ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBヴァツケ会長「トゥヘルと一緒の仕事で疲労困憊してしまった・・」トゥヘル解任の理由を説明《ドイツの反応》




シュピーゲル


BVBボス、トゥヘル解任について語る


一緒に仕事をする上での基礎がなかった。”



entry_img_1698.jpg


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはファンに向けて手紙を書いた。この57歳はトーマス・トゥヘル解任の後で、これまでに何度も対立があった事を強調している。


スポンサーリンク




ボルシア・ドルトムントの会長、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは、トーマス・トゥヘルの解任について意見を表明した。


“我々の間には、現時点での人間関係において、信頼に基づき、今後も成功を収めるために必要な基礎がもうなかった。”

とヴァツケはクラブが公開した手紙でそう述べている。




ヴァツケはそこでトゥヘル監督と、そのチームに感謝の意を示しているが、それと同時に、トーマス・トゥヘルの解任への理解を訴えた。


“BVBはトーマス・トゥヘルと、スポーツ面での目標を達成するという成功を収めた2年間を共にした。しかしスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクと私は、この2年間のトレーナーチームとの仕事で疲労困憊してしまった。”


と会長は語っている。



20170531050439fe3.jpg


ヴァツケは、さらにこのファンに向けた手紙の中でこう続ける。


最終的にはクラブ経営者の認識が重要になるが、それは他のスポーツクラブや企業とは何も変わらない。大事なのは成果だけではない。その中で重要なのは、常に、信頼や尊敬、またコミュニケーション能力、信頼性や同調性などといったものの価値だ。重要なのは信用であり、忠誠だ。”




BVBはポカールで優勝してからたった3日でトーマス・トゥヘルを解任した。4月11日にバス襲撃事件で手首を負傷したマーク・バルトラは、ツイッターで“トーマスとの仕事は大きな喜びだった。今後もベストを願っている。”と述べている。








以上です。

管理人もファンに向けた手紙というのを読みましたが、まあ要点は以上のようなものです。さらにここの述べられていなかった点としては、この決断が理事会の一致のものであるとの事にも触れられていました。全文を訳すのはちょっと長すぎました・・。

この手紙を書いた背景には、ファンに理解を得ようとするヴァツケの試みがあるのだと思います。

例えば、Sport1では読者アンケートを実施しており、そのうち66%はトゥヘルを解任するべきではなかったと回答しています(回答者約4万人)。

しかし一緒に仕事をする上での基礎がなかった、という事ですが、何が問題だったんでしょうかね。ビルトがこの謎にどれだけ迫るのかどうか、注目していますが、案外、この件には触れないでほしいとクラブから釘を刺されているかもしれないですね。


【おまけ今日のドイツ】


20170531045118e5d.jpg
ラバーブを使ったデザート


[ 2017/05/31 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(57)
「最初の半年間だけはすべてが上手くいっていた」と、チーム関係者が証言していましたよね。
見た目や第一印象が穏やかで優しそうに見えるので、それとのギャップが一気に噴出したのが半年以降だったんでしょう。
マインツと同じですね。
これは、毎日顔を合わせている者にしか分からない事でしょう。

[ 2017/05/31 06:20 ] [ 編集 ]
選手の補強で対立してたのは間違いないですよね。ヤヌザイ辺りからトゥヘルの要望はもう通らなかったのかなと。ラモスの移籍もトゥヘル嘆いてましたね。ゲッツェもいらなかったんだろうなぁ。
[ 2017/05/31 06:38 ] [ 編集 ]
クロップとの関係のように仲良くなろうとしたら、トゥヘルはクラブの人間とは仲良くしないで一定の距離を開けておきたい人間であったと。

