ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル!チェルシーの監督候補に!チェルシーはコンテとひと騒動!ドイツ紙《ドイツの反応》




Focus


トーマス・トゥヘルに新しい仕事か?



entry_img_1726.jpg



チェルシーはアントニオ・コンテと争い。

元BVBの監督が公認候補に!


トーマス・トゥヘルは、サッカー界でも気難しい性格として有名だ。しかし、この43歳への興味はなくならないようだ。

スポンサーリンク




トゥヘルはBVBを解雇されて以来、レヴァークーゼンとFCサウザンプトンからのオファーを断っている。



この野心的な監督は、トップクラブからのオファーを待っているとみられている。そして、もしかしたらそうしたチャンスがやってくるかもしれない。イングランドやイタリアのメディアが伝えたところによると、FCチェルシーがスター監督のアントニオ・コンテと激しく争っているようなのだ。



優勝した後で、このイタリア人監督は、クラブの補強政策に不満を訴えていた。コンテは、トップスターのディエゴ・コスタを含めた数人を追い出したいようで、すでに彼を起用しない計画であることを伝えている。


しかしチェルシーの幹部たちは、コンテとコスタの関係修復を望んでいるようだ。しかしスカイ・イタリアが報じたところによると、コンテにはその気は全くないようである。


“ミラー”が伝えたところによると、クラブ幹部とコンテの関係が崩壊した場合、トゥヘルが後継監督の最有力とのことだ。これならBVBを解任されたトゥヘルのスポーツ面での要求も満たすであろう。






以上です。

トゥヘルは相変わらずメディアにとってはある意味人気がありますね。確かにコンテはコスタを使う気はないようですが、それが原因でクラブを去る事があるか、要注目ですね。トゥヘルがチェルシーに行ったらどうなるか、正直ちょっと見てみたいです。


[ 2017/06/17 20:45 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(14)
どさくさにまぎれてコンテもらおう
[ 2017/06/17 21:37 ] [ 編集 ]
しかし使わない選手を徹底的に冷遇するタイプのトゥヘルでは同じような問題が起きそうな気がします
[ 2017/06/17 21:39 ] [ 編集 ]
何から何までコンテとは真逆と言っていいトゥヘルが候補になりますかね?
でも見てみたいですね。
昔ヤンシュヴァンクマイエルのDVD買って「男のゲーム」って作品でチェルシーを知りました。
当時は日本では全く無名なクラブでしたが今やビッグクラブですね〜
[ 2017/06/17 22:11 ] [ 編集 ]
賛否両論ですけど、自分ばトゥヘルが好きなのでやっぱCL出るクラブで見たいですね。
[ 2017/06/17 22:27 ] [ 編集 ]
ドルの選手達よりもっとプライドや自己が強い選手達をまとめられるのか。
アザールとかと上手くやれそうな感じはしないな。。
[ 2017/06/17 22:34 ] [ 編集 ]
 トゥヘル氏がチェルシーに就任したとても面白そうです。
 しかし、その場合トゥヘル氏はコスタを使わなければならなくなる。私ならご免ですね。コンテ監督の判断は正しい。
[ 2017/06/17 23:14 ] [ 編集 ]
6位くらいになりそう
[ 2017/06/18 00:05 ] [ 編集 ]
中国いけば良いと思うよ、選手に中国語で指導すればよい(皮肉)
さすがにトップクラブはトゥヘル採用しないと思う
選手のプライドを考慮しない監督は成功しないでしょう
さすがに次失敗するとキャリアが終わるでしょう
[ 2017/06/18 00:19 ] [ 編集 ]
チェルシーを率いてどこまでやれるのか見てみたいです私も
コンテから引き継ぐとなれば、目指すところは大きく違わないのでスムーズに軌道に乗せられるやもしれませんね
[ 2017/06/18 03:36 ] [ 編集 ]
トゥヘルがプレミアビッグクラブを率いてる所を見てみたい
前年度優勝といえど翌年どうなるかわからないのがプレミアですからね
是非クロップと再戦して欲しいです
[ 2017/06/18 03:54 ] [ 編集 ]
コンテはどの金満クラブに行くのか期待
まあトゥヘルはEL出場権くらいは獲れるかな?
[ 2017/06/18 07:23 ] [ 編集 ]
過大評価されてる気がするけど
[ 2017/06/18 08:36 ] [ 編集 ]
んー、品格を求められるプレミアのビッククラブで、細身のスーツと細身のネクタイで青筋立てながらチェルシーの選手達を罵倒し怒鳴り散らし、試合後インタビューで選手批判している彼を見たいには見たいですが過大評価され過ぎですね。
エバートンを強くしたと過大評価され勘違いしたモイーズと被ります。
加えてワンマンオーナーと上手くいく訳が無い。飛ばしだと思いますけどね。
[ 2017/06/18 09:27 ] [ 編集 ]
柔軟性に欠ける若手を抱えるドルトムントとしては、その難解な戦術が、トゥヘル解任へと押し切らせてしまったのだろうか。
成熟したチェルシーであれば、思う存分生きるかもしれない。
そしてボシュを招聘したということは、ドルトムントは、今後、育成クラブ路線へ進むという意思表示なのかな。
[ 2017/06/19 07:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。