ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル解任決定!クラブ側の公式説明文全文!後継はファブレか?《ドイツの反応》

entry_img_1697.jpg




本日ドイツ時間の昼頃、トーマス・トゥヘルの解任が発表されました。ビルトの情報によると会談は、バス襲撃事件が起こったホテル、ラヴリーで21分間にわたって行われ、違約金はすでにまえもって契約に含まれていた通り290万ユーロとなったようです。さらにキッカーが伝えたところによると、すでにファブレとの話し合いが進んでおり、大部分においては合意に至っているとみられており、残すは500万ユーロの移籍金を要求するニースとの話し合いになるようです。以下はオンラインサイトTzに記載されていました、クラブ公式説明文。(管理人)


スポンサーリンク




【TZ】

クラブ公式説明文

これまで8度のブンデスリーガ優勝を誇るボルシア・ドルトムントとトーマス・トゥヘルは、今より別々な道を進む。これはハンス・ヨアヒム・ヴァツケ(会長)とミヒャエル・ツォルク(スポーツ・ディレクター)、そしてトーマス・トゥヘル、さらに彼の代理人であるオラフ・メインキングが火曜日に行った話し合いの結果である。

我々はトーマス・トゥヘルとその監督チ―ムに対して、先週土曜日にベルリンで行われた対フランクフルト戦でのポカール優勝を頂点とした、BVBでのスポーツ面での成功に対し感謝する。また我々はトーマス・トゥヘルの将来の仕事における成功を願っている。

ボルシア・ドルトムントは、被雇用者として、この別れの決断に至った理事会における長いプロセス、そして詳細においては説明をしないであろう。すべての関係者にはこれが、これまでに噂されている事で判断しないようにご理解を願いたい。

またBVBはこれらの別れにいたった決断が、決して二人の人間の意見の食い違いによって起こったことではない、という事を重要視している。クラブ・ボルシア・ドルトムントは、スポーツ面での成功だけを重要視しているわけではない。ボルシア・ドルトムントは、基本的に一人の人間、またはそれらの意見の食い違いよりも常に重要な存在である。





以上です。

いくつかのドイツ紙がさらなる情報を伝えていましたので、冒頭で管理人がニュース風にまとめてみました。

まあ、結局のところクラブの公式説明は無難な所で、肝心なところは分かりませんでしたね。それにしてもメディアが数週間前からこの結末を大きく予想して報じる決めてとなったものは、あるのでしょう。それが今後どこまで出てくるのか注目ですね。これが香川選手にどの程度の影響力を与えるのかも気になるところですね。




[ 2017/05/30 22:25 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(55)
監督代えたところでフロントに優勝する気無さそうだし、もう優勝するドルトムント見れんのかね
[ 2017/05/30 22:39 ] [ 編集 ]
思ったより悲しいことに自分でビックリしてる…
トゥヘルのことは別のクラブにいっても応援し続けます。
[ 2017/05/30 22:40 ] [ 編集 ]
来シーズン、トゥヘル率いるチームに順位で上回れたりCLで敗退させられたりしたらドラマチックですね。
そうならない事を祈って次の監督に期待します。
[ 2017/05/30 22:48 ] [ 編集 ]
21分の会談って短い。もう双方の弁護士同志が書類作っててサインするだけの
状況だったんでしょうね
[ 2017/05/30 22:50 ] [ 編集 ]
トゥヘルはクラブ史上最高の結果を出した監督らしいですね。一試合平均の獲得勝ち点がクラブの歴代監督の中で一番高かったそうです。まあ在籍期間が短いので参考程度ですがスポーツ面においてクラブ史上トップクラスの監督だったことは間違いないでしょう。タイトルを5年ぶりにクラブにもたらしましたし、最後くらいは暖かく見送ってほしいですね。 お疲れ様!! トゥヘル!! 今後の成功を祈ってます。
[ 2017/05/30 23:08 ] [ 編集 ]
成績としては及第点だったと思うのでそれ以外の理由なのは明らかですね。トゥヘルも予想はしていてもポカール優勝しても解任という結果にはショックだったかもしれません。とは言えオファーはあるだろうから頑張ってほしい。

さてこれからは移籍の話題が盛り上がりますが香川はどうするんだろう。全く読めないです。
[ 2017/05/30 23:10 ] [ 編集 ]
お疲れさんです、だね。
今後どこを指揮するのかわかりませんが幸運を祈ります。