常に代理人を間に挟んで会話をしようとしてくるトゥヘルに対して信用、信頼、愛情、親愛といったものを築くことがヴァツケはできなかったのでしょう。

クロップとトゥヘルは人間味でいえば真逆の人間であり、クラブ側は真実の愛をことごとく踏みにじるトゥヘルに対して疲れ果ててしまったのでしょう。

トゥヘルは距離をとってコミュニケーションを図りたいと考えるようなクラブを探せばよいのでは?
人間性ではなく単純な成績だけで評価をしてくれるような冷酷である一方で結果さえ出せばよいというはっきりとしたクラブを見つけることができればトゥヘルにとっては成績さえ良ければ文句も言われませんしピッタリなのではないかとも思ってしまいますね。
[ 2017/05/31 06:42 ] [ 編集 ]
シュールレはトゥヘルの希望で獲得しましたよ。
元教え子ですし、記事にも出ていました。
トゥヘルはスカウトのミスリンタート氏とも対立してましたよね。
[ 2017/05/31 06:49 ] [ 編集 ]
上の人が書いてる、半年間の件が本当なら、6月契約の12月ですよね。何でもかんでも香川に絡めるつもりはありませんが、スタメン外しどころかベンチ外があった頃ですよね。そういった周りがなかなか信じられない行動が積もり積もったのかもしれませんね。
[ 2017/05/31 06:50 ] [ 編集 ]
トゥヘル
就任して初めの頃に試合の交代の際に香川選手のお尻を足で蹴ったのを見たときからとても嫌いでした。なので私にとって、このトゥヘル解任のニュースは朗報です。次のシーズンは、ぜひ今シーズンを上回る成績をと願っています。
[ 2017/05/31 06:51 ] [ 編集 ]
選手たちはケガ人だらけでフロントのトップは疲労困憊ですか。
まぁ実質シロート上がりで野心家でもあるから付き合う人たちは苦労するよね。現場からの叩き上げじゃないから組織内部の空気とかに疎いんだろうし読めないから、どうしても頭でっかちになって理想が暴走する。だからあちこちいじり倒してたんだろうけど。ある意味ドイツのクラフツマンシップとは逆行した珍しいタイプの監督だった。
[ 2017/05/31 07:03 ] [ 編集 ]
ドルトムントはフロントの役割がすごく大きくて、実際それで成功したクラブだからね。特にスカウティングの能力は世界一でしょう。どんな監督であれ、フロントを無視したチーム作りはダメじゃないかな。
[ 2017/05/31 07:10 ] [ 編集 ]
最初の半年間は選手たちも楽しそうにプレイしてましたからね。多分香川のベンチ外事件くらいからトゥヘルのやり方にびっくりしたのではないですか。
[ 2017/05/31 07:17 ] [ 編集 ]
トゥヘル自身に様々な問題があったのも事実なんでしょうけど
フロントのやり方やコミュニケーションに一切問題がなかったというとそうではないだろうし
ここでトゥヘルだけのせいにするか、自分たちフロントにも原因を求めるかでクラブの未来も変わってくると思います
ファンにこの決断を納得してもらいたいなら来季の結果こそが全て。駄目だったらフロントの責任も問われるでしょうね
[ 2017/05/31 07:32 ] [ 編集 ]
結局真実は明らかにされないんでしょうね
だとしたら、なにも意見は言えません
ただただ、結果を出した偉大な監督トゥヘルのこれからを祈るばかりです
[ 2017/05/31 07:42 ] [ 編集 ]
人間味に欠ける独裁的なやり方に疲弊&補強に関する対立、ですかね...
[ 2017/05/31 07:51 ] [ 編集 ]
管理人さま翻訳ありがとうございます。ヴァツケの言い分は成績よりももう一緒には働けない、疲労感が勝ったという事なのかと理解しました。トゥヘルがツイッター始めたようですが、本人だとしたら何か語るのでしょうか。ビルドが追っかけないとしたら、トゥヘルは黙っていられないかと思いますが。上の方も仰ってらっしゃいましたが、就任1年目の12月頃にシステムいじってゴンゾや香川のベンチ外もあってざわざわし始めたのでその頃からおかしかったとしたらやはり限界だったのかなと思います。現地では納得いかない声が多いようですが、一緒に働いてみないとわからない事って一般にはよくあることですしね。知らないのでトゥヘルがそうだとは言いませんが、周りを振り回す人って悪気なく振り回すので付き合う方は大変なんですよね。しかも本人には振り回してる自覚がないという…ウォルクスブルグ、レバークーゼン、シャルケのようにならないよう祈ります。長文で失礼しました。
[ 2017/05/31 07:54 ] [ 編集 ]
最初の半年はすごく楽しいサッカーだったのになぁ。
あれをもう少し見ていたかったです
[ 2017/05/31 08:18 ] [ 編集 ]
私はヴァツケの事を100%信頼しています。彼がそう判断したなら仕方ありませんね…スポーツ面では問題なかったとはっきり言っていますし…そもそもここでも、ドルトムントにネガティブなイメージがついてしまっただけでも、トゥヘルは大失敗だったって事でしょう。

