ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ソクラティス:トゥヘルとの不仲を認める!移籍の可能性も!《ドイツの反応》



【Sport.de】

entry_img_1686.jpg



ボルシア・ドルトムントに関しての噂が尽きない。センターバックのソクラティスは、間接的にトーマス・トゥヘルとの不仲を認めた。


“あまり良くない状況下で、すぐにそうしたことが外に出てしまう事は良くないね。”と彼はWAZのインタビューに対して、チームと監督の関係が良くないと語っている。

スポンサーリンク


いずれにせよこのギリシア人は、まずはスポーツ面に集中したがっている。“決勝の後でもそれについて話をする時間はたくさんあるからね。”


状況は簡単ではないが、彼とチームメートは、“僕たちは、トレーニングでも一分一分集中してやる事で意見が一致しているよ。決勝に勝つつもりだ。もしそれが実現しなかったら、ほんとうにクソみたいなもんだね。”




ボルシアは、今度のフランクフルト戦で、決勝3連敗という苦い記録を終えたい所だ。



“今僕たちは、大きなチャンスを得たし、いい加減にタイトルを獲得しなければならない。”と彼は要求する。そして、“負けるのはいつもつらいよ。2回バイエルンに負けたし、1回ヴォルフスブルクに負けている。バイエルンに負けるのもつらいけど、それよりも弱いとみられているチームに負けたとなったら、落胆はさらに大きなものになるだろうね。”と続ける。


アイントラハトと比べてドルトムントは明らかな優勝候補だ。しかし彼は、“一試合しかないし、その差は紙の上で見るのと比べると、そんなに大きくないよ。”と警告する。


しかしソクラティスは、試合がPK戦までもつれ込むことはないと思っているようだ。彼は昨シーズンPKを外している。


さらにこのセンターバックは将来についてはまだ明らかにしていないようだ。彼の契約は2019年までとなっている。“33歳から34歳まではプレーしたい。でもそれがここになるのか、別なチームになるのかはまだ考えていないよ。”


それは、BVB幹部が、タイトル獲得のために今後も力強いチームを一つにできるかどうかにかかっている。“タイトルこそが僕にかけているものだ。若い選手には時間があるけど、僕はもうそんなに若くないしね。僕は絶対にタイトルを獲得したいんだ。”とソクラティスは語る。







以上です。

このメディアは、ソクラティスのセリフが不仲説を認めたことだと解釈していましたが、元のインタビュー記事ではこうなっています。

質問:監督とチームとの仲が良くないようですね?

ソクラティス:(長い間考えて)あまり良くない状況下で、すぐにそうしたことが外に出てしまう事は良くないね。

となっています。すぐに否定しなかった事を含めて間接的に認めたと解釈したのだろうと思います。

他には、ソクラティスの移籍の示唆に関するコメントに注目したメディアが多かったですね。

とにかく絶対にタイトル獲得してほしいですね。




[ 2017/05/26 06:50 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(33)
<ちょっとネガティブな出来事があったとしても、ソレがすぐ外に漏れてしまう状況はよくない> 
単にそういう意味にも取れる話です。  とにかく視てる僕らもタイトルに飢えております。なんとしてでも勝っていただきたい。 頼むぞパパ”
[ 2017/05/26 07:30 ] [ 編集 ]
今年こそポカール取りたいですよね。何回も逃してるのでこれで負けたら脱力感が半端ないと思います。それにタイトルを取ってる選手は今や少数派になってるのでパパらにも取らせて上げたい。
[ 2017/05/26 08:13 ] [ 編集 ]
トゥヘルの人間性やコミュニケーションに問題が有ったのは間違いないでしょう。だからフロントまで敢えてマスコミに匂わせて選手の側に立つことをはっきりさせたと思ってます。
でも、今はとにかく一丸となってタイトル奪取するときで、こんなごたごたでメンタルにいらない負担はかけたくありませんね。
そしてカップを掲げた時、選手、ファン皆が心から喜んで良いチームだったと、良い監督だったと思って胴上げして欲しいです。トゥヘルは去るでしょうが、人生を振り返った時にお互いの心に「いろいろ有ったけど、良い思い出だな」というのであって欲しい。

