ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギンター、トゥヘルを擁護!「彼は必要なものすべてを備えている。」《ドイツの反応》



今週発売のスポーツ・ビルトにギンターのインタビューが掲載されたようです。その中でギンターは、トゥヘルについても語っており、その部分がドイツ各紙で紹介されておりました。管理人はまだ雑誌は入手していませんが、ツァイトが取り上げた記事の中から紹介します。

entry_img_1682.jpg


ツァイト


ギンター:トゥヘル“彼は必要なものすべてを備えている。”


トーマス・トゥヘル監督は、アイントラハト・フランクフルトとのポカール決勝戦を目前にチームから援護射撃を受けることになった。

スポンサーリンク



“僕は、スポーツ面以外で話題になっている事に対して、彼を評価することはしたくないです。スポーツ面で言えば彼は素晴らしい専門家ですよ。”


とマティアス・ギンターはスポーツ・ビルトにおいて語る。



このディフェンダーは、特にトゥヘルの戦術的なクオリティーを称えている。


“彼のような能力は、他ではまったく見たことがありません。彼の対戦相手の分析は素晴らしいですし、トレーニングメニューも同様です。”

と23歳は語る。



“彼は必要なものすべてを備えていますね。”


しかし監督は、会長ヴァツケとの意見の対立の前に、もうすぐクラブを去るとされている。


“もし今シーズンが始まる前に、僕たちが大変革の年にチャンピオンズリーグでベスト8に行き、ポカール優勝の可能性もあるというオファーを受けたら、みんなサインするだろうね。”と答えている


ギンターは1899ホッフェンハイムへの移籍が濃厚とみられている。





以上です。



サッカー選手のキャリアの中では、かつての監督と別なチームで再会する事もありますし、彼のような発言をしておくことは重要ですね。

彼の言葉を素直に受け取るよりも、どうしてもこのような見方をするようになってしまいました・・・・。自分でもちょっと複雑です。

だったらギンター、どうしてあなたはBVBから去ってしまうの?まあ今の年齢だったら同じポジションで継続的に出場することが成長に重要な事は明らかですが。できればコンフェデでスタメンとしてセンターバックで出られると良いですね。




[ 2017/05/24 19:28 ] ギンター | TB(-) | CM(29)
ドルトムントの大ファンだったギンターなのに。
スタメンでも起用されているのに。
移籍してしまうんですもんね……
[ 2017/05/24 19:49 ] [ 編集 ]
しゃ、社交辞令っぽいというか、そつのないテンプレートな回答ですね
ギンター好きなのでドイツ代表のリオオリンピックの試合を最初の数試合を
覗いて全部みていたのですが、見事でしたね。
ドイツはフンメルス、ボアテングも鉄板だと思いますが、下の世代のCBも
すごくなりそうでいいな、と思って見てました。

どこででも頑張ってほしいです
[ 2017/05/24 19:52 ] [ 編集 ]
ギンターって超有望株だったけどこの一年でちょっと評価を落としてしまいましたよね。
どんなチームに行っても活躍出来る選手なんて複雑な現代サッカーではあり得ないですし(代理人の腕の見せ所)ギンターは環境を変えるのは悪くない判断だと思います。
私はトゥヘルの中途半端なスタイルが選手のクオリティを平均的に少し下げる結果になっていると思っています。
就任当初は今のモナコのようにオフェンスはノリノリでいけるけど後ろに負担が掛かり過ぎるある意味面白いスタイルでした。
その後色々あってからはずっと中途半端です。
名監督達は自分のスタイルを持っていますよね。トゥヘルはまだそれを見つけてないので選手も全力を出せないのではないのでしょうか。
[ 2017/05/24 20:08 ] [ 編集 ]
また一人チームの土台を支えていた選手が抜けてしまうんですね・・・香川、オバもなんとも言えない状況ですし。

これでロイスまで抜けたら自分が昔から好きな選手が全員抜けてしまうことに・・・。(デンベレ、プリシッチはまだ若すぎて核としてはみれないんですよね。バルトラはいい感じですが・・・)

来期はかつての面影がほとんど残ってないチームになるんでしょうか?日本からドルを応援してる身としてはかなり複雑です。
[ 2017/05/24 20:17 ] [ 編集 ]
今回の解任報道の件であらためて感じましたが、真偽が定かではない情報でも報道された内容をそのまま信じてしまう人が多いのだなあと思いました。
皆さんメディアを結構信用しているんですね。
[ 2017/05/24 20:19 ] [ 編集 ]
まただよ
最近のメディアの扱いの問題じゃない
昨季から既に見えてた問題だろう
何度も同じ事書き込む人がいるんですね
[ 2017/05/24 20:50 ] [ 編集 ]
ビルトのこの記事には少し怒りすら感じます。
姑息な手段を使うんだなぁと思いました。

