ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「ハンブルガー・キャプテン酒井が泣いたわけ!」ドイツ紙《ドイツの反応》




モルゲンポスト

ハンブルガー・キャプテン酒井! だから僕は泣いたんだ


entry_img_1688.jpg


この写真も人々の頭のなかに残る事となるだろう。チームの世話係、マリオ・モーザの腕の中で涙を流すハンブルガー・キャプテンの酒井高徳だ。


終了のホイッスルとともに、この日本人のすべてのダムが崩壊したのだ。

“僕にはもう泣くことしかできませんでした。”とこの26歳は語る。なぜなら彼にかけられたプレッシャーから解放されたからだ。

スポンサーリンク




酒井、そして彼の涙。


このキャプテンはこう説明する。


全ては11月に始まった:今度はあんまりドイツ語が話せない日本人がキャプテンだ。いったいどうして良くなるだろうか?うまくいくかね?僕は本当にプレッシャーがありました。だから喜ぶ代わりにただ泣くことしかできませんでした。


ヴォルフスブルク戦で酒井は、もう一度、どうしてギズドル監督が彼をキャプテンに選んだかを示した。彼にとって試合は良い流れではなかったが、彼は歯を食いしばり、2:1につながる決定的なダイアゴナルパスを出したのだ。


“もしかしたらうまく行かないかもしれない、と思う時間帯がありました。でも僕は自分に言ったんです。もしキャプテンとして僕がそれを信じなかったら、他に誰が信じるんだろう、と。”


そのようにして、自ら最も悪かった選手だったと語るこのキャプテンは突き進んだ。そして最終的には、肩の荷を下ろし、“決して良い試合ではなかったです。でもそんなのはクソどうでも良いです。本当に僕らが耐えなければならなかったことは信じられないぐらいでした。でも今はやりました。”と語る。



酒井にとってはこれ以上素晴らしい最後は想像できなかっただろう。



彼はこれから代表戦に出場する。非常に良い気分で。残留を成功させたのだ。酒井のキャプテンマークと共に。








以上になります。

酒井選手の記事はまだ紹介できていませんでしたので、ちょっと日にちが経ちましたが、紹介しました。残留争いをしているとはいえ、ハンブルクはやはり名門ですし、その歴史の中にキャプテンとして名を刻んだのは、本当に素晴らしいと思います。

来シーズンも頑張ってチームを引っ張ってほしいですね。



【おまけ今日のドイツ】

201705270549034f2.jpg
塩選びは大切です。
そう言えば、今日スーパーを精肉コーナーでWagyu(和牛)が売られていました。
ドイツで和牛はブランドです。
[ 2017/05/27 05:50 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(14)
もしかしたらクラブ史上初降格時のキャプテンになるかもしれなかったんだもんな。そらとんでもない重圧だわ。
結果奇跡的な残留に導いたキャプテンになったわけだけども、ここ数年で16位も何度かあるからあんま関係ないかなw
こっから中堅強豪へ返り咲かせたキャプテンになってほしいなあ。
[ 2017/05/27 06:50 ] [ 編集 ]
くそかっこいい
[ 2017/05/27 06:55 ] [ 編集 ]
高徳の涙にはグッときましたよ。
ハンブルクのキャプテン、しかもあの年齢で。
凄い事なのに日本のメディアはあんまり報じてくれないなぁ…。
今季はマルセイユの宏樹も良かったし、いよいよW酒井時代の到来ですかね!
[ 2017/05/27 07:08 ] [ 編集 ]
歯食いしばって頑張ってんやね。おめでとうと陰ながら静かに祝福するよ
[ 2017/05/27 07:58 ] [ 編集 ]
大きなプレッシャーの中、チームを立て直したのは自信になりますね。

代表でも頑張って欲しいです。
[ 2017/05/27 08:30 ] [ 編集 ]
キャプテン酒井選手誇りに思います。残留できて本当によかった。
[ 2017/05/27 09:35 ] [ 編集 ]
管理人さん、酒井高徳の記事ありがとうございます。
キャプテンに決まった時は誇らしい気持ちの反面、降格の責任を負わせるスケープゴートになり兼ねないという危惧がありましたが、見事なキャプテンシーで残留を勝ち取りましたね。

「キャプテンとして僕が信じなかったら、他に誰が信じるんだ…」

映画みたいなセリフ、カッコよすぎますね。

創設以来唯一降格したことがないチームの絶対絶命の状況で、日本人がキャプテンを引き受ける。。。
そのプレッシャーは本当に凄まじいものだったと思います。あの万感の涙の重さ、本当に感動したし、労いの気持ちでいっぱいです。
代表、そして来季も、モチベーション高く頑張ってほしいです。

このほか今季のブンデス日本勢、大迫や香川の活躍、内田の復活、嬉しかったです。最後、香川にポカール優勝で締めくくってもらいたいですね。長谷部もどうやら帯同するみたいですが、申し訳ないけどドルトムントが勝つことを願ってます。
試合後はまた、色々なドラマがありそうですね…
[ 2017/05/27 11:25 ] [ 編集 ]
ソースもよくわからない、不気味な日本アゲ海外の反応ブログが多い中、非常に優れたブログだと思います。
これからも頑張ってください。
[ 2017/05/27 12:15 ] [ 編集 ]
酒井はホント今期は日本人選手の中でもトップクラスに厳しい環境に居たんじゃないかなあ その中で残留って結果残したのはマジ凄い もう一人の酒井もマルセイユで活躍してるしW酒井躍進の年だった

wagyuブランドかあ どこの肉なんでしょう、神戸とか?こういうおまけは読んでて楽しいw 海外の食べ物はすごく興味あります 塩はカップみたいな容器になんですねえ・・・ 日本だと袋詰めが多いような
[ 2017/05/27 12:26 ] [ 編集 ]
酒井って家庭ではドイツ語使ってたって言ってたような気がしたから話せるもんかと思ってた
wagyuってブランド名はオーストラリア人も使ってるから注意が必要。種馬だけ日本の牛。味は結局好みだけどね
[ 2017/05/27 13:21 ] [ 編集 ]
ゴートクよかったですね。ドキドキしてて実はドル戦よりこっちを最初にみてました。
ただ、点取られて、あ、と思い試合速報をみつつ、ドル戦に替えて試合後にゴートクに戻って
このシーンが見られたのですが、ほっとしました。

ドイツ語が~とか言われてますが、ゴートクはドイツに行く前にそういや
お母さんに怒られたんでしたっけ?だからドイツ語やっておけば、とか
言われてたのを思い出しました。
[ 2017/05/27 14:18 ] [ 編集 ]
カリー・ヴルストって美味しいんでしょうか?
[ 2017/05/27 14:23 ] [ 編集 ]
キャプテンになった後の成績は7位とかでしょ?よく頑張った
[ 2017/05/27 18:26 ] [ 編集 ]
W酒井がいい感じに充実してるね
[ 2017/05/27 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。