ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、香川のブログを読んで涙を浮かべる!ドイツ紙《ドイツの反応》




フォーカス



BVB監督トーマス・トゥヘル



爆発事件に関する香川の文章を読んで“目に涙を浮かべた!”


entry_img_1694.jpg


ポカール決勝で優勝した後で、BVBの監督トーマス・トゥヘルは彼の熱い一面を見せた。試合直後のARD放送局のインタビューにおいて、この43歳は今から一か月半前に起こった、マーク・バルトラが負傷したバス襲撃事件について語った。

スポンサーリンク



このテレビインタビューの中でBVB監督トゥヘルは、ドルトムントのミッドフィルダー香川真司がチャンピオンズリーグモナコ戦の前の出来事に関して、彼のブログで語ったことを明かした。


普段は、いたって平然としているような監督も、この日本人の文章には深く心を動かされたようだ。彼はポカール決勝後に短く語っている。


目に涙を浮かべたよ。”



“僕が、シンジがブレーメンに勝ったシーズン終了後に書いたブログを読んだ時、目に涙を浮かべる事となった。鳥肌が立ったんだ。涙なしにはそれを読み続けることはできなかったよ。”とトゥヘルは語っている。


このドルトムントの監督は、ポカールで優勝し、自身初タイトルを獲得したが、“今では、自分にとってこの出来事をそれ程近くに感じることなく、うまく脇に追いやることができ、さらに選手を助けることもできていた。でもこれを読んだらまるで冷たいものが背中を流れるように感じたよ。”



トゥヘルはポカール優勝、さらにブンデスリーガ3位と、襲撃事件後チームをまとめ成功へと導いていた。








以上です。管理人もこのインタビューを見ましたが、結構香川選手のブログについては長く語っていましたね。まだ選手がそれぞれ負担に思っているという事を確認して、それに再び心を動かされたようでした。

そのインタビューがニュースになっていましたので紹介しました。

おそらく今週初めにヴァツケとトゥヘルの会談がもたれるとされています。トゥヘルはもう一年やる気がある事をインタビューでは強調していましたが、どうなるか様子見ですね。

[ 2017/05/29 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(39)
そんな泣く程の事書いてなかったけど
だいたい日本語で書いてるのにグーグル翻訳した文章で理解できるんだろうか?
[ 2017/05/29 06:23 ] [ 編集 ]
「爆破事件のような逆境にあっても自分は今期の成績を残した」とアピールするのに引用しただけかと
[ 2017/05/29 07:19 ] [ 編集 ]
同じ経験をしたからこそ涙も出てきたんだと思います。それはその場面に直面しないと分からないでしょうね。まあ香川自身は自分のブログで日本語で書いてるので世界中で翻訳されて反響を呼ぶとは思っていなかっただろうしトゥヘルが涙するとは夢にも思ってなかったのでは。
[ 2017/05/29 07:22 ] [ 編集 ]
普段は全く涙もろくありませんしグーグル翻訳の雑さは承知してますが、香川選手のブログには自分も感動して泣きましたよ。
[ 2017/05/29 07:31 ] [ 編集 ]
>そんな泣く程の事書いてなかったけど

