ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「どうしてトゥヘルばかりが批判されるんだ?」トゥヘル代理人がBVBに反論!《ドイツの反応》


【ビルト日曜版】



トーマス・トゥヘルは昨日から数週間にわたる休暇に入り、南へと飛び立った。もしかしたら彼は飛行機の中で、元雇用者であるハンス・ヨアヒム・ヴァツケが辞任も考えていた事を読んだかもしれない。


entry_img_1706.jpg

スポンサーリンク



ヴァツケは“シュピーゲル”で、4月11日のバス襲撃事件後に起こった、モナコ戦の再試合の日程をめぐるトゥヘルの批判が、ひどくこたえた事を明かしていた。


“まるでマイク・タイソンがいきなり頭を殴ってきたかのようだった。”


そして“僕は何か溝にはまってしまって(はめられてしまって)、うまく抜け出せなくなっていたんだ。“と述べている。



トゥヘルサイドは火曜日以来、沈黙を守っていた。





ビルトの日曜版は、昨日トゥヘルの代理人オラフ・メインキングに質問してみた。



トーマス・トゥヘルは襲撃事件後の行いで、間違いを犯したのでしょうか?

メインキング:“襲撃は、まったく予期せぬ出来事で、誰もこういう事がらに対して備えておくことはできなかった。多くの事が短時間で決断されなければならなかった。みんな多くのプレッシャーの下に立たされていたんだ。これら襲撃事件に関する出来事を間違いという言葉で語るのは難しいと思っている。なぜなら、こうした出来事が、自然にコントロールが効かない状態を引き起こしたからだ。トーマスは常に正直で信頼すべき人物だ。それは何度でも繰り返しいう事が出来る。トーマスは批判に値する事は何もしていないよ。何もないよ。彼の行いは正しかった。”




ビルト日曜日版はさらに突っ込む:あなたにとってヴァツケの批判は不公平だと思いますか?

メインキング:“選手たちはモナコ戦の後で、彼らの気持ちを語ることができた。ではどうして監督はだめなんだ?選手のために話をしたのに?この矛盾はどうして?どうしてトゥヘルだけ批判されなければならないのだろうか?”



BVBプロ選手のソクラティスは、テレビにおいて、“我々は動物のように扱われた。”と嘆いていた。



トゥヘルはこの解雇をどのように受けてめているのだろうか?

メインキング:“トーマスは大きなプレッシャーの下でも仕事ができる事を証明した。そして彼が引き受けるクオリティーを持っていることも。トーマスは何も屈服する必要はない。今でもね。今少し落ち着いてくれることを願っているよ。”




彼は休暇後にはドルトムントに戻って来る。一個人として。







以上です。

トゥヘルサイドが沈黙しているのならば、自ら沈黙を破ろうとするのがビルト。さっそくメインキングのコメントを引き出していました。彼としてはトゥヘルを擁護するのは当然と言えるでしょう。

しかし管理人がしっくりこないのが、メインキングが、選手とトゥヘルをまるで同列のように語っている事です。ソクラティスなどの選手はクラブ批判して良くて、どうして監督はだめなんだ?とはっきり言っています。まずこの尺度がおかしいですね。監督は雇われの身とは言え、選手の人事に対する発言権も持っているわけです。決して選手と同列に扱う事はできません。

それからもう一つ気になるのは“トゥヘルは選手のために発言したのに。”と言う部分ですね。少なくとも代理人の頭の中には、このトゥヘルのUEFA批判の発言が選手側に立ったものである、という認識があった事は明らかですね。そしてその発言の直後は、“選手の気持ちが分かる監督”として、それがかなりポジティブな受け止め方をされたことも事実です。この発言自体がメインキングのアイデアであった可能性もあると思います。


[ 2017/06/04 19:40 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(38)
“選手たちはモナコ戦の後で、彼らの気持ちを語ることができた。ではどうして監督はだめなんだ?選手のために話をしたのに?この矛盾はどうして?どうしてトゥヘルだけ批判されなければならないのだろうか?”

