ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!「BVBファン、ヴァツケに怒り!」ヴァツケを批判!《ドイツの反応》




Sport1


ボルシア・ドルトムント:トーマス・トゥヘルとの争い!ヴァツケが批判に


ファンたちはヴァツケに対して怒り!


entry_img_1659.jpg
引用元:Sport1



ミュンヘン:BVBのボスたちはトーマス・トゥヘル監督と争っている。しかし多くのファンたちはトゥヘル側に立ち、クラブ幹部を批判している。



スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントでのトーマス・トゥヘルはどうなるだろうか?よりはっきり言えば、この関係でこれ以上続けることは、そもそも可能なのだろうか?


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケとの争いの後では、そうなる可能性は低いだろう。おそらく監督が辞める事になるほど、彼らが激しく争っていることは明らかだ。


しかしシーズン終了前に、監督がいなくなるかもしれない事に関しては、多くのドルトムントファン達も怒っている。それは決してファンがトゥヘルが代えがきかない存在だと思っているからではない。むしろその反対だ。しかし、ポカール決勝と、リーガ3位をめぐる戦いを目前にして、現在行っているBVB幹部のやり方が多くのファンの気に障るのだ。



“ヴァツケは恥さらしだ”


トーマス・ミュンツェルは、クラブ幹部の事を“あまりにも低レベルでクラブにとって損害だ。”と発言している。またエディー・ダランは、ヴァツケのトゥヘルに対するこの行いを“現代のいじめ”と評している。彼はさらに、“トゥヘルが去るのなら、BVBも落ちぶれるだろう!”と書いている。


また他のユーザー、デルニョは“こんなに権力のあるヴァツケの元で働いているトゥヘルがかわいそう。もし彼が行くことになったら、恥ずかしい事だ。”と発言している。


マッターホルン・ジェイ・ジェイも似たような意見だ。“トゥヘルに対する一連の流れは、非常に敬意に欠けている。”と彼は書いている。“僕はもう会員じゃなくて良かったよ。恥さらしだ。”彼のツイートには♯Watzkeというハッシュタグが付けられている。


“トゥヘルはBVBには偉大過ぎた。”


さらにニック・ケーレマンはこう話す。“もしヴァツケがトゥヘルを行かせたとしたら、それはヴァツケの限界を示すものとなるだろう。トゥヘルはBVBには偉大過ぎるんだ。”


またSport1は、ヴァツケとトゥヘル、今回の敗者はどちらか、というアンケートをとった。回答した約44000人のうち、61%はクラブ幹部のヴァツケが敗者であると判断しているようだ。39%はトゥヘルが敗者であると回答している。


“トゥヘルが残る事を願っている。”


その意見の背景にあるのが、良い後継者がいない事である。


“しかしヴァツケとラウバルは、この出来事の後で、誰がBVBに来たいと思っているんだろうか?”とゴーストは辛辣にコメントしている。


さらにデーヴは、“いったいどこで、このぐらい有能な監督を見つけてくるつもりだろうか?”と発言。


ユーザーのカータは“私は最初はトゥヘルに対して懐疑的だったけれど、現時点ではドルトムントで彼より良い監督はいないと思う。”とツイートしている。


また、ユーザー名ボール回しは“トーマス・トゥヘルとの別れが現実的になればなるほど、彼が残ってくれたら良いのになあ、と思う。”








以上です。

昨日ハインツ・ミュラーへのインタビューを行い、トゥヘル批判を大きく報道していたSport1ですが、ツイッターのファンの発言を集めてヴァツケ批判の記事を載せていましたので、紹介しました。


まあこのように両サイドの意見を載せる姿勢は悪くないと思います。


ただ、メディアがネタ探しに誰かわからないツイートを基にした記事を書くのは管理人は好きではありません。個人的にマッターホルン・ジェイ・ジェイさんや、ボール回しさん、ゴーストさんなどの怪しい名前のユーザーの意見にはあまり興味がない、というのもありますが、こうしたSNSの発言というのは、筆者のさじ加減でいくらでも好き勝手にコントロールすることができるというのが大きな理由です。


このブログではファンの反応を取り上げることは、今はそれほど多くはありませんが、そうした記事を取り上げた経験上から感じる事でもあります。


あくまで個人的な印象ですが、ファンサイトで書き込みをするファンの数というのはかなり限られています。試合後に100~300ぐらいコメントが伸びますが、実際にコメントしているのはその中の数十人です。実況版だと1500コメントぐらい行きますが、同じ人が何度も“ヤアアアア!!!”とかコメントしているだけなので、実際にコメントしている人数はやはりそれほど多くはありません。


