ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ベンダーがレヴァークーゼンに移籍!双子そろってプレー!《ドイツの反応》




ビルト

センセーショナルな移籍!


1500万ユーロ!
ドルトムントのベンダーがレヴァークーゼンに移籍!



entry_img_1732.jpg


こりゃあすごい移籍だ!

BVBスターのズヴェン・ベンダーがバイヤー・レヴァークーゼンに移籍する。ブンデスリーガのライバルチームは1500万ユーロ支払ったようだ。彼は2021年までの契約にサインした。

スポンサーリンク



ベンダー:“今から数日前にアキ・ヴァツケとミヒャエル・ツォルクに、BVBでの8年を経て新しい事に対して挑戦してよいか頼みに行ったんだ。小さなころからフィールドに立つことが大事だった。BVBでは怪我もあって、ここ最近はそれもうまく行っていなかったんだ。BVBは僕を引きとどめようとしてくれたけれど、それでも僕の気持ちを尊重してくれて感謝しているよ。すごく評価されていると感じている。”



ベンダーは昨シーズン公式戦8試合にしか出場していなかった。何度も負傷のために離脱となったのだ。



ドルトムント会長ヴァツケ:“もちろんズヴェンがチームに残ってくれることが最高だった。ズヴェンは、チームの中でも最も貢献した数少ない選手の一人だった。だから彼の望みを聞いて尊重するのは当然の事だ。”


レヴァークーゼンではズヴェンは双子の兄弟ラースと出会う事になる。8年の時を経て再び一つになったのだ。彼らのキャリアは1993年にブランネンブルクで始まり、1999年にはウンターハッチング、そして2002年には1860に移籍していた。彼らの道が分かれたのは2009年だ。


彼らは再びレヴァークーゼンで一緒になる。








これは意外なニュースでしたね。

また6番でプレーする所が見たかったので、移籍は残念ですが、本人の希望なのでこれは尊重するしかないですね。レヴァークーゼンでは怪我が減って継続的にプレーできると良いですね。

[ 2017/07/13 21:45 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)
ドルトムントは今夏ボルシアMGからダフードを1200万€、レバークーゼンからトプラクを同じく1200万€で獲得と。そしてギンター、ベンダーをそれぞれのクラブに1700万€、1500万€で売って質の上昇、そして利益まで得て流石の交渉術ですね。それぞれ出場機会を考慮した選手の決断を尊重した移籍なので応援したいです。これでCB2枚の放出によりスボティッチが残る可能性が上がりましたし、実際プレシーズンの初戦の出来は良かったと思います。CBはソクラテス、トプラク、スボティッチ、バルトラ、ザガドゥの5人で乗り切るプランが見えてきましたね。
[ 2017/07/13 22:05 ] [ 編集 ]
うわー、ショックですが、出場機会を求めての移籍希望は仕方がないのでしょうか。オリンピックの怪我が長引いて出場機会が減って本当に残念でした。最初は名前が紛らわしかったギンダー、ベンダー二人ともドルトムントを去ってしまいました。レバンクーゼンでの活躍を祈ってます。
[ 2017/07/13 22:12 ] [ 編集 ]
移籍金1500万ユーロは高いですね。
ベンダーは今年に入ってから2021年まで契約延長したばかりですから、高くなったんですかね。
[ 2017/07/13 22:13 ] [ 編集 ]
これまた突然すぎてビックリです。
まだまだ8月末まで出て行く選手はいるでしょうね。
オバメヤンの移籍期限は7月末までですが、中国市場が閉まったので、チェルシー行きか、パリ・サンジェルマン行きか?
あと、スボティッチが来日メンバーに入っていないらしいですが、どなたか何故かわかる人はいますか?
構想外なのでしょうか?
[ 2017/07/13 22:17 ] [ 編集 ]
トゥヘルの元ではCBを中心として出場していたけど、ベンダーはDMFの選手だと思っているしとても残念ですがレヴァークーゼンではそこで活躍する姿が見れることを期待したいです
双子の兄弟そろって同じチームで戦う姿を見るのも楽しみですね
[ 2017/07/13 22:20 ] [ 編集 ]
来日メンバーに入っていたので残留するのかと思っていたら移籍ですか。正直、期待されまくってチャンスもどの監督でもたくさんもらっても中々殻を破れないですし環境を変えたらのびのびできるかもしれないですね。兄弟での活躍に期待。
[ 2017/07/13 22:22 ] [ 編集 ]
双子がそろうのか…
[ 2017/07/13 22:27 ] [ 編集 ]
ベンダーが20億。
これはウィンウィンなのかな?
[ 2017/07/13 22:35 ] [ 編集 ]
レバークーゼンは地道に補強してるね
長友どうなった
[ 2017/07/13 22:39 ] [ 編集 ]
思い入れがある選手じゃないけど、早くも野戦病院の様相を呈しているのに売ってしまって大丈夫なのかな。。
[ 2017/07/13 23:06 ] [ 編集 ]
新シーズン始まりましたね、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

