ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB新監督ボシュの元で苦労する可能性のある選手は誰か?ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ



BVBのスカッドは新監督に合っているだろうか?この選手が苦労するかもしれない。



entry_img_1715.jpg



新監督ペーター・ボシュは、ミヒャエル・ツォルクとともにこれから新しいスカッドを形成しようとしている。このオランダ人は、パワフルなサッカーをするために、素早く、アスレチックの面でも技術面でも優れた選手が必要だ。しかし、それを考えるとすでに誰が利益を受けて、誰が苦労するかが見えてくる。それからドルトムントによって何よりも重要な人事問題はオバメヤンの去就である。

スポンサーリンク



オバメヤンは、これまでに何度もSNSでドルトムントのユニフォームを示してきているが、移籍が濃厚とみられている。パリ、ACミラン、そしてマンチェスター・ユナイテッドが7000万ユーロ以上を払うつもりがあるとされている。でもそうなると、ドルトムントは監督に完璧に合うだろうとされている選手を一人失う事になる。


ボシュの下でアヤックスは、昨シーズンヨーロッパリーグで躍進をみせた。さらにボシュのその前のクラブでも選手たちは、ボールを追いかけ、奪取し、センセーショナルな攻撃をみせるべきとされていた。


“彼がチームに望むプレースタイルは、我々クラブやファンが見たいサッカーとは、そうはかけはなれていないよ。”とツォルクは語る。そのため、センセーショナルを巻き起こせる可能性があるドルトムントのメンバーの中の何人かは、すでにはしゃいでいる。彼らはボシュの下で勝者となる可能性があるからだ。



例えば、スプリントが強いクリスティアン・プリシチ。それから対戦相手を魔法にかけてしまう事もあるウスマン・デンベレーだ。それからアンドレ・シュルレも。このワールドカップ優勝者は最初のシーズンで躓いてしまったが、彼のレベルを発揮できれば重要な役どころとなる可能性はある。


さらにフィリップもボシュに合うだろう。だから、BVBはフライブルクに2000万ユーロも支払ったのだ。まだこの23歳は1シーズンしか力を証明していないにも関わらず。ツォルクは“彼の展望は輝かしいものだ。”と語っている。彼は、長期離脱のマルコ・ロイスを補う事ができるだろう。


それに対して、問題を抱える可能性があるのが、マティアス・ギンターだ。このディフェンダーは、ドルトムントで説得力のあるプレーを見せることができず、移籍目前とみられている。さらに、ドルトムントの守備陣は2チーム分あると言ってよい。またセバスティアン・ローデも厳しい状況に追い込まれるだろう。しかし彼自身はそこで戦う事を望んでいるようだ。


そしてキャプテンのマルセル・シュメルツァーだ。攻撃力を見るならば、ライバルのラファエル・ゲレイロが左サイドで利益を得る可能性がある。しかしシュメルツァーは何度も戦い、スタメンを勝ち取ってもいる。



そうなればボシュと言えども、力強いリーダーを使わないことはないだろう。







以上です。

まあ攻撃的、ゲーゲンプレッシング、センセーショナルなサッカーを見せてくれるという事で管理人は期待していますが、抽象的でどのような選手を起用するかは全く分かりませんね。

とりあえず、激しいプレスからの攻撃をまた見てみたいです。プレシーズンマッチ早速期待しています。

[ 2017/06/09 18:07 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(17)
香川が怪我でゲッツェも未だ症状の回復具合が芳しくないならば、プリシッチをトップ下で起用するプランもありだと思う。アメリカ代表だとトップ下務めてるし結果も出してる。それで左にシュールレ、右にデンベレならスプリント能力が高い選手達から繰り出されるとんでも速攻の出来上がり。 シュールレの控えにフィリップ、デンベレの控えにモル 両サイドの3番手にラーセンでサイドは充実してるし敢えてプリシッチをサイドに回す必要も無い。 プリシッチベンチは本当に勿体ない。
[ 2017/06/09 19:50 ] [ 編集 ]
BVBは若手も素晴らしいので浦和戦で若手中心であってもほぼベスメンだと思うので楽しみにしたいと思います
[ 2017/06/09 19:59 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレッシングは消耗が激しいので、スカッドは厚い方が良いと思います。シーズンではリーグ、カップ戦、CLを戦うわけですし。ただ、それだけに選手の見極めからスカッドの最適化、モチベーション管理など、監督の手腕が試されますね。
個人的にゲーゲンプレスと一概には言っても、監督ごとにアプローチに差異があるでしょうし、クロップ元監督の下で学んだ選手達が必ずしもアドバンテージを得るということはないのではと思います。
とにかく競争含め、新チーム始動となると楽しみですね!
[ 2017/06/09 20:19 ] [ 編集 ]
今はあれやこれやと妄想して楽しむ時期ですよね。あと移籍も。
CBとRSBをどうにかしてほしいのよー(´ω`)
[ 2017/06/09 20:29 ] [ 編集 ]
30代の選手は相当力を見せない限りこの機に世代交代になると思います
ギンターは元々CBとはいえ今季いきなり戻るのは難しかったと思いますし右SBなら今でもレギュラー取れる選手かなと
散々な1年目だったローデはまだチャンスが与えられると思いますがパクは難しいでしょうね
[ 2017/06/09 20:50 ] [ 編集 ]
同じゲーゲンでも433と以前の4231だと別物だから誰がどこにハマるか期待
ファンとしては香川延長でオバメ移籍確定サヒンヴァイグルベンダー稼動可能なら再びアタッカーに戻して欲しいですね、そして連覇時ゴールアシスト記録、欲を言えば久保が持つ欧州リーグ日本人最多得点を抜いて欲しいです
[ 2017/06/09 21:33 ] [ 編集 ]
BVBといったらやっぱりゲーゲンプレスでさぁねぇ・・ 僕はあのハチの群がる様な超絶攻撃サッカーの勢いに魅了されてBVBを観る様になった輩ですから、やっぱりコレが無いとねぇ。
[ 2017/06/09 23:29 ] [ 編集 ]
ゲレイロはブンデスにあってないと思う。体格が不利すぎる。
SBやるとあからさまに高さ狙われて失点するし、守備が特別うまいわけではないのでシュメルツァーに代えたくなるんだよな。香川やロイスとのコンビもあるけど、それはシュメルツァーとも相性いいし、クロスはシュメルツァーの方がセンスも精度も良い。トゥヘルもそれがわかって中盤にコンバートしようとしたんだろうけど、中盤だとさらに右足のデメリットがわかって狙われてしまう。
ギンターは自信を喪失してるかな、頻繁にポジション変えられて、変えたポジションで適切な指導を受けてないと思うね。そんな状態で失点やポカになった結果を過剰に叩かれてると思うわ。五輪ではとてもよかったから、頑張って欲しい。
[ 2017/06/09 23:51 ] [ 編集 ]
うーん、DFが2チーム分……たしかに数字の上ではそうなのかもしれませんが、今シーズン、守備面で説得力あるプレーをしたのってソクラティスくらいですよね。
残りの選手は、いろいろ不安定でしたし、バルトラでさえ、攻撃面ではフンメルスの後継になり得る才能の片鱗を見せていたと思いますが、守備は苦労してたように思います。