解任理由はよく知らんけど、側で見てる限り、まぁいろんな意味でバタバタしすぎたように見えた。いじり過ぎ。あれじゃエンターテイメントにはならないよな。

後任さんは、とにかくチームをあまりいじりまわさないでほしいですね。ファブレなら記録見た限りジャイキリが好きそうだからちょっと期待。
[ 2017/05/30 23:22 ] [ 編集 ]
 トゥヘル氏に支払う違約金と新監督を獲得するのに必要なコストを含めて、それなりの出費になりますね。それだけの資金を消費してでも、改善しなければならない深刻な問題が存在していたということでしょう。
 問題の内容は、トゥヘル氏の名誉の為にもBVBが発表すべき事ではないので、公式会見では伏せられるのは当然かなと思います。そうした問題を暴露するのはビルドさんのお仕事。面白い内容ならば、遠からず記事にしてくれるはず。
[ 2017/05/30 23:25 ] [ 編集 ]
結果をしっかり出した彼には悪いですが、個人的には監督交代を嬉しく思います。
ただ、香川選手がフォームを取り戻し、前で勝負出来る様になったのはトヘルさんの香川の能力への信頼によるものかなと思います。
香川はイマイチ信頼されてないとの声が多かった様に思いますが、個人的にはトヘルは香川選手のポテンシャルを一貫して評価していたと思います。
だからこそうまくいかない時期でも辛抱強く香川をトップ下で何度も使っていたのではないでしょうか。
[ 2017/05/30 23:35 ] [ 編集 ]
まあ、人間最後は人柄だよね
選手からついて行きたいと思われなかった時点で、上司としては詰んでしまいましたな
心理学など勉強されたら、なお監督として成長できるのでは
[ 2017/05/30 23:40 ] [ 編集 ]
>>うまくいかない時期でも辛抱強く香川をトップ下で何度も使っていた
別次元の住人のように見てる物が違うや
[ 2017/05/30 23:42 ] [ 編集 ]
あれほど組織をいじる監督だと、もっと層が厚くて個が揃っているチームじゃないと対応できないんじゃないかなぁ。(ドルよりそれが高いトコって極わずかしか無いでしょうけど^^;)
それこそ、バイエルンとかCLトップクラス狙えるようなメンバー揃ってないとトゥヘルのアイデアを活かしきれないし、采配による敗戦や失敗も多くなる。
結果は出せる監督なので、引く手あまたでしょうけど、彼のやりたいことを実現できるチームに行けるといいなぁ。
[ 2017/05/30 23:52 ] [ 編集 ]
結果はそれなりのものですし、ドルの一ファンとして感謝しています。裏事情について真実は分かりませんが、この解任を後悔するような結果にならないことを祈るばかりです。できることなら早くファブレで確定させて欲しいところ。
[ 2017/05/31 00:00 ] [ 編集 ]
トゥヘルは運良く結果は残しましたが選手、フロントからの信頼は得られませんでしたね。そして戦術面でも危うい謎采配が非常に目立ちました。完全にドルトムントを崩壊させる要因になるので切られるのは仕方ないですね。選手たちはこの上司の下で本当に良く頑張ったと思います。
[ 2017/05/31 00:09 ] [ 編集 ]
サッカーは、面白くなりそうだけど結果は、悪くなるだろう。
[ 2017/05/31 00:13 ] [ 編集 ]
ヴァツケは選手たちから相談を受けて、何度もトゥヘルに警告を出していたのかもね。
それでも一向に改善されなかったんだと思う。
優勝パーティーのスピーチを聞いても、やはりヴァツケが選手たちを守ったんだと思ったわ。
もう限界だったんだろう、2年間。
[ 2017/05/31 00:21 ] [ 編集 ]
まあ色々もどかしい戦術な部分はあったけど、結局個人の能力がトゥヘルが思うほどなかったような状況もあったのかなあと思うな
