ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川ポカール優勝!!ドイツ紙寸評まとめ②高評価も!!《ドイツの反応》


entry_img_1692.jpg


ビルト】


ビュルキ 3

このスイス人が試される場面はあまりなかった。しかしミスもなかった。失点場面は仕方なし。



バルトラ 3
バス襲撃事件後2試合目。バルトラは守備では冷静でミスもなかった。しかし前線へのパスは良くなかった。



ソクラティス 4
ドルトムントのギリシア人のスライディングはいつものようにすべてを片付けていたが、一度大きなミスをした。1:1の前は不要にボールを失った。



シュメルツァー 4
このキャプテンテンは筋肉の問題から、ぎりぎりで戻ってきた。しかし彼にまだ力がないことは明らかだった。前半で交代。


スポンサーリンク



ピスチェク 3
いつものように右サイドでしっかりしたプレー。素晴らしいパスでデンベレーのゴールをアシスト。対戦相手には行きつく暇も与えなかった。



ゲレイロ 3
前半はまったく試合に入っていなかった。交換からは左サイドバックとなり、攻撃でもより勢いを見せた。



香川 2
ドルトムントの攻撃の戦略家は、何度も試合を前に運ぼうと努力していた。そして多くの危険な場面に関わっている。香川にとって2012年以降すでに2度目のポカール優勝だ。



デンベレー 2
ドルトムント最高の選手!先制点の場面ではヴァジェホを出し抜いた。さらに後半もドリブルで相手守備陣をフラフラにした。トゥヘルは彼にお礼を言わなければならない。



ロイス 4
彼はまたしても決勝に運がない男となった。33分のガチノヴィッチとの接触の後、彼は足を引きずりながら休憩に。しかし彼はそのままプレーする事はなかった。しかし、その慰めとしてようやくタイトルを獲得



オバメヤン 2
オバは64分にわたって消えていた。そして3分間の間に見せ場が。回転キックをはなつもファビアンにライン上でクリアされた。その後彼のループPKがBVBを優勝に導いたのだ。典型的なオバメヤン。



カストロ 3
シュメルツァーに変わって出場。彼が加わって中盤は明らかに統率がとれた。



プリシチ 2
このアメリカ人のサイドアタッカーは、まるでロケットのようにプレーした。決定的となるPKを獲得。彼の素早いドリブルは常に相手の脅威になっていた。


20170528191854945.jpg


Sportbuzzer】

ビュルキ 3

ピスチェク 2

ソクラティス 3

ギンター 3

バルトラ 3

ゲレイロ 3

香川 4

香川は中盤で試合を作り上げなければならなかったが、多くの時間帯で消えていた。

シュメルツァー 4

ロイス 3

デンベレー 2

オバメヤン 2

カストロ 2

プリシチ 2






【RAN】

ビュルキ 3

ピスチェク 4

ソクラティス 4

バルトラ 3

シュメルツァー 4

ギンター 3

ゲレイロ 4

デンベレー 2

香川 2

力強いスタートを見せ、深い位置への素晴らしいパスでフランクフルトの守備を細かくバラバラにした。この日本人はさらに汚れ仕事もこなし、このようにしてセフェロヴィッチへと送られた縦パスを自陣Pエリア付近でスライディングで止めている。非常の良く、視野の広いボール捌きができる選手。後半はラデツキーの前に姿を現したが、ボールの扱いがうまく行かなかった。


ロイス 2

オバメヤン 3

プリシチ 2

カストロ 3






南ドイツ新聞】寸評のみ

前半は何度も繊細なパスを見せた。そして彼がフランクフルトのカウンターを対して素晴らしいスライディングで止めた場面では拍手が起こったが、それにふさわしい。その後は目立たなくなってしまったが、それは別に会場の煙のせいではない。後半にはもう少しで2:1となるシュートを放ったが、もう少しで止められてしまった。その後ワン・ツーのパスを前線に向けて成功させている。




ルーアナッハリヒテン】
※香川選手の採点は5でしたが、3.5になっていました。ファンとの採点に開きがあり過ぎたためでしょうか・・・。(管理人)