すり替えはいけませんね。誰も語ってはいけないなどと言っていません。
ヴァツケ側はトゥヘルの発言の中に、事実と違う内容が含まれており、それに基づいて侮辱されたことを指摘しただけでしょう。
正しいことを言って否定されたならそれをさらに正せばいいのに、すり替えてはいけません。
[ 2017/06/04 20:02 ] [ 編集 ]
 あの事件後に選手達が話したのは自分達が置かれた状況が主である。そして、批判的なコメントは大会主催者や犯罪行為そのものに対するもので、BVB経営陣に対するもはなかったように記憶してますが、どうでしょう。

 私はトゥヘル氏とBVBとの間に生まれた問題の大半、または全てに、オラフ・メインキングが深く関与しているのではないかと疑っている。
[ 2017/06/04 20:17 ] [ 編集 ]
同じ事件に巻き込まれた者として発言する権利は監督選手の別無くあるのでは?
[ 2017/06/04 20:17 ] [ 編集 ]
やはり監督というのは「生き様」が最も大事。
戦術オタクなだけでは駄目。
トゥヘルは人間があまりにも小さすぎる。
[ 2017/06/04 20:18 ] [ 編集 ]
実際に事故に巻き込まれたトゥヘルとその場にいなかったヴァツケでは大きな違いがあるし
どちらが悪いとかではなくお互いの考えを理解することが難しかったんだと思う
でも解任したんだからもう黙っておけばいいのにヴァツケがまだトゥヘル関連の余計なことを喋ってるのはどうかと思うし
トゥヘルの代理人が出てきて批判に反論したくなるのは普通の流れでもある
サポにとっては来季の結果こそが重要なんてフロントにはそろそろ前に出すぎるのをやめて来季の準備に集中してほしい
[ 2017/06/04 20:39 ] [ 編集 ]
メディアを使えば片方だけが自分の言い分である正当性を語り相手を悪者にして収束出来る事なんてないんですよね
今回の件で最低なのはまだリーグもカップも終わってない時期に言い始めてタイトルが掛かってる試合の前であろうと平気で賑わせている事
クラブの事より自分を優先してしまっている時点で心象が悪いです
1番悪いのはテロリストであるという事すら忘れてしまっているかのような泥の掛け合い
[ 2017/06/04 20:42 ] [ 編集 ]
管理人様のご推察どおりかもしれませんね。
トゥヘルにこう言えと指示し、最初は功を奏したかに見えて、しかし時の経つにつれて嘘がばれてしまい、おそらくトゥヘル本人にも切れられ、そこで焦ってこんな的外れ(お門違い)なコメントを出したのかもしれません。
[ 2017/06/04 20:56 ] [ 編集 ]
肝心な場面で必ずと言っていいほどトゥヘルは自分を表現しない。
戦術家なしからぬ自己逃避をする癖がトゥヘルにはあるのではないかと思っています。
だから、問題が起こると非は自分にはなく他の誰か何かとなるのではないでしょうか。
[ 2017/06/04 21:09 ] [ 編集 ]
前から思っていましたが戦術面などの手腕を批判や疑問などは頷ける事も多かったし別に良いのですが
いくらトゥヘルでも人としての生き様や器などの人格を否定するコメントを平気で載せてしまうのは如何なものですかね
裁量は自由としても目に余ると思います
[ 2017/06/04 21:11 ] [ 編集 ]
代理人が何かを発すると事態が混乱してしまう気がします。代理人の発言をそのままトゥヘル元監督が言ったこと、思ったことと捉える人もいるわけですし。
擁護することがいけないとは思いませんが、あえて周りを刺激する必要はないのではないでしょうか。
[ 2017/06/04 21:11 ] [ 編集 ]
トゥヘルだって選手達と同じで爆弾で生命の危機にさらされた一人ですからね
[ 2017/06/04 21:16 ] [ 編集 ]
いやそのトゥヘルが選手批判してた前半戦はどうなん?
その時はトゥヘルにも責任あるだろ!選手だけ批判するな!って言ってたわけ?
その辺トゥヘルを好きな人って公平じゃないよね
[ 2017/06/04 21:24 ] [ 編集 ]
結局はバスの襲撃で命の危機を直接感じた監督と
間接的に事件の恐ろしさを伝えられたフロントとでは
冷静さや感情的な部分で温度差が出てしまうのはしかたのない事であろう
[ 2017/06/04 21:24 ] [ 編集 ]
本当にしつこいですね。もう元監督が沈黙を守っているならそっとしておけばいいのに。マスコミとマスコミを使って延々弁解と元監督の非難をするフロント、というかヴァツケさんに悪い印象です。元監督にも非があるのでしょうけど解任したのだからもう終わりにしてほしいですね。

