ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!水曜日に解任へ!すでに後継探しするもナーゲルスマンは断る!ドイツ紙《ドイツの反応》い



Sport1


ブンデスリーガ:メディアの情報によると水曜日にトゥヘル解任へ



メディア:トゥヘル、水曜日で終了


20170520181052d08.jpg


ボルシア・ドルトムントとトーマス・トゥヘル監督の関係は、遅くても水曜日に終わるようだ。すでに西ドイツアルゲマイネ新聞が伝えている。


スポンサーリンク



ポカール優勝、そしてチャンピオンズリーグ出場権を確保したにも関わらず、トゥヘル監督とBVB幹部、そして会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケの関係は壊れているようだ。


トゥヘルの契約は2018年6月までとなっているが、西ドイツアルゲマイネ新聞によると、200万ユーロ以下の違約金になるとみられている。


また同紙によると、すでにホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマンは、打診があったのにも関わらず、断ったようである。ナーゲルスマンによると、移籍は想像可能であるが、今は時期的に良いとは考えていないようである。


この29歳の監督は、降格争いをしていたホッフェンハイムをチャンピオンズリーグ参加の可能性があるチームへと育て上げた。さらにバイエルンがナーゲルスマンに興味を持っているとのことだ。


ナーゲルスマンの断りを受けて、トゥヘルの後継者としてはルシアン・ファヴレが有力とみられている。このスイス人のニースでの契約は2019年6月までとなっている。








以上です。

早くも情報が飛び交っています。トゥヘルには早くもレヴァークーゼンが打診したとかいうニュースもありますが、またその辺は別な記事で紹介したいと思います。

西ドイツアルゲマイネ新聞の記事にも目を通しましたが、ナーゲルスマンは、もう一年ホッフェンハイムで指揮をとって力を証明したいと考えているようですね。

まあ成功しても解任になる、というのはこれまでの歴史を顧みれば、それほど珍しい事でもないようですね。例えば、ハインケスは32年ぶりにレアル・マドリッドをCL優勝に導いたのですが、レアル会長とは合わず、その年に解雇になっていますね。またヒッツフェルトもドルトムントでCLを優勝させた後に、選手と幹部との不仲を理由に自ら辞任しています(ソース・ビルト)。

まあ、解任の事情は後でいくらかは表に出てくるでしょうが、やはりドルトムントはしばらくはロイスと共に歩んでいくことを決めたのかもしれないですね。そこまで影響力がある選手としたら、彼ぐらいしか思いつきません。だから後任の名前にファブレが上がっているのかも・・・まあこれは全て管理人の想像ですが、もう試合もありませんから、勝手に想像して楽しむことにします。






[ 2017/05/30 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(48)
待ち兼ねましたね・・これでやっとトゥヘル解任ですな。
やはり監督は「人間性」も非常に重要ということが証明されましたね。といってもトゥヘルの戦術に関しても意味不明なものが多かったですが・・(笑)
次の監督はチームの指針をしっかり示した柔軟な戦術をとれて、選手と良好なコミュニケーションが出来て慕われるような監督にきてほしいものです。まぁトゥヘルよりマシな監督であればとりあえず良しとしましょうか。
[ 2017/05/30 06:12 ] [ 編集 ]
ルイス エンリケは無理か?
[ 2017/05/30 06:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルの成績自体は悪くないし有終の美という形で終わった分新監督は大変だろうな
移籍していく選手もいるしフロントの問題点も色々あるので来季がどうなるか少し心配
あとロイスは確かに人気もあるし重要な選手だけど怪我も多いし
あまりにも影響力の強すぎる選手になってしまうとチームとしてどうなのかなって思いがある
[ 2017/05/30 06:26 ] [ 編集 ]
残念です!
[ 2017/05/30 06:56 ] [ 編集 ]
サッカー監督として「選手達をまとめてヤル気にさせる」という最も大切と思われる能力が欠けているわけですから
トゥヘル解任は当然だと思いますね
[ 2017/05/30 07:00 ] [ 編集 ]
降格争いとは、我先にと降格することを目標に争うこと・・・?