香川真司 3.5
この素晴らしいドリブラーは、ここの所素晴らしい状態だった。しかし彼はポカール決勝でこの状態を証明することができなかった。この日本人は自陣にこもり過ぎて、先制点の後で、BVBの攻撃が機能停止する原因を作った。後半からはいくらか存在感を発揮し、Pエリア内に入る場面も見られた。



2017052819224835f.jpg







以上です。

最近テレビのスカイでローター・マテウスとメッツェルダーが実況の合間に、時々解説を言うようになりました。だいたい前半に1回ずつ、30秒ぐらいしゃべるだけなんですが、マテウスは攻撃の選手を中心に試合を見て、守備はメッツェルダーが担当しています。

キッカーも数人で採点していますが、そもそも一人で全員をまんべんなく見ることは難しいのでしょうね。最近良く感じます。

やはりポカールという事もあり普段採点をしないメディアも寸評を載せたりしています。せっかく優勝した試合ですから、見つかればまた紹介します。



本来は3.5だったが、手違いで「3」だけが消えて「5」だけ表示されていた。 だから記載では3が抜けて5だけが表示されていたけど気づいて修正ということじゃないか
そう思いたい。・・ ただ、それでも評価がちょっと低いなと思ってしまう。 良くて2.5ぐらいは欲しいかな。

ルーアは本当に最低。なんでこんなアンチなんだろうか・・・
[ 2017/05/28 21:21 ] [ 編集 ]
地元紙ルーアはとにかく香川は攻撃のタクトを振って狭いエリアで決定的な仕事をする事でしか香川を評価しない事は、解りました。ボランチだろうがシャドーだろうが同じ感覚での採点です。

ビルトやRANはきちんと見てくれていますね。

今シーズンも終わりました。管理人さんありがとうございました。今シーズンもいろいろと有りましたね…でも終わった時に一つでもタイトルが有ると、気分は最高ですね!
昨シーズンは過去最高の勝ち点を獲得しての2位でしたが、正直2位も3位も私には同じです。まあ、4位以下は言語道断ですが…

この先もまた、移籍話、監督交代等、宜しくお願いします。
[ 2017/05/28 22:00 ] [ 編集 ]
なるほど、ルーアは中盤の機能不全を香川が原因だと断じていたのか
それなら5も納得できるよ 事実無根であることだけを除けば

"典型的なオバメヤン"は笑った その通りだね
[ 2017/05/28 22:17 ] [ 編集 ]
香川が消えていたという記者はアタッキングサードしか見ていない人かも知れませんね。笑
昨日のあの試合、香川が前線に顔を出し続けていたらどうなっていたかを知るべきです。ギンター1人に中盤の守備を任せてよかったんだな?と。採点の良い悪いは別にしても、「消えていた」なんて書けるメディアには少し驚きですね。
[ 2017/05/28 22:18 ] [ 編集 ]
ルーア…
採点訂正するくらいなら
貫き通せよ
さて香川の去就ついて
個人的意見だと
夢だったバルサ以外なら
ドルトムントで残留で良いと思う
[ 2017/05/28 22:38 ] [ 編集 ]
おお、マッツから祝福があるとは。
うれしいねえ。

こういうめでたい日は、ビルトのテキトー採点がちょうどいい(低い人はまあ仕方ないかんじだよね)。
さあパレードだあ!
[ 2017/05/28 22:46 ] [ 編集 ]
香川選手はドルト第一期で「攻撃の香川」のイメージを強烈に残し過ぎた為に損をしているのだと思います。

一年目はFWとしてツートップの一角。ひたすら裏に抜けるか、仕掛けてシュート打っていれば良かったから半季で12ゴールもたたき出したわけだけど、反面アシストは2しかなかった。二年目でトップ下固定スタメン、17G14A、周りを活かすプレースタイルに進化した。

プレミア移籍後はトップ下固定だった事がない。監督によってツートップ、シャドー、二列目3ヵ所、ボランチ、アンカー、ウィング、様々なポジションで出ている。システムも442、4411、4141、442D、433、4321、4123、4231、4222、343、352、523と様々。その中での役回りもポゼッションから守備、パス出しから裏抜けからポストプレーと様々。その中で6/6、0/4、6/8、13/13、6/8とモイーズ季以外は結果を残している。本職ポジと役割で試合にコンスタントに出ればGAがつき、サポートに回ればつかない。それだけの事なんだけどね。ギュンドアンだってゴールやアシストは少なかったし、ヴァイグルはひたすら配球やってて攻撃参加しなくても低評価になることは無い。なのに守備的MFで出ていい試合をしてるのに低評価がつくのは「攻撃の香川補正」が5年経っても消えないから。