日本代表発表されましたが、ちょうど1年前の6月と比べてブンデス組は4人も減ってしまいましたね。来期はまた活躍して欲しいですね。
[ 2017/05/26 08:39 ] [ 編集 ]
そういえば2連覇した頃のBVBにはいなかったんだっけ?タイトルへの想いが強いわけだね
[ 2017/05/26 08:47 ] [ 編集 ]
タイトルが欲しい、(僕たちは)そしてそれを目指す情熱を共有している・・至極当然の事ですよね。
フンメルス筆頭に、恒例行事である主力流失の原因はその辺にも有る気がします。
ルーキーならばいざ知らず、彼らの様に祖国の代表であり、大金を稼ぐアスリートに重要なモノはモチベーションですよね。ジュニアクラブに関係していますが、子供達の目標は第一段階として先ずは地区勝ち抜けですが、当然目指すは全国制覇です。
クラブ首脳や株主は銭勘定は当然だと思いますが、選手達の情熱に水をかける様な言動は慎むべきであり、表に出すべき事じゃあない。ましてや監督が冷めた発言を繰り返してはいけません。
常にアスリート側に立ち位置を置くべきであり、リスペクトもするべきです。
その意味からすれば、トゥヘルと選手間の溝は深いかも・・。弱小クラブならば、第一に残留して黒字を確保するのは、監督にとっても大切な目標です。ドルトムントは零細クラブですか?
クラブ首脳・監督・選手・サポが一丸となって目標を共有すべき時だと思います。
株式上場したのが、間違いかもね〜。
[ 2017/05/26 08:49 ] [ 編集 ]
最近ネガティブな記事多いな。今夏の主力放出は最低でもオバメヤンだけにして欲しいよ。フロントはそろそろ本気でリーグタイトル狙っていく姿勢見せないとこの状況は何も変わらないぞ。
[ 2017/05/26 09:06 ] [ 編集 ]
(長い間考えて)←が良く似合いますねソクラティスは。
カンテ(カント)も似合いますね。
[ 2017/05/26 09:19 ] [ 編集 ]
どちらにせよネガティブな出来事があった事を否定してないわけでしょ。練習中及びチーム内で起こっている事を目撃したチーム内外からのリーク等もあったのでは?
[ 2017/05/26 09:32 ] [ 編集 ]
ついに来たかと胸を膨らませましたがいつもの記者によるでっち上げ推測ですか
香川選手に関する記事でもタイトルと中身が一致してない記事出ますよね
いつもの事ですが信憑性に欠ける記事を書くのも仕事なのでしょう
[ 2017/05/26 09:35 ] [ 編集 ]
大好きなパパまで居なくなったら悲しいなぁ
う~んせめて香川がいる間だけでも何とか残留して欲しいです。
[ 2017/05/26 10:05 ] [ 編集 ]
最近のパパは手綱が外れた馬のように前線に仕掛けるようになったけど
トゥヘルにOKを貰ってるのか気になるところですよね。
もし監督と選手間でも監督と幹部の煽りを受けてバラバラになってるなら悲しいぞ。
[ 2017/05/26 10:08 ] [ 編集 ]
トゥヘルがチームとうまくいってないという報道が散々なされていて、ソクラティスもそのことを把握している中で、
「監督とチームとの仲が良くないようですね?」との質問に、否定でなく、肯定寄りの回答をしてしまったのですから、解釈としては自然だと思います。
むしろ、この発言からトゥヘルとチームの関係に問題はないと解釈する方が非合理です。
さて、ソクラティスが言う「タイトル」がどういう意味なのか、リーグでも狙うのが当然という趣旨であれば、いまのドルトムントの上層部とは意見を異にするということになりますが……
[ 2017/05/26 10:38 ] [ 編集 ]
すぐに否定しなかったという時点でなんともはやですね…
答えるまでの間は言い手聞き手で言い分も違うと思いますが。
[ 2017/05/26 10:44 ] [ 編集 ]
 なんとくなくですが、対立の中心にいるのはパパではないような気がします。どう答えたものかと思案しただけ? 選手達と監督の不仲説を否定しなかった。というのがこのインタビューのポイントですかね。
[ 2017/05/26 10:46 ] [ 編集 ]
逆に考えれば、トゥヘルが選手から好かれ尊敬される監督であるならば、はなからこんな話になっていないでしょう。
もっと言えば、トゥヘルが選手にも好かれる監督ならば、この問題が出てきた時に誰からと言わなくとも、監督擁護のコメントが沸いてくるはずなのでは?(好意的コメントは発言しやすいですからね。)