守備はホントお粗末だったし
若手育ててここまで結果持ってきたのは普通に凄いと思うからオファーは結構あるだろうね
[ 2017/05/31 00:27 ] [ 編集 ]
ヴァツケやフロントはアトレティコを目指してるんでしょうね。
絶対的王者に対抗しうるチーム作り。
CLでも勝ち進め、また隙あらばリーガも頂くような。
よくヴァツケは優勝を目指していない、外国人や選手全般の年俸が低いなど言われていますが
年々改善されています。
香川の年俸もかなり高いはず。
レヴァがいた時とは財務面が良くなってますからね。
また、補強にもインモさんあたりからお金を使っていってる印象です。
バイエルンなどと比べまだまだ資金力が低いので若手で当たりを引きたい気持ちはあるのは仕方がありません。
本国の選手優遇はどこの国でも同じですし
ロイスなど国民に人気が高い選手ならなおさらですね。
メディアに出すぎるなど悪い面もありますがいいとこばかりの完璧な人間はほとんどいないので。
トゥヘルの件もチームスタッフを含めたチームを守る為と考えれば理解できます。
[ 2017/05/31 00:30 ] [ 編集 ]
まだ若い監督だしドルトムントでの色々な経験をうまく消化して次のクラブで成功できるといいですね
ここでは少数意見だと思うけど個人的には契約満了まで見たかったな
[ 2017/05/31 00:32 ] [ 編集 ]
トゥヘルは好きでも嫌いでもないですが気にはなるので
もしブンデスの他のチームで指揮するならそれは楽しみです
クロップの後に監督するのは大変だったと思うけどこのトゥヘルの後にやる監督も中々大変そうですね
少なくともトゥヘルより成績が下回るような事になる訳にはいきませんし…
オーバメヤン以外の香川選手などは新監督が決まって会談してから決めると思います
ギンターも監督のプラン次第では残るかもしれませんしね
[ 2017/05/31 00:33 ] [ 編集 ]
香川は移籍するべきだと思いますね。トゥヘルも大概なのでしょうが、フロントのやりかたも怪しいと思います。そもそも今季のスカッドがこうなった原因はフロントにもあるのですしね。香川の来季を考えるならばトゥヘルのクビを切ってハイ終わりとはいかないでしょう。
ドルトムントにとっては問題のある人物ということで解任にになったのでしょうから何も言うことはありませんが。
[ 2017/05/31 00:50 ] [ 編集 ]
特別好きでも嫌いでもない監督でしたが、ゴシップはあまり掘り下げたくないなぁ・どうせ後味の悪いものになるのは想像付きますしねぇ。 それより新任候補のファーブル先生がどんなサッカーする人なのか知りたいなぁ。
[ 2017/05/31 00:57 ] [ 編集 ]
マインツを突然やめた後1年休業してましたね
また1年休業かな
次のクラブでは揉めないように
[ 2017/05/31 00:58 ] [ 編集 ]
21分って、2人の間には会話はなかったのですね。話し合う余地もなかった事。クラブのコメントは釈然としませんが仕方がないのでしょうね。スカウト部長との確執やスボに対する対応など人間関係がすでに破綻していたから、成績云々ではカバーできなかったと思います。ポカールで優勝しましたから、トゥヘルとしては来年も続けたかったのでは?
[ 2017/05/31 00:59 ] [ 編集 ]
香川がフォームを取り戻したのは岡ちゃんの助言のおかげです。
香川自身が言ってたでしょう。
[ 2017/05/31 01:24 ] [ 編集 ]
次は負けた理由を選手に押し付けない監督になったらいいです。個人的にはプレースキックを若手が蹴ってたのが納得いかなかったです。ゲレイロくらい巧ければ納得ですがモルとデンベレは...
[ 2017/05/31 01:32 ] [ 編集 ]
2017/05/30 23:35