・・・残留争いはしたくないんだろうか。
[ 2017/05/30 07:00 ] [ 編集 ]
クラブにとってもトゥヘルにとってもイイんじゃないかなぁ
ただ香川にとってはどうなんでしょうかね?
終盤にかけて良くなってきていただけに…
[ 2017/05/30 07:02 ] [ 編集 ]
クバ帰ってきませんかね?
今ヴォルクスブルグにいるんですよ
[ 2017/05/30 07:05 ] [ 編集 ]
やはり選手達からの不満が大きかったという事ですね。ロイスだけでなくベテランの選手に支持されていなかった、しかもクラブ首脳陣らと不仲となれば仕方ないですが。一番のマイナス要素は守備の構築が出来ないのに守備的に戦おうという姿勢だと思います。もっと攻撃陣の創造性を発揮させ伸び伸びとやらせた方が良かったのではという気がするんですが。
とは言えトゥヘルの難題に悩みながらも成長した香川を見ていると悪い監督ではなかったとも思えます。
[ 2017/05/30 07:22 ] [ 編集 ]
香川ファンの人は試合に継続して使ってもらえなかったり不当な評価って叩く方がいますが、自分は逆ですね。確かに優先されない評価だったかなってのは事実だけど、香川がイングランドで変わってしまった直接得点に絡むプレースタイルを思い出させてくれたのってトゥヘルのお陰もあると思ってます。新しい監督が誰になるのか次第でCL争いすらできなくなる可能性もありますし、慎重に選んでほしいですね。
[ 2017/05/30 07:39 ] [ 編集 ]
優勝したことで監督交代もそこまでネガティブにならないのではないでしょうか
ころころ変わる戦術、極端なターンオーバー、突如のベンチ外などトゥヘルの采配に不満を持っていた選手は結構いたような気がします
香川のブログも意味深でしたし
パレードを見ると本当にいいチームだなぁと改めて感じました
あの事件後選手を支えたサポーターと一緒に喜ぶ選手たち、トゥヘルはちょっとカラーが違ったのかもしれません
[ 2017/05/30 08:01 ] [ 編集 ]
ヴァツケも一緒に切るべきでしょう
またヴァツケに新監督のファブレが邪魔されると気の毒でならない
[ 2017/05/30 08:01 ] [ 編集 ]
トゥヘルには本当にありがとうと言いたい。
解任は残念だけど、これからも応援してるよ。
[ 2017/05/30 08:10 ] [ 編集 ]
ファブレさんクロップのサッカーをいの一番に評価してゲーゲン取り入れた一人ですよね?
しかもBMGには当時のドルトにないスローなポゼッションもあっていいサッカーしてました。
(トゥヘルも最初クロップ時代の遺産を重んじてた頃は良かったのですが、自我を出してメッキが剥がれました。)
ロイスがすぐにドルトに馴染んだのもファブレの指導があったからだと思っています。
できればクバとスボティッチにも戻ってきて欲しいですね。あとホフマンも。(笑)
[ 2017/05/30 08:58 ] [ 編集 ]
香川が延長保留しているのも影響してるかも知れませんね。
彼は間違いなくドルトムントのスターであり、アジアでも随一の人気を誇る選手です。マーケティング面でも彼の存在はドルトムントのような伝統的格のないビッグクラブには重要な存在です。

その香川が未だ保留している。トゥヘルの方針や監督が変わった際の動向を慎重に判断しているように思います。クラブとしては延長して欲しい選手であり、彼抜きの布陣で満足いく結果が継続的に残せてない以上、トゥヘルの継続が困難になった要素の1つに数えられるかも知れませんね。
[ 2017/05/30 09:03 ] [ 編集 ]
トゥヘルはビッグクラブに行くと監督のサブについているサブコーチ
の役割がよく合う監督かな

ビッグクラブに行くと、選手のモチベーターが必要不可欠に見えます
[ 2017/05/30 09:32 ] [ 編集 ]
色々思う所はありましたがお互いこれでいいのではないですか
香川にとっては基本的には得意のポジションで使い続けてくれていたしIHだったり幅を広げてくれたと思います
名前が挙がっていた現実的な候補でトゥヘルより人間的にも手腕も良いと言い切れる監督は居なかったと思いますけど
トゥヘルの成績を上回ってくれるといいですね
[ 2017/05/30 09:51 ] [ 編集 ]
良いフィジカルコーチを雇って欲しいな。チームの中心にするには流石にガラスすぎて…
[ 2017/05/30 09:59 ] [ 編集 ]
これから色んな情報が出てきて皆で一喜一憂する季節がやってまいりました。
去りたいという噂が出た選手は大体去ってしまう印象が昨今は強いです。
ところでイサク君は流石にまだ期待出来ないのでしょうか。
全然詳しくないのですがイブラヒモビッチ2世との触れ込みだったと記憶してますが、気になります。
[ 2017/05/30 10:14 ] [ 編集 ]
解任ですか、やむを得ないでしょうね。
双方、自ら引けない状況にしてしまいましたからね。
知性派監督が陥りそうな「口は災いの元」を自で行ってしまいましたから。
トゥヘルにとっては一皮剥ける大きなチャンスだったと思いませんか。
柔らか過ぎるのか、硬すぎるのか、柔軟な対応ができない欠点はありましたね。
自分のプランは曲げない。それはいいのですが、そのプランがチームにプラスになっていたのかの検証が見えてこない後の采配にはガッカリしましたね。
失敗を受け入れる勇気がなかったんでしょうか、責任転嫁みたいな発言が跡を断ちませんでしたね。とても寂しく思いました。
監督ならチームの先頭を歩き、火の粉も被る覚悟で進んで欲しかった。
どうも、私の見る限りでは先頭ではなく最後尾を歩いていたのではないかと思ってしまった。
[ 2017/05/30 10:23 ] [ 編集 ]
個人的には、合格ラインと言われる今季の成績は選手個人のスキルの賜物(例えば、試合中に香川は何回もポジ変更を指示され、果敢にこなしていました)だと思っています。
逆にDF補強失敗含めて、トゥヘルの奇抜な采配で勝ち点を落とした試合が惜しいと考えていますので、トゥヘル名将説には懐疑的です。

