ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ゲレイロ!“打撲“のはずが骨折で4か月離脱へ!BVB、ポルトガル協会を批判!《ドイツの反応》




【フォーカス】7月11日


entry_img_1730.jpg


シーズン開始にあたり、ドルトムントには負傷者に関する心配事が絶えない。ロイスとヴァイグルに加えて、ラファエル・ゲレイロも長期離脱となる見込みだ。スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクはポルトガルサッカー協会を激しく批判している。


スポンサーリンク



ポルトガルサッカー協会は、このミッドフィルダーは6月21日に行われたコンフェデレーションズカップロシア戦で、打撲と診断されていたが、実際のところは骨折だったのだ。


ゲレイロは月曜日にすでに手術を受けており、10月下旬までは離脱するとみられている。


“この離脱は非常に痛手だ。ラファエルはプレー面において非常に高いレベルのものをチームにもたらしていた。”とツォルクは嘆く。

ポルトガルサッカー協会の誤った診断がゲレイロの回復を遅らせたとみられており、ツォルクは怒りをあらわにしている。“我々がみた写真では(骨折)は明らかだったので、ポルトガルの診断結果には驚いた。それは明らかだったので、彼らが一体何を診ていたのか、疑問に思わざるを得ないね。”






以上です。

ようやく新シーズンがスタートしましたが、ゲレイロが手術を受けて4か月の離脱となるようですね・・・。

確かにゲレイロの途中交代の時点では、大けがだとみられていましたが、その後ポルトガルサッカー協会が、打撲であって、大したことはないと発表していました。

ツォルクによれば、その時点でしっかりとした診断をして、対処していれば、少なくとももっと短期間の怪我で済んだのではないか、という事でしょうか。


[ 2017/07/12 18:30 ] ゲレイロ | TB(-) | CM(11)
管理人さま、ちょっとだけ心配してました。
移籍関連はこれから色々動きがあるのでしょうか。
アヤックスのドルベリに来て欲しいけど高そうだ〜
[ 2017/07/12 19:33 ] [ 編集 ]
久しぶりの記事!嬉しいですな。何かあったのかと勝手にアレコレと心配していました。なんて事を書くと、要らぬプレッシャーをかけてしまいますね…。ゲレイロ骨折ですか。選手の怪我のニュースほど嫌なものは無いですね。ドルは新体制なので尚更同情してしまいます。
[ 2017/07/12 19:43 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。
し、心配してたのですが、さらっと戻ってこられ、うれしいです。おかえりなさい!

ゲッツェ バイグル 香川の中盤を夢見る今日この頃です。

今シーズンもよろしくお願いいたします。
[ 2017/07/12 20:15 ] [ 編集 ]
今年もよろしくお願い申し上げます
[ 2017/07/12 21:37 ] [ 編集 ]
いつも楽しみに拝見しておりました。
もしかしてもうやめられたのかなと思ってました。
負担にならない程度によろしくお願いします。
ゲレイロ手術するほどの怪我でしたか!
これ以上怪我人は勘弁ですね。
[ 2017/07/12 21:55 ] [ 編集 ]
誤診のために回復までの時間が長期化したのだとしたらゲレイロにとって本当に気の毒なことです。
これがクセになるような怪我でなければよいのですが。早く良くなってピッチに戻ってきて欲しいです。
[ 2017/07/13 00:08 ] [ 編集 ]
ロイス、ヴァイグル、ゲレイロ。
インテリジェンスの高い、最も重要な3人が揃って離脱とは…大打撃ですね。
4部のエッセン相手にも、練習が始まって間もないとはいえ、酷い内容で負けてましたし。
シャルケやローマは10点近い得点で大勝しているというのに、大丈夫なんでしょうか。

正直、浦和レッズ戦が不安でなりません。
地上波ゴールデン生中継ですから、ドルトムントのPRはもちろんのこと、日本に凱旋する香川真司のメンツを潰すような、酷い試合は決して見せないよう願いたいところです。

前回の川崎フロンターレ戦は主力の移籍がなかったため、言い訳の仕様がないメンバーでした。
前半はロイス、ヴァイグル、カストロ。後半はギュンドアン、フンメルス、ムヒタリアン、オバメヤンという、サッカー頭脳の高い、成熟していた選手が常にピッチに揃ってましたので。
(主力が少ない)前半は、割と川崎に押されてヤバいシーンもありましたが、サイドの選手の突破力からクロス→香川の決定力という、隙を逃さない素早さ、シンプルさ、正確さで2点差をつけました。
(当時の)主力がズラっと並んだ後半はまさに圧巻で、ドルトムントが一気に試合を制圧し出し、川崎は足も手も出ずとなりました。

今回は特に若いメンバーばかりで、エッセン戦では試合を作れる選手が誰もおらず、まるで子供のようなサッカーでした。
デンベレ一人は際立っていましたが、あのようなサッカー脳の低い試合を浦和戦で見せられるのはかなり辛いです。
日本でのドルトムントブランドが地の底へと落ちないよう、どうかボス監督にはしっかりスタメン選びと戦術確認をしてもらいたいです。

交代は7人まで(計3回)と規定されているので、おそらくGKビュルキとDF何人かがフル出場で、あとは前後半45分ずつですかね。
香川は出るか不透明ですが、ヴァイグルがいませんからダフードには来日して欲しかったですね。
ゲッツェに対しても、いまいち信用できませんし、シャヒンも運動量や守備に不安しかありませんから、やはり中盤の層が一番気になります。
[ 2017/07/13 03:26 ] [ 編集 ]
今日、入国したらクラブ関係者一同、ソッコーで神社行くように!それもハシゴしたほうがいい!!ゲームやプロモーションよりお祓いが大事!!!
シーズン中にケガ人出るのならまだしも、オフに主力が2人も重傷とか異常過ぎ。
[ 2017/07/13 04:29 ] [ 編集 ]
再開?されてホッとしております。
これからもぜひぜひ宜しくお願いします!
[ 2017/07/13 08:09 ] [ 編集 ]
シーズンの始まりと共に管理人さんもまた宜しくお願いします。
さて、BVBにはいい敗戦だったと思います。
ボシュ監督の初戦と言うことで選手の自主性にまかせたサッカーをさせていたようですが、品評会のようなプレーをする選手達には致し方無い結果と内容だったと思います。
第1クールの始めですから何も求めてはいないでしょう。
顔見せと選手の身体慣らし、特性の確認といった所でしょうか。

次の土曜日の浦和戦は楽しみですね。
浦和も少し調子を落としてるとは言えJチームの代表として是非とも頑張って欲しいです。
組織で守備を敷くJチームをBVBの選手がどう感じるかです。
どう突破してくるのか楽しみです。
いまのBVBにならいい戦いが浦和は出来ると思うんだけどなぁ。
勝っちゃってもいぃんです。レインボー
[ 2017/07/13 08:21 ] [ 編集 ]
ロイス、ヴァイグル、ゲレイロがいないって、フンメルス、ギュンドアン、ムヒタリアンが同時に抜けたのと同じくらいの影響力ですね。
[ 2017/07/13 09:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。