これらのごく限られた一部のユーザーの反応を、ファン全体の総意として見るには、分母があまりにもすくな過ぎるというのが、個人的な感想です。ドルトムントの試合は毎回8万人のファンが訪れていますが、彼らがどのような考えをしているかはネットからは見えてきません。ネットユーザーの一人がある選手を批判している反面、スタジアムではその選手の交代時にスタンディングオベーションが起こっていた、などという事は十分にあり得る事ですね。


また、今回の記事では44000人のアンケートで約6割が、ヴァツケのほうが分が悪いと感じているようですね。これまでのメディアのトゥヘル攻撃の反動もあるのかもしれませんが、ヴァツケのやり方がスマートではないと感じている人は、実際にそのぐらいはいるような感じがします。ツイートよりもこちらの数字の方がすんなり受け入れやすいです。


個人的には、ヴァツケやツォルクがこの影響をまったく計算に入れていなかったとは考えづらく、やはり辞任にもっていくために何かコントロールしようとする力が働いているのではないかと想像しています。クラブ幹部としては非常に危険なやり方ですが、そうせざるを得ない事が内部でで起こってしまっているのかもしれません。

まあいずれにせよ、それも後2週間ぐらいでわかる事でしょう。







[ 2017/05/12 17:44 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(31)
CLストレートインとポカール優勝がかかった大事な時に何やってんだというのが正直な意見ですね。クラブにとって全くと言っていいほどプラスな要素はありませんし(メディアや管理人さんのようなブログは除く)大事な試合で負けたとしてもトゥヘルに全ての責任を押し付けることは出来ないですよ。仮にトゥヘルを解任したとしてもそれなりに実績があり、カリスマ性や人格、魅力的なフットボール哲学を有している……など全てにおいて妥協せずにトゥヘル以上の監督を後任に選ばなければ納得できません。それとヴァツケは経営者としては優秀ですが時折言わなくてもいいことを言ってしまう節があるのでクラブのトップとしてもう少し考えて発言して欲しいです。そもそもヴァツケが発言しなければこの大事な時期に混乱を起こすことは無かったんですから。
[ 2017/05/12 18:09 ] [ 編集 ]
CLストレートインかカップ戦タイトル獲得後だとトゥヘルは移籍の発言権を要求するだろうから、監督はあくまで雇われ店長と考えるフロントのネガティブリーク作戦でしょうね。どんなに優れた組織も10年続けると腐り出す典型例な感じでミキやライプチヒに対するヴァツケの横柄な言動に追随しないトゥヘルに予兆を感じましたが、ヴァツケの経営理念「ヨーロッパTOP10」を具現化させるCL運営に刃向かったトゥヘルは切り捨てと決定したのでしょう。
[ 2017/05/12 18:26 ] [ 編集 ]
前々からずっと思っていることなんですが。
ドイツ人、と括ればいいのかドルトムントのファンの人達と括れば良いのか、はたまたドイツのサッカーファンの人達と括れば良いのかは定かではありませんが、それらのどれかの括りにはなると思いますが。彼らは・・・。

純粋ですね。言い方を変えれば単純ですね。
まるで裏表の無い子供のようだ。あまり深く物事を捉えて無い。ドイツ人がそういう人が多いのだろうか?
[ 2017/05/12 18:37 ] [ 編集 ]
管理人さんの意見に同感です
まだリーグ戦もポカール決勝も残っているのにこのような発言をすれば騒動になることは分かっていることです。
あえて今、出したのには裏に何かあるのだと思ってしまいます。
ただ、ここまでくるとたとえポカール優勝してもトゥへルで来シーズンも、、っていうのは考えられない気がします。
[ 2017/05/12 18:50 ] [ 編集 ]
私もツイッターの反応とかSNSでの反応は全く参考にしてませんね。
マーケティング会社が「操作」できるものだし、コメントを作成する為の会社があるから

実際に日本でもまとめサイトにでもいけば、2chのコメントの流れを作ってるのを毎日みられるし、
日本の芸能人のインスタでも覗いたら、商品名アピールしてくる膨大なアカウントが書き込んで来てるから、
ああいうのをみてたらSNS操作の業者の存在は一般人でも解るし、金さえ払えばいくらでも都合良くコメントが
書けるのか解ります。