自分は嬉しいってほどじゃないですが、バイエルンに勝てずとも一瞬でも優勝争いしてほしかったな、って感じですね。どうやら結果に関係なく仲違いする可能性が高いんでしょうが、解任は致し方ない結果ともいえます。
2年目はトゥヘルの要望にない選手も何人か補強したみたいですが、トゥヘルのオーダーも間違いなくあったでしょうし、言い訳はできないシーズンだったかもしれません。
プリシッチ、香川、デンベレ、ヴァイグルはトゥヘルによってプラスになった選手だと思っています。

トゥヘルの香川に対する意見として全く自分と同じ人が存在することに驚きました。ここでもそうですがどこで書いてもタコ殴りです、これ書くと。トゥヘルはオバ、パパ、ヴァイグル、ロイスなどの一部主要メンバー以外は横一線だっただけなんですよね、多分。シャヒンやスボはその中で個人的な理由が存在しているのかな、とは思いますが、香川は信頼されていましたし本来のポジションでの復活を辛抱強く指導してくれたなって印象です。
[ 2017/05/31 02:02 ] [ 編集 ]
過去の記事を読むと、

■フロント:ゲッツェを獲得。シュールレ獲得には反対。
■トゥヘル:ゲッツェを全く欲しくなかった。
フロントの反対を押し退けてシュールレを獲得。


トゥヘル解任により、来シーズン笑うのは誰なんでしょうか。
ウィンターブレイクを機に冷遇された途端、謎の離脱したゲッツェか…?
[ 2017/05/31 02:19 ] [ 編集 ]
ヴァツケの声明文読んで1番強調されてるのは、個人間の意見相違ではなくクラブの利益になることが優先される、つまりトゥへルともう一年やることはクラブの利益にはならないってことですね
まぁトゥへルに対しては色々思うところもあるんですけど、1番は彼がドルトムントというクラブに合わなかったということだと思います
せめて選手からの人望があれば良かったですが、それもあまりないみたいですしね
(でもオバやバルトラなどオープンな性格の選手とはうまくいってたようですね)

俺は個人的にドルトムントのフロントを批判する意見には賛同出来ません
香川のマンチェスターユナイテッド時代、モイーズが試合ごとにどんなに酷い記録を打ち立てようとも、解任に反対する意見は最後まで合ったし、彼らはモイーズを解任しようとしているフロントを批判していました
でも、ファンと経営者の考えが違うのは当たり前で、経営者はクラブを守らなくてはならない
このままにしてクラブがどうしようもない底まで沈む前にクラブは手を打たねばならない。それがトゥへルを解任するということなんだと思います。
そして、最後の21分間の話し合いというのは、クラブがトゥへルに対して違約金の支払いと解任、役員会の決定であることを通告し、書類にサインするだけの儀式だったと思います。
つまり、最後まで両者は互いを理解し合うこともなく契約を終えたのでしょう

結局、マインツのフロントが警告してた通りになりましたね
今のままならトゥへルは監督ではなく、クロップにとってのブバチのように、モチベーターの下で戦術を分析したりするアシスタントコーチの方が向いてると思います。。
[ 2017/05/31 02:20 ] [ 編集 ]
ここでは優勝を理由にトゥヘルを擁護している方が結構いますけれど、先ず香川はトップ下で使われた試合よりIHで使われた試合の方が多い事、最後の試合に至ってはアンカーで使われた事を忘れてはいけません
また戦術のため犠牲にしたり不当に干したシャヒンやシュメを抜きにしても3バックやら無茶な戦い方はあったので先々を考えると解任は当然の結果ですよ
リーグ3位ポカール優勝CLベスト8に於いてもドルトムントの資金力やら選手層を見ても2、3年かけ、これだけで満足する方がドルトムントファンとしてクラブを安く見てる気がしますしね
やたら擁護する人は香川の出した結果をトゥヘルのおかげにする割にリーグ3位やらチーム内での不信を監督の責任として認めない時点でただのファンなんだとは思いますが、いくらトゥヘルが好きだからと言って怪我だと明言してない選手をベンチ外にしたり本職じゃない選手を別ポジで使う暴挙を正当化するならばクラブ側に解任される事もまた認めなければなりませんね
[ 2017/05/31 02:58 ] [ 編集 ]
トヘルが一年目の後半に香川に前で仕掛ける様に徹底的にポジションを縛って下がらせなかったのはプラスでしたね。
クロップだったらそこまで厳しくやってくれなかった様に思います。
香川が突然ベンチ外になったりしたのもその時期で、恐らく前に貼り付けにされるのを練習段階で嫌がった為ではないかと思ってみてました。香川も結構頑固みたいですし。
この時期のトップ下の香川は自信なさげでいいプレーも少なかったですが、前にポジションをとってしっかりと戦っていれば出来が悪くても必ずトヘルは再度チャンスを与えていましたし、試合後、交代後も必ず彼をねぎらっていましたね。
この辺りにトヘルの香川の持ってる本来の能力への期待と信頼を感じました。
そもそも就任時に香川をトップフォームへ回帰させる旨を宣言してましたしこの辺りは有言実行してくれましたね。
[ 2017/05/31 03:07 ] [ 編集 ]
ヴァツケ、トゥヘルのメッセージは所詮表向きのもの
契約解除がすんなりされていることからも相当な何かがあったのでは
フロントとの不和が大事な試合を残してる段階で騒がれたけれど、選手からトゥヘルを指示する声が全くでなかった
祝勝会?でのヴァツケのスピーチを見てもフロントは選手を守ったのかなと感じます
トゥヘルはドルトムントに合わなかったということじゃないでしょうか
新シーズンに向けお互いのためにも早期の決着はよかったと思います
ちなみに香川は日本ツアーの時に延長をするような気がしています
去就を悩んでるように全く見えませんから
[ 2017/05/31 03:17 ] [ 編集 ]
トヘル初年度前期の433フォメ時代の香川を褒める人がよくいましたけど、個人的に好きじゃなかったんですよねあの時の香川。なんかフィニッシュから逃げてる感じで。
あからさまにゴール前になると自信なくなる感じで、確実性ってよりシュートを打つことを避けるために味方にパス出してアシストだけが付いてくみたいな。
なんか本人もIHで満足しちゃってる感じで。
それを後期に叩き直そうとしてくれた点に関してだけはグッジョブだとトヘルにはずっと思ってましたね。マジで。
苦悩の中で岡田さんの言葉ってのは大きかったと思うんですが、そもそも苦悩したのはトヘルが香川に以前の姿を強く要求し続けたからだと思うんですよ。僕は。
[ 2017/05/31 03:31 ] [ 編集 ]
そもそもゲッツェに関しては病気なのでそれが良くならないとですね、一応
[ 2017/05/31 03:44 ] [ 編集 ]
奇しくもファーガソンのコーチ陣を解任したモイーズの如くレヴァシンジを取ってきたスカウトコーチを切ったトゥヘルは似ている
[ 2017/05/31 03:44 ] [ 編集 ]
>>うまくいかない時期でも辛抱強く香川をトップ下で何度も使っていた