オバや香川はトゥヘルによってかなりレベルアップさせてもらった選手だし、たぶんトレーナーとしては感謝していると思いますが、オバは父親が代理人、ギュンの時みたいにお金の為も有って(移籍金等も含め)移籍を狙っていると思います。(本人の意思というよりね)。ギュンがお金目的で行ったとはもちろんないです。ペップが大きかったでしょうけど、フロントがギュンの父親が問題だったと言っていたので。
香川はトゥヘルに全く無関係にドルトムントに戻った時から再度のメガクラブ移籍を匂わせていましたし、最近は「上に行くには…」が口癖ですから、監督が代わったらなおさら出て行くと思いますね。

トゥヘルの鬼トレーニングについていけた二人が移籍を匂わせている以上、残ったついていけなかった選手を擁護するためにも解任はやむなしです。スポーツ面の低迷は…避けられない気がします…

最近香川とロイスが以前ほど絡まなくなって、オバと香川がやたらと仲が良いのはそういうトゥヘルに対する感情も有ると思いますよ。試合後に「皆がネガティブになっていて…そんなに気にしなくてもいいのに‥‥」というチームメイトが落ち込んでて、そんなことで!!ってちょっと怒っている香川を見てて、ロイスと上手くいかなくなっているのかと・・妄想ですが。
[ 2017/05/31 08:21 ] [ 編集 ]
トゥヘルの個性的なところが問題だという事ですね。プライド高そうだし、気難しそうですよね。監督って仕事は、人間を扱う仕事だから、トゥヘルの様だと何か足りないのかもしれません。人間関係ダメダメだから、ポカール優勝で終わりたかったとか。トゥヘルの肩を持つつもりはありませんが、トゥヘル側の言い分も聞いてみたいです。次の就職先に影響するから絶対言わないだろうけど。
[ 2017/05/31 08:32 ] [ 編集 ]
常勝を求められるチームを預かる監督のメンタリティーではなかったのかもしれません。上位チームには臆病な采配が目につきました。もちろんフロントは助言したとは思いますが、それでもトゥヘルは我が道を通した。対立はこのあたりからはじまっていたと思います。こう言っては失礼ですが、トゥヘルは上位チームには向かない中位以下のチームに向いた指導者だと思います。
[ 2017/05/31 08:49 ] [ 編集 ]
ダフード、トプラク獲得の移籍金にトゥヘル解任の違約金、新監督招聘にかかる移籍金や契約金、選手との契約延長での年棒アップと今年は出費がえげつない事になりそうですね。まあオーバメヤン売らざる負えないか…。 延長して欲しいけど年棒がえげつない額になるだろうし流石にクラブの経営圧迫しちゃうかも。オーバメヤンの後継候補にも大金使わないんじゃなくて、使えないんでは? 一線級取るとしても移籍金はシュールレの3000万€は楽に超えるだろうし、そんなに払える額が無いんだろうな〜。 若手取ってきてオバの穴は埋められるとは思わないけどこればっかりは仕方ないかも知れませんね。
[ 2017/05/31 09:36 ] [ 編集 ]