戦術に対する混乱と疑心暗鬼を避け、離脱を迷う選手を引き留める為にも解任は必然で有り喜ばしい事です。


[ 2017/05/30 10:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルは確かに結果は出してるけど、マインツでもドルトムントでも選手だけじゃなくクラブ全体とうまくやれないように感じるので結果出してたけどそこをなしにしてももう限界ですというフロントの判断なのかなと思います。それだって取りこぼしも結構あったようにも感じるし。終盤の大事な時期にフロント、パパ、ポカール取ってシュメレとネガティブなコメントが出るのがモヤモヤするし、ポカールも勝ったから良しという内容ではなかったし。
[ 2017/05/30 10:40 ] [ 編集 ]
想像に過ぎないのですが、テロ後の日程決めの辺りからトゥヘルとヴァツケの亀裂が一気に深まった様な気がします。ヴァツケも少し語っていましたが、当然監督含めた協議の場では(混乱していたからかも)トゥヘルも一旦了承していたが、選手やマスコミから非難が出かけた瞬間に手の平を返してクラブ首脳を非難し、ヴァツケの怒りをかったような気がします。

スボやクバ帰って来て欲しいですね。
[ 2017/05/30 10:47 ] [ 編集 ]
ハインケス後のレアルもヒッツフェルト以降のドルトムントも他にもミランやチェルシーなんかも成績以外でのフロントとの不和でチームがごたつくとその後の数シーズン低迷しがちなのが気になります。オバメは居なくなってしまうようですし、成績のハードルも高ければ、フロントも強権。後任探しがすんなり決まれば良いですが。
[ 2017/05/30 10:49 ] [ 編集 ]
「降格争い」表記については、過去の記事で管理人さんが見解を述べてます。
現地表記に倣ってのことなので、あえて「降格争い」なのです。
[ 2017/05/30 11:03 ] [ 編集 ]
フロントに引責する覚悟があるのならいいですけどね
来季、トゥヘル更迭が失敗だったと判断されるような成績になったらば
同じタイトル獲得監督の解任でもレアルマドリーとは立場がまったく異なりますからね
タイトル獲得監督やエースストライカーを放出しても
その代わりが選びたい放題のクラブとは異なるわけですから、一気に墜落する危険性をはらんでいます
すべてが上手くいくよう祈るばかりです
[ 2017/05/30 11:11 ] [ 編集 ]
そういやズポティッチ、ケルンから帰ってくるんでしょ? 嬉しいなぁ
[ 2017/05/30 12:12 ] [ 編集 ]
モイーズ 監督やってほしい
[ 2017/05/30 12:50 ] [ 編集 ]
グロクロとクバは他のチームに完全移籍になっちゃって残念だけど
レンタル移籍のスボティッチは安心して帰ってきてね。
[ 2017/05/30 13:43 ] [ 編集 ]
ドルは誰が監督になっても選手の質が高いのでこれ位の成績は残せる。トゥヘルは過大評価されてるのですぐに行き先が見つかるだろう。
[ 2017/05/30 14:58 ] [ 編集 ]
最近のBVBはフロントの影響力が大きすぎるのでマルセロ・ビエルサが来てフロントとガンガンやり合って欲しいなあ。
練習が厳しいとの噂なので選手との関係がどうなるかですが...
[ 2017/05/30 15:13 ] [ 編集 ]
レンタルだったスボティッチの復帰は予想できますが完全移籍組は無理でしょう
クバの場合ヴォルフスブルクとの契約が2019年まで残っているのでいくら功労者といえど
「移籍金が発生する30代の選手は獲らない」というフロントの姿勢が変わらない限りは…
あ、グロスクロイツは素行面のやらかしが懸念されるので仮に再契約しようとすれば
シュトゥットガルトみたく契約で厳しい条項が盛り込まれるでしょうね
内定しているダルムシュタットもその辺が盛り込まれているかは分かりませんが
[ 2017/05/30 16:54 ] [ 編集 ]
トゥヘルVSヴァツケとこちらのコメ欄でよく見かけますが、もともとはトゥヘルがスカウト部門とケンカして練習場出禁にしスカウト部長と大ゲンカが発端ですよね。
内輪のことだから報道されてないこともあるだろうし我々が知っている限りでですが。
このスカウト部長はレヴァや香川引っ張ってきた人だから
ドル内ではかなり評価高いんだけど
出て行くか行かないかのとこまでいって
フロントがスカウト側についてスカウト部門の最高責任者に昇格させたんでしたよね。
面白くないトゥヘルはそれ以降フロントと話す時に
