通してのドルトムント・トゥヘル評になりがちですが、やはりそういった視点で見ても、不思議というか、納得の行かなかった事が多いですね。ま、トゥヘルを退団させてくれるのは大歓迎で、そうであれば、今のサッカー選手としての一番大切な時期に差し掛かってる香川にとっても、ドルトムントに残る選択肢も肯定的に考えられるようになりますね。とにかく、もしトゥヘルが残るような事になれば、香川には必ず移籍をしてもらいたいと切に望みます。
[ 2017/05/12 07:54 ] [ 編集 ]
ヴァツケのインタビューは事件の次の日の公開予定だった、ホッフェンハイム戦前の公開は予想外…と、ツヴォルクが今回の騒動に驚いているというコメントを出しましたね。
ファンとしてはシーズンを気持ちよく終わる為にも、監督もフロントも選手の為に応援していきましょうよ。もう悪口は沢山です。
昨日香川がスマホの自撮り棒でバルトラ達と写真を撮っていた写真がとても良い感じで癒されましたよ。まるで、香川がバスガイドさんみたいで笑いました。
[ 2017/05/12 08:24 ] [ 編集 ]
カリウスの方が安定していましたけど
いきなり2部行きは行き過ぎだと思った覚えがあります
キッカーでツウォルクがヴァッケのインタビューは後日記載される予定だったと話していましたね
本当なのかはわかりませんけど
ツウォルクもトゥヘルを擁護する気があるようには思えませんでした
上層部がトゥヘルを好んでいないのは昨期から明らかですし
トゥヘルとの夏の話し合い後に円満に監督交代する計画だと思います
トゥヘルもおそらく引き抜きの話があるのでは?
[ 2017/05/12 08:26 ] [ 編集 ]
トゥヘル擁護の記事や意見はないのでしょうか
人間性、性格については以前から言われてましたからね
トゥヘル招聘を決めたときフロントはその辺どう評価していたのでしょう
手腕はともかくドルトムントのカラーと異なる監督ですから、こうなることは想像できたような気がしますが
[ 2017/05/12 08:26 ] [ 編集 ]
36歳の正GKが怪我で離脱
その間隙を縫って若干20歳のロリス・カリウスが定位置を奪取した
ここからですよね
〉前半戦10試合プレーしていた状態からいきなり2部チームへと落とされることになりました

「いきなり」の前に何らかのいざこざがあったのか無かったのか
チームの和を乱すような行動があったのかどうか
ここが干し方の成否を別けると思うのですが
詳しい方おねがいします
[ 2017/05/12 08:51 ] [ 編集 ]
ドルトムントにはもっとエモーショナルな監督がふさわしい。
[ 2017/05/12 08:52 ] [ 編集 ]
ここ数日フロントやらメディアがトゥヘルを攻撃してるのも
イジメっぽく見えてなんだかな
一方的な主張も多いだろうし外野から見て本当のトゥヘルの人間性なんて分からないけど
まだ大事な試合が残ってる今、トゥヘルの過去を掘り下げたり騒ぎ立てる方もおかしいと思う
[ 2017/05/12 08:57 ] [ 編集 ]
気分屋で気難しい特異な人物・・尊敬、礼儀、正直さに欠けている。コレ今までの、見たまんまの印象ズバリなので、笑ってしまった。一人の過去の選手の発言だが、過去の言動を考えると、無きにしも非ずかな。
意識しない発言や言動で、選手のプライドを傷付けている可能性は高いと思います。デリカシーの欠除や繊細な人心掌握術を持たない人物は、戦略家?だとしても机上の空論と同じですね。彼は上を目指している様ですが、ズバ抜けた成績でも無いし、核となる戦術も無いし、人間性も?となると巨額なマネーが絡みスキャンダルを嫌う、ビッグクラブが触手を伸ばすのでしょうか?
マインツ・ドルトムントと続くとなると、今回はトゥヘルユニットとしても致命傷の予感です。
[ 2017/05/12 09:09 ] [ 編集 ]
シーズン前半10試合出場してる選手に〜ナンバー4でもないとは敬意に欠けるにもほどがあるし
多分に感情的なものを含んでいると解釈せざるを得ませんね。
スタメンは練習時のパフォーマンス重視との触れ込みもこうなると怪しいものです。
[ 2017/05/12 09:16 ] [ 編集 ]
昨シーズンはそのイジメの対象の1人が香川だったのかも?と思うと悔しい
頻繁に香川だけ尻を蹴り上げてたな
[ 2017/05/12 09:17 ] [ 編集 ]
んーー、もしほんとだったら、フロントがこんなこと許すのかな?性格がアレなのはほんとだとしても。
[ 2017/05/12 09:37 ] [ 編集 ]
いやぁ、今度は裁判係争中の相手方に近いような人間まで出てきましたか。遺恨のある部外者が疑わしきは罰するのようなことを言うのは流石にモラルハザードでしょう。
[ 2017/05/12 10:13 ] [ 編集 ]
正直、片方の意見だけ聞いても何も思いませんね。
こうなってしまったらトゥヘルも反論してくれないと日本みたいに認めた事になるっていう感覚がよく分かります。
もしトゥヘルが不当に悪評されているとしたら日本人の感覚だと「相手にするだけ損」とか「まともな人なら私が悪くないのは分かるはず」みたいになってしまうのが一般的かもしれませんね。
トゥヘルの反論を期待します。(監督は代わってほしいけど)
[ 2017/05/12 10:21 ] [ 編集 ]
こういうのは「証言」なのか単なる個人間の「感情」なのか、慎重にとらえるべきですね