絶好調だったのにバイエルン戦でいきなりドン引きして大敗したり、半年後は突然システム変更でヘビロテ選手を干したり。
トゥヘルの選手を駒としか考えていないような采配にトゥヘルは長くないって思ったのが半年あたりでした。
サッカーも急につまらなくなったし負けたら選手のせいのような発言したり。
選手やサポにも嫌われるだろうと思っていましたがサポには意外と支持され続けましたね。
確かムヒタリアンがマンUに移籍の時、トゥヘルが3年(だったかな?)監督を続けるなら残るというような発言をしたと記憶してますが、それもフロントや選手とうまくいっていないから絶対に飲めない条件を見越して言ったんだなと思いました。
策士だったんだなぁ・・・
[ 2017/05/31 09:42 ] [ 編集 ]
マインツの時とよく似ていますね。人格面に問題があるのでしょう。
[ 2017/05/31 09:46 ] [ 編集 ]
まぁ奇策タイプの監督はチームの根本的な強化には向いてないからビッグクラブには席が無くなりつつありますね。
イタリア人監督に来てもらって守備から攻撃への流動性を修正してもらいたいけど無いだろうなぁ。
最近のセリエやラリーガで進化したソーンディフェンスまだブンデスでは見ないからドルトムントに輸入して欲しい。
[ 2017/05/31 09:46 ] [ 編集 ]
試合に負けたとき選手を批判してたのが印象的だった。
正直見たことなかったから。
普通は選手をかばうものだと思ってたし
それに負けた原因は監督の采配が主な原因だろうに
何故選手を批判できるのか不思議だった。
[ 2017/05/31 09:53 ] [ 編集 ]
ヴァツケの手紙は言葉は穏やかですが、内容は結果以外のあらゆる総てがトゥヘルは駄目って事ですよね。
関係を修復する為の基礎さえ無い・・辞めさせたくて辞めさせたくて辛抱堪らん加減が出ています。
普通は選手が監督・戦術批判イコールクラブ批判で罰金モノですが、クラブは放置していました。完全にフロント・選手vsトゥヘル・コーチングスタッフの構図が出来上がっていたんだと思います。
違約金と新監督招聘にかかる大金と来期成績の不透明さのリスクをあえて抱えても、放置出来ないクラブ内危機が存在していたのでしょう。
破産の危機から現在の健全なクラブにしたのはヴァツケの手腕です。単なる相性などで解任はしないでしょう。
そう思うと、表に出ないトゥヘルの闇(病み)の部分が気になりますね。
[ 2017/05/31 09:55 ] [ 編集 ]
マインツは契約満了までトゥヘルに辞めて貰うつもりはなかった訳で
想像以上の変人だったとしても付ついて来る選手は居たし5年も続けられたのですから同じではないですよ
[ 2017/05/31 09:58 ] [ 編集 ]
噂や憶測はともかく、サッカーの印象だけで言うと、トゥヘルは(ドルのためではなく自分の経験知のために)実験をしてただけ、という印象でしたね……
やや暴論ですが、

