ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ギンター!トゥヘルの件でメディアに反論するも、メディアはさらに反撃!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ新聞



マティアス・ギンター、意見を表明するも、トゥヘルとの関係についての話は辻褄が合わない。



2017060203045699d.jpg


ワールドカップ優勝者でボルシア・ドルトムントのマティアス・ギンターは、トーマス・トゥヘルの側に立ち、これまでの報道にエネルギッシュに反論した。


“僕ははっきりさせなければならない。僕が‘エネルギッシュな批判家’だという報道は事実とは異なる。”とこの23歳はツイッターで意見を表明している。


スポンサーリンク




《ギンターコメント全文》
僕は最近のインタビューで、スポーツ面以外でについては話をすることもできないし、するつもりもない、また詳細については知らないと話していた。しかし同時に、トーマス・トゥヘルを専門家として非常に評価しており、また一緒に仕事する事で僕の成長の助けになったとも話していた。そしてそれは思った通りの事だ。だから、西ドイツアルゲマイネ新聞が主張しているように、僕がトゥヘルの“エネルギッシュな批判家”だという事は間違っている、とはっきり言わなければならない。また僕がインタビューのおかげで、スタメンになったという主張も間違っている。僕はBVBの2年間でほぼ90試合でプレーして、その中には、先週の様な重要な試合も含まれている。どの試合もチームとクラブ、そしてファンのために情熱をもって取り組んでいる。僕たちはポカールで優勝したし、その喜びは本来は物凄いもののはずだ。僕は西ドイツアルゲマイネ新聞が今後、しっかりとした取材をし、そのソースをしっかりと見定めることを望むよ。





ギンターのコメントは、我々が水曜日に報道した記事に基づくものだが、その中で、我々はギンターがスポーツビルトのインタビューを受けるまで、“内部では熱心な批判家だった。”と報じていた。


チームはこのインタビューに関して弁明を求めている。ギンターは干されたトルコ代表のヌリ・シャヒンに変わって、ポカール決勝の対フランクフルト戦でプレーしている。


我々は今後も我々の主張を変えるつもりはない。我々の情報によれば、ギンターはスポーツビルトのインタビューまでトゥヘルの批判家であり、このインタビューがギンターのチーム内での立ち位置と彼の意見を変えている。








以上です。まあエネルギッシュな批判家と訳しましたが、まあようは批判しまくっていたというニュアンスですね。批評家の方が言葉としては正しいんでしょうが、それはそれでちょっとニュアンスが変ってしまうので・・。

それはさておき、まあメディアに喧嘩を売るとこういう風になる、という例ですね。

西ドイツアルゲマイネも、よほど情報源には自信があるようですね。まあ本人からしてみたら、あれこれ書かれてたまらないでしょうね。西ドイツアルゲマイネは、そんなにゴシップ性のある新聞ではないので、このようなやり取りに発展するのは中々興味深いです。



【おまけ今日のドイツ】

20170602030149a45.jpg
20170602030712fda.jpg

ドイツで初めてびわを見ました。
写真付きで食べ方が載っていました。ドイツ人なら知らないとそのまま皮ごと食べてしまいそうです。
桃やキウイを皮ごと食べると聞いた事があります。
[ 2017/06/02 06:00 ] ギンター | TB(-) | CM(38)
ここのブログのコメント欄では、とうの昔から(1年半弱前から)言われていましたよね。
トゥヘルがいかに気まぐれで、ヒステリックで、理性が利かない人物か。

先見の明がありましたね。
[ 2017/06/02 06:10 ] [ 編集 ]
トゥヘル批判の次は選手批判という感じで内部の信憑性不明なゴタゴタを
メディアが攻撃的な感じで表に出すことが続いててますね
もう解任したのに選手を絡めながらまだトゥヘル批判をしてたり
選手同士の対立を煽るような記事が出るとか裏でフロントか誰かが糸引いてたりもするんですかね
[ 2017/06/02 06:19 ] [ 編集 ]
トゥヘルとの不仲を認めた記事を書かれたソクラテスは、一切反論していませんよね。
[ 2017/06/02 06:50 ] [ 編集 ]
マスコミは真実を突き止め、それを伝える=記事を書くことが仕事なのだから当然でしょう。
解任してはい終わり、な訳あるまい。
[ 2017/06/02 07:02 ] [ 編集 ]
ここまで騒ぎが大きくなってしまっては、ギンターがこれからドルトムントで純粋にサッカーを楽しむことは難しいのでしょうね。
元々移籍の話が出ていたとはいえ、残念です。

