ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!オバメヤンの代わりにアーセナルからジルーを獲得か?!《ドイツの反応》




【Spox】7月12日



BVB!オバの代わりにジルーを狙う!


entry_img_1731.jpg


ピエール・エメリックオバメヤンは、ここ何週間も移籍が噂されているにも関わらず、まだドルトムントにいる。しかしBVBはすでに後釜を探し始めているようだ。そして、どうやらその候補としてアーセナルのオリヴィエ―・ジルーの名前が上がっている。

スポンサーリンク


水曜夜にイギリスの“ミラー”がアーセナルに在籍するフランス人ジルーに興味があると報じている。それによると、ジルー獲得はドルトムントでも最重要事項のようだ。ドルトムント以外にはウエストハム・ユナイテッドやマルセイユ、そしてACミランなども興味を持っているようだ。



ジルーはガナーズでの契約を2019年まで残している。しかしアーセナルはアレクサンドル・ラカゼットを記録的な移籍金で獲得しており、ジルーは将来の展望に不安を持っているようだ。昨シーズンはすでに半分はベンチとなっていた。この補強がジルーの立場を良くすることはないだろう。



そのためワールドカップ出場を控えたこの30歳はクラブを変える事を考えている。“クラブを去ることは一つの選択肢だ。”とジルーはシドニーでのユニフォームのお披露目の後に述べている。“僕は今はアーセナルの選手だから準備トレーニングには参加するつもりだ。シーズンに向けて準備するつもりだし、どうなるか見てみよう。”


さらに彼は自身のアーセナル時代についても語っている。“僕は本当にアーセナルでの5年間を楽しんだよ。何が起ころうが、自分の仕事をこなしてきたんだ。”



オバメヤンはチェルシー、ミランと交渉


このフランス人は、もしオバメヤンが去らないのであれば、ドルトムントでオバメヤンを補う事が出来るかもしれない。オバメヤンは現在、チェルシーやミランと交渉中だ。



しかしスカイの情報によるとオバメヤンに関して公式のオファーはまだない様だ。







以上です。

オバメヤンの代わり、というのがいわゆる控えなのか、それとも後釜なのかがはっきりしない文章でした。最後の段落の文章は、“オバメヤンが去るのであれば、ジルーはそれを補う事ができるだろう“、の間違いではないかと思いますが、“オバメヤンが去らないのであれば、ジルーは補う事ができるだろう“、となっていますので・・・。これだと控えみたいですよね。でもジルーは、ワールドカップのために出場機会を求めているように見えます。

まあいずれにせよ、オバメヤンにはそろそろはっきりさせてもらいたい所ですね。



[ 2017/07/13 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(14)
ジルー好きです。
名前が憶えやすくて忘れにくいにプレーもセンターフォワードの手本みたいな感じですし。
年齢やブンデスで通用するのかとか未知数ですけど獲れるなら獲ってほしい面白い選手ですね。
[ 2017/07/13 08:28 ] [ 編集 ]
ジルーはアーセナルだと控えだけど、フランス代表ではスタメン(ラカゼットはベンチ)という…
移籍は確実でしょうが、やはりウエストハムが有力でしょう。
しかしミランもマルセイユも豪華になってきましたね。
セリエA復活のシーズンになるか?
[ 2017/07/13 09:45 ] [ 編集 ]
 オバメヤンは年齢的にビッククラブへ複数年で移籍できるのが今年か来年かといったところですから、出来るだけ粘りたいところなのかな。しかし、今の時点ではっきりしたオファーがないのは、そういうことなのでしょう。

