ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!今日中に中国移籍の可能性!?年俸3000万ユーロ(税抜き)!《ドイツの反応》



ビルト

年俸税抜き3000万ユーロ以上!


オバ、今日にも中国移籍か?



entry_img_1733.jpg


ピエール・エメリック・オバメヤンは昨日からアジアツアーに参加している。

このスター・ストライカーにとっては落ち着かない時間が続く。なぜなら今日の18時に中国の移籍市場が閉まるからだ。

スポンサーリンク



ビルトの情報によると中国の天津が、最後までドルトムントのストライカーをめぐって戦うつもりのようだ。移籍金としては8000万ユーロを用意しており、オバメヤンの年俸は税抜きで3000万ユーロにもなるとみられている。


マネージャー・ミヒャエル・ツォルク:“今のところ状況に進展は見られない。でも中国市場はまだ開いているし、これから非常にあわただしくなる可能性はあるね。まあそれは普通の事だ。でもモデストの天津移籍を見た限り、あれこれ予想することはやめておいたほうがよさそうだ。”



▶ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは以前と同様に東京行の飛行機には乗らなかった。昨年はシュルレとゲッツェの移籍の準備をしていたのだ。



オバ移籍の大きな問題:この中国クラブは、この夏の巨額の移籍で特別に税金を払わなくてはならない。なのでこの移籍はクラブに取って2重の意味で高くなるのだ。なので、ここ数日で、これに関する、様々な解除条項の検討が行われていた。


もし今回もモデストのようにうまく行けば、オバメヤンも移籍となるだろう。彼はすでにアジア入りしているのだ。










以上です。

今日の18時までですか。時間はもう少しありますが、どうなるでしょうか・・。なんだかんだでモデストも移籍が決まりましたし、どうなるか分かりませんね。ちなみにブンデスリーガからはレヴァークーゼンのカンプル、そしてハノーファーのウジャが中国行が噂されています。

さて、増える中国移籍ですが、日本に移籍したポドルスキーが中国移籍を批判していました。その着眼点がなかなか興味深かったので、後程紹介したいと思います。



[ 2017/07/14 17:45 ] オバメヤン | TB(-) | CM(7)
ポルディ今東京にいるはずだからオーバに中国はやめとけって言ってくれないかなー。
[ 2017/07/14 18:05 ] [ 編集 ]
オバの移籍にも間に人が何人も入ってるんだろうか…。
[ 2017/07/14 18:12 ] [ 編集 ]
 ポドルスキの話はとても興味深いと思っていたので、とても有難い。彼の中国クラブとの契約に関する懸念が事実ならば、契約が成立してもオーバメヤンが3000万ユーロを実際に受け取ることはなさそうです。
[ 2017/07/14 18:24 ] [ 編集 ]
オーバメヤンは中国に行っても、香川やロイスと楽しめたような素晴らしい連携は期待できないと分かっているはず。お金に執着せねばならない個人的理由があるのかもしれませんが、選手寿命は短いので、ファンとしてはオーバメヤンの素晴らしい才能を試合で見せる方向を選んで欲しいと思います。
(香川選手は残留しましたね。本人の弁によれば、非常に良い条件のようなので、期待に応えて頑張って欲しいです。)
[ 2017/07/14 18:33 ] [ 編集 ]
一流選手がもったいなすぎる
[ 2017/07/14 18:35 ] [ 編集 ]
もしどうしても移籍するなら中国じゃなくてミランがやばいことになってきてるから最後のピースとしていってほしいですね。
[ 2017/07/14 18:39 ] [ 編集 ]
なくなったみたいですね。残って欲しいなぁ。
[ 2017/07/15 01:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。