ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントに朗報!ゲッツェが7月からトレーニングに復帰!《ドイツの反応》



【ユーロ・スポーツ】

ボルシア・ドルトムントに朗報!


ゲッツェの復帰日程が決まる!



entry_img_1721.jpg


マリオ・ゲッツェは4か月前から代謝障害の治療にあたっている。そして復帰が近づいてきた。“Welt”紙が伝えている。治療はどうやら成功したようである。ゲッツェは7月から再びトレーニングに復帰するようだ。彼がトレーニング開始の7月7日に復帰するかはまだ定かではない。


スポンサーリンク



“マリオは現在良い感触を抱いているよ。彼はセラピーをうけてそれが良くきいたようだ。”と代表監督のヨアヒム・レーヴはすでに4月下旬に語っていた。このBVBスターはその時すでに、長い間公の場から遠ざかっていた。



そして彼は再び公の場に姿を現した。最初はミュンヘンで行われたAユースの試合。それからイタリアで行われたマニュエル・ノイアーの結婚式だ。



ボルシア・ドルトムントはすでに、ゲッツェが7月から万全の状態で復帰できるようにと希望していた。ドルトムントの準備トレーニング最初のテストマッチは7月11日にエッセンで予定されている。



それまでドルトムントは新監督ぺーター・ボシュの下で4日間トレーニングに励む。すでに月曜日にクラブが発表していた。







以上です。

ゲッツェの復帰が近づいているようで、これは良いニュースですね。新シーズンではぜひとも主力として活躍してほしいです。

[ 2017/06/13 06:55 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(27)
単にトゥヘルが嫌だっただけなんじゃ…
[ 2017/06/13 07:47 ] [ 編集 ]
セラピー?
代謝障害は精神的な要因なんですかね?
[ 2017/06/13 07:58 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、順調に回復してくれるといいなあ。
ただ、そう思う反面、W杯のことも考えると、ドイツ代表に入り得るゲッツェは優先起用されることが十分に考えられますが、
さて、その代わりに外されるのは誰になってしまうのか、とも思ってしまい、少々複雑。
プロなのでこういう要素があるのも当たり前なのですけれどね。
[ 2017/06/13 09:10 ] [ 編集 ]
これは嬉しいニュースですね ゲッツェ好きなので
日本にも来れるとなおいいです
[ 2017/06/13 09:31 ] [ 編集 ]
ゲッツェは正念場。 これまで多く居た神童と呼ばれながらも燻って次第に名前を聞かなくなってしまう……そんな選手になるのか、それとも復活し再び自分の価値を示すのか。後者を期待している。
[ 2017/06/13 09:36 ] [ 編集 ]
私が見た何枚かの写真では、以前にも増して、丸々と肥えているようにしか見えなかったが…
[ 2017/06/13 09:49 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
ゲッツェ復帰ですか・・香川の残留に関して懸案事項が増えましたね。
誤解の無いように言うとゲッツェは好きな選手ですし、香川との絡みも見ていてワクワクするモノがあります。
しかし、中盤の人数が多過ぎますね。一般的には競争原理が働き、勝ち抜いてポジションを確保すれば良いのですが、それ以外の要因も確実に存在します。
フロント主導で獲得し、高額な移籍金と年俸の元は取らなくてはいけません。
もう一つはゲッツェの復帰は、ドルトムントのみならずサッカーフリークなドイツ人全ての願望だと思います。
同じ実力ならば、香川はゲッツェの控えに廻されるでしょう・・それは理解出来るし、仕方ないかな。
シュルレ、ロイス、ゲッツェ、デンベレ、ヴァイグル、カストロが並べば、私がドイツ人ならばケツが浮きます。

[ 2017/06/13 09:50 ] [ 編集 ]
余り、二人同時にピッチ上に居る機会はなかったけど、香川のアイデアとゲッツェの突破力で、度々面白いサッカーを見せてくれました。
またそういうシーンを見せてほしいものです。
[ 2017/06/13 10:25 ] [ 編集 ]
ノイアー怪我してたと思ったら結婚してたんだ

