ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ファヴレは本当にトゥヘルよりも良いのか?」《ドイツの反応》




ヴェルト


entry_img_1668.jpg
引用元:ヴェルト



ルシアン・ファヴレはトーマス・トゥヘルの後継者として扱われている。そして彼のクラブも交渉に応じる姿勢を見えている。しかし過去に目を向けると、ファヴレがBVBの問題を解決できるかどうかは怪しい。


ニースのトレーニングセンターの形ができつつある。控室、トレーニングルーム、会議室、事務室など、様々な機能を有した建物が夏に完成する。さらに6つのトレーニング場がすでに完成している。“クラブはインフラが整備されて初めて成長することができる。”と現在フランスリーグで3位に着けている、ニースの会長ジャン・ピエール・リヴェールは語る。

スポンサーリンク



このビジネスマンは、ここ数年でこのコート・ダジュールのクラブに多くの物をもたらした。その一つは新たなスタジアムであり、またマリオ・バロテッリ、そして期待以上にチームを力強くした監督の獲得もそうだ。そして、その監督の名がルシアン・ファヴレである。


しかし、もしかしたらリヴェールも少しばかり後退を覚悟しなければならない。なぜならファヴレがトゥヘルの後継として狙われているからだ。ビルトの伝えたところによると、このドルトムントの選手は59歳のスイス人とすでに大部分で合意しているとのことだ。


“まだ我々は何も知らない。ドルトムントからは電話もないよ。もしBVBが興味を持っているとしたら話し合いがもたれる可能性はあるよ。”とリヴェールはBVBに対して交渉の扉を開いている。ファヴレ自身は、“それについては何も話したくない。”という程度にとどめている。そしてそれはもちろん、ドルトムントが興味を持っていないという事にはならない。だいたいこうした話は、最初は第三者によって語られるものだ。


リヴェールは、彼の監督が人気があり、ブンデスリーガに戻りたがっていることも知っている、“ドルトムントが彼を獲得したいというのは素晴らしい考えだ。でも僕たちの方が先に彼を欲しがっていた。”とニースの会長はすでに一年前に、フランスのスポーツ紙であるレキップが、その噂について話した時に述べていた。


当時は、本当になんの根拠もない噂でしかなかった。ドルトムントはトーマス・トゥヘルで満足していたのだ。ユルゲン・クロップの後継者であったトゥヘルは、最初のシーズンは素晴らしい成績を残し、チームをプレー面で成長させていた。トゥヘルと会長であるハンス・ヨアヒム・ヴァツケの関係の悪さが、明らかになったのは今シーズンになってからだ。


そしてそファヴレは、そうした間にニースと2019年まで契約した。もしドルトムントが元グラートバッハとヘルタの監督をそれでも獲得したいというのであれば、リヴェールを相手にそうとうな覚悟で戦いを挑まなければならないだろう。リヴェールはフランスでも最も賢いフットボールマネージャーとされている。


もちろんその前提となるのは、ドルトムントが、ファヴレはトゥヘルよりもドルトムントに合っていると確信していることだ。なぜなら両監督とも、仕事のやり方やキャラクター面で似たような部分があるからだ。ファヴレもトゥヘルも完璧主義者として知られており、戦術を非常に重視している。そして両者とも割と気難しいとされている。



それについてはグラートバッハのマックス・エベルやヘルタで一緒に働いていたディーター・ヘーネスとミヒャエル・プレーツは確信しているだろう。そしてファヴレが、ヴァツケやSDのツォルクのためにそれを変えるとは考え難い。


またニースでは、ファヴレを長期に引き留めたければ、それなりの姿勢を見せなければならない事もはっきりしている。現時点ではバロテッリやベルハンダなど、何人かの選手に移籍の噂があるが、ファヴレはそれを良く思っていない。リヴェール会長にはその事も良く分かっている。







以上です。

ファヴレですが、サッカー面においてはスペインのティキ・タカを重視し、素早いパス回しを基本としたサッカーを重視した、優れた戦術家として知られていますね。

相手によってトゥヘル程ちょこちょこ戦術を変えていたかどうかまでは憶えていませんが、けっこう細かい所はあるようですね。

トゥヘルから変わったら良くなるのか、というのは多くの人にとって関心がある事だと思いますが、個人的にはサッカー面においては今よりも面白くなる可能性はありそうだと思っています。またロイスもグラートバッハ移籍後はかなりファヴレに対する感謝の言葉を述べています。

また最近ではクロップ最後の年の後半戦、一番ポイントを獲得したのがグラートバッハだったことは記憶に新しいです。ドルトムントはクラマーのオウンゴールでやっと勝ったんですよね。ちなみにドルトムントはその後半戦はリーガで5位でした。


さて気になる人間性ですが、メディアの前ではわりと気難しい感じだと思います。なので彼のようなタイプがドルトムントに合うのかは正直まだ分かりませんね。






[ 2017/05/17 05:55 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(15)
ニース次第なら監督交換で良いですか?無理でしょうね・・・
トゥヘルとの一番の違いは選手を見て戦術を建てるところでしょうか
人身掌握にも長けているようでちょっと期待しちゃいますね、
ヘルタの2年目財政難で大躍進した選手の移籍を止められず、補強も出来ず失敗した以外は
すべてのクラブで結果を残して来ているのも好印象
[ 2017/05/17 06:51 ] [ 編集 ]
今回の騒動で選手からトゥヘルを擁護するような発言がないのが気になります
選手とトゥヘルとの関係はやはりよくないのでしょうか
特に家族的な雰囲気のあるクラブのように思いますので、そういう監督が合うのかなと感じます
ファブレはどうなんでしょうか
[ 2017/05/17 08:26 ] [ 編集 ]
降格圏から奇跡の4位フィニッシュして、確かボーフムとの試合後に、ロイスがファヴレを胴上げしようとしたら、本人はいいよいいよ…って感じで遠慮したけど、無理やりロイスがファヴレの足を持ち上げて、他の選手も一緒になって皆で胴上げしていたのを覚えています。
ドルトムントに移籍したロイスとの初対決の時、「マルコは私が仕事をした中で最高の選手」って言ってましたね。