あなたはあのバスに乗ってて下手したら死んでたわけでもないしBVBの一員でもないじゃない
[ 2017/05/29 07:52 ] [ 編集 ]
一番上のコメント。
泣く程かどうかはこの事件を経験した人しか分かる筈も無い。
「googleで翻訳して読む」なんてどう突っ込んで良いやら...
[ 2017/05/29 07:54 ] [ 編集 ]
ドイツを始め、イギリスやフランスでも各紙が翻訳したものや抜粋を記事にしていますからトゥヘル監督が読んだのはグーグル翻訳では無いと思いますよ。部下が死の危険に直面し、悪夢で寝れない中CLベストイレブンに選出される程の大活躍をした。そして今でもトラウマと闘いながら連日最高の仕事をしている。上司として込み上げるものがあって当然かと思います。
[ 2017/05/29 08:04 ] [ 編集 ]
06:23さん、ドイツ語訳が出てるはずですよー。
解任騒動以降のトゥヘルの言動はかなり選手に寄ったものが多く
自分はこれだけうまくやってるというアピールにも見えてしまいますね。
[ 2017/05/29 08:14 ] [ 編集 ]
トゥヘル本人もバスにいたわけですから、体験してない人以上に心に響いたんでしょうね。
実際に体験した選手、監督、スタッフにとって簡単に忘れられることではないでしょうから。
だからこそ最後に優勝という形で終われて本当に良かったと思います。
[ 2017/05/29 08:38 ] [ 編集 ]
泣く程の事って・・・体験してなきゃ何とでも言えるわな
[ 2017/05/29 08:49 ] [ 編集 ]
いつもまとめて下さってありがとうございます。
この感動話はどのような経緯で話されたのか気になりますね。それによってまた印象変わってくるかなぁ
[ 2017/05/29 09:29 ] [ 編集 ]
泣けること書いてないっていう人いるけど、あの経験をしてない人にはわかり得ないものだよ。頭の片隅の方に行ったものだと思っていた恐怖が、まだ選手を苦しめていたと知ったら同じ経験をした監督が涙浮かべても何も不思議じゃない。恐怖を抱えてるけど前をむいていくってあのブログは素晴らしいじゃないか。
[ 2017/05/29 09:36 ] [ 編集 ]
「さらに選手を助けることもできていた。」
こういうのは余計に感じますね。人それぞれに個性があるとはいえ、クロップ監督やコバチ監督が到底言いそうにない台詞。

シャヒンのベンチ外や、モルの懲罰練習など、すんなり飲み込めない措置にも独特のクセを感じます。
[ 2017/05/29 09:53 ] [ 編集 ]
あら
ドイツ人は、現在の日本人と違ってこんなことで泣きはせんよ。
フロントとの交渉には絶好な材料、ことを大げさに表現しただけの話し。
[ 2017/05/29 10:04 ] [ 編集 ]
経験してるか否か、で響き方は違うと思いますが。
[ 2017/05/29 10:23 ] [ 編集 ]
泣くような感動的なものではなかったのですけど、例の代理人によるメディア戦略かな?
[ 2017/05/29 10:29 ] [ 編集 ]
もう1年の延長はある意味賭けだと思います。
頑固なトゥヘルが聴く耳を持てるようになるならば、非常に良くなるかも知れませんが、いまのままなら空中分解が目に見える諸刃の剣のように感じます。

トゥヘルにとってもBVBにとってもチャンスだとは思います。
高いレベルのチームで監督を続けることは誰にでもチャンスがあることではありません。監督としての経験を飛躍的に伸ばせるいい経験ができるでしょう。
また、BVBもこの戦術家の思考を柔軟に取り入れ良い化学変化を起こせるかも知れません。選手もチームも更に成長できるチャンスではあります。

ただ、ポカール決勝後の選手のコメントを見る限りでは選手の起用や戦術に不満を持つ者が多く居た事が伺えます。
選手をリスペクトしていないのでしょうか。これを続ける限り、選手に受け入れて貰うことは難しく人との軋轢を生むだけで決してチームは纏まることはないでしょう。

チームは監督一人で作り上げるモノではない。

この言葉が脳裏に浮かびました。
まさしく、チームは一変するいいチャンスではあるのです。ポカール優勝が切っ掛けで誰もが変われるチャンスなのは間違いない。それを上手く消化できれば来年に期待が持てると思います。