※1
記憶が正しければ、ドイツでも、マインツ時代からスポーツ面以外での問題を指摘されていたように思います。(日本でもその旨の報道があったかと)
[ 2017/06/02 07:07 ] [ 編集 ]
なんで反応しちゃうんでしょうね。
反応すればマスコミとこういう低俗なものに興味がある人たちに玩具にされてしまうだけなのに。
[ 2017/06/02 07:16 ] [ 編集 ]
23歳で悪意混じりにマスコミに絡まれるのは不幸としか言えんね
[ 2017/06/02 07:28 ] [ 編集 ]
なんかごちゃごちゃしてきましたね。ゴシップ系少なめの新聞が出してきたって事はクラブ内からリークされてるって思ってしまいますが、こうなるとトゥヘルはやっぱりチームからよく思われてなかったと感じます。ギンターが残留したら居づらいよなぁとか思います。移籍しても変なイメージつかないのかな。誰か擁護コメント出すのでしょうか。自分は報道に乗せられないで冷静に見るように気をつけます。
[ 2017/06/02 07:40 ] [ 編集 ]
例えギンターがトゥヘル批判を内輪でしていたとしても公の場で言える訳ないと思いますけどね。それに人間性については触れてなかったし嘘は言ってなかった。ただ少々リップサービスが過ぎたのかもしれないが。確かにシャヒンを使うべきだったけどもし責めるのならギンターではなく監督じゃないかと思う。なんとも後味が悪くて残念です。
[ 2017/06/02 08:05 ] [ 編集 ]
根拠のない記事より、わざわざ実名のTwitterでしっかりとした否定したギンターを信用します。
メディアが噂とか憶測を事実のように書くことなんてよくあることですからね。
[ 2017/06/02 08:07 ] [ 編集 ]
ま、香川も余計なことは一切語らないしね
選手としては、それが一番なんでしょうかね…
ただトゥヘルまわりには、常にコミュニケーション齟齬の噂が飛び交うわけで
やはり煙のないところ…って感じでしょうか
BVBファンとしては、この話題じゃとっとと通り過ぎて欲しいところですが、
なかなかそうもいかないのかな
[ 2017/06/02 08:24 ] [ 編集 ]
キウイをそのまま食べるって衝撃的ですね笑
[ 2017/06/02 08:33 ] [ 編集 ]
 ギンターは火に油を注いでいるのだろうか? 彼は移籍が確定しているのでBVBは彼を守りません。余計な発言をする存在として次のクラブでも判断されてしまう。彼の代理人は彼の口にガムテープを貼らなくはならない。

 最初の発言内容は、監督をリスペクトしただけっていう社交辞令ともとれる内容なんですが、内紛が露見してワイドショーの標的となったクラブの状況や、移籍を前にした自身の状況、そうした状況を踏まえれば沈黙を守らなければならない時だったのだと思います。軽率でしたね。
[ 2017/06/02 08:40 ] [ 編集 ]
いいかげん根拠なくフロント批判はやめていただけませんか? 
こんな醜聞をフロントが喜んでするわけないでしょうに。こういう内部事情を暴露するのは恨みをもった人物でありますが、本人は関与せず代理人が動いてるんですよ。これは他のリーグでも同じです。マスコミは金で記事をかきますからね。
[ 2017/06/02 08:41 ] [ 編集 ]
まあ、ギンターさんはさよならなんだろうね。
[ 2017/06/02 09:08 ] [ 編集 ]
何でもかんでもフロントが仕掛けた陰謀論のようにコメントする人は、ちゃんとトゥヘル解任声明を読んだのでしょうか?
スポーツ面での成功よりも信頼関係を重視しての解任という措置でした。
これまで築いてきたドルトムントに携わる全ての人々の信頼関係を完全に壊される前に解任したんだと思います。
ギンターの件は、日頃ギンターがトゥヘルに対してどのような感情を抱いていたか我々には知る由もないので
何も言えませんが、今回のシャヒンベンチ外に関するキャプテン等の発言からして、シャヒンの影響力の大きさや
選手達がどっちの方向を向いているのかが見えてくる様に思います。
今出てきている問題は全て「不信感」から起きている事で、それはトゥヘルが残していった膿なのかもしれないですね。
[ 2017/06/02 09:16 ] [ 編集 ]
ドイツの記者・新聞は今までエネルギッシュなトゥヘル擁護者だった。
クラブ幹部のトゥヘル批判を知ると、エネルギッシュな批判家に手のひらを返し。アレヤコレヤとほじくり出して勝ち馬に乗って騒いでいる。いつもの記者の恥知らずに見えるんだが、、、