テロ後の扱いで選手たちがクラブにも不信感が募らせているのではないでしょうか。テロ後の日程にトゥヘルさんが同意していようがいまいが翌日に試合が行われた事実は変わりません。出るか棄権か選択を与えた、という話ですが実際のニュアンスは幹部と選手で温度差がありそうです。それに聞かれても冷静な判断ができないときに、ろくに考える時間もなかったと思います。

一緒にテロに遭ったトゥヘルさんが犯人も見つかっていないのに、すんなり日程に納得したのかという疑問もあります。その辺りはいくらマスコミが騒ぎ立てようと真相は当事者にしかわかりませんね。もちろん私もただの憶測です。(笑)
[ 2017/06/04 21:28 ] [ 編集 ]
私はトゥヘルが悪者でも善人でももう解雇されたのでどうでも良くて情報が色々出て来ても当事者以外は何も判断すべきでは無いと思ってます。いえ、思ってました。
気を付けたいのはトゥヘルが善人であってもこれまでと同じような報道、発言が可能であるという点。
これは立場が弱く不利な状況である事も考慮すべきだと思います。
しかし、この代理人オラフ・メインキングの発言は駄目ですね。
何故話をすり替える必要があるのだろう、と訝しんでしまいますよ。
まぁそれでも一つ言えるのは移籍期間中のゴシップは昔のほうが酷かった笑
[ 2017/06/04 21:32 ] [ 編集 ]
代理人の商品であるからして、この擁護は理解できますが
それが商品の価値を上げているとはいえなそうですね
まー、この時期に話題となるようなものはどれも鼻をほじりながら読んでちょうどですけどね。これも含めて
[ 2017/06/04 21:32 ] [ 編集 ]
少なくともヴァツケ自身が「翌日にプレーするか、試合を放棄するか、CLから撤退するしか選択肢はなかった」って言ってるんですから、「翌日に延期という決定に意見はできなかった」ってトゥヘルが言ったことは本当なんじゃないですかね。

あと「ヴァツケの批判は不公平だと思いますか?」って質問だから、世間がトゥヘルのコメントをどう捉えたかって話じゃないと思いますよ。
[ 2017/06/04 21:53 ] [ 編集 ]
まぁ、爆破事件の件はトゥヘルの主張に間違いは無いが、
仮に選手を思っての事だとしても、選手が「監督は俺たちの事を思って言ってくれてるのに、クビなんてあんまりだ!」とか庇うフシが無い辺り、

人望が無かったのも確かなんだよなぁ。
[ 2017/06/04 22:10 ] [ 編集 ]
どんな事情があろうと嘘はいけない。
これに尽きます。
[ 2017/06/04 22:13 ] [ 編集 ]
トゥへルが批判されるのは当然だけど、トゥへルだけなのはおかしいな
公の場で監督批判する選手もおかしい
もちろんフロントも
[ 2017/06/04 22:36 ] [ 編集 ]
正直もうどうでもいいんだけど、次の監督が心配だよ。
今回ほどの結果はまあ無理かもとしてそれに近い成績残せる気がしないのよ
[ 2017/06/04 22:48 ] [ 編集 ]
監督の「生き様」がどれほど重要かは、CL決勝のジネディーヌ・ジダンを見ればよく分かる。
アッレグリがどれだけ戦術を徹底して詰め込んでも、ひねり潰してしまう切なさ。
[ 2017/06/04 23:11 ] [ 編集 ]
襲撃事件からモナコ戦まで、いや、今だって、バスにいた人はあの恐怖を忘れているわけでなく、トゥヘルも選手同様にその一人だったわけで、試合のことなんて考えられなかったはず、、。ヴァツケがもしバスに同乗していたら、ヴァツケはどう判断したでしょうね。あの恐怖が共感できてれば、また、違った結果になったかもしれません。恐怖を感じていないヴァツケが、トゥヘルが事件を利用してチームの選手や周囲の人を取り組み、ヴァツケを孤立させようと代理人と企んでいると思ったのかもしれません。トゥヘルはともかく代理人は実際にその思惑だったかもしれません。試合決定までの4回のミーティングの内容が明らかになるわけではないので、コメントが出ればでるほど、泥仕合になるので、やめればいいのに、、。
[ 2017/06/04 23:23 ] [ 編集 ]
トゥヘルは真っ直ぐな人。思った事を回りの気持ちも考えず言ってしまう人。そういう人だと思って割りきれば、考えている事が分かりやすく助かっていました。好きでは無いけど…
ヴァツケも意見は合わなくとも、成績等で残留を考えていたと言っています。