[ 2017/05/28 23:27 ] [ 編集 ]
ロイス重傷説ってマジなんでしょうか...
[ 2017/05/29 00:51 ] [ 編集 ]
ポカール優勝してドルトムントがタイトル獲得できて嬉しいんですよ嬉しいんですが
各紙の評価の分け目が香川に課せられた役目が理解できたかできてないかの違いじゃないですかこれは あとルーアはいつまでも昔の香川しか見てないし トゥヘルはシャヒンをベンチ外にするしシュメルツァーは不満を言うしロイスは怪我するし
なんか微妙な気持ちになりましたね
来季は頼みますよ本当に
[ 2017/05/29 01:17 ] [ 編集 ]
優勝は嬉しいけど2012を思い出すと悲しくなる、特にフィニッシュの部分の錆びつきが辛い
サヒンが干されたこともあるけどやっぱり低い位置を経験し続けたことが原因だと思う、正直いえば何処となくモヤモヤした感じだった
ロイスやオバメは初タイトルおめでとう!
[ 2017/05/29 01:19 ] [ 編集 ]
ルーアナハリヒテンの採点は、電子版のみの表記ミスで元々3.5だったと言ってる人もいますが、実際どうなのでしょう。寸評を読む限りでは、香川のポジションがボランチだと理解せず、個人的な消極性で下がっていたかのように誤解しているように見受けられます。他紙も含めて、評価の分かれ目は案外こんな点にあるのかもしれませんね。
[ 2017/05/29 06:09 ] [ 編集 ]
この一試合でフィニッシュのサビつきも何もないと思いますけどね。試合によってコンディションもありますし。現地観戦の方がネットに動画をあげていましたけど、香川は決勝戦で腰を痛めていたようですよ。
[ 2017/05/29 06:57 ] [ 編集 ]
メディアもファンも2012の頃の香川にとらわれすぎている人は物足りないんじゃないですか。ポジションが違ってるとか関係ない、それだけ強烈なイメージがついている。香川自身も過去の自分との葛藤がドルに戻って来てからもあっただろうね。しかし今季はあの頃のキレを取り戻しながらもより成長した香川を見られたと思う。香川も28才、いつまでも同じスタイルではいられないですよ。
[ 2017/05/29 07:15 ] [ 編集 ]
その錆び付いた選手は今シーズンはコンスタントに試合に出れたわけでもなくポジションも2012とは違い色々やっていたのにも関わらず得点率アシスト率共に良い数字叩き出してるんですが。
[ 2017/05/29 08:01 ] [ 編集 ]
香川の得点能力が錆び付いたと複数記事に書き込む人は、そう印象付けたいんでしょうね。
一試合のたった1、2度の決定機を外したからって大騒ぎしすぎです。
FWはもっと外すことが多いですけど。
そこは無視ですか。
でもポジション的にチャンスが多いから結果的にゴールしているわけで。
本職が、とか得点で評価されてきたとかは関係ないです。
もし普段DMの選手がFWで起用されて得点機を外していても、本職はDMだから仕方ないねとなるんでしょうか。
そんな訳ありません。
同じことです。
スポーツはゲームのように単純ではなく、戦術や相手、タスクに左右される繊細なものです。
どういう意図があるにしろ、こういった話は悲しいですね。
[ 2017/05/29 09:41 ] [ 編集 ]
香川がアシストし損ねた場面で、複数の味方がファーにしか走り込めなかったのが残念。
クロップ時代なら味方は必ず相手DFを挟むようにして入ってくれましたからね。
今季はロイスやオ−バメヤンにもこういうシーン結構ありましたね。
そういう意味ではトゥヘル監督よりファブレ監督のサッカーの方がやりやすいでしょう。
香川自身の去就はまだはっきりしませんけどね。
[ 2017/05/29 09:47 ] [ 編集 ]
ファブレが監督になったとしてMGのシステムならトップ下はないしニースだと序盤からしばらく3バックだったし
今のBVBでトップ下専門の選手は香川しかいないので監督が何を優先させるかですね
守備的なCMFも出来ない訳ではないですけど生きる生きないで言えば前者でしょうし