トゥヘル=アミバ
ドルトムント=木偶

そんな印象でした。



[ 2017/05/31 10:24 ] [ 編集 ]
トゥヘルってラニエリの劣化版のように思えるんですよね、チームを弄りたがるあたりとか。
朝令暮改が当たり前な人と仕事するのはやっぱ疲れますよ、誰でも。
[ 2017/05/31 10:44 ] [ 編集 ]
トゥヘルの要望聞いてたらシュールレとパク見ても若くもなくスターでもない中堅選手塗れになるところでしたね。どう転んでもこの二人は移籍先なんて選択できないだろうし戦力としても転売としても人気としても下位レベルだし一緒に次のビッグクラブ?にでも連れて行ってほしいものです
[ 2017/05/31 10:47 ] [ 編集 ]
モチベーターのクロップと
机上の戦術家トゥヘルと
どちらとも背を向けたヴァツケは
ドルの経営者としては危険性が高いでしょう
企業の株主は馬鹿じゃないからね
ミランみたいにならない事を願う
[ 2017/05/31 11:00 ] [ 編集 ]
トゥヘルを切ったのはまぁ内部事情がよく分からないので何とも言えないですが、ヴァツケには2シーズン連続でクラブの足を引っ張るような行為をしたことを説明して欲しい。ここだけは本当に許しがたいです。我の強いフロントと我の強い監督の組み合わせは長続きしないですね。
[ 2017/05/31 11:13 ] [ 編集 ]
ん~、「信頼に基づくクラブへの忠誠心がなかった」ということなんでしょうが、新任監督にそんなものが始めからある筈がありませんよね。
信頼は日々の関係で築いて行くもので始めから在るものではないですよね。
忠誠心は信頼を築き上げた結果の産物であり始めから備わっているものでもないです。

ヴァツケを悪く言うつもりはありませんがファンへ宛てたコメントは詭弁の一言に尽きますね。
トゥヘルのプランとクラブのプランが合わなかったとは言えなかったのでしょうか。
情に訴えるやり方は少し卑怯です。これにはトゥヘルに同情を覚えますね。
確かに、戦術やゲームプランに選手起用といった内容を吟味すれば、悪く言えばコロコロと変化する気分屋の傾向は見て取れます。よく言えば試行錯誤で若い選手達を良く引っ張っていると言えなくもないですね。

トゥヘルの最大の罪は、自分の失敗を受け入れる勇気が無かったことだと思います。自分の非を認める事ができていればチームへも選手へもアフターケアができた筈です。
選手起用や組織としての戦い方の失敗など、同じ様な失敗を何度も繰り返し偏った自分のプランを全く見直そうとしない姿勢には流石に我慢の壁を作ってしまいましたね。
その壁が何かの切っ掛けで崩れる時が最後通知だったということなのでしょう。

私から見ればどっちもどっち、失った信頼を再構築するのは容易では無いことがよく解る件ですね。
ただ、再構築できた時には本物の信頼と忠誠心を得られる最大のチャンスではあったと感じています。クラブもトゥヘルも一皮剥けて1ランクアップの成長ができたのではないでしょうか。
日本式に言えば、相手に対する配慮が欠けていた。思い遣りが無かったということなのでしょう。
少し残念ではありますが、感情の縺れは悲劇を招く恐れがあるので修復不可能ならば解任も致し方ないでしょうね。

いい監督だったとは私は思いません。マインツで必要以上に持ち上げられた、ただの戦術家だったということなんじゃないですか。
性格に難ありとレッテルが貼られてしまいそうですね。だとしたら、その悲劇はその時から始まったのだと思いますよ。
[ 2017/05/31 11:16 ] [ 編集 ]
最初の半年12月まではファンタスティック4と言われて本当に楽しく面白かった。
前任者の戦術・チームでは自分の業績にならないと1月になったら、その全てを捨てた。極端に守備的な試合をやったり、中盤を飛ばして放り込んだり、自分の考えがあるんだろうが、選手はたまったもんじゃなかったろうね。理由なく干され、ベンチ外にもされ、ピッチ上で叱責され罰として外された香川が人生初めて監督室に自ら出向いて話し合いを行った。そこまで追い詰められるほどに選手との信頼関係は失われた。
[ 2017/05/31 11:24 ] [ 編集 ]
決定的だったのは補強の方針でしょうね
トゥヘルは雇われとしてもっと上手く振る舞う必要がありましたが
一方のフロントもマーケティングとブランディング、青田買いと銭勘定ばかりに傾注したために戦力の構成を歪めて脆弱にしてしまいましたね
次の政権ではどうかトプラク頼んだらゲッツェ獲ってくるみたいなのはなくなるといいんですが
[ 2017/05/31 11:35 ] [ 編集 ]
選手獲得に対してトゥヘルの意思が反映されてないような意見が以前から多いですが
スカウト部長と対立してたら仕方ないのかなとも思いますよ
理事会の一致ってことでトゥヘル解任が何もCEOとの対立だけが問題じゃなかったってことになりますね
デザート美味しそう!
[ 2017/05/31 11:36 ] [ 編集 ]
俺はヴァツケ会長の決断を信じるよ
彼はチームとファンを愛していたし、私情もあるのだろうが最終的にはチームの為の決断だと。
ただ、存在感が大きかったクロップの後は色々苦労もしただろうし、トゥヘルには同情する。
[ 2017/05/31 11:41 ] [ 編集 ]
サポに解任を理解してもらいたいなら感情に訴えるより、もっとロジカルに経緯を説明するほうが良いのではないでしょうか?
「その他の企業と何も変わらない」と言うなら「疲労困憊してしまった」なんて理由は稚拙にしかならないと思います。

