ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァークーゼンがトゥヘルに来季からの監督をオファー!ドイツ紙《ドイツの反応》





トランスファーマルクト】


コルク―ト監督の後継者?


201705131746359cc.png


ラインポスト紙”:レヴァークーゼンがトゥヘルにオファー!!
BVB監督トーマス・トゥヘルをめぐる話題が尽きることはない。この43歳のドルトムントでの将来が不透明である一方で、今度はバイヤー・レヴァークーゼンがこのサッカー教師に手を伸ばしたようだ。

スポンサーリンク


“ラインポスト”が伝えたところによると、2018年までドルトムントと契約を残しているトゥヘルはレヴァークーゼンからすでにオファーをもらったようである。

すでにレヴァークーゼン現監督である、タイフーン・コルク―トの時代はたった3か月で終わる事が決まっている。すでに週末に会長のミヒャエル・シャーデが、そのことについて会見していた。

BVBの幹部たちは、5月27日に行われるポカール決勝戦の後で、将来について話し合うつもりであると語っていた。トゥヘルとヴァツケの関係が悪くなっているため、この夏でそれぞれが別な道を歩むのではないかとみられている。トーマス・トゥヘルの後継者としてはニースのルシアン・ファヴレが有力とされている。








以上です。

色々と動いていますね。ちなみにファヴレの件ですが、まだビルトが個人間での合意を報じただけで、クラブ間の交渉はこれからになります。

ヴァツケは2005年に会長に就任していますが、2008年にクロップを連れてくるまでに監督を3回変えています。クロップが4番目の監督なんですね。だから今後また当たりくじを引き当てるまでは、頻繁に監督が代わる可能性はないとは言えません。ヴァツケはクラブを立て直した事を非常に高く評価されていますが、クロップの貢献はやはり計り知れないでしょう。もちろんミスリンタートが率いるスカウト部門が、優秀であることにも触れなければなりません。

まあ良く考えてみれば、スカウト部長と監督が仲が悪かったら長期的な仕事は無理ですよね。





[ 2017/05/17 19:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(16)
予想通りトゥヘル招聘にレバークーゼンが動いたか。レバークーゼンは戦力的にブンデスでもトップクラスだから監督さえどうにかなれば直ぐにでもCL出場権獲得できる順位に上がれるのにな。実際今季初めにバイエルンと優勝争いすると予想する人も多かったし。シーズン後に何人残るか分からないけどトゥヘルなら4位以内には持っていきそう。正直どんなチームを作るのか楽しみ。 ドルトムントとの対決も実現したら熱い試合になりそう!! ブンデスはシャルケ、レバークーゼン、BMG、ボルフスブルクこの辺がもっと頑張ってくれたら競争力が上がる。
[ 2017/05/17 19:22 ] [ 編集 ]
クラブはトゥヘルよりスカウト部長を選択したという事かもしれませんね。
[ 2017/05/17 19:35 ] [ 編集 ]
記事とは関係ないんですが個人的にバルサのラフィーニャことラファエル アルカンタラにドルトムント来て欲しいです。最近ユベントスが獲得か?という記事が上がっていましたがドルトムントが獲得に動いて来てくれないかな〜なんて妄想してます。元チームメイトのバルトラもいますし、兄であるチアゴはライバルのバイエルンにいてデア・クラシカーで兄弟対決!!なんて事になったら面白いですし。何よりダフードの加入は決まってますが未だ層が薄いCMF(ダフード、ローデ、カストロ)にラフィーニャのような選手が来てくれたら大変心強いです。 まぁ可能性は低いですが…。
[ 2017/05/17 19:38 ] [ 編集 ]
よくトゥヘルの成績で解任されるのにクロップの話持ち出す人いますが、彼はちょっと特別すぎて事情が違いますね
トゥヘルが雇われ傭兵だとしたらクロップは国の王子様くらいに事情が違うというか、二部に落ちても共に戦うと言われてるとか凄すぎて

