ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

シャヒン、ブレーメン戦で復帰の見通し!負傷のヴァイグルを補う!ドイツ紙《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ


entry_img_1664.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ


アウグスブルク戦でユリアン・ヴァイグルが足首を骨折したが、土曜の夕方、良いニュースが届いた。ヌリ・シャヒンはテレビ番組ZDFシュトゥディオに出演し、週明けからチームトレーニングに復帰できると語ったのだ。


さらにシャヒンは、リーガ最終戦であるブレーメン戦とポカール決勝であるフランクフルト戦に出場する計画であるとのことだ。“最後の2週間を楽しみにしているし、チームの助けとなりたい。”


スポンサーリンク





ギンターはヴァイグルを1対1で補う事が出来ない。



これによってトーマス・トゥヘルは、負傷のヴァイグルを補う上でもう一つの選択肢を持つことになった。アウグスブルク戦ではギンターは努力していたが、ヴァイグルを一対一で補う事が出来なかった。それに関してはトゥヘルの試合後に語っている。

“ヴァイグルがプレーすれば、ボールがAからBに到達するまで半秒は早い。”とBVBの監督は語っていた。これこそが、ポカール決勝に必要な能力だ。なぜならフランクフルトは、プレーを壊そうとしてくると予想されているからだ。



シャヒンもBVBの試合をコントロールできる。


シャヒンは、ヴァイグルと同じような能力を有している。彼も試合をコントロールできるし、ボールをしっかりと捌くことができる。しかし、この28歳は今シーズン長期間負傷していた。


彼は、グラートバッハ戦での足首の捻挫で3週間離脱していた。しかし負傷前は、力強いパフォーマンスを見せていたのだ。これはBVBの希望となるだろう。



このドルトムントの選手は、同番組内でさらにチームの騒動について質問されていた。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケが、インタビューでトゥヘルとの意見の食い違いを認めて以来、互いに別の道を歩む可能性が強くなっている。シャヒンは監督との関係については、“そうあるべきであるように、プロフェッショナルだ。”と語っている。シャヒンによると、この騒動がチームの負担になる事はない様だ。“我々は目標に向かって集中している。”


ベルリンでのタイトル獲得に向けて集中している。今シーズンも残り2試合だ。そして、そのうちの一つがポカール決勝。“僕がボルシアでタイトルを獲得するときがようやくやってきた。”とシャヒンは考えている。現在の様子からすると、彼はチームをフィールド上で助けることが出来そうだ。








これは非常に良いニュースですね。管理人はシャヒンが好きなのもありますが、彼にはできるだけ多くプレーしてほしいです。

しかしトゥヘルのコメントですが、やはり理解できませんね。確かにヴァイグルがプレーすればボール捌きにかける時間は少なくて済むかもしれません。でも彼が言っているような事が、特に中盤で求められているようには感じられませんね。素早いパス回しよりもカストロやデンベレーなどドリブルを好んでいるように見えますから。最近はソクラティスまで中盤で良くドリブルしてますし。まあ一人交わしてパス、とかなら分かるんですが、ドリブルで行けなくなってからしかたなくパスという感じですからね。中盤でフリーの選手の横をドリブルしている姿を何度も見かけたことか・・。