今交渉しているであろう監督候補も転職先の経営陣の言動をよく観察しているだろうからなあ
[ 2017/05/31 12:20 ] [ 編集 ]
選手からもヴァツケと同じようなこと思ってそうな雰囲気漂わせてるのが結構いるし事実無根ってこたーないだろう
[ 2017/05/31 12:57 ] [ 編集 ]
トゥヘルとフロントの対立だけ、とみてる人がいるけど、
スカウト部門、選手達ともトゥへルは対立してるんだよね。

フロントはスカウト、選手達の代弁者でもあったから、ここで来季結果がでないなら
フロントは責任をとか短絡的に考えるならスカウト、選手たちはトゥヘルに対して
黙るべき、というのも同然だからフロント側の決断としては解るけどな

特にトゥヘルの戦術の駒扱いされて理不尽さに耐えられず移籍を考えてる選手達の声を
フロントは無視しろ、と考える方がひどいフロントに見える
フロントは単にスカウト、選手達とトゥヘルを天秤にかけて株式会社として決断しただけでしょ
[ 2017/05/31 13:45 ] [ 編集 ]
ヴァッケは傲慢ベルルスコーニとは違うからな。クラブにとって正しい判断だろ。
[ 2017/05/31 14:06 ] [ 編集 ]
戦績だけ見ると解任に驚く人もいるのかもしれません

個人的に昨シーズンの前半戦の終わりくらいからトゥヘルに違和感を覚え、日に日に疑問が増した身としてはで今回のことは想定内です

やってるサッカーの内容も個人技主体で組織もなく問題は修正されないまま一部の自由にプレーしている選手を除き本当に大変だったと思います

トゥヘルの事を戦術家と言う人もいます
私は戦術はチームや選手に根付き相手のある実戦でプレーをしている彼らが手応えを感じてやっと戦術としてのスタートラインに立てるものだと思っているので、トゥヘルがチームを機能させているとは言い難い状態が続いていたので監督交代も致し方ないと感じました

トゥヘルのサッカーは彼自身の頭のなかで始まりそれ以外は許容しないような、ホワイトボードの上のマグネットを動かしているような他者不在のサッカーという印象は拭いきれませんでした

監督は重要ですがチームが一番大切ですし結局プレーをするのは選手です

次に来る監督はそこの部分を理解している監督であることを願います

[ 2017/05/31 14:31 ] [ 編集 ]
フロントはトゥヘルをクビにするにしても、シーズンが終わっていない段階から自ら話題を提供していましたよね。
それに負けじと応じて話してしまうトゥヘルもトゥヘルだし。
噂は噂として各メディアで報道されてもスルーして、シーズン終了後に解任で良かったのでは無いでしょうか。