実際にトゥヘルの代理人はエンタメ系ですからね
SNSでコメント操作→記事にする、って金を払えばいいだけですから
難しくもなんともない
[ 2017/05/12 18:51 ] [ 編集 ]
トゥヘルに関してだけでなくヴァッケは言わなくても良い事を口にする事がありますよね。
ドルを引き上げてきた功労者ですが足下を踏み外さないよう気をつけて欲しいです。
[ 2017/05/12 19:06 ] [ 編集 ]
まぁそりゃ当たり前ですよね

日本でもファンの声を取り上げることが多いですが
[ 2017/05/12 19:21 ] [ 編集 ]
トゥヘルと契約延長するつもりがないからこそ、今このタイミングなんでしょう。
この前、ロイスの契約延長が噂されていましたが、そろそろ来ますかね。
[ 2017/05/12 19:26 ] [ 編集 ]
一番問題があるのはフロント(ヴァツケ)でしょうね
(問題があるとわかりつつ)トゥヘルを連れてきたのはフロントなんですから
(昨シーズンからですが)実際に監督と選手達との間でトラブルが生じてしまった
そしてそれは修復すことのできるレベルではなくなったと判断したのでしょう
フロントがメディアを駆使してまでトゥヘル解任の方向付けをし始めたのも致し方ないと思いますね
そもそもフロントが一番責任があるのですから

私はトゥヘルは速やかに辞めていただきたいと思っています
少なくともこのチームには向いていないと昨シーズン中から思っていましたから
[ 2017/05/12 19:28 ] [ 編集 ]
ここのブログを見てから単純に試合に勝った・負けた、以外にBVBの中の問題まで興味が出てきてしまった。
監督対クラブ幹部、どちらがドイツ国内の世間体的に勝つのだろうか?
[ 2017/05/12 19:33 ] [ 編集 ]
ヴァツケの発言のタイミングに問題があると言う人もいるが、もし選手達のトゥヘル批判が本当なら逆にモチベーションは上がるでしょ。オーナーが選手側に味方してるってことだからね。 直属の上司と相性が悪くても社長が味方してくれたら頑張れるでしょ。
[ 2017/05/12 19:41 ] [ 編集 ]
他のサイトにも書いたのですが、一部の主力どころではなくチームをコントロールできないくらい多くの選手が不満を訴えているのかな…と思ってしまいます。裏で不満を訴え裏で「善処する」と言っても信用できないくらいの状態になったので公にすることで選手たちが逆に気持ちは安定するのかなぁと。
[ 2017/05/12 19:41 ] [ 編集 ]
ツイッターやネットの書き込み年齢は総じて若年層が多いでしょうから、幼くも純粋に感じることもあるでしょうね。支持率に関しては、いくらでも操作できるので決断の材料になることはないでしょう。社会人になって組織の一員になると、職位を越えた他者への批判や傲慢な振る舞いは自分の有望な将来を閉ざすに等しいことを理解してるでしょうし、ヴァツケの経営者側の心情も理解できるので感情的に批判はしないでしょう。
いずれにしても、今記事として上がってくるのは何らかの要因があることは間違いないですね。この結末どうなるのでしょうね。
最近のドルトムントはタイトル功労者を冷たく足蹴にしてますので、経営を立て直したヴァツケを解任することもあるかもしれませんね。
[ 2017/05/12 19:58 ] [ 編集 ]
 匿名のコメントを記事にするのは日本でも稀にあります。私はそれを、記者が考えた作文、として受け取ります。とある関係者、なんてのも受け取る側次第では同じ種類のものかもしれない。表現方法の一つって感じでしょうか。

 フロントがメディアを通じて現在契約している監督を批判するのは良くない事と私も思います。しかし、トゥヘル監督に同情はしません。何故ならメディアを通じて何度も選手批判をしてきた監督だからです。

 どうなるかはさっぱり分かりませんが、もし監督が代わるならば、実績が不十分でも、冷たい革命家ではなく、公正な合理主義者がいいでしょう。そのほうが若手育成に比重を置くBVBにとって良いように思う。
[ 2017/05/12 19:58 ] [ 編集 ]
選手たちがトゥヘルを嫌ってフロントが味方になったとかいうのも推測であって
メディアの煽りをそのまま受けて勝手にストーリーを作ってしまってる人がいますよね
成績不振ではない監督を一方的に攻撃してやめさせるというのはリスクが大きいのは確かで
今回のことだけではなく普段から他のリーグや移籍していった選手にも
余計なことを言ってるヴァツケは喋りすぎだし批判されて当然だと思います
[ 2017/05/12 20:05 ] [ 編集 ]
チーム成績が酷い状態でも無く、タイトルがかかっている試合前にフロントと監督の対立の話題ばかりでは地元のサポはうんざりしてる人が多いでしょうね。

