ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「大迫:不運な男からヨーロッパの英雄になった!」《ドイツの反応》




エクスプレス



ケルンのスター・フォワード



大迫はこのようにして不運な男からヨーロッパの英雄になった!


entry_img_1679.jpg
引用元:Express


ケルン:今からちょうど一か月前の事であった。大迫勇也は、自信をなくして、スタジアムにうなだれたのだ。

スポンサーリンク


1:1に終わったホッフェンハイム戦でこの日本人は、アディショナルタイムにずっこけてしまった。そしてそれが相手のゴールへとつながってしまったのだ。



当時この27歳は、慰めようのないくらい落ちこんでいた。しかし土曜日に行われたマインツ戦で、彼はヨーロッパの英雄になったのだ!


2:0となる威力あふれるシュート!


86分に放った大迫の威力あふれる左足からのシュートが試合を決定づけることになった。そしてスタジアムにいる誰もがこの瞬間を堪能したのだ。


シーズン最後にして、このケルンの攻撃的選手は、チームのベストの選手の一人となった。ボールキープ力は輝かしく、さらにヘディングで先制点をアシストしている。




読者アンケート

・FCがヨーロッパリーグ:いったいシュテーガー監督のイレブンは、どのようにしてさらに上に行くことができるだろうか?

答え1:これ以上は無理!!今が最高の気分さ! 67%
答え2:来シーズンは僕らがバイエルンハンターだ! 24%
答え3:どちらでもない 9%







以上です。

不運な男というのは、ホッフェンハイム戦でのミスの事で、ヨーロッパの英雄というのは、ヨーロッパリーグ出場を確定させた英雄という事ですね。

すばらしい活躍でした。

ケルンでの盛り上がりもすごかったですね。残留が確定したハンブルクもすごかったですが、あちらには警察の騎馬隊までもがフィールド上にやって来ました。

それにしてもこのアンケートの結果は面白かったです。約7万人のユーザーが回答していますが、そのうちの約67%が、これ以上は無理だけど、今が最高と答えています。

ケルンがヨーロッパに行くのは25年ぶりぐらいだったと思いますが、地元ファンの喜びは、毎年優勝するバイエルンファンの喜びよりもある意味大きいかもしれませんね。

ヨーロッパリーグとは言え、自分の地元にミランやアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドが来るかもしれないと考えたら、やっぱり嬉しいですよね。


【おまけ今日のドイツ】

201705221719335e4.jpg

ドレスデンツヴィンガー宮殿の庭

[ 2017/05/23 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(19)
モデストと大迫の2トップは近年で最も破壊力がったのではないでしょうか!
大迫の技術を見てると他の選手よりサイドやボランチで使いたくなってしまう監督の気持ちもわからなくはないんですよね
ただ1番生きるのは前線なので今季はその機会が多くそれに応えてくれて良かったです
現地のケルンサポは大迫に懐疑的な人が多かったと思いますが結果で見返す姿は格好良かったですね
今季のメンバーが残ればミランやユナイテッドを破壊出来る可能性もあるでしょう
[ 2017/05/23 08:30 ] [ 編集 ]
本物のサッカーファンは本物の喜びを知ってますね
日本で生まれ日本に住むヨーロッパのチームの自称“サポーター”達はこんな喜びは理解出来ないでしょうね
地元のクラブを応援する素晴らしさがまだスポーツ観戦後進国の日本には浸透してないです
“Jはレベルが低い”って観戦してもない人だけが発する言葉が当然のようになってます
ケルンの人達は本当に嬉しいだろうなぁ
[ 2017/05/23 10:10 ] [ 編集 ]
すごい綺麗な庭ですね。ドイツにサッカー観戦と旅行に行きたいです。

大迫の相棒の去就が気になります…
[ 2017/05/23 11:10 ] [ 編集 ]
 大迫はゴールだけでなくアシストも同数とってるのが重要だと私は思います。

 オイシイ所だけ狙い続けてゴールだけ稼ぐストライカーがたまにいますが、エゴが強く、組織的な守備には通用しないので、チームへの貢献度は数字ほど高くない。
 大迫はそうではない。周囲を活かしつつ自身を活かせる現代サッカーで求められているチームプレイヤーのFWで、あらゆる戦術に適応できる。彼は来シーズンも安定した活躍をするでしょう。もちろん、ELでもね!
[ 2017/05/23 11:36 ] [ 編集 ]
ゴートクは最後だけちらっとみたのですが、泣いてましたね。
ケルンは確か2部に降格した時もサポーターがピッチに乱入してたので、今回も乱入するのかな?
と思ったら乱入してたんですね

ブンデスは観客多くて時々数人が乱入するとか見てますが、いつでもピッチに乱入しようと思えばできるのに、
サポーターが大量に乱入するのは毎回最終節だけなので、割と規則的で理性的だなと思ってみてます。

騎馬隊を見るのはよくないことが起きてる時、というのも解っているのですが、
日本から見てると騎馬隊の馬がきりっとしててかっこいいな、と見てしまいます
[ 2017/05/23 14:23 ] [ 編集 ]
「これ以上は無理」とかリトバルスキーが泣くぞ・・ 今のうちだけでも高望みしろや。と言いたい。
今のうちしかできんのだから(汗
[ 2017/05/23 14:38 ] [ 編集 ]
管理人さん 16-17シーズンお疲れ様でした。

終わりよければ全て善しではありませんが、凹んで終わるよりは断然にいいですよね。
日本人選手が全て成功した訳ではないですが、17-18シーズンに向けては前向きに捉えられる最終節になったのではないでしょうか。