ゲッツェはピッチに戻ってこられてよかったですね
[ 2017/06/13 11:03 ] [ 編集 ]
7月からということは日本にくるでしょうか? ぜひ来て欲しいですね!
[ 2017/06/13 11:18 ] [ 編集 ]
ゲッツェの復帰はドルトムントにとってかなり重要ですね。香川が契約延長しないと攻撃的MFが手薄になりますから。
なんにせよ良いニュースです。
[ 2017/06/13 12:19 ] [ 編集 ]
最近ますます太ったゲッツェを見ましたが本当に回復しているのでしょうか?根本的な回復では無くてセラピーによる精神的な安定かもしれませんね。トゥヘルが去れば戻って来るハードルも低くなったでしょうし、病気が発覚した時でさえ、そこそこ(コンデションの悪い時の香川くらい)はできていたから‥
[ 2017/06/13 12:19 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、イタリアで行われたノイアーの結婚式に出てたけど(彼女同志が友達)相変わらず太ってた
[ 2017/06/13 12:38 ] [ 編集 ]
糖尿病と同じで根治の無い代謝障害の治療の「成功」ってどこにポイント置いてるんでしょうね。 
[ 2017/06/13 12:42 ] [ 編集 ]
 ゲッツェの病気の詳細は本人の名誉の為にクラブが伏せていた気がしますが、生活習慣が原因のものだったのかな? とりあえず、トレーニングに戻ったというのは朗報。開幕に間に合うか分かりませんが、今期は戦力として期待できないロイスの穴を彼が埋めてくれることを期待します。
[ 2017/06/13 12:42 ] [ 編集 ]
喜ばしいことではあるが、どれくらいまでにコンディションが戻るのか不明なのがな。直近の写真では太ってたし。
あとゲッツェはどこのポジションで使うのがベストなんだろうね。
ゲッツェに限らず選手がダブついている印象があるので、スカッドのスリム化が必要だと思う。あー、でもスペが多いから必要なのかな…
[ 2017/06/13 17:08 ] [ 編集 ]
現状はライバルでしょうが、香川とゲッツェの華麗なコンビネーションがまた見たいです。
[ 2017/06/13 17:28 ] [ 編集 ]
フリーでJ復帰なんてあるわけないでしょう
香川を舐めすぎ
まだまだ数年は欧州トップリーグでやれますよ
[ 2017/06/13 18:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェと香川は一緒にピッチで見たいですね。
ロイスがBVBに来るという話が出たときにはロイス香川ゲッツェの2列目を夢見る声もあったと記憶しています。
香川の去就次第ですが残るなら、ライバルとして競うのも良いですが競演が見たいです。
[ 2017/06/13 18:54 ] [ 編集 ]
ゲッツェが戻ってきたのが未だに不思議だ
もう機敏に動けないでしょう
[ 2017/06/13 19:22 ] [ 編集 ]
管理人様、いつも翻訳ありがとうございます。

ゲッツェ、ポカール決勝に姿見せませんでしたよね。
バイグルはいたので余程悪いのかと思ってましたが、
回復しているのなら良かったですね。
ゲッツェはリバプールのフィルミーノみたいに、はどうでしょうね。
ちょっと楽しみ。
[ 2017/06/13 20:05 ] [ 編集 ]
j復帰って本心なら呆れてしまうくらいありえない話ですね。
馬鹿にしてるのでしょうか。。
まだ数年はやれますから。

ゲッツェ頑張ってほしいですね。
監督が香川と共存を望んでるといいな。
[ 2017/06/13 20:32 ] [ 編集 ]
これは朗報ですね!ロイス選手の長期離脱が決まり、オーバメヤン、デンベレ選手の移籍が噂される今、彼が戻ってくるのは心強いです。
医療従事者ではないので詳しくありませんが、セラピーは必ずしも精神的な処置とは限らないのではないでしょうか?
[ 2017/06/14 09:54 ] [ 編集 ]
代謝障害の治療にセラピーはよく効くのでしょうか?病は気からとも言うから良い方向に向いているのでしょうね。監督も代わりますから、彼が受け入れる環境も改善して復帰に拍車がかかることを願ってます。
[ 2017/06/15 00:23 ] [ 編集 ]
セラピーは治療全般指すよ
多分ステロイド系使ってるから太ってるんじゃないかね
先天性なら服用したままプレーするんだろうな

[ 2017/06/15 07:41 ] [ 編集 ]
2名ほど勘違いして怒ってますが、誰もJ復帰なんて書いてないですよ。
日本で行われる親善試合の話です。
怒りに頭を支配されたら行動を起こす前に確認と反省を。
[ 2017/06/15 10:51 ] [ 編集 ]
セラピーは心理療法に限らないでしょ。理学療法なんかもセラピーですし、専門的な治療はセラピーというみたいですよ。代謝障害は精神症状を伴うことがありますけどね。特にステロイドを使用したときは。
いずれにせよ、復帰は良いニュースです。是非頑張って、香川選手としのぎを削って欲しいですね。
[ 2017/06/15 15:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。