ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川、キッカーでも高評価!ドルトムント試合評と選手採点!《ドイツの反応》


entry_img_1665.jpg
引用元:BVB公式ツイッター

ドルトムント対アウグスブルク



アウグスブルク採点 3241


ルーテ 2

スタフィリディス 4、ヒンターヘッガー 3、ハウウェレーフ 3、フェアヘーヘ 3.5

バイア― 2.5、コーア 3

マックス 2.5、アルティントップ 3.5、シュミート 4

フィンボガーソン 2



スポンサーリンク





ドルトムント採点 3322

ビュルキ 3

ギンター 3.5、ソクラティス 2.5、シュメルツァー 2.5

ピスチェク 4、ヴァイグル 、ゲレイロ 4

デンベレー 3、香川 2

ロイス 3.5、オバメヤン 3

ドゥルム 3



・審判 シュテーゲマン 3.5

手堅いパフォーマンスだったが、42分のハウウェレーフのハンドに対してはPKを与えることもできただろう。



試合 2.5
前半はスピード感、変化、そしてエンターテイメント性にもとんでいた。しかしその後は一方的だった。



試合評
ドルトムントにはスピードとエスプリ(聡明さ)が欠ける

アウグスブルクはボールに対してコンパクトに対処し、低く守っていた。シュミートはマックスに比べて明らかに引いており、ロイスに対処していた。バイア―とコーアがさらにデンベレーに対処した。アウグスブルクはボールを奪取した後は、素早く正確なカウンターをしかけ、何よりも左サイドのマックスが17分にフィンボガーソンの大きなチャンスを作った。そして先制点も似たような状況から生まれている。

ドルトムントは香川がたいていデンベレーと同じ高さでプレーしていたが、ボールに対しては6番の横まで下がっていた。ヴァイグルの負傷交代の後で、ギンターが守備的中盤になり、ピスチェクが右サイドバックになった。そして組み立てはよりセンターバックを中心に行われた。

ドルトムントは後半非常に圧倒的だったが、343のフォーメーションでは、相手の脅威となる攻撃を仕掛けるにはスピードと聡明さが欠けていた。

アウグスブルクの守備は大部分において安定しており、ファイナルサードではスペースを消していた。しかし彼らが一息つく暇はなかった。



まとめ

見た目では圧倒していたドルトムントに、相手を突き破る力が欠けていたため、アウグスブルクは1ポイント獲得するにふさわしい。




マン・オブ・ザ・マッチ

ルーテ
ブンデスリーガ7年間の中断を経て、素晴らしいセーブでチームを守った。またゴールの起点伴っている。





キッカー日本人採点


香川 2
大迫 4
酒井 4
武藤 2
原口 3






以上になります。

いよいよあと1試合になりましたね。ドルトムントは3位でフィニッシュできるでしょうか?

しかし目標を3位以内でフィニッシュに設定して、本当に3位争いをしているなんて情けないですね。昨年2位だったんだから1位を狙うというのが向上心というものです。この件に関してはクラブ幹部は反省するべきでしょう。1位を目指して、だめだったら2位や3位があるわけです。最初から3位を目指してうまく3位でフィニッシュするのはよほど要領が良くないと結構難しいような気がします。


※当ブログコメント欄での他の記事の貼り付け(選手インタビューや誰かのツイートなど)はご遠慮ください。


オリンピックでも金メダルを目指さないと銅メダルを取るのも難しいですからね。管理人さんの言われる通り高い目標を持つ事は重要ですね。最終節プレッシャーのかかる試合で勝つのは簡単ではないと思います。
[ 2017/05/15 21:13 ] [ 編集 ]
優勝を目指して欲しい。その結果三位四位でもいい。
戦う前から白旗をあげるよりずっと価値がある。
[ 2017/05/15 22:17 ] [ 編集 ]
多分、クロップと香川&ポーランド三連星時代が特殊だったんです。 ヴァッケにとっても「私はそこまで望んでなかったよ」的な出来上がりだったんだと思いますね。そして今ぐらいがヴァッケにとって想定内でありコントロールしやすいBVBの有り様なんだと思いますよ。
[ 2017/05/15 22:47 ] [ 編集 ]
>当ブログコメント欄での他の記事の貼り付け(選手インタビューや誰かのツイートなど)はご遠慮ください。