それも出ない。出ても「【戦術面では】優秀な監督」みないな括弧書き付きコメントだけですからね~。 もう答えは出てるんですよ。
[ 2017/05/26 11:15 ] [ 編集 ]
>(長い間考えて)あまり良くない状況下で
質問の答えがこれなら監督と選手の不仲説を完全に認めてますね
[ 2017/05/26 11:17 ] [ 編集 ]


一連の報道が根も葉もない話なら、これが仮にクロップ監督の場合、選手側から確実に擁護の声が入るはず。
低迷したラストシーズンでさえ、信頼のコメントが聞かれた。
現在の成績で誰一人として声を上げていないということは、選手との関係が決して良いとは言えないのだろう。
そしてこういった信頼というのは、やはり監督自身がタイトルを獲得して箔を付けなければ、選手たちから一目置かれる存在にはなれないのだろう。
前任者(クロップ)だけでなく、モウリーニョやグアルディオラとの決定的な差はそこだ。
「タイトルを取らせた実績があるかどうか」
ポカール決勝後が注目だね。
[ 2017/05/26 11:40 ] [ 編集 ]
チーム仲はそんなに良くないのはそうなんだろうが、それが外に出て話題になることは選手も望んでないんでしょう。やるならシーズン終わってからにすれば良いのに。ファンもメディアも匿名の情報で騒ぎすぎなんですよ。ポカール終わって情報が出てきてから騒ぎなさいよと思います。
[ 2017/05/26 11:41 ] [ 編集 ]
真実は僕らには分からないですしね。
最終節後、ピッチで称え合う選手とフロント、コーチ陣の動画を見ましたが
満面の笑みで選手をハグするトゥヘルが印象的でした。
穿った見方と思われるかもしれませんが
選手から監督へ向かう姿はなく
笑顔で動き回るトゥヘルの印象が強く残っています。
どうしても気になってしまうのはファンの性ですが選手たちには決勝に集中してほしいですね。
[ 2017/05/26 11:43 ] [ 編集 ]
この時期は何があろとなかろと、ざわつきますね
あー、なんていうか
あとはソクラティス、バイヤンに移籍決定!まで公表されれば言うことなしですね
冗談はさておき、久しぶりのタイトルが待ち遠しいですね
[ 2017/05/26 12:07 ] [ 編集 ]
完全に選手の個人任せというか、ただただ野原に放っぽり出しているようにしか見えなかったんだよね。
多国籍軍だし、それぞれのプレービジョンもちぐはぐだから、そりゃチームがまとまるわけ無い。
監督がしっかり方向性を定めてやらないと、選手たちの戸惑いが見ていて痛々しいほどだったよ。
エディー・ジョーンズ氏の「自由と規律は、常に衝突します。このとき指導者に必要なのは、適切な『フレームワーク』を設定する能力です」 という言葉をトゥヘルに送りたい。
[ 2017/05/26 12:35 ] [ 編集 ]
やはり選手はプロでしたね。

2位や3位では納得できないのも無理はないでしょうね。弱小チームならいざ知らず、優勝を狙えるだけの要素を持った選手が揃っているのですから尚更だと思います。

CL出場、リーグ3位くらいではダメだと選手達は考えているようですね。
全くもって高い志は立派だと思います。
そこで、一つの疑問が湧きました、「志に見合うだけのチャレンジをチームはしていたのだろうか」という疑問です。

たしかに、チームは多くのチャレンジを試みてはいたと感じます。選手起用であったり戦術であったりと試行錯誤を繰り返しながら様々なものに取り組んではいました。

しかし、試みるだけであって上手く行かなかった点を改善するチームの姿が全く見られなかったコトが残念でした。
最たる例がディフェンス面です。1年以上も前からボランチ以下の守備の連携を不安視する声は多々ありましたが一向に変化は見られませんでした。
人の組合せを代えるだけであってチームとしての守備をどう構築するのかといった点が先伸ばしにされていたと思います。

出来ないのか、解らないのか、外から見ているとそんな気にさせられました。それは、近くにいる選手達が一番敏感に感じたコトなんじゃないでしょうか。

CLやバイエルン戦など、時には5バックを導入するような人海戦術では組織として成立していなければ烏合の衆と全く変わらないコトだと感じました。
ただ、人が居るだけ、というような守備を何度見せられたコトでしょうか。