ポカール獲得の浮かれ気分も、来日前夜のわくわくも全て消え失せたベンダー弟移籍。
双子が揃う点では最良の選択ですが、試合とは別の楽しみが消滅してしまい、複雑な気分です。
[ 2017/07/13 23:09 ] [ 編集 ]
えぇー? 寝耳に水です~!
フンメルスは古巣に帰っていったけどベンダーはずっとドルトムントにいてくれるような気がしていました。
縁の下の力持ちとしてドルトムントを支え、ケールのようにドルトムントで引退するんだろうなと。
本人の希望なら仕方ないですが、香川と一緒に優勝を経験したメンバーがどんどんいなくなってしまうのが寂しいです。
ずーっと同じメンバーでいられるなんてことは有り得ないのはわかってるんですけどね。
クロップが退任した時と同じようにしばらく切ない気持ちでいっぱいになりそうです。。。
[ 2017/07/14 00:39 ] [ 編集 ]
本当に寂しいです。
マニ、ギンター優勝メンバーがまた去っていく。
仕方ないですけどね。
[ 2017/07/14 07:06 ] [ 編集 ]
覚えてるかなぁ  ベンダーが負傷した時、香川が代わりにセンターバックやってたの;; 懐かしいなぁ
居なくなるのかぁ・・・寂しいなぁ・・
[ 2017/07/14 07:53 ] [ 編集 ]
スボティッチ写真には載ってたけどな……
[ 2017/07/14 08:14 ] [ 編集 ]
前から言ってきたことだけど、クラブはアニキを呼ぶべきだった。中盤足りないんだしやることが逆だよ。
[ 2017/07/14 09:08 ] [ 編集 ]
なんとも言えない気分ですね。

やはり攻撃より守備の選手に負担を強いてきた証なんでしょうか。
組織としての守備が確立していなかったが為の個への負担は想像以上だったと言うことなんでしょうね。

ギンターもベンダーも出場時間は短い、ミスはクローズアップされる、前の選手と比べられ評価が低い、おそらくプレーする恐怖を感じていたのではないでしょうか。
だったら、出場時間を求めてチームを変えた方がいいという結論を導き出すのも自然だと思いました。

ただ、この時点での移籍は新体制以前の問題。既に移籍する意志を固めていたという事なのでしょう。
何が問題だったのか、クラブはここをクリアにしておかないと同じ過ちを繰り返すことになるかも知れない。
選手や監督は代わりましたが、私が見る限りではクロップ退任時から殆んど前に進んでいないように感じます。

フンメルス移籍時にも話題に出ましたが、クラブは責任を取る覚悟を持たないといけないと言うことなのではないでしょうか。
今後、BVBというクラブが欧州サッカーでどの立ち位置に就きたいのか明確に示す必要が必要であると考えられます。
[ 2017/07/14 09:15 ] [ 編集 ]
07/13 22:05
スボティッチ良かったですかね、個人的には微妙だったんですが…
あれならザガドゥの起用を増やして経験を積ませたほうがいいと思います。

ベンダーは残念ですけど、ボスのサッカーだと正直居場所ないと思うので仕方がないかな
[ 2017/07/14 10:39 ] [ 編集 ]
びっくりしました。リーグ連覇に貢献した一人がまたいなくなるのは寂しいですね。昨期は怪我や監督との相性もあり試合に出れていなかったので仕方のない事ではありますが、やっぱり残念です。
[ 2017/07/14 11:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。