ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ボルシア・ドルトムント新監督ペーター・ボシュが解決すべき9つの問題点とは!?《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ



新監督が解決すべき9つの問題点


entry_img_1727.jpg


1.マルコ・ロイス

この代表選手は2:1で勝利したポカール決勝の対フランクフルト戦で負傷した。今回は膝十字だ。ロイスは2018年になってようやくフィールドで暴れる事が出来るとされている。これはドルトムントで最も重要な選手が欠けることを意味している。ピッチ内外で。この28歳がユニフォームを着た時はボルシアはより優れたチームだった。ボシュは彼を補わなければならない。その候補は:クリスティアン・プリシチ、アンドレ・シュルレ、マキシミリアン・フィリップだ。


スポンサーリンク





2.マリオ・ゲッツェ

病気のワールドカップ優勝者は7月にチームトレーニングに復帰するとみられている。しかし今でも明らかになっていることは:ゲッツェが戻ってくればいたるところで注目の的となるだろう。彼がベンチに座れば、それが報道される。フィールド上でプレーすればそれが報道されるだろう。しかしゲッツェが代謝障害の治療の結果、力を発揮すればそれはセンセーションを巻き起こすだろう。BVBはもう一人新加入を得たようなものだ。





3.守備

ここ数年BVBの攻撃陣は輝きを見せたが、何度も守備的な問題が繰り返された。ボールロストから最終ラインの上りが早すぎたり、時には遅すぎた。約束事が欠けているのだ。その結果:簡単な失点。ボルシアは昨シーズン合計40失点している。例えばバイエルンは22失点だ。ボシュがこの問題を解決できるか非常に興味深いところだ。なぜなら彼自身も攻撃的なサッカーを目指しているからだ。ボールロストからの守備が問題となる可能性はある。




4.雰囲気

BVBは5年ぶりにタイトルを獲得するなど本来素晴らしいシーズンを過ごしたはずだった。しかし元監督のトーマス・トゥヘルと幹部のヴァツケ、ツォルクとの対立によりそれも忘れられてしまった。ドルトムントではクラブ内で信頼を作り上げなければならない。




5.補欠

ドルトムントはバイエルンに次いで素晴らしいメンバーを有している。しかしこうした事はフィールド上で力を証明したい選手にとっての不満にもつながってしまう。ローデ、シュルレ、そしてゲッツェもより多くのプレー時間を要求するだろう。ボシュは選手の機嫌を保たなければならない。




6.オバメヤン

彼は去るのか?残るのか?この点取り屋の将来はまだ未定だ。このガボン人は未だ残留宣言をしていないからだ。彼が将来について明言を避けている間は、移籍の可能性があるという事だ。ボシュは彼に残留を説得しようとするだろう。それがうまく行かなかったら、代わりをみつけなければならない。




7.新加入

トプラク、フィリップ、ダフード、ザガドゥーの加入が決まっている。18歳のザガドゥーは自身の成長を期待しているが、他の3人はスタメンを目指している。ボシュは彼らをチームに溶け込ませて、展望を示さなければならない。興味深いのは、トプラクとダフードはトゥヘルの下でのプレーを想定した事だ。彼ら二人ともトゥヘルの望んだ選手だったのだ。ボシュも彼らに対して信頼を示さなければならない。




8.才能
ボルシアには才能豊かな選手が沢山いる。プリシチ、デンベレー、モア、ザガドゥー、パスラク、メリーノ、ブルニッチ、ラーセン、イサーク達だ。彼らはステップアップするためにもみなプレー時間を必要としている。しかし皆がプレー時間を得ることはできないだろう。ボシュは誰かをローンに出す決断をしなければならない。今の段階ではモアとパスラックだ。




9.ファン

バス襲撃事件の後で、ファンはチームを支え、最終的にはポカールで優勝した。しかしファンの意見は分かれている。何人かは、トゥヘルを支持し、ヴァツケを批判しているのだ。ヴァツケはポカール決勝が行われたベルリンでブーイングを受けている。そして何人かはヴァツケを応援している。ファンが監督解任とのジレンマに立たされることなく、先を見ることができるかどうかはシーズンのスタートにかかっている。それはボシュにかかっている。彼はどうするだろうか?正しい言葉を見つけられるだろうか?彼が勝利の後で南スタンドの後に姿を現せば、事は簡単になるだろう。







以上です。

BVB09にちなんで9つの解決すべき問題点でした。一番はやはりメンバーの整理ですね。これまでも多かったですが、さらに4人獲得しました。しかしそれに対して放出は決まっていません。トレーニングが始まって選手と話をしてから、という事になるとは思います。3つの大会を戦ううえでは、多くの戦力が必要ですが、みんなモチベーションを保つことができるかどうか、監督の腕の見せ所ですね。



[ 2017/06/18 07:55 ] ボシュ2017 | TB(-) | CM(9)
対話と割り切りが必要ですね。

そうすれば選手自らが判断するでしょう。
これは不可抗力なのだと。
[ 2017/06/18 10:25 ] [ 編集 ]
選手がぎゅうぎゅうだぁ; 一人二人放出しただけじゃ渋滞必至でずぞ。
[ 2017/06/18 17:43 ] [ 編集 ]
ロイスはケガが多すぎてなぁ
[ 2017/06/18 18:05 ] [ 編集 ]
前任者は中盤省略のサッカーやってましたから、中盤でのボール奪取がかなりまずいことになってます。なので、まずは中盤のあり方見直してカウンターのプレスから立て直してもらいたいです。
[ 2017/06/18 18:30 ] [ 編集 ]
この辺は監督のプランでバッサリいくしかないですよね
ファン・ハールがPSMで香川をボランチで使う意向を話し合ってその後出してくれたようにね
[ 2017/06/18 18:55 ] [ 編集 ]
選手が多すぎる
香川はとんでもない所で戦ってるな
[ 2017/06/18 19:43 ] [ 編集 ]
前任者が出来ていないことばかりを要求するのはフェアじゃないですね。
新監督にはまず何より、「許される順位は2位まで」「シャルケ戦(ルールダービー)、バイエルン戦(ナショナルダービー)は何が何でも勝つ」という気持ちを見せて欲しいです。
[ 2017/06/19 05:01 ] [ 編集 ]
新監督には前監督が出来なかった現実的な点の修正を期待したいですね
ボスは昨シーズンより失点を減らす工夫や努力を期待してます
トゥヘルにはCL出場権の奪還を期待してました
前任者のキャリアハイの成績以上+悪い点の修正を求めるのは無理がありますので
[ 2017/06/19 09:21 ] [ 編集 ]
>「許される順位は2位まで」

1年目で2位は厳しいでしょ
3位のチームを引き継ぐんだから現状維持できれば十分
それより、選手やフロント、ファンが将来に希望を持てる中長期的な改革の方が重要
短期で良いならトゥヘル続投で良かったんだから
[ 2017/06/23 15:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。