これに関しては自分も同意見
上手く機能してたインサイドハーフから急にトップ下に戻して驚いたし、当時はフォーメーションが上手くいかなったときのスケープゴートにするつもりだって言われたけど、今トゥヘルの性格をわかって考えるとトゥヘルは自分の戦術の一部に確実に香川をピースとして考えていたよね
香川が必要ないフォメでは決して使わなかったし必要になればシステム変えて投入した
香川のトップ下でのクオリティは理解してたと思うよ
トップ下で香川の高い能力を戻すきっかけを作ったのはトゥヘルであることは間違いないね
香川の起用に関しては納得いかない人がいてトゥヘルを批判するのもわかるけど一定の信頼はあったと思う
シャヒンに関しても怪我治った当時って前のプレイに昔の面影すらない状態でもう無理なのかと思ったらモナコ戦でまさかの復活
そのあとも全盛期を彷彿とさせるプレイが続いて終盤必須な選手だった
トゥヘルはエゴの強い監督だとは思うけど選手の状態と適正はよく見てる人だと思ったよ
[ 2017/05/31 03:52 ] [ 編集 ]
ヴァッケのコメント訳したものみたらもうね・・・
ここまで監督コーチ陣と信頼を築けませんと宣言した文章はきいたことがない
[ 2017/05/31 03:53 ] [ 編集 ]
香川についてどう考えていたのかは結局よくわからないなあ。

ポカール決勝でサヒンの代わりに入ったのってギンターじゃなくて香川なのかなって気もしたんですけど、どうなんですかね。つまり幅の広さを非常に評価しているということですが。

でも香川がチーム事情がって話もしているし、できれば8番はやりたくないみたいだから、違うか。
[ 2017/05/31 04:17 ] [ 編集 ]
>香川が必要ないフォメでは決して使わなかったし必要になればシステム変えて投入した