家訓:記者とマスコミだけは信用してはいけない。
[ 2017/06/02 09:45 ] [ 編集 ]
ここ一連の報道で何割が事実なのか、とてもじゃないけど鵜呑みにはできないですねギンターはなんか騒動に巻き込まれた感じで可哀そう でも下手に反論すると火に油注ぐ結果になりそうですし んー・・・
[ 2017/06/02 09:57 ] [ 編集 ]
どこの国でもマスコミってものはしつこいですね。もう解任が決まってるんだから蒸し返さなくてもいいと思いますし、仮にギンターが批判していたとしても、それを取材でそのまま言ったらプロとしてどうかと思いますし、無難な受け答えだったと思いますけどね。だんまりならそれはそれで叩くくせに。外の人間に言ったらどうなるかもわからずに内部事情をペラペラ言う人がいるのでしょうか。それとも幹部ですかね。今シーズンはかなり醜聞にまみれてますね。

テロは不可抗力でしたが、良くも悪くも濃いシーズンでしたね。こういうのは内部分裂をけしかけるような記事で嫌ですね。びわ、ドイツでも売っているのですね。お味が気になります。
[ 2017/06/02 10:36 ] [ 編集 ]
ドイツにも東スポ、ゲンダイと同じようなの低クオリティな記事があるのは面白い。
スキャンダルに煽って稼ごうとするのはどこの国も同じですねえ。
[ 2017/06/02 11:36 ] [ 編集 ]
ブンデス公式から先日、トゥヘルの功績ベスト5が発表されてたようです。ヤ◯ーより

すでに解雇されているのに少しも敬意をもたない人がいるのに驚きます。個人的には新監督と、オーバメヤン移籍なら後釜のFW探しの方が気になって仕方ないのですが。。

[ 2017/06/02 11:46 ] [ 編集 ]
いちいち反論したら火に油を注ぐだけなのはギンターなんかをみてればわかるので静観してるだけでは?ソクラテスに関しては。
あとあんま関係ない記事でもとにかくトヘルをとにかく批判したいみたいなコメントは感心しないですね。
[ 2017/06/02 11:55 ] [ 編集 ]
むしろ褒めてもらったからその選手を使う、とかあり得んでしょ、いくらトゥヘルでも
優勝と自分のキャリアかかってんのに
[ 2017/06/02 12:01 ] [ 編集 ]
わたしも桃は皮ごと食べますよ
[ 2017/06/02 12:08 ] [ 編集 ]
ギンターは移籍決定してる?からドルよりのメディアからは
かばわれる事はなさそうですね
[ 2017/06/02 12:42 ] [ 編集 ]
こう言っていいのかわかりませんが何もかもトゥヘルが悪いと言っておけばいいみたいな流れにもうんざりです
こういうことを言えばトゥヘルにしか興味がないだけと言われそうですが
それって香川を応援していたら香川にしか興味がないと言って批判していた人と同じでは?
ポカール取ったことすら素直に賞賛できないのはどうかと・・・
[ 2017/06/02 15:18 ] [ 編集 ]
フロント、マスコミ、選手、代理人、トゥヘル。
どれの擁護コメントも批判コメントもここまで全く根拠無し。
これぞゴシップですね。
皮ごとキウイ、、殻ごとタマゴ食べるぐらい信じられませんね、。
[ 2017/06/02 15:56 ] [ 編集 ]
マスコミの仕事は真実を突き止め明らかにする名目で注目を浴びる為なら事実無根でも書き殴る事も辞さない物でしょう
最近のドルトムントなんかはとにかく書けば注目を浴びる良い飯の種でしょうね
それにしてもギンターを放出する余裕があるクラブとは思えませんが本当に移籍させるんですか
今季怪我からスタートしCBの怪我人の代わりを努め右SBで高いレベルでプレー出来る貴重な若い選手のはずですが
[ 2017/06/02 16:31 ] [ 編集 ]
フロントもトゥヘルも代理人もみんな一長一短じゃないかな。誰が1番悪い人探しみたくなってるように思うけど。シーズン終わったしとりあえずマスコミも面白いテーマだしギンターが反撃してきたから引っ張ってるのでは。ギンターにしてみれば反論しないとやってやらないからしたんだろうし。若さは出ちゃったかな〜とは思うけど。とにかくトゥヘルはもうドルトムントの監督ではなくなったので、新監督とかオーバの代わりの補強とか香川やパパはどうすんのとかそっち関係でザワつきたいですね、もう。
[ 2017/06/02 16:50 ] [ 編集 ]
ギンタはインタビューでは社交辞令を語っただけだと思います。公のインタビューで普段口にしている悪口を言う方が人間性を疑われます。
彼がプチンとしたのは、ゴマをすったおかげで、機能しているシャヒンがベンチ外に追いやられ、機能しないダメなギンタが出場出来たという部分にプライドを傷つけられたのでしょうね。
そりゃあドイツ代表だから頭来ますよね。
トゥヘル体制で加わったデンベレやゲレイロ、プリなどの若手はトゥヘルの事をどう思っているんでしょうね・・解雇は残念なのか歓迎なのか。
マスコミも終わったトゥヘルネタよりも、新監督や新CFの話題の方が読者は100倍興味が有ると思いますので、そちらに力を入れて紙面を賑わして欲しいものです。
[ 2017/06/02 16:58 ] [ 編集 ]
ちょっと香川選手の移籍の匂いがして来ましたね。
何となくですが、そんな気になりました。
選手間でもいろんな揉め事が在るのは解りますが、仲間を詰問するのは受け入れられませんね。
本当に空中分解寸前だったんでしょうね。
香川選手がこの事だったんでしょうか、匂わせるようなニュアンスのコメントを載せていましたがある意味納得してしまいました。
[ 2017/06/02 16:59 ] [ 編集 ]
うそか本当かはわかりませんが、当日スタメン予定だったシャヒンが試合3時間前に変更になりベンチ外になった
っという記事を見ました。
理由は書かれていませんがシュメルツアーが最後にあのような批判をしてしまう気持ちもわかります。