 ビッククラブはCL権逃すような一部の面白いクラブを例外として、相手が引いて守ってきます。ですから裏を狙い一筋なスピードスターは扱い辛い。特に近年は戦術的な理由からWGも得点源になる事が多いので、チャンスメークも出来る汎用的なCFが好かれているように思います。
[ 2017/07/13 09:50 ] [ 編集 ]
オーバメヤンも出来れば居続けて欲しいけど、なんだかドルトムントを出ると言う事で、引っ込みがつかなくなってる印象ですね・・・
代理人がいろんな方向での交渉でうまくいってないのかな?
[ 2017/07/13 10:58 ] [ 編集 ]
こんなうってつけな選手いませんね。ドルトムントが手を出せる金額なら、の話だけど。ジルーのほうが得点パターンは確実に増えますしロイスや香川はオバメがいた時以上に輝けるかも。勝てないんだから結果が全てでしょうし外しまくるのも事実ですが、ジルーほど過小評価されてるFWっていないと常々思ってます。周りを使うことにこれだけ長けてる選手って中々いません。アーセナルやドルトムントのようにパスサッカー主体、2列目の選手が点をとる傾向が強いチームにおいてはうってつけの選手です。まぁ、でもラカゼットがフィットするかもわからないですしジルーを放出するとは思えないですね。
[ 2017/07/13 11:04 ] [ 編集 ]
オバメの移籍ってほんとにどうなってるんでしょう?
まだまだギリギリまで決める気がないのか
その他の選手もギンター以外一向に何も決まってないけど
毎年こんなもんでしたっけ?w
オバメには出て行ってほしくないけど
もし移籍してしまうならジルーは魅力的ですね
ポストプレーができる優秀な現役選手としては
イブラかジルーかドログバかと言われるくらいですし
ポストが得意だったレバンドフスキーとの相性から見ても
香川選手にとっては最高に合うパートナーだと思うのですが。
[ 2017/07/13 11:16 ] [ 編集 ]
管理人さん、今シーズンもブログの更新を楽しみにしております
たしかオーバの去就は今月中に期限を設けてましたよね
残留を明言してませんから、第一は移籍なんでしょう
怪我人がいたり、合流遅れの選手もいますから早く明確にして欲しいですね
[ 2017/07/13 14:23 ] [ 編集 ]
オバ側にしてみればレヴァに競り勝ってブンデス得点王になった今が年棒などに関しても高値で売り時なのでしょうけど
ミランも中国もCLが無いうえにすんなり決まりそうにない状況じゃ残留して来年どこか探すのが落とし所になりそうな気がしますね
[ 2017/07/13 18:33 ] [ 編集 ]
ドルって30歳以上は、取らないんじゃなかった?
[ 2017/07/13 18:35 ] [ 編集 ]
俺もジルーのプレーは好きだからこの話に関してネガティブな感想は無いなぁ。ドルトムントに合ってると思う。
[ 2017/07/13 20:14 ] [ 編集 ]
ブログの更新ありがとうございます。

オバの人柄等も考えると移籍はしてほしくないですが、シーズン中から移籍!移籍!って言ってましたから、やっぱり良いオファーを待っているんでしょう。

ジルーは良いですが、ドルトムントには来ないような気がします。

[ 2017/07/13 21:06 ] [ 編集 ]
オバメヤンがインスタに意図してか兼ねてから噂されているチェルシーのチームカラーである青色で全身コーディネートしてプライベートジェット? と一緒に写っている写真をアップしたのでコメント欄が ようこそ チェルシーへ💙💙💙みたいなコメントで溢れかえっていますね。今回の投稿や過去の 新しい挑戦の準備は出来ている 等のインスタでのコメントから間違いなく今夏での移籍を本人は望んでいますね。残念ですが後継にジルーなら選手達も納得出来るのではないでしょうか?
[ 2017/07/13 21:23 ] [ 編集 ]
スベン ベンダーもレバークーゼンに移籍決定したね。ベンダー兄弟が揃うんだね。
香川と2連覇したメンバーがどんどん去っていくのも寂しい。ピシュチェクとシャヒンも単年契約だし。オバはとてもナイスガイだけど、香川と相性がいいことを考えると、監督も望んでいるポストのできるFWだったらジルーのほうがいいかも。でもまたまだやってみないとなんとも言えないし、後半戦終盤の試合は香川とオバも何気に合ってたから迷うとこだね。どうなることやら。
[ 2017/07/13 21:30 ] [ 編集 ]
オバメヤンは毎日のように世界中のサポから来てくれと言われてますよ。
チェルシーファンだけでなく、ミランファンも山ほど。
ロイスもですが、こういうのが世界的なスターなのだなと、SNSのコメント欄を見ていて思います。
[ 2017/07/13 22:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。