とにかくシャヒンには期待しています。


【おまけ今日のドイツ】

20170515041537b6b.jpg

無人販売所で鈴蘭がひと束1ユーロで売られていました。

[ 2017/05/15 06:00 ] シャヒン | TB(-) | CM(25)
管理人さんのコメントはまさにその通りすぎて、それ以上何も言う必要がなくなりました。
シャヒン選手が戻ってくれるのは本当にありがたいですね。
今シーズンの前半、常に香川選手とシャヒン選手をセットにして見下してた人がここのコメント欄に居たけれど、
バス襲撃事件翌日のCLでもそうでしたが、結局苦しい時にまともにプレーできて頼りになる存在は
優勝経験を持ち、ビッグクラブで酸いも甘いも噛み分けた選手だったというオチですかね。
試合での落ち着きがまるで違います。
[ 2017/05/15 06:31 ] [ 編集 ]
そういえば、トゥヘルの最初のプレシーズンではミッキーが自陣でドリブルロストして「修正が必要だ」とコメントして、この直後からプレーが改められて、開幕ではミッキーが高い位置を保って、相手のゲーゲンプレスを中盤がパスワークでかいくぐって前3人へボールを供給するというスタイルになった流れがありました。
そういう意味では、必ずしも中盤ドリブルを好むというわけでは無いのか?とも思いますが、1年目の冬から後半にかけて徐々に前線に人数を張らせるスタイルになって、迷走の後、そこから今度は後ろに人数を余らせるスタイルになって、今はほとんど中盤ドリブルでしかボールを前に進める方法がないような戦術になってますね。
謎多き監督です。
[ 2017/05/15 06:46 ] [ 編集 ]
今のチームにシャヒンは絶対必要
調子のいい香川をより生かせる選手でもあるし、中盤をうまく機能させることができるはず
それにしてもトゥヘルの発言
ヴァイグルとギンターを比較する必要はあるんでしょうか
[ 2017/05/15 07:16 ] [ 編集 ]
管理人さんに同意です。
ドリブルも適材適所で、パスが必要な時にゴリブルロストはもう見たくありません。
ヴァイグルよりシャヒンの方がスキルは上だと思いますが
経験値からいっても当たり前ですけどね
って思うのは自分だけかな?
シャヒンの復帰は楽しみです。
ヴァイグル離脱は残念ですが
[ 2017/05/15 07:23 ] [ 編集 ]
シャヒンの復帰は楽しみですね。彼こ才能の上に努力の人、怪我が続く中で続けられている事は天才と呼ばれていただけに逆に難しかったに違いないのに‥・応援しています。

戦術については、私は皆さんとは少し違う考え方ですね。ここはドルトムントです。下位、中位クラブでも無ければ、バイエルン、レアルでも有りません。
下位、中位クラブはそもそも相手が分析してリアクションサッカーをしてくる事は殆ど有りません。まあ、守備が固ければそれを崩す策を考えてくるくらいで、べったりマークを付けてくるなんて事はしてこないでしょう。
逆に、バイエルンやレアルなら、しっかりとした『自分たちのサッカー』をどんな時でも貫いて勝てる地力が有ります。

ドルトムントは常に相手に分析され対策をこうじられ続け、対策されると勝てなくなる…そういう位置取りのクラブです。私がトゥヘルを評価しているのはこうした分かりずらい戦術…コロコロ変わるフォーメーションに選手…というところです。選手にとっては勿論負担でしょうが、そうしないと勝てなくなっている、それくらいにブンデスリーグ全体がレベルアップしていますし、8万人の中での試合は、相手チームにとっても凄いモチベーションアップになっているので、厳しい試合が続いているのでしょう。
[ 2017/05/15 07:59 ] [ 編集 ]
シャヒンいて良かった〜。 キャプテンでもいいと思う。
[ 2017/05/15 08:31 ] [ 編集 ]
クロップ最終年の時もですがシャヒンが居ると居ないとでは中盤の組み立てに違いが出ます
あの頃のクロップですらシャヒンを欠いてた試合はロングボールが増えてました
トップ下を主戦場とする選手にとってはシャヒンが居ると居ないとでは天と地ほどあるのではないでしょうか
私は常々ベンダーとシャヒンのダブルボランチが見たいと思ってます
[ 2017/05/15 08:58 ] [ 編集 ]
シャヒンが思ったより早く帰ってきてくれて何より嬉しいですね。彼も怪我でとことん苦労してますから、ポカールではきっちり出場してタイトルとって欲しいですね。
[ 2017/05/15 09:24 ] [ 編集 ]
出場時間は短いのに香川の印象に残るプレーに絡んでること多いんだよねシャヒン
自分がドルに求めるサッカーを体現出来る選手の一人だよ
[ 2017/05/15 09:31 ] [ 編集 ]
最終ラインとかから貰ったパスをデンベレとかに半秒早く繋げることができるってことでは?
別にチームの戦い方じゃなくてヴァイグル個人の能力の話をしてるように感じましたよ。
[ 2017/05/15 09:50 ] [ 編集 ]
弱体化して、見るも無惨なバルセロナを見ていると、守備の整った相手にひたすらネイマールが無理やりドリブル突貫→ロストみたいな…
もちろんそれは崩すためのすごく大きな武器なんだけど、駄目な時はもう一人で意地になりすぎていて、あれじゃ崩せるわけないと。
それに比べて、今のレアルマドリードは全員でしっかりパスを回していて、それぞれの球離れの良さが素晴らしいと感じる。
役割の整理だったり、組織力の差がモロにチームの強さにダイレクトに反映されている。
美しいバルサはどこに…今やレアルマドリーの方が美しくてしたたか。