ただ、一度変わってしまった人の感情を変えることは優しくありません。軋轢が解消されないまま続ければ間違いなく空中分解は起こるでしょう。

ポカール優勝で本当の意味でのチャンスを向え同時に空中分解という最大のピンチをも向かえてしまったという皮肉。果たしてどう選択して行くのでしょうね。
[ 2017/05/29 10:41 ] [ 編集 ]
トゥヘルの涙発言にほだされて、トゥヘル・香川残留→来期頭から干されて、今期シャヒン状態。。。
目に浮かぶんですが。これ如何に。
[ 2017/05/29 10:44 ] [ 編集 ]
あの事件以来チームの雰囲気は逆によくなったように感じますね。ただポカールでシャヒンが使われなかったことには???ですが…。
[ 2017/05/29 10:46 ] [ 編集 ]
平和な日本から来た香川が
平静に冷静に頑張って恐怖に打ち勝った

これは泣ける話であり
トゥヘルにとっては衝撃なんだろう
怒りや感情を向ける方向が外ではなく内側で
更に、トゥヘルが選手とうまくいかない中でも纏めていたと
その辺りに感銘したんじゃない?
[ 2017/05/29 10:51 ] [ 編集 ]
我々部外者が異国のテロのことを読むのと、当事者が読むのでは感じることが違うのは当たり前でしょう。
[ 2017/05/29 11:03 ] [ 編集 ]
噂になっていたアーセナルがCL取れなかったから、とりあえず1年は延長したいのかな?同じく噂になっていたフィオレンティーナはELすらないし。
[ 2017/05/29 11:05 ] [ 編集 ]
日本語で書いた文章がまず英訳されて、それをまた独語訳されてるので印象が変わってるかも。
独語はわからないけど、英訳されてた記事は多少堅くて小さくまとめてしっまった印象はあったけど、これは誤訳だろ。みたいな場所は無かったと思うよ。
[ 2017/05/29 11:05 ] [ 編集 ]
いや、普通にドイツ語で掲載する係の人いるんちゃうの?
[ 2017/05/29 11:33 ] [ 編集 ]
CLベスト8、カップ戦優勝、来期CL権獲得
これでクビだったら誰が来てもクビだろう
もう一年トゥヘルでいいよ
[ 2017/05/29 12:45 ] [ 編集 ]
米1
香川のブログをドイツメディアが全文翻訳とかしてたよ確か
[ 2017/05/29 13:54 ] [ 編集 ]
泣ける内容ではないってあなた達は当然でしょう
当事者達がなんとも思わない内容なら香川選手がわざわざ書かないと思いますが
[ 2017/05/29 14:52 ] [ 編集 ]
ドイツ人は日本人と違ってこんなことで泣かない〜ってコメントに対する管理人さんの意見を聞きたい
[ 2017/05/29 15:05 ] [ 編集 ]
共に経験していなければ分からないとおっしゃってる方もおられますが、
私は子供の時に阪神淡路大震災を経験し周りで兄弟や親をなくした友達や後輩などもいました。
先生や周囲の大人もどうように地震を経験していました。
余震に怯えたり時間が経っても急に思い出したりする子供にも親身になって話を聞いていたりしましたが
泣いていたかと言われるとそういう姿はみていません。
まだ心の傷は癒えていないとこに対して
涙してしまったよと語られてもイマイチ信用出来ないです。
強く生きる姿を私の周囲の大人や指導者は見せてくれた。
[ 2017/05/29 15:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルと選手の関係に溝があるって言われてるけど香川とは割りかし良好な関係築いてるっぽいな
[ 2017/05/29 15:51 ] [ 編集 ]
斜に構えて強さをアピールする人ほど
あのような場面で誰より取り乱し下手すりゃその時点で泣き出しそうだ
[ 2017/05/29 16:00 ] [ 編集 ]
モナコとのファーストレグの試合後、選手たちはみんな泣いていたと言ってましたね。
シャヒンのあの悲痛なインタビューは胸に焼き付いて離れません。