そうですかねえ 香川必要ない戦術で使われてたと思いますけど
自分はトゥヘルの香川起用法は理解できませんでした 香川いるのに縦ポンサッカー
ずっと香川の頭の上をボールが行ったり来たりでしたよ
[ 2017/05/31 04:40 ] [ 編集 ]
ゲッツェの離脱は、本当に病気だけによるものなのだろうか。
ウィンターブレイクを機に、スタメン→ベンチ→ベンチ外へと落ちていったが、その屈辱に耐えられなかったのではないだろうか。
おそらくあの扱いがずっと続けば、選手としての価値や名声はとんでもなく傷が付いてしまっていたと思う。
バイエルンからドルトムントへ戻り、ここでも駄目ならば次はもう無い。
来年にはワールドカップもある。
幸いあの時期はチーム状況も良くはなかった。
シーズン後にトゥヘルが解任される可能性も十二分に考えうる状態だったし、それならばシーズン一杯は(トゥヘルの間だけ)休養という賭けに出たとしても不思議ではない。
そして実際には、そこから予想以上の成績を積み上げたのだが、なんと解任。
後任は連携重視の監督か??
冷遇された選手にとっては、チャンスなのは間違いない。
さらにゲッツェは、U19の決勝にはスタジアムへ観戦しに行っていたが、直後のポカール決勝やパレードには姿すら見せようとしなかった。
米国の病院に行ったという噂も聞いたが、わざわざ日にちを被せる必要はない。
私はこういった行動にも、ゲッツェのプライドと同時に苦悩や焦りがかなり見て取れるように思う。
[ 2017/05/31 05:06 ] [ 編集 ]
そもそもトップ下トップ下って連呼してるけれも初期ドル期の香川は半シーズンで13得点というフィニッシャー性を買われて一年目はバリオスとツートップ二年目はCFレヴァの後ろでシャドーしてましたからね
トゥヘルがそこに戻したかった的な妄想をしたいならトップ下ではなくオバとのツートップにでもしなければあの得点率にするのは無理ですよ
昨シーズンのトップスコアポインターのミキも居なかったので↓にすることも出来たはずなのに一回もしませんでしたしね、トゥヘルは香川の得点力に期待してたわけじゃないんですよ
オバ香川
ロイスサヒンヴァイグルデンベレ
シュメパパバルトラピシュ
ビュルキ


[ 2017/05/31 05:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルは香川を鍛えてくれたとは思います。今の香川の成長はもちろん本人の努力が一番大きい。しかしトゥヘルに振り回されながらも、少しずつ幅が広がり逞しくなっていった事も事実ですよ。そしてトゥヘルも香川のポテンシャルは認めていたからこそ香川のコンディションが上がってからスタメンに戻してきた。香川の人間性も認める発言をするようになってきた。
確かにもっと香川に自由を与えて欲しかったが逆に不自由だからこそ香川は考え悩みそして成長したのではないかと思う。
[ 2017/05/31 07:11 ] [ 編集 ]
トゥヘルは過大評価されてる監督だと思うけどね
クロップの遺産でうまく成績を残せた
そして自分のチームを作ろうとしたみたいだけど失敗したという

次に率いるチームが何処になるかまだわからないですけど注目はされるでしょうね
[ 2017/05/31 07:23 ] [ 編集 ]
ビジネスに置いては結果さえ出てればある程度は目をつぶろうと思う方です
人間性も完璧な人はいませんからフロントとの関係はしゃーないです。
ただドルトムントにとって大事な試合でことごとくケチをつけたのが残念でした
戦術がハマった時は感嘆しましたが、嘆いた時の方が多いか…
こういう積み重ねは選手のモチベーション低下につながる。すでに大きい魚も逃げたし。そこを切ったんでしょう
選手をコントロールしようとしすぎた面もあったけど改善も多々あり、面白い監督だった。
監督は移り変わるものですからトゥヘルの今後が楽しみです
[ 2017/05/31 08:05 ] [ 編集 ]
>トゥヘルはオバ、パパ、ヴァイグル、ロイスなどの一部主要メンバー以外は横一線だっただけなんですよね、多分。

その一部主要メンバーの中でもパパはマスコミに監督への不満をぶちまけましたし、ロイスも監督の命令を無視してオバに蹴らせ、監督は激怒。
選手に信頼されてなかったので、もう無理だったのでは。
[ 2017/05/31 09:58 ] [ 編集 ]
スコアブックさんです。
私はずっとトゥヘルは香川を大切にしている、評価している、鍛えてくれてフォームを戻してくれた…と言ってきて、さんざん叩かれましたが、やっと賛同者が多く出てくれて嬉しいです。それ以上に香川自身がそう感じているコメントを出していたので、やったー!的なものも有って…凄く嬉しい。
やはりずっとスコアブックを付け続け、何度もそれを見返してトゥヘルの意図を考えコメントを探し…の結果至った結果は間違っていませんでしたね。彼自身が「リーグ優勝時より今の方がプレーの質、メンタル等ではるかに良い、凄く成長した。」というのは答え合わせで正解した感です。