欧州を見ていると、ある程度の強さでドルトムントほどパスせずに、一人の選手ばかり長くドリブルしているクラブは無いと思う。
これほど幼稚で愚直なプレーしかしないクラブは他に見たことがない。
これじゃ選手同士の信頼も築けないし、どれだけ試合をこなそうがチームとして積み重ねるものが無いため、強くなるはずはない。
昨シーズンのドルトムントは、一人一人のボールを持つ時間が短く、互いにスペースを作り合いって、その作ったスペースをまた違う選手が使ってと、皆が瞬時に判断をしながらイメージを共有しあっていた。
シーズン半分を折り返した冬、ムヒタリアンは自分たちのサッカーに恋しているとさえ言っていた。
「質の高い判断と質の高い技術」
それが出来てこそビッグクラブにふさわしいと思う。
現代サッカーは一人だけで試合を変えられるほど甘くはない。
[ 2017/05/15 09:59 ] [ 編集 ]
シャヒンも香川も監督の去就問題は試合に影響ないって答えてるけど選手間で合わせてるのかな?
些細なことでも影響が出やすいのがサッカーだから全く影響がないことはないはずだけど。
これ以上騒ぎにしたくないんでしょうね。
[ 2017/05/15 10:27 ] [ 編集 ]
一対一、または一対多数で抜くのはカッコいいかもしれませんが、敵がいない味方にシンプルに捌く方が効果的なのは言うまでもありませんからね。戦わずして勝つといいますか・・・。

ともかくシャヒンの復帰は歓迎です。私も彼の気の利いたシンプルなプレーが大好きです。


[ 2017/05/15 11:15 ] [ 編集 ]
シャヒンが間に合いそうで本当に良かったです。
シャヒン、香川、ロイスの息の合った流れるようなプレイがまた見たいです。
ギンタ―は突然色々なポジションをやらされている感じがあるのにいつもトゥヘルのコメントは冷たいです。
ギンタ―の移籍の噂がずっと出ているのは本人が出たいのかなっと思ってしまいます。