もしトゥヘルが出ていくならレヴァークーゼンよりもアーセナルのほうがいいと思いますね 資金力ありますしドルトムントより好き勝手やれますしプレミアは強豪ひしめくのでよっぽどひどくならない限りタイトルなしでもすぐに解任はされないはずです
[ 2017/05/17 20:13 ] [ 編集 ]
管理人さま、ありがとうございます。トゥヘルは恐らくこんだけ揉めてても実績では引く手あまたなんですねぇ。本当の所はわからないので、揉めてる前提はダメだなぁとは思いつつなのですが。ミスリンタートとは間違いなく揉めてるようですが。
クロップまでにどのくらい監督が変わってるかわからなかったので、管理人さまの情報が有り難かったです。
ナーゲルスマン待ちとCLとリーガでどこまでやれるのかを見るつもりなのかな〜と思えてきますが。ファブレのことも様子見するんでしょうかね…まだ決まってませんけど。
[ 2017/05/17 20:15 ] [ 編集 ]
劇薬だけにちょっとだけ使うのが正しい使い方かも
[ 2017/05/17 20:57 ] [ 編集 ]
ヴァツケはクロップのサイクルの一部なので、共に身を引くべきだったんじゃないかと思います
今やクロップの分まで影響力を保持していますね
今回はトゥヘルが上手くできなかったとが一因ではあるのでしょうが、現場との力関係が好ましくなくなっているように見受けられます
来季はフロント主導で獲得とその選手のプッシュがより強くなりそうです
[ 2017/05/17 21:10 ] [ 編集 ]
ドルトムントの監督をやれた事で知名度も上がったわけで、プラスに働くのは間違いないでしょう。
それだけドルトムントにはブランド力があり、やりたい監督は欧州中に山ほどいるでしょう。
[ 2017/05/17 21:22 ] [ 編集 ]
ビルトの報道に振り回されますね。次のビルトの報道に興味が有ります。日本では複数の監督名が出ています。情報の質がわからないので、つい希望的観測で判断してしまいそうだ。移籍の話は虚々実々の世界とは思うが、結果しか真実ではない。様子見しながらプロセスを楽しむことにします。
[ 2017/05/17 21:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルには必要とする選手を集められるだけの資金力のあるクラブにいってほしいですね。
[ 2017/05/17 21:59 ] [ 編集 ]
サッカーって監督できる人材が随分少ないみたいですね。
かなり風変わりな性格の人でも引く手あまたで驚きですね。
モイーズなんかもなんだかんだ就職してますし
フロントと揉める様な人は余程の能力がない限りは
お呼びが掛からないものと思いますけど、他競技の場合は。
[ 2017/05/17 22:18 ] [ 編集 ]
フロントと揉めるような監督といっても
対立や揉め事は全て監督だけのせいとはいえないだろうし
フロントにも問題があったかもっていう見方もされるのが普通じゃないですかね
トゥヘルの能力や成績自体もまだ若い監督ということを考えれば評価する他のクラブも結構あると思います
[ 2017/05/17 22:59 ] [ 編集 ]
レバークーゼン辺りが丁度いいと思いますね。
ビッグクラブは戦力が揃っているので、勝って当たり前&優勝して当たり前なので、あまり向いてないように思います。
中堅以上〜ビッグクラブ未満のクラブで一番力を発揮するような気がしますね。
[ 2017/05/17 23:19 ] [ 編集 ]
スカウト部長と上手く行ってなければ、どちらかが辞めざるを得ませんよね。
21:10さんのコメントに同意です。
最近、ヴァツケがしゃしゃりでてくる事が多くなった気がします。
[ 2017/05/18 00:46 ] [ 編集 ]
トゥヘルは引く手あまたでしょうね。
ビッグクラブにいけば昨シーズン前半戦みたいな超ポゼッションサッカーも見れるかもしれません。 後半戦はがらりと変わり失点少ないサッカーに変貌しました。
今シーズンは主力が数人抜け、若手を育てながらのサッカー。
個人的な印象ではトゥヘルの色々な戦術を試す実験場みたいな2年でした。いつかビッグクラブにいけばまた超ポゼッションサッカーを見れるかもしれません。
ただし求心力はあまりない(想像)監督で不用意な発言は度々ありましたね。クロップからトゥヘルですから、実際選手達も戸惑ったと思います。
....個人的にはいつかまたクロップ帰って来てほしいです。その時、香川がまだ現役でドルトムントにいたら嬉しいですね。妄想でした。
[ 2017/05/18 03:05 ] [ 編集 ]
ドルトムントのフロントは厄介払いができてよかったですね
フロントはどのように責任を取るのかよくわかりませんが
来季以降の成績でということでなんでしょうか
[ 2017/05/18 06:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。