これでは選手も自信が持てない。自らを奮い起たせてもその成果を感じられなければ何の意味も成さないコトになりますものね。負のスパイラル、これだけは絶対に避けたい筈です。

その被害者に一番近かったのがギンターさんではないでしょうか。
練習はするが自信が持てない。
おそらく、似たような事をトゥヘルも内心感じていたんじゃないでしょうか。それが自らの落ち着きを無くす一原因になっているであろう事も。

勝ちはするが自信が持てない。自信の無さがチームへ伝染する。

上手く行かない要因の一つとして、強い相手にチャレンジをしてこなかった累積が不安不信を払拭できない、成果を感じられない不毛の原因になるのではないかと云うことです。

それを振り払う為にもポカール決勝は是非とも勝って成果を感じて欲しいですね。

長文失礼しました。
[ 2017/05/26 12:37 ] [ 編集 ]
肯定も否定もしてないような気が…
[ 2017/05/26 13:38 ] [ 編集 ]
移籍の可能性がない選手いないの?
[ 2017/05/26 15:25 ] [ 編集 ]
こういう質問はイエスかノーかハッキリさせないとまずいですね しかも日本と違ってよりハッキリさせたがる海外ですし
とりあえず書いてあるようにポカールにキッチリ望んで、優勝してタイトルとってほしいですね
[ 2017/05/26 16:13 ] [ 編集 ]
肯定も否定も出来ないのが当然ではないですか
あれだけ選手の数が居て誰一人不満を持たない事なんかあり得ないでしょう
クロップやファーガソンにだって不満を持つ選手は居た訳ですから

こういう記事は注目を浴びるから書きたくなるメディアは仕方ないでしょうけど
これなら移籍の話のほうが面白いです
[ 2017/05/26 17:03 ] [ 編集 ]
ドルトムントは上場している株式会社だからそれなりの成績の監督を理由もなく解任とかやりにくい
ヴァツケとかの発言はその外堀埋めでしょ
[ 2017/05/26 18:09 ] [ 編集 ]
「誰一人不満」ではなく、「誰一人として擁護が出ない」ことがキーなのですよ。
おそらく選手たち同士の間では、不満を共有し合ってきたことはもう間違いないのでしょうね。


[ 2017/05/26 18:22 ] [ 編集 ]
自分も経験あるけど、共通の敵(上司)がいると、下は結束が強くなるよね。
[ 2017/05/26 21:15 ] [ 編集 ]
香川絡みでクロップやらファーガソンを挙げる人がいるが、彼らは選手に不平不満を持たれようがチャンピオンを獲るスペシャルな監督だった事を忘れてはならない
ドルトムントというよりトゥヘルが好きな人は一度その点について考えてみるべきだよ
特にファーガソンはCL優勝まで果たしてるんだから、無冠でこれからの監督であるトゥヘルを擁護するため一緒くたにするのはフェアじゃない上に先人達へのリスペクトを欠いてるとしか云えないね
[ 2017/05/27 05:18 ] [ 編集 ]
フンメルスに続いてソクラティス。堪忍袋の尾が切れたんですよね。
ただでさえ最終ラインを上げっぱなしなのに、両サイドをさらに上げる異常な状態。
フンメルスのいた昨シーズンはそれでもまだ2バック(公称4バック)でしたが、今は1バック(公称3バック)です。
それでいて中盤は組織でボールを保持せず、ドリブルからのロスト三昧。ボランチ(アンカー)は一人。
ただでさえ守備がきついのに、最終ラインでボールを回して前線に供給。
CBにとっては毎試合罰ゲーム。まともなプレーなどできません。
[ 2017/05/27 09:08 ] [ 編集 ]
質問:監督とチームとの仲が良くないようですね?
ソクラティス:(監督とチームとの仲が)あまり良くない状況下で、すぐにそうしたこと(=監督とチームとの仲が良くないこと)が外に出てしまう事は良くないね。

補うとこうですかね。何を指しているかはネイティヴで彼の性格や心境が分かっている人じゃないと正確には理解できないけど、そういう発言がどう受け取られるかは本人は分かっているはずだから、こういう完全肯定という解釈も十分に成り立つかなぁ。
[ 2017/05/27 12:31 ] [ 編集 ]
パパが最近ドリブルで突進するのをよく見るのはストレスからなのかボールロストしまくる若手中盤に対する物なのか。
[ 2017/05/27 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。