代理人を通すようになってるみたい。
トゥヘル体制では今のスタッフなどを含めたチームが成り立たなくなってるから
解任なんだと思いますよ。
トゥヘルVSチーム(スタッフ含む)なのでこれ以上継続なら来季は怖いと思いませんか?
[ 2017/05/30 17:04 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。このコメント欄で時々「ヴァツケも一緒に辞めるべき」のような事を言う方がいらっしゃいますが、監督と企業のボスを同等に見るのは違うのではと思います。いわゆる会社の社長が雇われている立場の人間と揉めたからと言って進退を問われる事はありませんよね。かと言ってヴァツケが全て正しいとは勿論思いませんし、心情的に理解出来ない訳ではないですが、なんとなく違和感があったのでコメントさせていただきました。
[ 2017/05/30 18:21 ] [ 編集 ]
サッリ来ないかな〜
今の選手達に合いそうな戦術ですし今五本の指に入る監督だと思うんですが。
[ 2017/05/30 18:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルが香川を復活させたという見方もできるけど、香川がトゥヘルのオーダーに必死になって取り組んだからとも言えるのではないでしょうか。確かにきっかけはトゥヘルなんだけど、そのオーダーを絶対クリアしてみせるという気概なしには今の香川はないのではとも思います。それはゲレイロやデンベレ、ギンターやベンダーもかな、本職と違うポジションに取り組んだ選手みんなに言えるのでは。うまくハマるハマらないはあると思うけど。パスがきたら勇気を持って前を向くというのは岡田さんが香川に言った言葉ですし。
[ 2017/05/30 18:39 ] [ 編集 ]
CLベスト8、リーグ3位(来季CLストレートイン)と最低限の結果を出して、
ポカールまで取っているわけですから、確かに戦術面でファンから疑問を投げかけられる采配が多かったとはいえ、
決して悪い監督だったとは言えないのですよね。
香川が一時干された関係か、日本のファンからは風当たりが異様に厳しいですけれど……

ただ、彼の評価がこうなってしまった、大きな要因として、前任者のクロップが、モチベーターとして卓越した手腕を持っていて、ファンからも、クラブフロントからも、支持されていたことがあるのでしょう。
クロップと比較すると、トゥヘルはその内心がわかりにくく、親しみを覚える監督ではなかったことが、この結末につながってしまったように思います。
[ 2017/05/30 19:07 ] [ 編集 ]
トゥヘル退任ならフロントも退任は正直子供っぽい意見
CEOはヒステリックに現場のマネージャーの言う通りにする仕事をしてるのではなくて
全部門の意見を統括するのが仕事。
マネージャーしか見てない人は、フロントは他部門の声を無視しろ、
とか言うも同然ですからね
[ 2017/05/30 19:15 ] [ 編集 ]
トゥヘルは経営陣に喧嘩売って、スタッフ陣(スカウト)にも喧嘩売って
オバやキャプテンなど主要選手から嫌われちゃどうにもならない。
特に試合当日の30分前だか3時間前に突然いつもと違うポジションでやれと言ったり
活躍したシャヒンや香川突然干し出したり選手がついていけないと言う不満が多すぎたのも問題。
[ 2017/05/30 19:22 ] [ 編集 ]
もしもトゥヘルの残留の可能性が、香川の延長契約サインの保留原因ならばトゥヘルが去れば残留して欲しい。
プレミアにリベンジとかリーガーに挑戦して欲しいとか考えていましたが、パレードの香川の姿を見て考え直しました。言葉の壁を乗り越えるのも大変ですし、心無い中傷などは沢山です。
もうね、ドルトムントで現役を終えて(今でもそうですが、より)レジェンドになれば良いと思います。将来フロント入り、ドイツで指導者を目指しても良いと思います。
最近若い選手を労う姿も垣間見えますし、審判にもドイツ語で抗議してます・・風格が備わりました。
ヴァツケとの抱擁も互いに気持ちのこもったものでした。可愛がられていると思いますよ。
[ 2017/05/30 20:07 ] [ 編集 ]
誰が率いても今の成績だせるっていうのは流石にないですね
ドルトムントも狼やレバークーゼンのようになりかねない
この2チームはブンデスでも上位の戦力を抱えても転落してます
そういう意味では今回の監督交代は博打です
[ 2017/05/30 21:09 ] [ 編集 ]
公式に解任発表されましたね。