クロップも涙していましたね。
日にちが経っても、眠れない中で、あの過密日程をこなしていたのは信じられません。
ミムラユウスケ氏の香川真司インタビュー(駐車場でしたみたいです)を読むと、さらに恐怖が分かります。
自分の家にテロリストが来るかもしれない、車のエンジンをかけた瞬間に爆発するかもしれない。
これは実際に狙われた当事者たちしか、どれほどの恐怖や精神のダメージ、衰弱を与えられているかは想像がつかない。
最後に優勝パレードをして喜んで終われたのは救いでした。
選手たちもトゥヘルも、皆よく頑張りましたね。
[ 2017/05/29 16:08 ] [ 編集 ]
◆日本のメディア
それにしても日本のメディアには嫌気がさしますね…
この件についても日本人が被害を受けて、しかもそれが香川真司だというのに、びっくりするほど報道が小さかった。
さらに、あんな状況下で戦ったCLベスト8で、日本人史上初の1ゴール1アシストを記録したのに、サッカー関係者からは労いや称賛の言葉が全くと言っていいほど聞こえてきませんでした。
はっきり言って、世界の第一線で活躍している彼に対する敬意があまりにも欠けているとしか言えない。
さらに昨日のドイツ杯優勝も、ほとんど報道してませんからね。
まず他のスポーツで優勝者が出たら、ばんばんワイドショーなんかでも取り上げて祝っているのに、何なんでしょうかね。
スタメンフル出場したドイツ杯の優勝をまったく取り上げないって…
しかもスポーツコーナーでチョロっと取り上げる局があるかないか程度だったし、NHKの全国ニュースにもまったく出てきませんでした。
今日は優勝パレードをやりましたが、今のところメディアで見ていないし、どうなる事やら…
柴崎の初ゴールや、本田の最終戦の方がやってるんじゃないですか。
おかしすぎてウンザリしています。
モナコ戦だって、単なるリーグ戦の一試合みたいな伝え方をするなと言いたいですよ。
ベストイレブンを取った際も、それを伝えたのはネットではたったの「一社のみ」でしたからね。
これじゃ香川の功績は日本にちっとも伝わりません。
帰国したらメディアは彼の所に事件の話を聞きに行くべきですよ。
優勝をきちんと祝ってもらいたい。
4大リーグで日本人が今シーズン成し遂げていないタイトルを、スタメンフル出場で獲得したんですから。
[ 2017/05/29 16:29 ] [ 編集 ]
本当かなあ?
トウヘルが「涙を流した…。」????
本当かなあ…。
 いままでの記者会見の内容と深くして、トウヘルがそんな発言するだろうか?と勘ぐってしまう。
[ 2017/05/29 17:57 ] [ 編集 ]
阪神大震災がどうのこうのとか他でやってください。
ここはあなたのブログじゃない。
[ 2017/05/29 20:22 ] [ 編集 ]
ドイツ語訳(ドイツ大手新聞社のオンライン版)読みましたけど、香川選手が言いたいニュアンスそのままでしたよ。
あと、二ヶ国語できる人ならわかることですがグーグル翻訳は全然ダメですよ。トゥヘル監督クラスの人ならグーグル翻訳なんて使わないと思います。
[ 2017/05/30 00:33 ] [ 編集 ]
自然災害でもショックで寝られない人も泣く人もいる。泣かない人も泣いている暇もない人もいるでしょう。個人的にはそういう出来事と全く関係ない人から一方的に悪意をもって攻撃されて殺されるかもしれない経験するのとは違うのではないかなと思いますよ。
暫くは犯人もわからない恐怖の中にあったでしょうし。

[ 2017/05/30 02:39 ] [ 編集 ]
香川のブログについての記事なのに、なぜ無理やり日本メディア批判に繋げるのか
正直よそでやってもらいたい
[ 2017/05/30 06:02 ] [ 編集 ]
日本のメディアはこれだけの大事件をちっとも伝えませんからね。
このブログの内容もテレビで一度も報道されていませんよ。
[ 2017/05/30 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。