ついでにいうと、トップ下での感覚が戻った後は次々と別の課題が課されていたようです。まあ、9月に怪我してからあまりコンデションが良くなかったですから、前半は試合に出たり出なかったりでしたが、出た試合ではボランチとしてのビルドアップや守備だったり、2トップだったり、シャドーだったり…
ライバルも、カストロだったり、ゲッツエだったり、ゲレイロだったり、デンベレだったり…皆一流選手で特徴が有ります。そんな中一人一人と争って確実にスタメン奪取したのはものすごい努力ですね。私は、はなから共存すればと思っていましたが…現代サッカーではポリバレントが非常に高く評価されますからね。香川はこれを課題と受け止めてきちんと練習を続けた。トゥヘルにその姿勢を絶賛されて、全ての選手の手本だと言われてました。

そもそも、私自身がこの2年間、トゥヘルのサッカーで沢山の事を学びました。スコアブックを付けるきっかけは川崎戦を見た思い出からですが、この時も前後半全く別のフォーメーションで、それからハマってしまいました。
サッカーのマネージャーとしてスコアブックを付けていたのはもう40年近く前の事…年がバレる・・
その時も戦術を真剣に学んでサッカーにハマっていましたが、数十年ぶりにワクワクしながらスコアブックつけたり、サッカー本を大量買いしたりしてしまいましたよ。

トゥヘルさん、ありがとう。また監督としてお目にかかるのを楽しみにしてます。
[ 2017/05/31 12:39 ] [ 編集 ]
鹿島の監督も解任されましたね。
成績はここ数年のを見れば分かる通り申し分ないですしフロントとの問題も無かったようです。
人間性は知っている限りでは特に強調する物もないと思います。
では何故解任されたかというと試合内容とチームの運用です。
トゥヘルの解任理由やこれまでの人気の無さはまさにコレと同じです。
不思議な事にこれに対しては目を瞑る人が多いのが疑問なんですが、。
[ 2017/05/31 14:35 ] [ 編集 ]
現場を混乱させる采配で積み上げた結果が評価出来るかと考えれば、微妙なのでは
バイエルン戦での5バックとか、この監督はかなり控え目に言えば見限ってました。

個人的には、ドルトムントには常に挑戦者であってほしい
CL優勝信じてるので。


[ 2017/05/31 18:13 ] [ 編集 ]
香川は練習で監督の指示に逆らいトップ下で前へ張り付く事を嫌がるような事はしないでしょうね。彼の練習態度はプロフェッショナルだとどの監督も認めています。現に4231のトップ下で初めて起用された昨期前半最終戦ケルン戦では、パスが来ずとも後半半ばに433に変更されるまで前に張り付いてましたよ。昨期後半戦のインゴルシュタット戦はパスが来ないので、ボランチのヴァイグルとギンターのサポートに下がったら交代でしたけどね。いずれにせよ4231は2ボランチの人材不足で難しかったと思います。
それから香川は8番のIHで起用されるのを嫌がってませんよ。今期開幕前のインタビューでヴェラッティが好きで彼のプレーを参考にしていると言っていましたので。チーム事情は苦手の右で起用される事だと思います。今期前半戦で右IHの時に左でプレーするのがベスト、チーム事情で右だけど苦手だと言っていましたので。ゲレイロとゲッツェが左なので、香川は右起用だったのでしょう。いずれにせよ様々な戦術で偽9番、トップ下、シャドーだけでなく、左右IHで上達しプレーの幅が広がった事は、香川にとって非常に有益だったと思います。どのクラブでも所謂典型的なトップ下のない戦術が増えてますし、ハリルもトゥヘルと同じく相手の良さを消す戦術を使いポリバレントな選手を好みますしね。ポカール決勝では急遽香川本人が起用されないだろうと思っていた2ボランチで起用され、対応出来たのも収穫です。地道にフィジカルを鍛え守備力を上げ、今期は選手として一段と成長してますので、今後が楽しみです。
[ 2017/05/31 19:44 ] [ 編集 ]
香川のコメントに監督への感謝の言葉なんてないような気がしましたけどねえ
課題を克服した充実したシーズンだったと言ってたみたいですが、それが監督への感謝の言葉になるのは?
いずれにせよ、香川は我々が思っているよりトゥヘルを嫌悪しているわけではないでしょうが
香川を色んなポジションにして成長させたってのは偶然で、単に都合がいいから使いまわししているだけだったと思います
香川は干しても文句言わないしね
後半になって少しは信頼されてきたようですが、それでもバイエルン戦やホッフェンハイム戦で出れない
シュメもシャヒンや香川と仲いいですからこんなところも不満だったんでしょうね
[ 2017/05/31 21:02 ] [ 編集 ]
ポカール決勝でボランチで出場させられているのを見て、違う監督の元でやってもらいたいと心底思いましたね。
やはり便利屋扱いになってしまいました。
[ 2017/05/31 23:24 ] [ 編集 ]
このコメント欄。
さすがに10行とかのコメントは読まないです。
そこまで伝えたい事が多いなら自分でサイトを立ち上げる事をオススメします。
[ 2017/06/01 00:17 ] [ 編集 ]
スコアブックさんです。