フロントは世論を味方にするつもりが予想に反して批判が多く、最後までこんな事態に。

フロントもフロント、トゥヘルもトゥヘル、個人的には両者とも酷いと感じた解任騒動でした。
[ 2017/05/31 15:39 ] [ 編集 ]
選手たちが「トゥヘルのままなら出て行く」と言っていましたから、シーズン終了後に解任を決定するのでは遅いですからね。
既定路線だったんでしょう。
売り上げがいくら良くても、その企業内がパワハラやらで疲弊していたら大問題です。
選手たちは感情のある人間なんですよ。
そんな事も分からずに、数字だけで判断してフロントを叩くべきではありませんよ。
それこそ、愛する選手への軽視以外のなにものでもない。
[ 2017/05/31 16:02 ] [ 編集 ]
来季は新監督の下で上手くいけば良いんですけどね
もしトゥヘル以下の成績だとヴァツケはサポからきつく叩かれると思います
[ 2017/05/31 16:11 ] [ 編集 ]
よく前半だけで2人を交代させて「(後半)修正力がある」と言う人がいますが、ちょっと首を捻らざるを得ませんね。
そしてまさにこれは、選手側から批判が出たポイントなんですよ。
交代させられた側の立場になってみれば当然のことです。
「だったら最初から出すな」と。
そうやって自らがスタメンで送り出した選手を信頼できず、否定して、評価を下げさせ、自分だけは手腕を上げる、なんてどうかと思いますよ。
選手たちのプライドがどれだけ傷つき、疲弊していくことか。
結局トゥヘルも、それを称賛する側も、選手たちをただゲームの駒のように思ってるわけです。
2位だ、3位だ、勝ち点どれだけ取った、だのしか見えてないんです。
[ 2017/05/31 16:37 ] [ 編集 ]
補強についてはフロントが力を持っているのが普通だと思いますけどね。監督が要望した選手を思いのままに獲得出来るようなクラブはごく少数ですので。それとトゥヘルの望み通りに獲得した教え子のシュールレやパクもいますよね。特にシュールレはフロントが反対したにも関わらず、トゥヘルが断固として獲得を望みました。シュールレは離脱が多かったとはいえ、怪我をしていない時もあまり起用してませんので、補強についてはフロントばかりを批判できないのでは?それからヤヌザイはトゥヘルが気に入ってホフマンよりも起用していたように私にはみえました。ラモスは昨冬から移籍を希望していましたので、本人が移籍したがったのを止められなかったのでしょう。CFはシュールレもいますしね。
[ 2017/05/31 16:56 ] [ 編集 ]
皆、実際のところは何も分からないはず。
もしかすると片方が圧倒的に悪なのかもしれないし情報を操作しているのかもしれない。
または実は選手達に問題があるのが発端なのかもしれない。
トゥヘルや経営陣を批判してる人に自分の想像が入って無い人は一人もいないし根拠は「あの人私を嫌ってる気がする」レベルでしかない。
こんな話題はもう捨てて次のシーズンに目線を向けませんか?
[ 2017/05/31 17:03 ] [ 編集 ]
>常に代理人を間に挟んで会話をしようとしてくるトゥヘル

自分にも経験があるが、こういう人間とは本当の意味で信頼関係など築けない
あくまで機械的合理主義で成果さえあげればいいという考えだから
けど何年も生身の人間が関わるプロジェクトだと、どこかで破綻する
ホーソン実験の意義をトゥヘルは知らなかったのかもな
[ 2017/05/31 18:24 ] [ 編集 ]
選手たちに信頼されなかったのがすべて。
あの温和なドルトムントの古株選手たちが監督批判するなんて、よっぽどのこと。

トゥヘルには新チームにシュールレを持っていってもらいたい。
フロントの反対を押し切り、クラブ史上最高額の移籍金を使って取ったんですから。
シュールレ自身、レーヴ監督と比べてトゥヘルには信用されていないと嘆いていましたよ。
あまりに可哀想な扱いでしたね。
こんな高額ではどのクラブも引き取ってもらえないが、来季どうするのか。
[ 2017/05/31 18:25 ] [ 編集 ]
05/31 12:20さん

