ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新監督ボシュ!オランダではアヤックスとの不仲説が話題に!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト

オランダメディア、大騒動を別れの原因に挙げる!


だからアヤックスはボシュを手放した!


entry_img_1711.jpg


BVBとこんなに早く事が進んだのは、アムステルダムで上手く行っていなかったからだろうか?

ドルトムントの新監督ペーター・ボシュは、アヤックスで監督チームの一部と大きな対立関係にあったようだ。そのためオランダのクラブは、監督のBVB行きを止めなかったようである。これはすでに“テレグラフ”らのメディアが伝えている。

スポンサーリンク



それらの報道によると、ボシュはクラブのアシスタントチームとサッカー哲学めぐってつねに争っていたようである。その中にはチームのレジェンドで、スター・ストライカーのデニス・ベルクカンプも含まれていたようだ。


この対立が目立ってきた時、ボシュにとってはクラブ側からのサポートが足りなかったようだ。どうやらクラブ側は監督ではなくてアシスタント・コーチの側に立ったようである。


奇妙なのは、ボシュは最近までは長期にわたってアムステルダムにいようと思っていたことだ。彼は若き才能を集めたチームから一流のチームを作ろうとしていた。しかしこの対立でクラブのサポートを得られなかったボシュは、もう沢山だったようだ。そしてまさにそのタイミングでBVBから声がかかったようである。


アヤックスも内部の対立を考慮し、500万ユーロの移籍金で交渉に応じた。ボシュは契約解除条項を持っておらず、さらにEL決勝、リーグ2位という成功を収めていたにもかかわらずだ。


ボシュは助監督のヘンドリー・キュルツェンをつれてドルトムントへやって来る。ボシュは彼と共に昨シーズン成功を収めている。キュルツェンは彼の右腕とされている。


この53歳がさらに何人かのアシスタントを連れてくる可能性は高い。なぜなら、トーマス・トゥヘルの解任にともない、助監督のアーネ・ミヒェルス、ベンヤミン・ヴェーバー、そしてフィットネスコーチのライナー・シュライが去ったからである。


この出来事があっただけに、ボシュは誰を本当に信じる事ができるかよく考えたに違いない。



20170607192509652.png




以上です。

昨日の公式記者会見でも、オランダメディアが何度もこの件に関して質問をしていましたね。ボシュは、“もう過ぎたことは考えず、前しか向いていない”と語っていましたが。若い選手を残してきたことに関しては、“申し訳ないと思っている。でもそれもサッカーにはつきものだ。”と語っていました。

まあレジェンドでアシスタントコーチのベルクカンプとプレースタイルをめぐって意見が分かれたのであれば、しょうがないですし、こういう話はよくありますよね。

ツォルクもCL優勝メンバーで、クラブレジェンドですが、彼は絶妙な立ち位置で仕事していますね。もちろんスポーツディレクターとアシスタントコーチを簡単には比べることができませんが・・。


昨日の公式記者会見では、ボシュ監督がさらなるアシスタントを連れてくることについては言及はされませんでした、現時点では助監督一人だけのようです。またアヤックスから選手を連れてくるのか?という質問に対しては、“いいえ。”と答えています。

さて、気になるボシュ監督の発音ですが、公式記者会見でも質問されて、監督自分で“ボシュ”と発音していました。それほど表記が難しい名前でもないですし、ボスではなくてボシュで良いと思います。

とにかく今度はドルトムント幹部側も、ボシュ監督側もお互いに良いパートナーが見つけられた、という事になれば良いですね。

[ 2017/06/07 19:25 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(4)
 ベルカンプは直情的な方で、選手時代にヴェンゲルともよく口論していたそうです。コーチングスタッフとして活動するには彼は個性は強すぎたのかもしれません。

 内乱の代打が内乱に嫌気が差した人っていうのはなかなか面白い。BVBのフロントもボシュ監督も組織内トラブルの教訓を得ていますし、うまくいきそうな気がします。

 監督が決まると、待ちきれない気持ちが沸き起こる。早くオフシーズンが終って新シーズン開始しないだろうか。代表戦ごときでは前菜にすらならない。CL終ったばかりなのに、もうお腹がすいてきました。
[ 2017/06/07 19:54 ] [ 編集 ]
フィリップ獲得決まりましたね!! あとはオバメヤンの移籍を完了させるのと彼の後継獲得したら大体チームが見えてきますね。
[ 2017/06/07 21:07 ] [ 編集 ]
代表戦での香川の肩の怪我が心配です。見ていましたが、やばい気がします。
脱臼ならいいですが炎症だったりしたら長引きそうです。
肩の負傷だからついつい自分のことのように心配するのは、私が四十肩で肩を上に挙げられず、急な動きをするとピリッ!という激痛が走ります。その痛みが半端ないのでうずくまるぐらいです。
それで動かせず肩の筋肉が固まって動きが制限されてしまい更に動けなくなるという悪循環。
心配しすぎですね^_^他の半月板損傷などというのもサッカー選手でよく有りますがいまいちピンとこないのですがねぇ
[ 2017/06/07 23:01 ] [ 編集 ]
ベルカンプは否定のコメント出してますね。
チームをよくするために内部で意見を戦わせることとトゥヘルを重ねてはダメだと思います。
[ 2017/06/07 23:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。