ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

大迫日本代表選出!ケルン地元紙「怪我しないと良いんだが・・!」《ドイツの反応》




エクスプレス



大迫!シリア戦とイラク戦で再び日本代表にノミネート!



entry_img_1685.jpg

彼のシーズンは、素晴らしいパフォーマンスの後で延長戦に突入だ!




スポンサーリンク



なぜなら大迫勇也は日本サッカー協会によって、7月7日と13日の代表戦にノミネートされたからだ。このストライカーは、まずフレンドリーマッチでシリアと対戦し、その後ワールドカップ予選でイラクに旅立つ。


2試合とも怪我しないと良いのだが。彼はこのまえの代表戦で膝を負傷して戻ってき、その後離脱する事になったのだ。そしてまた彼は代表選だ。


ブルーサムライとして2試合を戦った後で、やっと待ちに待った休暇がやって来る。



大迫はケルンに来てから最高のシーズンを過ごした。彼は7ゴールを決め、8アシストを決めている。アントニー・モデストとともに、素晴らしいストライカー・デュオを形成している。


シーズンの最終戦ではEL参加となる2点目を決めている。



日本代表のハリルホジッチ監督は:“ベストの状態にある選手は選出されるにふさわしい。”と述べていた。


そして大迫はもちろんその一人だ・・。







以上です。

この前の怪我ではやはり一時期調子を落としてしまいましたから、怪我を心配する気持ちは十分い理解できますね。

大迫選手もシーズンの活躍で、代表選での怪我を恐れられるような選手になったという事でしょう。

大迫選手の代表での活躍には期待しています!ただぜひとも怪我はしないでほしいですね。




[ 2017/05/25 21:22 ] 大迫 | TB(-) | CM(8)
一時離脱していたのにこの数字だからな
怪我がなければ10G10Aしてもおかしくない活躍ぶりだった
[ 2017/05/25 21:54 ] [ 編集 ]
代表戦は6月です。
[ 2017/05/25 22:52 ] [ 編集 ]
怪我してほしくないという気持ちはごもっともでわかるけど、
一方で愛する鹿島をわざわざ離れて海外にそれも2部のクラブ行きに挑戦したのは、
この代表選手に選ばれ活躍する為であり、この辺のすれ違い感が儚いですね。
また噂的にもそろそろ違うクラブに移籍しそうな話も出てます。より良いクラブに
ステップアップして欲しいです。
[ 2017/05/26 00:28 ] [ 編集 ]
 クラブサッカーを楽しんでいる側としては、代表で選手が怪我をするのが一番嫌ですね。全員が怪我なく終えてくれれば結果が悪くてもいいかな、と代表戦の度に私は思っています。
[ 2017/05/26 00:29 ] [ 編集 ]
やはり年俸を払うのはクラブですし、今シーズンのようなプレーぶりの後では余計に心配でしょうね。
中東の地ではピッチ環境の悪さや激しいプレーも予想されますし、大迫選手に限らず怪我なく乗り切ってほしいです。
[ 2017/05/26 00:52 ] [ 編集 ]
記事作成お疲れ様です
U-20の試合では小川君が大けがをしてしまいましたね・・・ スポーツでは怪我は切っても切れないものですがやはり怪我するのは見ている側としても辛い 今回の代表戦では誰もケガしないことを祈ります そしてもちろん勝利を!
あと久々に記事をいくつか拝見させてもらいました!変わらず興味深い内容で面白かったです(アンケもさせて頂きました)コメント数が多く承認制は大変と思いますので無理をなさらぬようしてください
[ 2017/05/26 01:56 ] [ 編集 ]
試合だで怪我よりょいテロや内戦にゃ巻き込まんないか心配でばに
何事もなく終えらぁ幸いでろん
大迫くんだけどん日本代表の皆様のご健闘とご無事を祈りしょぷ
あえて気持ちこめるため方言で書かせともらいました
[ 2017/05/26 14:18 ] [ 編集 ]
こういうことを現地サポから心配して貰えるようになったことが素晴らしい
吉田はセインツから香川もマンユから心配されてた時期があったが、案の定怪我したり体調悪くしてクラブに戻った記憶がある
日本代表は海外組を使いたいなら練習試合くらいせめて欧州でしてあげて欲しい、なぜJリーグ選手ばかり優遇されるのか
[ 2017/05/27 05:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。