ただ、モナコ戦後のトゥヘルのコメントは初めて共感できたので、トゥヘルも選手の気持ちが判ってきたのかなって期待したのですが、そもそもその発言がメイクキングの入れ知恵だった可能性もありますね。
そしてそれは、今までの何も考えないで言ってしまう失言では無く、考えぬいた悪意有る発言、つまりフロントに対して選手が不信感を持つようにと考えられた発言だった…そして選手を自分の味方に丸め込もう!って感じですかね?

これがヴァツケを怒らせ、一気に解任への道に至ってしまったのではないでしょうか?
だから、後任監督も考えて無く後手後手に…
[ 2017/06/04 23:43 ] [ 編集 ]
ヴァッケが黙ってればそれで上手くいきそうな
ほんと女々しいと言うか不信感がどんどん積もっていくレベル
[ 2017/06/04 23:47 ] [ 編集 ]
やっぱりでてきましたね、この代理人がテロ後の監督イメージ作りをしてたんでしょ。トゥヘルのキャラ変わりすぎですし。ただ計画はうまくいってないようですね、クラブに不利益な事をしてしまいましたから。代理人はマスコミ使わずに内部で事を収めておけば結果が変わったかもしれませんね。
クライアントのトゥヘルを優先させて選手を利用し、クラブを利用して自己保身に走った結果がご覧の有り様ですよ。 
[ 2017/06/04 23:50 ] [ 編集 ]
ヴァツケも昔は格好良いコメントしていたしBVBをここまで立て直した功労者なのはこれからも変わらない
けど今回の件抜きにしても開幕前から白旗振ったり近年は言わなくて良い事を言ってしまう事が多々ありポジティブな顔の出し方のが少なかったです
記者の引き出し方が上手いのもあるんでしょうけどバイエルンや他所を見ているとどうなのかなと思いました
トゥヘルに与えた2年は失敗だったと記者に言い切れるぐらい来季に集中して欲しい
[ 2017/06/05 05:56 ] [ 編集 ]
選手と監督を同列にと言うのは、死ぬこともあり得た襲撃事件を経験し、その混乱の中で冷静な判断を下せなかった、実体験のない他者が選手と監督の心情を理解仕切れなかった、結果として意思疎通が上手くできなかった、ことについて言っているのだと思いますよ。これは話のすり替えではない。テロ事件で死ぬかも知れない思いをした人間をその時間違った対応をしたからと批判し続けるのは、たとえそれが事実であっても、疑問に思わないのかと問いたい。そして、それは徹頭徹尾ヴァツケの保身のためですよね。本来ならもう次に進むべきで、言う必要のないことですから。
[ 2017/06/05 06:54 ] [ 編集 ]
トゥヘルもヴァツケも違うベクトルで選手を大切にしていない。その場合、ドルトムントを立て直したヴァツケが権力を行使してヴァツケが思う方向に舵をきるのは当たり前。社会人してると分かるよねここらへんは。
[ 2017/06/05 08:34 ] [ 編集 ]
受け取る側もそれぞれに都合良く解釈してて混沌としてますね。
ここまで報道が続くと一つの情報に対してもうフラットに判断出来ないのではないのでしょうか。
ここで自分の意見をコメントしても私もバイアスかかってるんだろうと思うので止めておきます。
[ 2017/06/05 09:11 ] [ 編集 ]
この事件が大きな引き金になったのは間違いないですが以前から
BVB幹部とは直接会話をする事がなくすべてはこの代理人を通して行われていたということですから
こういう結末になるのは避けられなかったと思います。
[ 2017/06/05 09:47 ] [ 編集 ]
実際バス襲撃事件では日本でもトゥヘルの言動に対してかなり好意的な人間が増えたような気はします。
ただ、バス事件の発言が決定打にはなったかもしれませんが経営陣(チーム)とトゥヘルの不仲の直接的な原因は別にそこではない気がします。
トゥヘル解任の原因を故意にバス事件にフォーカスしてるのはビルトなのか代理人なのかはわかりませんがこの記事には意図的なものを感じますね。
[ 2017/06/05 10:45 ] [ 編集 ]
ロッカールーム内の話は、外に出さない!これにつきますね。
最近のドルトムントは、チョットおかしい。
フロント、選手、監督、代理人・・誰一人たしなめる事無く、みんな表に曝け出しすぎますね。
これはクラブの生え抜きやベテランを高く売り(流失)、若手を安く買い短期で育成し高く売る商法の弊害だと思います。
クラブ愛や忠誠心など育つ訳が無いですね。戦術も無理な仕掛けやエゴドリで、能力のショールーム化しているような気がします。
選手どころか監督すら腰掛けクラブと認識して、自身の価値を守る為に自身有利な情報を外に向けて発信する。
(良し悪しは別にして)チームリーダー候補のロイスやシュメも、移籍を駆け引きに使ったりネガティヴ発言を外に向けて発信しているのが現状です。