ギンタ―も巻き添えになったのかもしれませんが、トゥへルさんはあまりにも選手の気持ちに無関心すぎる人
ですよね。

[ 2017/06/02 17:06 ] [ 編集 ]
昨年香川選手もメディアに『香川がミキタリアンにマンU移籍を薦めた』みたいに報じられた事がありましたね…。
今回のギンター選手の件もそういった類いの妄想記事では?どうなんですかね。
[ 2017/06/02 17:10 ] [ 編集 ]
ギンターが取材に応じたタイミングでトヘル批判したらそれはそれでヤバいことになってたでしょうね。
褒めても批判しても炎上するんだから彼はどう答えるべきだったのでしょうか。
[ 2017/06/02 17:22 ] [ 編集 ]
12:01さんに同意です。褒めただけで大一番にスタメンって、常に選手よりも自分のプラン優先のトゥヘルがするわけないと思います。
それとは別の話で、完全に自分の憶測ですが、シャヒンはあまりトゥヘルとうまくいってなかったのかもしれませんね。
パレードなどを観ていて、シャヒンはモルをとても可愛がっているようでした。同じトルコ代表ですしね。それにシャヒンは経歴も素晴らしくリーダシップもあり、選手からの人望も厚いでしょう。リーダーを起きたがらなかったトゥヘルの性格を考えると、その辺の事情が少しあるのかな、とは思いました。
[ 2017/06/02 17:56 ] [ 編集 ]
クロップが言うように、ヴァツケとツォルクを支持します。
彼らがいる限りドルトムントは大丈夫ですよ。
ヴァツケもトゥヘルに対して、耐えに耐え、限界はとうに過ぎたのでしょう。
選手たちを守ってくれて感謝します。
[ 2017/06/02 18:51 ] [ 編集 ]
私はメディアが正しく真実を報じるとは思っていません。
垂れ流される情報を何が正しくて何が正しくないのかを見定める必要が読者には必要だと考えています。
今回の報道に関して、クラブ関係者は誰も得をしません。
勿論、株主とて同じだと思います。得をするとしたらメディアとクラブを貶める事で利益を得る人達だけでしょうね。
極端な話をすれば憂さ晴らし的な要素が強いのではないでしょうか。
そう、儀式に生け贄を必要とするようにギンターを被害者に仕向けたのではないかと思っています。
例えば、当初メディアはトゥヘル擁護を報じてヴァツケを悪者にしようと目論見ましたが、選手側からトゥヘルへの不信のコメントを受けて事態を変えましたね。
解任はヴァツケ個人の独断ではなくクラブの総意と正当な手順を踏んだモノであった事で自らの失態を覆い隠すために新たな生け贄を探し始めたのではないでしょうか。事実を歪めてまで報じた責任を無きモノにするために真実を歪曲させたのではないかと考えています。

そんなに気にしなくてもいいのに、ある選手の個人的な思いだそうです。
誰だかは伏せますが、プレイ以外の事で選手が選手を詰問するなんてコトは悲しい事だと思います。
トゥヘルに不信感を抱いたように選手間にも不信の輪が出来てしまうのは絶対に避けなければならないでしょうね。

ロイスと香川がじゃれていた時期が懐かしです。
[ 2017/06/02 22:19 ] [ 編集 ]
マスコミなんて都合いいとこ抜いて結果ありきで記事書くもんよ
ギンターはそのうちクラブやシュメがフォローするんじゃないの?
あとさネットの書き込みなんて単純な好き嫌いで書かれてるのが殆どよ?
ここは管理人さんが承認制にしてるから他に比べたらマシ
香川関係ない記事でもトゥヘル批判に香川ファンにかこつけるのもなんだかなあ
香川ファンじゃなくたってトゥヘル嫌いな人もいるんだからさ
[ 2017/06/03 08:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。