香川が今日帰国してきました。「良いトレーニングができて、良い準備ができていたから自信が付いたシーズンになりました。」と答えていて、トゥヘルは厳しかったけどよいトレーナーだったからちょっと残念だなあ…とは思っています。
まあ、あれだけフロントと溝ができてしまったら仕方ありませんね。正直ドルトムントは今回はしばらく低迷してしまいそうな、嫌な予感しか有りません…杞憂だと良いのですが。
[ 2017/05/30 21:25 ] [ 編集 ]
変幻自在も実践する選手達からしたら只の迷走だろうしな
[ 2017/05/30 22:04 ] [ 編集 ]
↑の意見に同意。
狼とレバクとシャルケなんか見てても、いつ凋落するか分からない。
実際クロップ最終年の前半最下位なってたし。あん時はよく持ち直したけど
CL逃すことなんか普通にありえるから、監督変更がいい方向に向くかどうか。
[ 2017/05/30 23:09 ] [ 編集 ]
爆破後から人間性が垣間見えだしたように思いますが喉元過ぎれば~ってやつで都合のいいときにしか出さない選手は当然多くなるでしょう。香川の扱いで日本ではーっていう八つ当たりっぽい意見がありますが、どれだけ個人のファンが騒ごうと所詮はネット内での話であってドルフロントや選手たちの意思に影響することはありえませんので今回の解任劇に関与してるのはドルフロントや株主含めサポや選手たちなんですよね。何が言いたいかというと香川無関係でのトゥヘルへの不満はあちらでも同様だってことです。あと、シャヒンを軽く扱ったことで選手たちの不信感は完全なものになったのでは?ワンミスで簡単に干される外人メンバーにとってはただの恐怖政治やパワハラといった類の監督でしかないし練習もきつすぎて本番で怪我をしやすくなったり100パーだせなくなったりしてるようですね。解任がどう出るかは分かりませんがドルでの不満がそうさせたことだけは反対派の人たちに理解してほしいですね
[ 2017/05/30 23:58 ] [ 編集 ]
トゥヘルは戦術家としては才能はあったのかもしれない。ただ試合をしてる選手も人間、駒のように扱われるのは不当でしたよね。トゥヘルに欠けてたのは、好調なチームを弄くり回し自分の色を出し過ぎた上、負けたときには選手批判、自己保身に走りもっとも大事な選手との信頼関係が築けなかった事でしょうね。ヴァッケも色々と問題あるかもしれないけれど、このまま監督続行はチーム崩壊の危機を察したからこその判断だと思います。ロイスもスターですが、オバの移籍を始め香川の延長保留も十分影響してると思われますね。今回のポカールの優勝は香川の存在なしにはあり得なかったと思います。優勝を経験してるからこその大舞台での落ち着きや経験値の高さを感じました。監督解任後の香川の去就も気になるところですね。
[ 2017/05/31 00:18 ] [ 編集 ]
選手が活躍すればトゥヘルが鍛えてくれたおかげと云うけれど、バイヤンに負けた事やリーグ3、4位争いをした事は無かったと云うかトゥヘルの責任ではない事になるのがフェアではないですね
あれだけ最終節で輝いてたシャヒンもベンチ外でしたし香川の事を除いてもシュメが言ってた様にトゥヘルと選手たちには溝があったんだと思いますよ
この先こちらのブログで香川ファンは〜と言う前にその辺についてトゥヘルファンには考えて貰いたいものですね
[ 2017/05/31 03:21 ] [ 編集 ]
フロントの去就は株主が決めます。上場企業ですから。
[ 2017/05/31 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。