ドリブルで行けなくなって仕方なくパスは今シーズン嫌っていうほど見ましたね。

[ 2017/05/15 12:11 ] [ 編集 ]
3位確定も大事ですが、ポカール決勝もありますし、ここでシャヒンが怪我を再発させないか心配ですね
[ 2017/05/15 13:18 ] [ 編集 ]
ポカール決勝は香川とシャヒンを見たいですね。
[ 2017/05/15 15:56 ] [ 編集 ]
シャヒンがもどってこれそうで、本当によかった。彼がいれば、大きな違いを生み出せます。次戦とポカール決勝期待してます。今季は負傷で彼にとって良いシーズンでは、ありませんでしたが、あと2戦彼が出場し勝って、ポカール優勝すれば、少しは報われるのではないかと思います。負傷明けですが、彼のコンディションがよければ、シャヒンをファーストチョイスにしてほしい。
すずらん、可愛いいですね…ひと束1ユーロですか?安い!
[ 2017/05/15 16:02 ] [ 編集 ]
上の方も仰っていましたがシャヒン、間に合ってほしいけどまたケガもないようにとも心から思います。シャヒン香川ロイスの連携を見たいですね。
[ 2017/05/15 16:59 ] [ 編集 ]
ヴァイグルが戦列を離れた中、シャヒンが戻るのは心強い。怪我なく残り2試合を戦って欲しいと思う。
[ 2017/05/15 17:08 ] [ 編集 ]
これは朗報ですね。力ストロ選手も起用できますし、中盤は目処が立ちます。これは贔屓目とは思いたくないのですが、シャヒン選手と香川選手はかなり相性が良いと思いますし、是非同時起用して欲しいですね。
また、シャヒン選手は楔を打ち込むタイミングや、センスに関してはヴァイグル選手に比べて一日の長があると思います。ヴァイグル選手は仕掛けられるような場面でも比較的安全策を取る印象があります。完全に個人的感想なので、データは違っているかも知れませんが。
なにはともかく、絶対勝利でCLストレートイン、そしてポカール決勝へ勢いをつけてほしいですね!
[ 2017/05/15 18:32 ] [ 編集 ]
[ 2017/05/15 07:59 ] - 追加です
ドルトムント公式のドゥルムのコメントだと「ピッチがドライだった」そうです。敢えて水を撒かなかったのでしょう。芝も長く敢えて刈っていなかったみたいでしたし…かなり荒れたピッチだったようですね。

いつも滑るピッチでパス回ししているからか、かなりのパスミスが有りましたし、ヴァイグルも芝に引っかかってしまって怪我した感じです。

ドルトムントの様にポゼッションしてくるチーム対策として多くのクラブがこのような策をとってきている気がします。ティキタカサッカーができ難い要因としてこんなことも有るのではないでしょうか?
[ 2017/05/15 19:55 ] [ 編集 ]
すずらんとテーブルクロスがとってもドイツランドっぽいす。そこにカルトッフェルとかジャガイモ料理載ってたら完璧::
[ 2017/05/15 22:54 ] [ 編集 ]
いやはや、今シーズンの多くの試合でベンチ・ベンチ外で放出候補筆頭だったシャヒンが救世主扱いですね。
正確な縦パスを通せる数少ない選手だから、良いポジション取りをしてもボールが来ない香川とは合います。
ただ、前節最高評価を受けた香川ですが、トゥヘル体制下では次節ベンチ・出場無しも有るのが今期です。
ロイス・香川・シャヒンを見たいけれど、フタを開けるまで分からないですね。
もう、こだわり意地のスリーバックは諦めていますが、とにかくトゥヘルは(策士で賢いアピールは分かったから)奇策だけはやめて欲しい。願いは、これ以上の怪我人を出さない事と無冠ロイスに杯を掲げて欲しい事ですね。
[ 2017/05/16 12:09 ] [ 編集 ]
ピッチに水を撒かない、芝を刈らない等の嫌がらせはクロップの頃もありましたよ
アウクスブルク戦でも後半は選手間の連係が良くなりましたので
選手は慣れていますし、ピッチコンディションはあまり関係ないと思います
香川は昔は雨やピッチコンディションに左右されていましたけど
今は克服し本当に頼もしくなりましたね
12:09さん仰る通り今期放出候補だったシャヒンが今や救世主扱いで
メディアの変わり身の早さにもやもやしています
[ 2017/05/17 15:10 ] [ 編集 ]
パパが突っ込んで行くのをみるとどうしても笑っちゃうんですが、
あれはあれで良いんですかね?
闘莉王的な意味でうまくはないけど破壊力はありますよね。。
[ 2017/05/18 12:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。