トゥヘルの辞任や解任の記事なら部数が期待できるメディアの考えそうな事ですね。
ましてや、ギンターまで絡めたら鉄板なんじゃないですか。

若手の気鋭監督として認知されているトゥヘルの去就ですからサッカー関係者やファンなら一度は目を通すんじゃないですか。
そこに人情劇を持ち込みヒロインを作り出す手法は彼等の常套手段ですね。

ギンターからならどんな賛否コメントでも十分な記事になりますからね。
クラブから冷遇されたトゥヘルとトゥヘルから冷遇されたギンターは格好の材料ですよ。
ギンターもそこが解っているからサッカー以外のことは話さない賢さも立派ですね。

最近は穿った見方をしてしまう記事が多くなって残念ですね。
[ 2017/05/24 21:32 ] [ 編集 ]
もう誰が擁護発言しようと監督を追い出すことは確定しているようですから何とも。トゥヘルさんの謎采配に苛立つこともあったけど個性的だし、グルテンフリーを推奨したりドイツ人らしくない感じもアバンギャルドというか、ある意味BVBに合っていたと思うんです。クロップは特別すぎるから比較されるほうがかわいそうです。

それと不遇だった岡崎選手の欧州での価値を上げてくれたのは日本人としてはうれしかったです。なにかの記事で読んだのですが、コンフェデを見た監督が直々に彼を熱望して獲ることになったとかいう内容です。トゥヘルさんの今後の就活が上手くいくためにも、選手やファンのためにもポカール優勝してほしいですね。
[ 2017/05/24 21:51 ] [ 編集 ]
管理人さんのその捉え方はご自分でも言ってますが、普通じゃないですよ。憶測に振り回されてその印象が固まって素直に物事を見れなくなったら終わり。批判コメントが選手から出たならまだしも、そうでないのだから。結局リテラシーのありそうな人もメディアに振り回されてしまうのが怖い。ファンならシーズンが終わり、事が分かるまで静観するべきでしょう。
[ 2017/05/24 22:07 ] [ 編集 ]
ギンターにとってトプラクの加入が移籍を決断させたのは間違いないですよね。彼が入ればセンターバックのコンビはパパとトプラクになるでしょうから。フロントにあまり期待されていないと感じたはずです。同世代のズィーレがシーズン通して活躍してバイエルンに移籍したことも刺激になってると思います。サイドバックやボランチも出来る今で言うポリバレントな選手という評価もされますが、本人はやはりセンターバックとして試合に出続けてもっと成長したいと考えているように感じます。フンメルスやレーブへの相談や助言もあったのかもしれませんし。
しかし今となっては咋シーズン前半の香川~ギンターラインが懐かしいですね。良い崩しが多くて楽しかったなー。
[ 2017/05/24 22:19 ] [ 編集 ]
彼の対戦相手の分析は素晴らしいですし・・・・

ここが一番観る側としては理解できない
対戦相手を分析して、相手を抑えたような戦術なりイメージあるゲームが今まであったろうか?
相手チームの要となる選手に対して強くプレスをかけたり自由を与えないような策があったろうか?
ほとんど感じられないんだけどね
だいたいにおいて今のドルトムントは相手に対する寄せが遅いし弱い
ゲーゲンやめたにしても、ボールホルダーに対して複数人が厳しく囲むこともしない
多くの失点シーンがカウンターであるにせよ、距離を取って相手の出方を見ているという「リアクションディフェンス」だから対応が遅れる
ゲーゲンやれとは言わないけど、あの頃の守備は積極的に先手を打って相手に自由を与えずボールを取り返す「アクションディフェンス」だったと思う

この違いじゃないかな
相手を研究しているなら相手を抑える要所そして相手ディフェンスの弱いところを積極的に突くイメージがあるはずなのに、今シーズンの多くがワンパターンなドリブルとクロス

別に批判じゃなく、ちょっと真逆の言葉なので驚いているよ
[ 2017/05/24 22:43 ] [ 編集 ]
>>真偽が定かではない情報でも報道された内容をそのまま信じてしまう人が多い