ただ、宇佐美選手と本田選手の二人だけは試合に出られない機会が多く苦しいシーズンになってしまいましたね。

宇佐美選手は本人もかなりの意識を持って再チャレンジしたブンデスですが、まともに試合に出られず本人も不本意だったのではないでしょうか。
実力的には問題ないと思うのですが何が彼の障壁になっているのでしょうね。

本田選手は年齢からかミランの世代交代とチームの改変に振り回されて試合に使って貰えないシーズンになってしまいました。
スピードが落ちたと言われますが最終節でのFKとドリブルは良かったと思いますよ。

二人の今後に期待したいですね。特に宇佐美選手は日本代表の中心になって貰いたい選手ですから一層の奮起を期待したいです。

来シーズへ向けて移籍話も活発化しそうですが、チャレンジも悪くはないのですが試合に出れて選手は輝けるので移籍志望の選手は試合に出れるチームを選んで欲しいものです。

残る試合はカップ戦だけですか、チームもBVBの香川選手だけかな。是非ともスカッと優勝を決めて貰いたいですね。

編集後記もドイツの街並みを伺い知る事ができて毎回楽しく拝読させて貰っています。
サッカーとは一味違う楽しみを提供してくれてありがとうございました。
最後の〆は何でしょうね。楽しみにしてますね。

管理人さん1年間ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。来シーズも宜しくお願いします。
[ 2017/05/23 15:06 ] [ 編集 ]
大迫選手はシーズン通して素晴らしかったですね!代表戦での怪我がなければもっと貢献出来ていたと思います。来季もモデストと大迫が残留すれば、ヨーロッパでも良い攻撃が出来るのではないでしょうか?
[ 2017/05/23 15:49 ] [ 編集 ]
 
なだれ込んだサポがモデストを人間神輿のように担ぎあげて連れ去ってた
[ 2017/05/23 15:57 ] [ 編集 ]
アジアチャンピオンズリーグに出られるかどうかの争いって、一部の例外を除いて本当に誰も興味がないですからね。

「我が町にFCソウルが来る」とか聞いたことないし(韓国人を差別しているわけではないです。一例です。)

やっぱりユナイテッド辺りのメガクラブと真剣勝負が見られるのは嬉しいでしょうね。うらやましい。
[ 2017/05/23 17:08 ] [ 編集 ]
バイエルンってヘクトル狙わないのかな
噂が聞こえてこないのが不思議
いや残ってほしいけども
[ 2017/05/23 17:20 ] [ 編集 ]
チャンピオンズリーグ獲得に沸くドルトムントやリバプール。
ヨーロッパリーグ落ちに悲しむアーセナル。
ヨーロッパリーグ獲得に大喜びするケルンやミラン。
一部リーグ残留に、涙で喜ぶハンブルガー。


それぞれ目指すステージは違えど、悲喜交々の最終戦は見所がたっぷりでしたね。
[ 2017/05/23 18:11 ] [ 編集 ]
モデストは間違いなく移籍でしょうね。

来季のブンデス組のヨーロッパ(CL 、EL)はかなり不透明ですね。
新顔ばかりなうえに、キープレイヤーたちが移籍しちゃうので、その中で勝ち抜けるのかどうか不安ではあります。
バイエルンとドルトムント以外、なかなか安定していないので、なんとか頑張ってもらいたいし、レバークーゼンやシャルケらの復権も願いたいところです。
[ 2017/05/23 18:42 ] [ 編集 ]
日本のJリーグの場合はレベルや環境のわりに規模がでかすぎるのが問題だな
ガチで海外で活躍できてるのがJ2出身とかおかしいでしょ
[ 2017/05/23 18:52 ] [ 編集 ]
日本はスポーツ後進国でしょうか?
確かにサッカーは海外に比べて育成システムや指導方法など遅れを取っていますがプロ野球では阪神が18年ぶりに優勝すればファンは道頓堀に飛び込み盛大なパレードも行われますし他の球団でも同じです。
こちらのブログ様のようなコメント蘭で
海外のサポーターやメディアの目が肥えている、海外のサポーターはよく分かってる、日本のサポーターはダメだと暗に言っているようなコメントもよく見受けますが必ずしもそうではないですよ。
日本に根付いている野球の阪神一筋のおばちゃんは配球や采配の意図など読んで観戦していませんし
海外の地元サッカーチームのファンも同じです。
日本にも素晴らしい記事を書く記者もいますし
素晴らしい考察ブログを書いている一ファンもいます。
海外にもそのようなファンもいるでしょう。
海外は素晴らしい、日本はサッカー後進国だからすべてダメだというようなコメントには違和感があります。
[ 2017/05/23 22:01 ] [ 編集 ]
dが
モデスト、大迫ってバーディー、岡崎の関係に似てる。モデストも大迫のおかげでゴール量産できたし。日本人は裏方すきだねー。
[ 2017/05/23 23:56 ] [ 編集 ]
代表の点取り屋には久保が居るから大迫と久保でちょうどいいな
[ 2017/05/24 02:07 ] [ 編集 ]
勝った瞬間チームのサポからの祝福がすさまじかったですね。

優勝したわけではなくても結果を出せばしっかりあそこまで共に喜んでくれるケルンのサポは素晴らしいと思います。
日本じゃ優勝してもあんなのないですし、やっぱ日本がサッカー文化で欧州に追いつくのは絶対的に無理かもしれないですね
[ 2017/05/24 18:22 ] [ 編集 ]
どうにかして日本は遅れてる、一生欧州に追いつけないと主張したがる人が増えてますね…
[ 2017/05/24 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。