BVBの印象が悪くなるのでもう少しやりようがあったと思うのですがねえ。ヴァツケさん
[ 2017/05/12 20:28 ] [ 編集 ]
監督叩きがしつこすぎて幹部にかなり悪印象を持つようになりました。もちろん監督にも非はあると思います。でもタイミングが最悪すぎます。なんで大事な試合が控えてるこの時期にこんなに醜聞を公に出すのか謎です。
最近の流れを見るとできるだけ早く追い払いたいみたいですね。

サッカーの世界で人気の浅い監督の解任はよくある話ですが、それは大概は成績不振によるものですよね。契約も残っているだろうし、成績は決して悪くないから解雇は難しくて監督を怒らせて自ら辞任を狙っているのでしょうか?
[ 2017/05/12 20:53 ] [ 編集 ]
正直外から見てる人間には誰が正しいことを言っているのかなんて分かりません。報道も事実と嘘が含まれていると個人的には思います。
まあ、ただ試合を楽しみにしている人間からしたら、どんな理由があろうと、こんなタイミングであのような発言はヴァツケにはしないでほしかったですね。
次の監督が、フロントの言うことを聞きつつ今季を大きく上回る成績を残さない限り、自分は納得はできません。
[ 2017/05/12 20:57 ] [ 編集 ]
なんかここまで来たらトゥヘルがやめた後に選手の中で、誰が最初に口を開くのかものすごく気になってきた
誰がスタートを切るのか?いろいろ裏の話が一気にでてくるんでしょうね
[ 2017/05/12 20:57 ] [ 編集 ]
トゥヘルに続投して欲しいとは思いませんが
開幕当初は今季は育成の年みたいな発言をしといて
まだタイトル残っててこの終わり際にいきなり首切りライン上げて圧力掛けるフロントのやり方は違和感しかないし
こんなやり方のフロントでは名将であればある程来たがらないし喧嘩を繰り返すんだろうなと呆れます
3位でクビ切れるクラブなんて世界でもごくごく僅かしかないと思うんですがね
[ 2017/05/12 21:19 ] [ 編集 ]
44000人のアンケートで6割がヴァツケの方が分が悪いとの結果が出たようですが、これは高いのか低いのかなんともいえませんね。逆に言えば4割はトゥヘルの方が分が悪いと思っていると。悪くない成績を残しているにも関わらずこの数字が出てしまうというのは、それなりにトゥヘルに対して懐疑的なファンが多いんですね
[ 2017/05/12 21:32 ] [ 編集 ]
いろいろな記事が出ていますね。実際かなり過熱している話題なのでしょうか?
国内リーグは優勝チームが決し、CL・ELからはすでにドイツ勢は敗退、ポカール決勝もドルトムント優勢でほぼ決している(フランクフルトを軽視しているわけではありません)、とこうして見てみれば確かにサッカー関連ニュースではこの上ないネタでしょうね。
以前こちらで日本ではツイッターなどのSNSから記事を書くことも増えているとコメントしましたが、これは世界的なものなのですかね。新たなネットワークの普及が報道の方法を変えているのかもしれませんが、個人的に管理人様同様にSNSからの引用は信用に欠けると思います。たとえば、何気なくつぶやいた自分の感想が、さも総意であるかのように使われてしまうかと思うと余計にそうです。
[ 2017/05/12 22:59 ] [ 編集 ]
一番問題があるのはフロントだという意見には、確かに賛同できる部分があります
トゥヘルの人心掌握の下手さはともかく、経過を改めてみると彼だけが責められるのはアンフェアですしね
ただまぁ勘繰ったところで、私はメディアに出てくる情報を待つしかできないのですが…

試合にネガティヴな影響がない事だけを願ってます
[ 2017/05/13 00:18 ] [ 編集 ]
今回の管理人さんの記事中にあるジェイ・ジェイさんのコメントでヴァツケさんへ対して『非常に敬意に欠けている』という言葉が妙に残るんですよね。

じゃ、選手に対して『非常に敬意に欠けている』応対には非難はしないのかって言いたくなりましたから。

録に起用もされずに移籍をして行った選手達が何名かいますよね。納得ずくで移籍して行ったんでしょうか。ちゃんと話し合いは出来ていたんでしょうか、と思わずにはいられませんよね。プロとして割り切るには余りにも非情な移籍がありましたよね。

因果応報とでも言うんでしょうか、相手にしたことは自分に返ってくる典型に感じてしまいました。

でも、総合的にみてトゥヘルさん解任でいいんじゃないでしょうか。
本人も余程の特権でも得ない限りは延長は望まないと思いますよ。
そんな特権付き延長などクラブの害でしかありません。