移籍期間中は踊るのが風物詩ですからね〜
まあ中には本気でゴシップを信用して憤りとか感じちゃう人もいるかもですが。
基本的には一喜一憂して楽しんでるんですよ皆さん。
本気で信じてるって思っちゃいますよね。
[ 2017/05/24 23:11 ] [ 編集 ]
トゥヘルの試合後のオバとの接し方やオバのPK得点後のロイスとの接し方を見るにそこまでチームと上手くいっていないとは思えないんですよね。僕はメディアを完全に信用しきってないので真偽が定かではない報道の内容が証明されるまで自分の目で見たものを優先するようにします。 都合のいい時だけメディアを信用する事は僕はしたくないので。 ギンターは主力としてプレー出来るところに行った方が本人の為にもいいんじゃないですかね。
[ 2017/05/24 23:29 ] [ 編集 ]
移籍濃厚なギンダーからのコメントですから、当たり障りのないものですね。スポーツ面では素晴らしいと言ってますが、やはり問題はトゥヘルのキャラクターというか個性的なものではないかと思います。トゥヘルの擁護というより、今季の終了を待たずにメディアが先行する形でトゥヘルの移籍を騒いだ事の方が普通ではないですよね。

トゥヘルよりギンダーの移籍は本当に残念です。上の方がコメントされているように、トゥヘルの中途半端な起用の仕方が選手の成長やクオリティを下げてしまうというのは一理あると思います。この一年、ギンダーはクラブで気の毒な使われ方をされたなという印象です。

コンフェデ頑張って欲しいです。
[ 2017/05/25 00:51 ] [ 編集 ]
おそらくギンターは今季サポーターから最も叩かれている選手かと。
一年でここまで変わってしまうのかと、胸が痛くなるほど批判を浴びてますね…
でもドイツ代表には呼ばれているし、他クラブからも評価が高いんですよね。
結局は使い方の問題なんじゃないでしょうか。
彼はこのままドルトムントにいたら、自分の評価や調子は落ちる一方だと感じたのかな。
他チームであればまた上手くやれるだろうし、一気に評価が上がるような気がします。
また笑顔が見たいですね。
[ 2017/05/25 01:24 ] [ 編集 ]
22:43さん同じように思っていました。ゲーゲンプレスは絶対しないだろうけど
クロップの頃からいるメンバーはそれが出来る訳ですから、もったいないなあって思います。
でもそれじゃトゥヘルからすると自分の戦術じゃなくなりますしね。
ギンターだけではなく香川含め他のメンバーも使われ方の問題な気がします。戦術があっての選手起用ではなくて
選手あっての戦術だったら、このメンバーにして本当にもったいないです。
香川がブレーメン戦の後のインタで楽しい試合だったと言っていたのが印象的でした。
見ている方も今季一番楽しかったから
[ 2017/05/25 01:58 ] [ 編集 ]
CBだと微妙だけど、サイドバックは適性あるかも
なにしろ監督の守備戦術がうまく行ってない状態じゃ判断もできにくいですね。
[ 2017/05/25 02:02 ] [ 編集 ]
冷静に物事を捉えるのは大事ですが
外野から目で見えるもので判断というのも難しいですよね。
おしどり夫婦に見えた2人が突然離婚なんてことは珍しくないですし。
選手からの批判は普通は出てこないですよ。
対外的にもイメージはよくありませんし
めんどくさいヤツの烙印おされますよね。
選手は批判を公にしても得することがありませんので。
[ 2017/05/25 02:03 ] [ 編集 ]
スカウティングとトレーニングメニューについては以前から評価が高いですね
素人からは叩かれがちですが、プロからの評価は概ね上記の通りですね
なので、ギンターも同じ感想だったって話でいいと思います
トゥヘルは慧眼だし、これで性格に癖と難がなければね…
[ 2017/05/25 02:11 ] [ 編集 ]
管理人さんの一つの意見に「普通じゃない」と言われてる方はもう少し言葉を選んではいかがでしょう?
私はドイツ語がある程度わかるので、これまでの報道を現地のニュース記事で追えているので管理人さんの見解にたどり着くのも、分からない事もないと思います。
それに選手から監督批判が上がる事は殆どないかと思います。
今、トゥヘルにアプローチしている、ボルシアMGや、レバークーゼン、ボルフスブルクには、カンプルやホフマン、クバが居ますが、彼らはトゥヘルにより移籍を余儀なくされましたが、一度も批判をおこなっていません。
プロサッカー選手は巡り合わせなので、頭の悪い選手以外は監督批判なんてしませんし、ましてや所属中に何てありえないです。
だからこそ、移籍情報や感情を抑え難い試合時の表情や振る舞いから感じ取るのではないでしょうか。
[ 2017/05/25 04:37 ] [ 編集 ]
>今回の解任報道の件であらためて感じましたが
>真偽が定かではない情報でも報道された内容をそのまま信じてしまう人が多いのだなあと思いました。
>皆さんメディアを結構信用しているんですね。