零細クラブは、黒字化・生き残りの術として高額売り抜けは必要だと思いますが、ドルトムントの様なクラブが、それに特化してしまうとスキルの高い選手が揃うだけに個々の動向も注目されてしまい、ネタとして扱われてしまいます。
W杯目前となる来季が心配ですね。
[ 2017/06/05 12:27 ] [ 編集 ]
>ヴァッケが黙ってればそれで上手くいきそうな
>ほんと女々しいと言うか不信感がどんどん積もっていくレベル

嘘を言われ侮辱され黙っている方がおかしいですよ。
[ 2017/06/05 16:50 ] [ 編集 ]
監督が選手を統率出来ていないし
フロントも職員、監督を制御出来ていない。
チームになっていないので解体、空中分解は当然の流れ。
一個が我を通し率いるには、圧倒的なカリスマ性と、結果が求められる。
トゥヘルには、両方、もしくは片方が足りなかったと言う話。

[ 2017/06/05 19:44 ] [ 編集 ]
2017/06/05 12:27
いいえそれはちょっと違うと思います。トゥヘル1年目、チームをまとめ引っ張っていこうとしたベテランをことごとくトゥヘルは潰してきました。
クバはレンタル、スボティッチは干して、フンメルスは意見を言うようになったらマスコミにバッシングさせてました。香川はベンチ、ベンチ外にして尊厳を砕きました。ギュンドアン、シャヒンもベンチ外で中心から外しましたよ。強くいえるベテランがいなくなりまとまりがなくなりました。今季はシュメがリーダーとしてチームを引っ張っていく役目でしたが、途中でロイスに交代させようとして外そうとしました。そして気持ち悪いぐらいに、若手を溺愛してます。デンベレ筆頭に、ヴァイグル、プリシッチ、パスラック。こんなことしてたんじゃチームがまとまるはずありませんよ。
トゥヘルはリーダーはいなくて良いといった発言してました、当初は気にしてませんでしたが今では意図的にリーダーを作らないように、ベテランの口を封じてたんだと思いましたね。シュメがシャヒンのことについて言及したとき、トゥヘルは解任決定的と感じたものです。
[ 2017/06/06 01:04 ] [ 編集 ]
爆破事件に関して言えばこの代理人のいう事も正しいと思います 管理人様のおっしゃる選手とは全然立場が異なるというのも監督インタビューでの発言などでは正しい この辺は分けて考えないといけないですねー
自分の所感ではトゥヘル批判の方が話題に上がる頻度が多く若干アンフェアな気はします こうなるとトゥヘルに対して好意的な意見が言いづらい雰囲気になってしまう 特に今のドルでメディアにそのような発言をすればフロントと軋轢を生むでしょうし… 本当に真相がわかるとすれば数年後とかになるのかなあ
[ 2017/06/10 10:46 ] [ 編集 ]
確かに今のドルトムントはクラブ愛が育たない環境にあると思う。けどクロップがいたときはそうではなかった。ボスが暖かい監督であればいいな
[ 2017/06/12 11:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。