ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!大迫キッカーで高評価!大迫は最終節ベストイレブンに!BVB試合評と採点《ドイツの反応》


entry_img_1677.jpg


【キッカーベストイレブン】

・マテニア (ハンブルガー)
・ラーム (バイエルン)
・ゼ―レンセン (ケルン)
・フェスタ―ガールト (グラートバッハ)
・ヘクトーア (ケルン)
・ハヴェルツ (レヴァークーゼン)
・ブラント (レヴァークーゼン)
・大迫 (ケルン)
・ロイス (ドルトムント)
・チチャリート (レヴァークーゼン)
・クルーゼ (ブレーメン)

スポンサーリンク




【ドルトムント対ブレーメン試合評と採点】

・ブレーメン採点 3322

ヴィートヴァルト 2
ヴェルコヴィッチ 4、ザネー 5、モイサンダー 4.5
ゼラシー 4、デラニー 3、ガルシア 5
グリリッチ 3.5、ユヌゾヴィッチ 2、
バルテルス 2、クルーゼ 1.5

・ドルトムント採点

ビュルキ 2.5
ギンター 4、ソクラティス 3.5、バルトラ 3
ドゥルム 4、シャヒン 3.5、ゲレイロ 3
デンベレー 3、香川 2
オバメヤン 2、ロイス 1.5

・審判 ペール 5

一対一の判定が不安定。グナーブリーのロイスへのファールからのPKはまだ理解できるが、88分のバルグフレーデのファールにPKを与えたのはミス。同様に23分にモイサンダーのオバメヤンへのチェックでPKを与えなかったのもミス。


・試合 1


最初からスピード感あふれた試合。両チームとも相手のミスを利用し、試合終盤までセンセーショナルな攻撃的サッカーを披露。


・試合評


両チームにとって34試合目が非常に重要な意味を持つ試合でなかったら、このような激しい展開を期待することはできなかっただろう。しかし実際には非常にセンセーショナルな殴り合いを見ることになった。


ドルトムントは直前にマルセル・シュメルツァーを負傷であきらめなければならなかったが、素早いプレーで始まった。しかしまだ統率のとれていないヴェルダーが、何度も相手にカウンターのスペースを与えていたBVBに早い段階でショックを与えることになった。


そしてその結果として、試合は徐々に激しいものになった。一方では個人技に優れたBVBが何度もチャンスを作ったが、守備では不安定さを見せ、ヴェルダーも堅い守りを見せたわけではなかったが、カウンターをうまく成功させた。

・まとめ 


チャンスの数からみれば、BVBが勝利にふさわしくなかったという事は決してないが、どちらかと言えば幸運な勝利。


マン・オブ・ザ・マッチ 



3位をかけた試合でマルコ・ロイスがリーダー性を発揮し、1:1のゴールをあげ、さらにPKを獲得し、自ら決めた。

【日本人選手採点】


香川 2
大迫 1.5
酒井 4

・・・・・・・・・・

以上です。


今週はドルトムントがCL出場権を獲得し、さらにケルンがEL出場権獲得、そしてハンブルガーが残留を決めましたね。出場した日本人選手にとっては良い試合となりました。


特に大迫選手はこれでスコアポイントを7ゴール8アシストとしましたが、非常に立派な数字ですね。来シーズンはヨーロッパもありますから、ますます楽しみです。


原口選手は10日以内に決断しろと、クラブ側から言われていた事が記事になっていましたが、その後ニュースにはなっていません。ヘルタもヨーロッパに出れることが決まっているので、残留しても、国際舞台で戦う事が出来る事になりますが、どうなるのでしょうか・・・。最終節は出番もありませんでしたし・・。


このブログでは日本人選手の活躍の記事を最優先で取り上げているのですが、今シーズンは前半戦の長谷部選手を除いてはあまり日本人選手の活躍が報道される事がなく、ドルトムント関係の記事ばかりとなってしまった印象があります。