しかも、トゥヘルさんが辞めるかヴァツケさんが辞めるかの二択にはクラブとして持って行きたくないでしょうから、火の粉を少し被る覚悟で監督解任でしょうね。

反感贔屓、その布石を撒いている最中なんじゃないですか。
それを見越したメディアの煽り記事でしょうね。
やはり、ツケを払わされた証しなんでしょうかね。
[ 2017/05/13 00:22 ] [ 編集 ]
こういうことやってると仮にトゥヘルが辞めたとしても後任が決まりづらいと思いますね。
結果を見る限りトゥヘルはよくやってるし、結果以外の理由で辞める(辞めさせられる)のはファンも納得いかないでしょう。
それに比べ主要選手を引き止めず、トゥヘルが知らないところで若い選手や高額の選手をボンボン持ってきたりフロントは今季かなりやりたい放題してるように見えますが。
[ 2017/05/13 03:47 ] [ 編集 ]
バイデンフェラーも契約延長しましたね。
トゥヘルとフロントとの不仲説が出て以来、一気に選手たちの延長が報道されているのが気になります。
やはりトゥヘルはもう去るのでしょうか。
トゥヘルの契約、そして香川の契約に注目しています。
[ 2017/05/13 04:46 ] [ 編集 ]
批判する意図は無く純粋な感想と捉えていただきたいんですが、試合記事よりも、この問題や報道のされ方の記事の方がコメントが伸びることに、やや不思議な気持ちです。
日本で言えば、去年の名古屋グランパスの小倉監督と社長とスポンサーが揉めてたような話で、面白いけど舞台がサッカーなだけで、事の本質はただのワイドショーゴシップじゃないですか。
個人的には、来季この監督がきたらこういう戦い方になりそうとか、決勝どうなるんだとか、そういう話の方が楽しいししたいと思ってしまう。みんなと比べて、自分はドルトムントファンというより純粋にサッカーファンなんだろうと思わされました。
[ 2017/05/13 06:28 ] [ 編集 ]
何故このタイミングなのか、何故試合が残ってる大事な時期にという皆さんのコメントを見て色々と考えてみたんですけど、株式上場クラブにとっての致命傷って裁判沙汰ですかね?モル選手の受けた屈辱的なトレーニングの内容が気になるんですが、こちらの記事で這いつくばらされた、監督から怒鳴られたという事は伝えられてますが、モル選手はそれを受けてどう感じたんでしょう。彼が気位の高い選手であることは周知ですし、国籍はトルコですよね。例えばドイツ人がドイツ人を相手取って起こす裁判と、トルコ人がドイツ人を相手に起こす裁判とでは意味合いがかなり大きく違ってくるように感じるんです。今のドイツの政治情勢などを考えると、色々とややこしい問題に発展しそうな事案じゃないでしょうか?先日のバス襲撃の犯人は思想的なものでは無かったみたいですけど、モル選手の受けた屈辱が人種・国籍絡みで起きたことにされて騒動になってしまうとちょっと怖くないですか?
あくまでも一個人の推察ですが、日本人が思う以上にドイツでは敏感な問題なのかなと思ったので書きました。
[ 2017/05/13 06:56 ] [ 編集 ]
あの戦力で三位が偉大なのか。バイエルンとの差と同じくらい他のクラブと差があると思うが
[ 2017/05/13 08:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルの今季の成績はドルの戦力やその他の状況から見れば、10点満点の5を普通として6〜7点だと思ってるので、アンケート結果には納得です。トゥヘル続投のアンケートも確か6割強が続投希望だったようですね。香川を中心に見る日本では8割くらいが解任希望のような印象を受けますが。
内部のゴタゴタは具体的には殆ど出てきてなく、練習場からも特に分からないらしいですが、果たしてどうなのでしょうか。ヴァツケは以前も大事な試合前に問題発言していましたよね。今回の意図は分かりませんが、彼はチームを第一に考えるというより自分の主張を優先するタイプのように見えます。
[ 2017/05/13 18:17 ] [ 編集 ]
私が見た感じでは香川を中心に見る事とは関係なく日本でも続投希望4割程度だと思いますね
これまでのヴァッケ、ツウォルク、会長、OB達の発言を考えるに内部では以前からトゥヘルに懐疑的だったのでしょう
以前から移籍した選手達の言い分とトゥヘルの言い分で食い違いが目立っていましたので
モルの件で内部の不満が噴出したのではないでしょうか
[ 2017/05/14 08:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。