選手は監督が在籍中にはなかなか批判しませんよね。これはある意味とても規律と尊重がサッカー界にはあるということですが、見方をかえれば監督を一番評価できるのは他でもない選手です

トゥヘルを身るにつけやはり私はファン・ハールを思い出します
ファン・ハールは戦術家と言われ難解で誰も理解出来ない戦術哲学とか選手にセンチ単位で動きを指導するとか揶揄されてましたよね

リベリがファン・ハールをかなり手厳しく批判したインタビューを読みましたが、やはりつまらない自由の少ないサッカーで苦しかったみたいです

そしてリベリは似たようなことをペップ評で言っています

つまり戦術家とは何やら高等ですごい手腕のように聞こえますが、実際は過剰になれば選手の自由な発想や臨機応変さを縛り、リスクを承知でチャレンジするプレーを抑えつける方向にいってしまうと断言できます
もちろん能力の足りない人間が戦術家を気取ってやるのはなおさら

リベリのような(まあ彼も気難しいところがありますが)ワールドクラスの選手だからこそ、自分たちの能力を引き出す前に戦術を過度に押し付けられたらうんざりするのでしょう
リベリのレベルでなくても、サッカーは何人もの選手が入り乱れての途切れないプレーの連続ですから、規律と戦術は絶対必要ですがその上で選手の自由さを認めてこそワクワクするスポーツになるんですけどね

トゥヘルの人間性に焦点があるようですが、そこには戦術家が陥りやすい選手を思い通りに動かし、失敗は選手のパフォーマンス自身の戦術を履行出来ないからだという尊大傲慢さが見え隠れするという、サッカーそのものとも切り離せない問題だと思いますね

選手が敏感に感じ取るものだと思います
[ 2017/05/12 10:54 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます
誰かが主導しているのか、していないのかはさておき、トゥヘルバッシングとも取れる一連の報道は止みそうにありませんね…。
最近のネガティブなニュースには少し寂しさを感じてしまいます。

管理人さんのブログが好きなので(【おまけ今日のドイツ】はとても好きで、正に「おまけが本編」って奴です)これからも応援してます。無理のない範囲で更新し続けてくださる事を願ってます。
[ 2017/05/12 10:57 ] [ 編集 ]
レギュラーから負傷でいきなり2部チームですか
「パフォーマンスの低下や選手の社会性」って言っても負傷あけでいきなりパフォーマンスが早期に戻る選手のほうが少ないのにね
そう言えば、クバやスボティッチ・グロスクロイツ辺りは負傷後放出されましたね
グロスクロイツに対しては「危険だ」とも言ってました
裁判の結果で一番「危険」なのは誰かハッキリするわけですか・・
[ 2017/05/12 11:50 ] [ 編集 ]
外堀を埋められつつあるトゥヘルさん。
メディアの格好の餌食になっていますね。