個人的には、デンベレも今季ほどフィットするかと言えば微妙なところだと思います。今季トゥヘルはデンベレに自由を与えていて、デンベレもそれを存分に活かして、たとえ何度ミスをしようとも積極的に仕掛けることで、素晴らしい数字を残しました。
しかし、ボシュがゲーゲンを使うなら、ある程度の規律は求められるでしょうし、それにデンベレがすんなり適応できるかは五分五分かなあ、と。
[ 2017/06/10 01:56 ] [ 編集 ]
やっぱりゲーゲン使わないとドルトムントって感じしないもんな、それがトゥヘル解任の一因でもあるだろうし
しかし最初のコメントの人の言うようにプリシッチをトップ下に置いたら誰をトップにするんだろうか?
オバ移籍ほぼ確定なんだしプリシッチはトップのが良いんじゃないだろうか、レヴァンドフスキも最初はトップ下だったんだし
[ 2017/06/10 05:27 ] [ 編集 ]
シュールレが活躍するかもしれないし、ローデが輝くかもしれない。
ムヒタリアン、オバメヤンがトゥヘルによってブレイクしたように、新たなスターが生まれるかもしれない。
戦力外だと思っていたモーゼスが、コンテ就任によって不動のレギュラーになるみたいな事もある。
それだけ新監督の就任は、選手にとって運命が変わるもの。
[ 2017/06/10 06:04 ] [ 編集 ]
ゲーゲンプレスはクロップも諦めたからな
緩やかにシフトしていくんだろうな
[ 2017/06/10 06:09 ] [ 編集 ]
ゲーゲン第一人者のクロップが諦めたとはいえライプツィッヒやらホッフェンハイムは上手くやってましたやん
前にトゥヘル擁護してた人たちもゲーゲン使わない使えない理由を語って難色示してたけれど近年ドルトムントが一番結果を出してたスタイルがゲーゲンである以上はチャレンジしないわけにはいかないよね
[ 2017/06/10 06:58 ] [ 編集 ]
ゲーゲンは試合数多いクラブには負担が多すぎる。来季ライプチヒやホッフェンハイムが続くのか…
まあ、若手だけだと走れるかもだがドルトムントはどうなる?
[ 2017/06/10 08:31 ] [ 編集 ]
私はプリシッチはサイドしか適正は無いと思う。
アメリカで真ん中やれてるのは他の選手がビックリするぐらい技術がなくてビックリするぐらいスプリントとかプリシッチの欧州でのストロングポイントは逆に上回っているから。
やっぱアスリートの国なんでしょうね。
433を採用するならサイドバック起用すらあり得ると思ってます。
[ 2017/06/10 09:24 ] [ 編集 ]
俺は、シュメルツァーよりゲレイロの方がいいかな。シュメルツァーは、クロスが時々しか成功しないし、BVBはサイドバックでも中央停滞してるとミドル打つことあるけどゲレイロの方が枠内と威力がすごいんだよね。しかも、崩しの部分でショートパスの交換やワンツーでの抜け出しにすごくセンスを感じるよ。香川やロイスともイマジネーションが抜群にあうし。
シュメルツァーは、深くまで入り込んでクロスあげる前に取られると左のスペースが莫大にあくんだよね。
[ 2017/06/10 09:25 ] [ 編集 ]
レヴァンドフスキとプリシッチではタイプがまったく異なりますね。なので一概にトップ下からCFへのコンバートでの成功を一緒にするのはどうかと。 寧ろCFで大成しそうなのはフィリップではないでしょうか? 抜け出しのうまさ、ロングショットの精度、最後の詰めでの泥臭さなどメルテンスやべロッティのような大柄では無いけど得点量産できるCFになれるような気がします。またオバメヤンの後継としてリーベル・プレート所属アルゼンチン代表のルーカス アラリオを獲得するという噂もあり既にスカウトがアルゼンチンに飛んでいるみたいなのでもし実現したら来季はアラリオ、イサク、フィリップの3人でCFを回すんではないだろうかと思っています。フィリップは他にもサイド、セカンドトップと出来るポジションが多いので高かったですが納得出来る出費かと。
[ 2017/06/10 09:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。