公式サイトにヴァツケの全文が載っていますよ。
記事の抜き出した文だけを読んで判断せず、きちんと「全文」を読んでから言うべきでは…
[ 2017/05/31 18:43 ] [ 編集 ]
色々あったのは傍から見てても分かるレベルだったけど、主将とかに批判コメを出させるのはやめて欲しかったね
優勝→解雇
という不可解人事に対して、サポーターの理解を得る為にやった工作としか思えない
内紛は内々に処理してくれよ
[ 2017/05/31 18:46 ] [ 編集 ]
正式発表後トゥヘルに対しメッセージを出したのはバルトラだけでは?
すべてを把握してるわけではないので他にもいるかもしれませんが、クロップ退任時には多くの選手が写真やメッセージをSNSで発信していましたよね
ヴァツケの声明に選手との関係についてはありませんが、実際は選手ともってことなんでしょうか
[ 2017/05/31 18:52 ] [ 編集 ]
トゥヘルとドルトムントというクラブは合わなかったっていう事だと思います。
シーズンの途中で空中分解しなくて良かったです。
 ポカール優勝、リーグ戦3位で終えることができて本当に良かったです。
早く新監督が決まったら良いなって思います。

トゥへル辞任の報道が出てから今のところバルトラくらいしか感謝のツイートが出ていない気がします。
(見逃しているのかもしれませんが)
クロップの時はすぐに沢山の選手が感謝の気持ちを表わしていた記憶があるので、、、 
[ 2017/05/31 19:14 ] [ 編集 ]
ヴァツケってシャヒンも香川もゲッツェも、自分から外に出てった選手たちを快く受け入れてくれてるよね
去る者は追わず来る者は拒まずが正にピンとくる
もちろん経営面を一番としてるんだろうけど
なんつーか選手が出たがった時に、無理に値段跳ね上げたりとかせず行かせてあげたり
高くついても諍いなくサクッと買い戻す辺り、選手たちの希望を叶えることも同じくらい大事にしてるんだと思う
まだまだ若いけど選手たちのじーちゃんって感じ
フロント側との対立もそうだけど、選手からの不信もやっぱ大きかったんじゃなかろうか
[ 2017/05/31 19:55 ] [ 編集 ]
トゥヘルさんにも問題はありました。選手への駒扱いや謎采配。でも延々と一方的でしつこかったメディアを利用しての監督叩きと、そのタイミングが最悪すぎたのでフロントの印象がかなり悪くなりました。逆に言えばもうどんな手を使ってでも、是が非でも追い出したかったということは理解できますけどね。

来季の成績が下がるようなことがあればファンのフロントへの不満は大きそうですね。選手の移籍も含めてBVBの今後はまだまだ話題が尽きなさそうですね。トゥヘルさんの今後のキャリアも気になりますが、よそで活躍して大舞台でBVBと激戦を繰り広げてくれたら面白いですね。
[ 2017/05/31 21:13 ] [ 編集 ]
プレーヤーの感情を無視して机上の空論で戦術を組むところが多々見受けられました
それに懲罰を絡めた先発・ベンチ対応もあったようですね
頭の切れる人ではあったのでしょうが、あまり人望がなかったようで・・・
[ 2017/05/31 21:47 ] [ 編集 ]
ヴァッケを信頼しています。
ドルトムントが傾くとしたらヴァッケがいなくなった時ですね。
ヴァッケとツォルクがいる限り、BVBは安泰だと思ってますので。
[ 2017/05/31 23:20 ] [ 編集 ]
マンチェスター・シティの監督だったマヌエル・ペジェグリーニが
中国からヨーロッパに戻りたがってるけどどうだろう
[ 2017/06/01 00:27 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます
一番大事なところがすっぽりと抜けていたという事ですね

タイトルは取れましたけどチームの状態は決して良くありませんし
解任もポジティブに捉えていいと思いますがねぇ
戦術や経験ももちろん大事ですが
次こそは信頼、尊敬できる監督を願いたいものです
[ 2017/06/03 20:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。