ブログを始めたころは香川選手の復帰や岡崎選手の活躍などもあり、もう少しブンデスリーガの日本人が特集されることが多かったので、少々寂しいですね・・。

一時はブンデスリーガでプレーする選手も13人ぐらいになり、このままどんどん増え続けるのではないかと期待していたのですが、そううまくは行きませんね。


来シーズンはどうなるでしょうか?これから移籍の話題も出るでしょうから、注目しています。


【今日のドイツ】

201705221719335e4.jpg

ドレスデンのツヴィンガー宮殿
[ 2017/05/22 17:52 ] 未分類 | TB(-) | CM(13)
原口選手は日本のメディアではイングランドプレミアリーグの昇格チームへの移籍が噂されていますね
今はUー20W杯の話題で盛り上がっています。久保建英選手や堂安選手三好選手など期待の選手が出ています
この中からブンデスリーガで活躍できる選手が出てきたら面白いですね
[ 2017/05/22 18:02 ] [ 編集 ]
ブンデス組は今年は怪我人が多かったですね。
いろいろあったけど、その中でゴートクも残留できたしなんとかみんな
踏ん張ったシーズンだな、と思いました。

今期は特に香川の件では怪我をひたかくしにして叩いた日本のマスコミの
モラルの低さに興ざめして、6月の代表招集も現時点から相当醒めた目で
見てるのですが、全員怪我なくシーズン終えられるといいですね
[ 2017/05/22 18:08 ] [ 編集 ]
原口はプレミアリーグ昇格のブライトンと移籍交渉とのこと。
退団は決定的でしょうか。
[ 2017/05/22 18:26 ] [ 編集 ]
原口に関してはビルト紙がソースの記事で、来季プレミアに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンと交渉中との記事が出たみたいですね。
出来れば翻訳していただけると嬉しいです。
[ 2017/05/22 18:35 ] [ 編集 ]
原口はプレミアの昇格チーム、ブライトンに移籍間近らしいですよ。
香川も流れ的に、たぶんブンデスは離れるでしょう。
宇佐美はどうなるでしょうか?
大迫、武藤はまだブンデスでの活躍を期待してます。
[ 2017/05/22 18:47 ] [ 編集 ]
今季前半戦は大迫も活躍していましたね
後半は怪我などあり前半程インパクトはありませんでしたが最終節有終の美でシーズンを締めくくってくれましたね
来季はELもありますしさらに話題をふりまいてくれることを期待しています

原口はプレミア昇格組のブライトンと契約間近だとか?
キッカーも報じているようですね

香川は個人的には移籍の予感がすごくしていますね
行きつけのお店のオーナーさんらしき人に代表ユニをプレゼントしていましたが、あれは餞別じゃないかな?
さてどうなるでしょうか...
[ 2017/05/22 18:59 ] [ 編集 ]
今シーズンもありがとうございました!
[ 2017/05/22 19:18 ] [ 編集 ]
原口はプレミアの昇格クラブと交渉しているとのことですが、どうなのでしょうか。
[ 2017/05/22 19:30 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとう御座います。
現地の感覚が分かる記事を楽しく読ましてもらってます。今回の終わり方は、来シーズン楽しみですね。
[ 2017/05/22 22:03 ] [ 編集 ]
香川ベストイレブンにいないとかありえん
[ 2017/05/22 22:16 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
記事内容ももちろんですが、最後の管理人さんのコメントを実はいつも楽しみにしています。
(^^)
来期も宜しくお願い致します。
[ 2017/05/22 22:37 ] [ 編集 ]
香川選手ビルトで今期2度目ベストイレブンって日本のメディアで見た気がしましたが、
[ 2017/05/23 07:09 ] [ 編集 ]
やっぱり日本人が一番やりやすいのはブンデスだからJリーグ重視にならない限りこれからも沢山の日本人がチャレンジしますよ、安心して下さい!
それより心配なのはブンデスで他国選手を引っ張ってこれるのがバイエルンだけだという点、リーガはレアルバルサアトレティコ、プレミアはビッグ6、残るはセリエですが資金力はある方なのであと1チームくらい金にモノを言わせて他国の選手を獲る所があるともっと盛り上がり活性化もあると思います
リーガよりフィジカル重視でプレミアよりテクニック重視なブンデスのサッカーが好きなのでもっと繁栄して欲しいですね
[ 2017/05/27 05:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。