毎度毎度、ご自分だけは全て真実を知っているかのような書き込みですね。
[ 2017/05/25 05:13 ] [ 編集 ]
スカウティングやトレーニングメニュー、本当に良かったでしょうか
中位下位相手に取りこぼしたのはスカウティングが良くなかったせいもあると思います
不可思議なスタメンと戦術で前半は機能せず、交代で修正する事が何度あったか…
その結果交代枠を無駄にしてしまっていたと思います
上手くやれば連戦で疲労が溜まっている選手を休ませられたでしょう
象徴的な試合がメディアから批判が続出したダルムシュタット戦ですね
トレーニングメニューも結局守備の構築が出来ていないので果たしてどうだったのか
ギンターについては管理人さんと同意見です
当たり触りのない事を言っていると思います
ドルトムントは選手の性格を選んでいますし
移籍したメンバーではホフマンは起用法に不満を述べ、クバはトゥヘルが説明した移籍の理由を即座に否定しましたけど
最低限の主張をしたといった感じでしょう
いつどこでまた同じチームになるかわからない上司の批判をして得るものはありません
[ 2017/05/25 05:42 ] [ 編集 ]
ギンターと同じように選手たちもトゥヘルを認めている部分はあると思います。全く思っていない事は言わないでしょう。ただ良くない部分はあえて言わないだけです。ポカールが残ってるのだからチームは一つにならないと勝てないですしね。
[ 2017/05/25 07:05 ] [ 編集 ]
ギンターは賢いから、また巡り会うかも知れない監督の悪口なんて言わないでしょうな
香川ですら、モイやファンハールの事悪く言わんし
さすがに褒めはせんけど
岡崎が「自分が活躍出来るようになったのは、トゥヘルのお陰じゃない、彼のお陰と言われたくない」
って言っていたのは、ある意味レアだよね
[ 2017/05/25 07:27 ] [ 編集 ]
冷遇されたギンターが擁護するのは大人だからなのか、納得してるからなのか
なんにせよ去り際の綺麗なギンターには好感が持てます
こういう選手はどこにいっても応援したくなるものです

でも行かないで!
[ 2017/05/25 07:29 ] [ 編集 ]
対戦相手の戦術分析とトレーニングは素晴らしい(自分の選手への理解とキャラクター面が素晴らしいとは言っていない)。彼は必要なものを全て備えている(余分がないとは言っていない)

自軍の戦力を理解したサッカーで信頼を集める事が出来るのがトウヘルなら、可能性が見える度に自分で壊し続けたのもトゥヘル。この監督はもっと自分をコントロールしてチームを妥当なポイントに落とし込まないと、能力の持ち腐れになるね
[ 2017/05/25 08:31 ] [ 編集 ]
05/25 05:13
自分は何が真実かなんてわかりませんよ。
まあ、爆発事件後の試合日程に関して意見の相違があったってことは本人達のコメントとして出てるので、これは確かでしょうね。
ただ、その後の匿名の選手によると〜みたいな情報をそのまま信じられる程メディアを信用してないだけです。
ただでさえ本当か分からないのに「匿名の選手ってのはこの選手だろう」って自分の都合のいいように解釈してる人達を見ると、本気じゃないとしてもウンザリします。
[ 2017/05/25 12:12 ] [ 編集 ]
05/25 05:42さん
スカウティングが的確だからといって戦術が成功するわけではありませんよ。逆も然り。相手を知っているのと相手を倒すのは別物ですからね
あくまで手助けにすぎないのです。相手もそれらを見越して策を練ります
あと、中位下位に取りこぼしってのが、よく分かりません。
今のドルはそんなに完成されたチームではありませんよ。だから即ち取りこぼしは自惚れです。加えて終盤までポカール、CLとの掛け持ちでしたし、こんなもんでしょう。あのバイヤンでさえ全勝優勝できてないのですから
繰り返しになりますが、現場の声としてスカウティングとトレーニングメニューについては評価が高いです。現場の声として。
[ 2017/05/25 12:24 ] [ 編集 ]
12:24さん
現場の声ではなく個人的意見を述べているのですよ
貴方のように
[ 2017/05/26 04:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。