ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、オバメヤンに決断を要求か?!まもなく話し合いへ!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



BVB:はっきりしてほしい

ツォルク、オバメヤンとの話し合いを宣言!


entry_img_1674.jpg
引用元:Bild

来シーズン、オバメヤンはどこでプレーするのだろうか?


このガボン人は、ドルトムントで最も重要な選手だ。しかしドルトムントは、この点取り屋流出の危機に立たされている。

スポンサーリンク



おそらくこのガボン人には、とてもよいオファーがあるとされている。パリやミラノ、そして中国だ。


その中でも特にクレイジーなのが、中国からのオファーだった。それによるとドルトムントは週休で50万ユーロ以上稼ぐとされている。さらに移籍金は8000万ユーロとみられている。


しかしBVBのスポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルクはキッカーに対してこれを否定している。“まだ我々にはオファーは届いていない。”



ツォルクははっきりさせたがっている!


このマネージャーは、まもなくオバメヤンと話し合いを持つつもりだ。ツォルク:“近々は話し合いを持つことになるだろう。”




このストライカーが将来的にもドルトムントでプレーするのか、それとも金払いの良い外国でプレーするのか・・・。







以上です。

ツォルクは話し合いを持つと言っただけで、BVBがハッキリさせたがっているというのはビルトの解釈ですね。まあ話し合いを持つ、という事はそういう事なのでしょうか?

しかし契約は2020年まで残っているわけで、選手の側から移籍の希望がないのに、クラブの方から決断を迫るような機会を設けるのもおかしい気がします・・・。という事はすでにオバメヤンが移籍希望を出したのかもしれないですね。






[ 2017/05/20 06:00 ] オバメヤン | TB(-) | CM(10)
お金考えるなら1~2年中国に行ってビッグクラブ復帰かな。
[ 2017/05/20 09:44 ] [ 編集 ]
以前からレアル・レアルって言ってましたから
レアルからのオファーがあれば移籍したかったってのが本心じゃないかな
PSGやミラン、中国からのオファーならどうなんでしょう
[ 2017/05/20 10:29 ] [ 編集 ]
 オバメヤンは以前より移籍する意志を明言してますので、結構具体的な話し合いかもしれません。彼が移籍するならば、BVBはすぐに相手クラブとの交渉を開始し、同時にストライカーの補強に動かなければならないでしょう。
[ 2017/05/20 10:29 ] [ 編集 ]
パリが濃厚な気がしてる
[ 2017/05/20 12:11 ] [ 編集 ]
オーバメヤン選手は移籍願望というかステップアップ願望を隠していない選手なので、想定内の話ですね。もちろん残るのであれば、それほど心強いこともありませんが、いずれにしろ代役候補は必要だと思います。
[ 2017/05/20 14:14 ] [ 編集 ]
なんにせよそういう拗れやすい話はリーグ戦と国内杯が終わってからにしてくれ
[ 2017/05/20 15:03 ] [ 編集 ]
代わりになる選手は簡単に取れないでしょうし、残ってほしいです。
[ 2017/05/20 16:24 ] [ 編集 ]
あと3シーズンくらい残ってるのにフロントがこう言うって事は、今売れば凄く高い値で売れるオファーが来てるって事だろうな
[ 2017/05/20 17:40 ] [ 編集 ]
気が重くなる話ですな。 ・・・ラモスは元気かなぁ・・・
[ 2017/05/20 20:03 ] [ 編集 ]
ロイスがいる間はドルにいるとかこの前の契約更新時に言ってませんでしたっけ
[ 2017/05/20 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。