了解しました。すみません、たびたびインタビュー等を引用していましたね。気を付けます。
でも、管理人さんは何故ドルトムントのファンなのでしょうか?たびたびのドルトムントへの批判に少々疑問を持っています。私は優勝目前だった時でさえ、決して優勝という言葉を言わなかったドルトムントという特殊なクラブの空気が大好きです。完全にシャーレが見えない限りこのクラブは優勝を目指すとは言いませんよ。そこがドルトムントの特徴であり、愛されるポイントだと思っているのですが…
[ 2017/05/15 23:36 ] [ 編集 ]
管理人さんの意見に同意しますね。巨額の補強をしてシーズン目標が3位っていうのはちょっと間抜け感じがします。が!繋ぎ役と守りの要を失って穴埋め出来てないと云う認識はキチンとあるようですね、だからの3位目標。しかしその認識があるのなら何故に攻撃陣ばかり大量補強したんでしょうね?攻撃だけではサッカーにならないのに、不思議だらけなシーズンでした。
[ 2017/05/16 02:06 ] [ 編集 ]
取り敢えず優勝を目指すという事を言わない事が愛されてる秘訣でもなんでも無いと思うけど。
地元の人間で小さい頃からそこにドルトムントがあって、そういう文化で育ってるから愛されてるだけであって。
ただ、誰しもがバイエルンが居るから優勝は難しいと思うだけであって。ただ、リーグ優勝した時に大いに盛り上がったようにファンも優勝を目指してる。
だけど、経営者として無理な出費によって破産しかけた過去を知ってるからこそ、ファンも多くを望まない傾向があるだけで、経営者もそういう順位であることに納得するように自分たちに言い聞かせてるだけで。
[ 2017/05/16 02:54 ] [ 編集 ]
>>2017/05/15 23:36さん

それは貴方の考えるドルトムント像であり、一般的な考え方と思ってはいけません。
貴方の考えの押し付けは良くないですよ
[ 2017/05/16 03:02 ] [ 編集 ]
口だけで優勝目指すと言わない所は悪くないと思います
ヴァツケにしろトゥヘルにしろ度々とんでもない事言うけど見え透いた嘘はつきませんからね
今季は本来なら上位に居ないといけないクラブが軒並みEL以下だったりするし
こういうのもスポーツの面白い所だと思います
[ 2017/05/16 03:32 ] [ 編集 ]
疑問を持つならここを見なきゃいいだけさ
決して褒め一辺倒でない独自の視点を持った管理人さんの姿勢は自分は好きだよ
[ 2017/05/16 04:27 ] [ 編集 ]
優勝目指すと言う言わないにしろ、3位目標とかを言ったら話にならないと思います。
昨年のシャルケとのダービーとかバイエルン戦とかチームを勢いづけるべく重要な試合で弱気の采配している限り、
結果なんかついてくるとは思えないですね。
人気も金もあって、優秀なタレントも集まるチームにおいて、世界一や国内一を目指さないなんて到底理解できないです。
[ 2017/05/16 07:10 ] [ 編集 ]
管理人さんが言っているのは最もだと思います。応援しているチームだから、モチベーションだけは上を目指して欲しいです。少なくともクロップがいた頃は、イケイケの、自分達はまだまだ出来る!でしたよね〜
実際2連覇してますしね。
たまに勝つ気があるの?なんて思ってしまうのは自分だけかな?
何度かトゥヘルのおやすみなさいポーズ見た事ありましたが、選手は引き分けでもいいよ。むりするなみたいな監督ってどう思って見てるんでしょう?
残りの2試合は、身勝手ですが、ガンガン攻めまくるイケイケのドルトムントが見たいです。但しゴリブルは無しで、
シャヒン、ロイス、香川の阿吽の連携が見れたらいいなぁ
そして、ポカール優勝出来たら最高に嬉しいです。
[ 2017/05/16 07:18 ] [ 編集 ]
ヴァツケの目標設定は、単なる努力目標ではなくチームのノルマ、ファンへの約束事だから…
ファンを裏切る約束事はしない、というブランド構築のひとつにしていると思う。
特殊だけど、おもしろい❤

逆にハッキリと優勝と言い出したら、逃したら大変な事。ポカールはどうなる?
[ 2017/05/16 09:03 ] [ 編集 ]
今季に関していうならば、やはり3人の放出が痛かった。
そして代わりに獲得した選手も若手だったり、バイエルンのベンチでロクに試合に出ていなかった選手だったり補強自体が優勝を目指すようなものではなかった。
その意味でトゥヘルは上手くやった方だとは思う。ただこの監督は守備を構築できない監督だと思うので、タイトルを狙うなら別の監督に変えるしかないと思う。
[ 2017/05/16 11:39 ] [ 編集 ]
フン、ムヒ、牛丼いなくなってこれなら十分だとは思うけどね。
あとはしっかりポカール優勝して欲しい
[ 2017/05/16 12:45 ] [ 編集 ]
意地悪な見方してみれば、昨季はもっとできてたかもしれないという見方もできるわけで。
EL優勝、ポカール優勝は現実味あったよ。

采配で負けた感多い試合が多々あった。
[ 2017/05/17 19:36 ] [ 編集 ]
大迫は日本では高評価で盛り上がってますがキッカーは「4」なんですね。
で、逆にいまひとつとされた武藤が香川と同じ「2」…。

大迫の試合観てないから何とも言えませんが、少なくとも香川が4だったら日本のマスコミとサポも今回の大迫に対するそれとは真逆の反応なんだろうなあ。。
[ 2017/05/21 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。