>香川のこの一年間の思いのブログを読みました。個人的にはほぼ思っていた通りの内容で、改めて「そうだよね」って感じでした。怪我だけでなく次々に与えられたライバル競争、爆破事件も含め苦しい1年でしたがフィジカル、テクニカル、メンタルが凄く成長したと思います。彼は負けず嫌いで課題大好き人間ですから、そこがトゥヘルの鬼プロジェクトがハマって成長させられたのかと。トゥヘルが香川を評価して特訓していたのは明らかですが、香川自身はトゥヘルを好きでは無かったとは思ってます。ブログにもチームメイトとスタッフへの感謝は書いてありますが、監督の事は出て来てませんし・・・
でも、数年後に振り返った時に良かった、良い監督だったと思っていて欲しいですね。嫌な思い出はドルトムントに相応しくありません。 2017 5・29 18:52

も私です。香川が感謝してるなんて言ってません。私がサッカーをワクワクしながら勉強できた、香川を再生してくれた事に感謝です。そもそもトゥヘルの奇策の真意を知りたくて一生懸命に久々サッカー戦術本やらネット検索やらでハマってしまった。トゥヘルが大好きなドルトムントに来なければ、香川の監督にならなければここまで勉強しなかったと思うからです。管理人さんのブログも欠かさずチェックしていました。特にこの一年はドルトムントの話題が多くてとても参考になりました。ありがとうございました。
[ 2017/06/01 17:56 ] [ 編集 ]
19:44ですけど05:35さんと21:02さんに同意です。ポジションの幅を広げられた事は、今後のキャリアや代表を考えても有益だったと思います。香川の努力の賜物ですね。でも香川に合わない戦術の時や怪我の時を別にしても、トゥヘルがコンディションをみて香川を起用していたようにはみえませんでした。コンディションが悪くても起用され続けていた同ポジションの選手もいましたし、どの監督でも戦術や選手のプレースタイル等に好みがありますしね。トップ下やシャドーでも、香川の実力は認めていましたけど、トゥヘルはデンベレやプリシッチを起用しつつ育てたいようにみえました。それと今期IHで香川はチーム事情で苦手な右起用だと言っていましたけど、昨期後半戦のシャドーでの右起用の時にも、自分は使い勝手がいいので色々試されていると言っていました。23:24さんの仰っているように便利屋扱いですよね。起用法は監督が決める事だと度々言っていましたけど、香川のブログを読んでも相当な葛藤があった事が伺えますし、契約を延長をしていない理由の一つだったと思います。
[ 2017/06/01 19:58 ] [ 編集 ]
今さらながら複数ポジこなさせるよりミキがマンユ行った時点でアタッカーに戻してガンガン得点して貰ってドルなり更に上のクラブに行ってもらってCL獲って欲しかったけどね、香川に関しては
ドルに関しては香川をマルチに使っても良いだろうけど攻撃的MFを守備的に使わなきゃならない采配と選手層はどうかしてるとしか思えないかな
[ 2017/06/05 03:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。