[ 2017/05/29 15:01 ] [ 編集 ]
香川が苦しい事が多かったけれど1番成長したシーズンだったと話している記事を読みました。錆びついているかどうかは本人が一番よくわかっているのでは。
腰を痛めちゃったんですか?めっちゃ当たられてましたもんね。まだ代表もありますし、テレビや取材もあるのだろうけどしっかり休んで悪い所を治してドルトムントか新天地か?どこにいってもまた厳しい競争がある訳で。ハラハラしながら応援します。
[ 2017/05/29 15:08 ] [ 編集 ]
管理人様、トピックが違いますが、パレードで香川がバイエルンを揶揄した替え歌?を歌っていたので、お暇があれば翻訳していただけますか?
[ 2017/05/29 15:51 ] [ 編集 ]
錆びつきにやたら噛み付く人がいますが得点を取るのは主にフォワードの役割だしIHやらアンカーさせられて成長してる、チームのために仕方ないと割り切るならそもそも得点感覚が錆びついていたとしても構わないと思うんですが?
例えばグリーズマンやらロイスがビルドアップやらリンクマンをこなしてくれて
、それにファンが満足するなら得点までも求めなくてもいいはずですしね
結局のところ今の香川褒める余り以前の香川を甘く見ているんでしょうがそれもどうかと思いますよ、一人の人間がそんなに何個も出来ることは少ないんですし、繋ぎやら組み立てが上手くなるなら得点感覚が失われることも当然ではないでしょうか?イチドルトムントサポーターやら代表サポーターならリンクマン扱いでも良いんでしょうが、私は以前の香川路線で鍛え上げればグリーズマンレベルで得点を取れると思いますし、させてくれる監督がいるチームに行くべきだとも考えます、連覇時のイメージはずっと付き纏うんですからそれを超えるべきです
そしていつかCLの舞台でドルトムントと相見えるのも悪くはないなとも
[ 2017/05/30 03:25 ] [ 編集 ]
例えばモナコ戦を見ても得点力が錆び付いたとは思いませんけどね。1回のチャンスを常に決め切れる選手なんていませんし、ドルの前線の選手たちも外しまくってますよ。それからたとえトップ下やシャドーで起用すると監督及びチームに言われて移籍しても、シーズン中に戦術が変わったりチーム事情で変わってしまう事もザラにあるんですよ。その都度移籍するんですか?それこそ結果が出ないでしょう。トップ下やシャドーのない戦術を起用しポリバレントな選手を求めるチームも急速に増えてきています。何より香川本人がどうしたいのか決める事でしょう。以前はイニエスタ、シーズン前のインタビューでヴェラッティが好きだと言ってましたので、香川はCMFやIHをやりたいと思いますけどね。
[ 2017/05/30 05:28 ] [ 編集 ]
噛み付くも何も結果が出てます錆び付いて無いっていう決定率が。
根拠も無く何を語ってるのか意味が分かりません。
もう一つ、ファブレは中央でオフェンシブミッドフィルダーを使いますよ。3バックでも4バックでもほとんど使います。セカンドトップなのかは分からないけどストライカーの後ろに一人置く事が多いです。
[ 2017/05/30 12:54 ] [ 編集 ]
上の人も言っているように「錆びついている」って言うなら根拠がいると思いますよ
「錆びついた」ってのは得点数が減ってることを言いたいのだとは思いますがチームでの役割が違うのでそれじゃ誰も納得しない おまけに今期は(フルだったころに比べれば)出場時間自体が少ないし・・・
素人がプロの選手批判する以上、納得できるそれなりの根拠持ってこないとただの難癖になるのでファンから噛みつかれるのも仕方ないかと
[ 2017/05/30 22:35 ] [ 編集 ]
なぜかシャヒンが出なかった試合で底での散らし役を受け持った香川に
「前に出なかった」ってありえないだろ。
[ 2017/05/31 08:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。