古今東西、この手のメディア報道はかなり醜悪なんですけど、誰が仕掛けた事なんでしょうかね。
トゥヘルさんを辞めさせたい人達の思惑は巧みに進んでいるようです。

いったい誰が特するんですかね。
[ 2017/05/12 12:05 ] [ 編集 ]
この事が本当なら、リーダーに相応しくない人物なんだと思ってしまうな。
ちゃんとした説明や指導もなく、いきなり降格はひどい。
ドルでもゲッツェやモルに練習中激高してたが、理由をちゃんと説明せず怒鳴って従わせるやり方は絶対恨まれる。
[ 2017/05/12 12:37 ] [ 編集 ]
決勝前で注目が高いので、どのメディアもこの話題に乗っかってビューを稼ごうと集ってきましたね。

ヴァツケが決勝戦前に確執をもらしたのも、CL出場圏内が確定しBVB内で監督解任を決断したので
「優勝してから解任の話を出す方が面倒な事になるかも?(2位の場合は成績不振の理由にできる)」と判断したのでしょうかねえ?
だとしたらなかなか腹黒い。
サポとしてはタイトルがかかってるので政治に利用してほしくは無いのですがね...
[ 2017/05/12 12:42 ] [ 編集 ]
まぁ、そういうタイプなんでしょう
ドルトムントの監督に決まる前もそういう評判だったし
[ 2017/05/12 13:13 ] [ 編集 ]
フロントに対する不信が膨らむ一方です。
このような形で批判を煽ったのなら即刻、解任するのが筋かと。
解任しないまま批判を浴びせるのは悪手すぎます。
シーズン後、つまりポカールを獲ってからでは首にしづらいので先手を打って仕掛けたのでしょうが、何を優先してるんだって話ですわ。
[ 2017/05/12 13:25 ] [ 編集 ]
この騒ぎが起こってからトゥヘルを擁護したり、報道を否定したりするコメントが全く出てこないですね
メディアが以前報じてたように選手とトゥヘルの関係が良好だったとしたならば
選手達が何かしらのアクションを起こしても不思議ではないと思うんですが...
仮にフロントの暴走だったとしたら、尚更事実を知っているのは選手達ですからね
いつぞやの試合後、トゥヘルの言動が問題視された時でしたか、キャプテンのシュメルツァーが
事態収束の為かトゥヘル擁護の発言をし、選手達の不甲斐なさを認める発言をしてた記憶があるんですが
今回は全く動きがないですし、モルの件などでトゥヘル同様批判の対象となるコーチからも
一切否定のコメントが出ないのが不思議です。もし事実ではないのにここまでされてたとしたら
普通は否定くらいしませんか?
[ 2017/05/12 14:03 ] [ 編集 ]
トゥヘルの言い方にいやらしい部分はあれど日本やアメリカのメジャースポーツではロッカーに戻ったらクビなんて話はわりと聞くし欧州のサッカー選手って過保護すぎる気がする。
指導者は独裁に近いべきであると思うし、ビッグクラブにありがちな選手と監督の権力が逆転するのが一番あってはならないと思う。
[ 2017/05/12 14:46 ] [ 編集 ]
主導してる誰かがいるのか?誰が得をするのか?やたら陰謀を匂わすかの様なコメントがありますが、これは単純な話で、クラブを破産の危機から救い、ドルトムントというクラブをここまでにした会長が、今行動を起こさなければクラブにとって良くない結果をもたらすと判断しただけじゃないですか?スポーツ面だけで判断するなら、あとたった1年トゥヘルとの契約を全うすれば済む事で 、成績も悪い訳では無い。それでも今辞めさせなければならない程、事態は深刻なんだと考えるべきではないですか?確かにフロントに対しては首を傾げたくなるような事も ありますが、ヴァツケさんがクラブの将来を無視してこのような行動を取るとは考えにくいですし、他のお偉いさんたちも皆ヴァツケさんの方針を支持する発言をしてます。事情を知る者全てがヴァツケさんを支持するからには、外部の者が知り得ない問題があるのではないかと思ってます。
[ 2017/05/12 14:49 ] [ 編集 ]
なるほど、これは複合的な要因でトゥヘルが吊し上げられてるんですね。
>2015年に一度勝っている、しかし2016年に上告となり、エアフルトの裁
>判所で争われることになった。その決断はまだ下されていない。
>トゥヘルは最初の裁判でも証人として発言しており、パフォーマンスの低
>下や選手の社会性を理由に挙げていた。
これでしょう。これ弁護士が絡んでますね、かつモルの件が裁判沙汰になりそうになったという事はないですか?
ドルトムントの幹部はモルの側に立ったのでしょう。
この時期に降ってわいたのは、裁判の件が絡んでいるように思えます。
[ 2017/05/12 14:53 ] [ 編集 ]
結局は日本のスポーツメディアだけじゃなくドイツのスポーツメディアも大概だって事ですね
政治的なネガティブキャンペーンに加担してるんですから、より悪質に感じます
トゥヘルは嫌いですが、マリオネットにならん奴を排除するために蠢動するのはまた別
[ 2017/05/12 15:21 ] [ 編集 ]
>当時の彼はさらに、“トーマス・トゥヘルは尊敬、礼儀、正直さを重要視しているが、
>自分ではそれを完全に踏みにじっている。みんな彼が重要だと思っている通りに、
>彼が生きていないことは知っている。”
これは前から凄い気になってた
トゥヘルって人に言う事とやってる事が完全に自分の事は棚上げしてるよね?
兎に角自分の非を認めず他人に責任を求めようとする印象