その後、あまりに指導が細かすぎて、選手達と上手くいかなくなって、チームは慰留したけど自分からグラートバッハを辞めた筈ですが…。ロイスとかダンテとか、若手選手を育成する力は素晴らしかったです。ドルトムントの若手育成のためにもぜひ監督になって欲しい。
[ 2017/05/17 09:23 ] [ 編集 ]
面白いサッカーがBVBの魅力だと思うので復活してほしいです。
試合見てて途中眠くなることもよくあったので、、
ただ、この記事だと、まだファヴレ監督に決定となるかはわからない感じですかね?

結局、ロイスはコンフェデに参加しないんですかね?
それだと夏に日本に来てくれると思うので楽しみです。
あとはオバメヤン、香川選手はどうするのかが気になりますが、、、


[ 2017/05/17 09:39 ] [ 編集 ]
ファブレが無理だとしたら次の候補はP・ソウザになるのかな? それで一年契約にして来年で契約が切れるナーゲルスマンに乗り換えるのが妥当だと思うけど。ただナーゲルスマンはバイエルンも狙ってるし、本人もバイエルンファンって噂もあって、もしドルトムントの監督になったとしてもバイエルンに引き抜かれる最悪の状況も有り得るからな。いざ監督交代となったら明らかにトゥヘルより優秀な監督連れてくるのは至難の業なんだよな。優秀な監督ってことは現在率いているクラブは当然出したくないだろうし、フリーだったら競争相手も多くなる。給料も高くなるし ドルトムントの交渉が上手くいくことを願う。
[ 2017/05/17 09:58 ] [ 編集 ]
フロントが求めるクロップを超える監督なんて居ないですしね
[ 2017/05/17 11:12 ] [ 編集 ]
自分はどんな戦い方でも勝ってくれればそれでいいです。
[ 2017/05/17 14:13 ] [ 編集 ]
監督人事は博打的な部分がありますが、ブンデスリーガで実績があるという点では良いと思います。個人的にはトゥヘル監督の体制を続けることも充分選択肢にあると思うのですが、やはり難しいのでしょうか…。ひとつ言えるのはクロップ元監督は唯一無二のキャラクターをもった人物であり、その頃にすがり付きすぎてはダメだということですね。
[ 2017/05/17 14:51 ] [ 編集 ]
トゥヘルのオーダーではない選手もいたでしょうが最低限の補強をした2年目で優勝争いからかけ離れて2位も確保できず余裕なく何とかCLゲットという結果は、内容が酷いというのは関係なしにいいわけは無用ということでしょう。これはトゥヘルが人間的にどうとかではなく、結果が出なければドルトムントほどのそこそこのクラブであれば仕方ないかな、と。香川の去就にも多少は響くでしょうけどポカールが残っていたりすることを考えると終わるまでは発表がないかもしれないですね。
[ 2017/05/17 15:11 ] [ 編集 ]
管理人さん、ファブレ監督評記事ありがとうございます。
ふむふむと興味深く読ませていただきました。

戦術ティキ・タカってのは良いですね。昨シーズンの前半のような連携したパスサッカーが見れたら最高なんですが。
後はトゥヘルも問題になった人柄ですか。選手を批判して自分を擁護する方でなければ、マスコミに厳しくとも良いのですが。
[ 2017/05/17 15:12 ] [ 編集 ]
ロイスの意向も一枚嚙んでそうだなー。
まぁロイスはBVBの宝ですんで口を出すだけの権利はありますよね。
[ 2017/05/17 18:08 ] [ 編集 ]
クロップのあとでは誰でも物足りなく感じる
成績は悪くなかったトゥヘルだけど解任は驚かない
ファン目線では普段の行動はわからないので気の毒ではあるが、監督の人間性は良いチームほど重要になってくる
ケチつけるなら大事な局面、ダービーでビビったのが頂けなかった
[ 2017/05/17 19:48 ] [ 編集 ]
トゥヘルは全く優秀ではない
戦術も人を見て用いず守備の構築も疎か
人心掌握するカリスマもない
単なるSB万能論の信奉者
[ 2017/05/17 21:53 ] [ 編集 ]
プロは結果で評価されるべきであり、その点においてトゥヘルは特段悪い成績ではないとおもいます。ポカールを取れれば特に。

しかし、「悪い成績ではない」程度ではなく「素晴らしい成果が期待できる」監督なら反対する理由は見つかりませんね。
[ 2017/05/17 23:19 ] [ 編集 ]
こう言うと怒られるかもしれませんが、自分がドルを好きだったのは攻撃力が要因なんですよね
やらかしで失点してもそれを攻撃で補って試合に勝つ

お祭りのようなスリリングな試合展開が多かったので虜になったとこがあるので、強敵には引いてカウンターサッカーは求めてないんですよね
トゥヘルは当然だけど、違う監督がいいなぁ
[ 2017/05/18 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。