個人的には銀河英雄伝説に出て来るアンドリュー・フォークを少し丸くした様な感じ
て言われるとイメージし易いし、しっくりくる
[ 2017/05/12 16:03 ] [ 編集 ]
こういう話題が話題を呼ぶ状態はあること無い事たくさん出てきますからねえ・・・
判断するのはもうちょっと情報でそろって落ち着いてからにした方が良さそう
[ 2017/05/12 16:26 ] [ 編集 ]
うーん、よく分かりませんね。こういった批判は多くのクラブで冷遇された選手から監督に対して起こります。ミュラー選手については、トゥヘル監督だけでなくフロントにも問題があるように思えますし。しかし、トゥヘル監督がどうやら気難しい人だということはそうなのでしょうね。
繰り返しの意見になりますが、事実はどうあれどうかシーズン中は団結して欲しいです。
[ 2017/05/12 16:39 ] [ 編集 ]
>2017/05/12 11:50
グロスクロイツはクロップ辞任発表前から契約(2016年6月まで)の延長交渉が
全く無かったのでフロントの意向じゃないかと
ブラジルワールドカップ直前にケバブ投げつけやホテルロビー放尿といった
問題行動を起こしていましたし
サポーターがずっと「すぐにグロスクロイツとの契約延長を」と横断幕を出し続けていたんですがね・・・
[ 2017/05/12 17:07 ] [ 編集 ]
元BMGのファブレが後任候補になってるけどこれもロイスの要望かな?
まあ僕は監督より選手が気持ちよくプレイできる環境が好ましいと思うので気にしないけど1選手が影響力持ちすぎるのも
どうかなと感じます。(想像の域での話)
[ 2017/05/12 17:23 ] [ 編集 ]
岡崎きっかけでマインツも見てますけど、当時、パフォーマンス自体はカリウスのほうが良かったと思うんです。でもですね・・いきなりセカンド行きにするほどハインツミュラーのパフォーマンスが落ちたとは思えませんね。ただマインツのフロントも世代交代のためにトゥヘルと結託したパターンもあるんじゃないかなとか妄想したり・・あとハインツミュラー側だけの意見なので、トゥヘルの言い分も聞いてみたいですね。ハインツミュラーも引退するぐらいならJに来てほしいなあと。まあ年棒は8000万~ぐらいしか出せませんけどね・・・(Jにくる韓国A代表GKや日本のA代表クラスのGKの年棒がそれぐらいだった気がする)
[ 2017/05/12 17:43 ] [ 編集 ]
岡崎もトゥヘルは激情家でクレイジーな面もあるって言ってたし、
トゥヘルがマインツやめるときも変なやめ方だったから何かしらあるんだろうなぁ
[ 2017/05/12 18:02 ] [ 編集 ]
結局なところドルトムントが期待していた&満足出来る成績を残せなかったというだけでしょう。
もしリーグ優勝などの結果を出していればこうはなからなかったはず。
確かに個性的な監督ではあると思うが、人間性や性格に問題があることで批判されなければいけないほど問題がある人物だとは思わない。
[ 2017/05/12 19:50 ] [ 編集 ]
>[ 2017/05/12 17:43 ]さん
当時のマインツフロントの意見も聞いてみたいですね
ただ如何せん今の仕事場が・・・
[ 2017/05/12 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。