ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!ドルトムントで2020年まで契約延長決定!ドイツ紙《ドイツの反応》



【ルーアナッハリヒテン】



BVBファンお気に入り!

香川真司、契約を2020年まで延長!



entry_img_1734.jpg


あとはサインをするだけとなっていた:香川真司がBVBでの契約を2020年7月30まで延長したのだ。

“これからもボルシア・ドルトムントの一部でありたいです。”と日本人は東京で行われた記者会見で語った。

スポンサーリンク


香川のこれまでの契約は2018年までとなっていた。この28歳は、これまで公式戦185試合に出場しており、54ゴール47アシストを記録している。


“これからも3年間シンジが我々のところでプレーする事が決まり、本当に幸せだよ。”とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは語った。“シンジはクラブ、街、そしてファンと一体化している。そして彼は非常に若いチームにおいて、経験があるものすごく重要な選手だ。”


香川はこう語る。“BVBはその信じられないファンとともに、僕の心の中で非常に大きなものになりました。世界最高の観客動員数を誇る、世界最高のリーグの一つで、今後もこの類まれなクラブの一部であることができて幸せです。”


香川は2010年にセレッソ大阪からBVBに移籍し、シューティングスターになった。この日本人は黒と黄色のユニフォームを着て2011年に優勝、さらに2012年にはダブルを達成。その後マンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、そこでは本当に幸せになる事はなく2014年8月に戻ってきている。








以上です。

以前キッカーが予想していたように、日本で正式に発表されたようですね。
まだ記者会見の様子は見ておりませんが、ドイツでもすでに大きな話題となっています。

香川選手の去就には多くのファンが注目していましたが、契約延長を選択してくれた本当に嬉しいです。新しい監督のもとでチームがどうなるかまだ分かりませんが、昨シーズンの後半戦で見せてくれた力強さで若いチームを引っ張っていってくれるような存在になってほしいです。

[ 2017/07/14 18:05 ] 香川2017 | TB(-) | CM(23)
いえーーーーい!!!!
[ 2017/07/14 18:08 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。
香川さんの延長嬉しいです。
そして、これからもよろしくお願いします。
[ 2017/07/14 18:27 ] [ 編集 ]
 これでBVBのMFに関しては怪我人が頑張って戻ってきてくれれば、なんとかなるかな?

 延長が成立したことで他の選手や交渉に影響が出たりはしないでしょうが、確実にツォルク氏のお仕事が一つ減りました。香川のようなチャンスメーカーを同じ年俸で獲得するのはとても大変でしょうから、スカウトやツォルク氏は一息つけたことでしょう。

 私は香川に現役引退するまでBVBでプレーしてほしいと願っているので、祝杯をあげたい気分です。めでたい!
[ 2017/07/14 18:46 ] [ 編集 ]
よかったですね。やりたいことがあるなら、移籍でもいいとは勝手に考えてましたが
香川がやりたいことがドルトムント、という結論になったんでしょうね。
ファンは決断を応援するのみです。
[ 2017/07/14 19:15 ] [ 編集 ]
ユナイテッド時代があったからこそドルで頑張ろうと腰を据える気になったんだと思う。年齢的にもステップアップは難しいがまだまだ欧州のトップレベルでやれる。昨季の終わりころから身体の動きも良くなり迷いが無くなってる気がする。これからも香川の活躍を楽しみにしたい。
[ 2017/07/14 19:33 ] [ 編集 ]
私も嬉しいです。いずれ彼の活躍でドルトムントがCLを取ることを期待しています。夢のような話ですが、可能性は残されています。
[ 2017/07/14 19:35 ] [ 編集 ]
ただ、ただドルトムントでの勇姿がみられるのが嬉しい!頑張れ!
[ 2017/07/14 19:36 ] [ 編集 ]
ここより上のクラブって言ったらもう数えるほどしか無いしなあ
マンUも経験してどういうものかもわかってるだろうし妥当、残当
[ 2017/07/14 19:53 ] [ 編集 ]
トゥヘルに冷遇されたり、一部サポから終わった選手扱いされた時は、新しいクラブに移籍して欲しいと思いましたが、最終節の(CLストレートイン)香川の投げ飛ばし含めた(笑)必死さを見てから、あー香川はドルトムントを愛しているんだなーと考えを変えました。
こうなったら、ドルトムントで現役を終えてフロント入りや指導者まで目指して欲しいですね。
[ 2017/07/14 20:16 ] [ 編集 ]
うれしー!
早く怪我治して、開幕戦から頼むぜー
[ 2017/07/14 20:35 ] [ 編集 ]
もぅ一度シャーレを掲げる姿を見せてくれ。  いや、大耳でもイイんやで・・・・
[ 2017/07/14 20:45 ] [ 編集 ]
ドルトムントほどのクラブに必要とされてることは
本当にすごいことだよ
[ 2017/07/14 20:52 ] [ 編集 ]
このニュース、ツイッターで検索したら、結構ヨーロッパの各スポーツメディアでツイートされてました。
日本のファンが思っているよりも、すでに国際的なスター選手になっているようですね。
[ 2017/07/14 21:30 ] [ 編集 ]
いい加減、日本メディアは彼こそが日本ナンバー1の選手だという事を、しっかり伝えるべきだと思うんですけどね。
大した事ないクラブで活躍できない選手を無理やり持ち上げずに。
(しかし、計ったように同じ日に…いやらしいですよね。)

昨夜、柏木陽介が言っていたように、香川真司は日本の宝です。
[ 2017/07/14 22:12 ] [ 編集 ]
良かったかどうかは次の監督が香川を信頼しているかしだい
トーマス・トゥヘルには無かった
[ 2017/07/14 22:21 ] [ 編集 ]
なんか涙出ますよ、これからもドルトムントの香川選手が見られると思うと
現地でどれだけ愛されてるか日本ではわからない事が多いですが、
ツォルクが「ファンと一体化してる」て言ってるのは改めて現地での人気を感じます
移籍して別のチームで勝負して欲しかったて意見もありますが、
個人的には香川選手が強い意志で決めたように見えるので例え活躍できなくても、
良い決断だったと思います
[ 2017/07/14 23:48 ] [ 編集 ]
真司、おめでとう♪ CLやれる。新たな歴史を作れる。ドルトムントの歴史、日本サッカーの歴史、
そして、クロップとの歴史、更新できる・達成できる・素晴らしいものにできる。

あなたには皆を幸せにできる才能がある。どんなに苦しくても結局、皆を幸せにできる。
低賞感微。

カズイズム。

親父になっても楽しませてくれ。

明日は楽しみにしているよ。

ガンバ、真司!

最後は楽天、三木谷さんに世話になるのも悪くない。

グー!!!
[ 2017/07/15 00:57 ] [ 編集 ]
BVB公式ホームページが素晴らしいビデオで祝福してますね。本人も素晴らしい条件を提示されたと言ってますし、良かったんじゃないかと思います。
[ 2017/07/15 02:04 ] [ 編集 ]
なんだかんだCLもいい所まで行きましたし、いい選択だと思います
あとはオバの去就と後釜候補ですねぇ
[ 2017/07/15 02:05 ] [ 編集 ]
おめでとう 真司!
[ 2017/07/15 02:05 ] [ 編集 ]
ホントは移籍して新しい香川が見たかった。
日本にドルトのアカデミーを作るという発表があったからこれは契約更新だなって予想してた。使う使わないとは別に香川を手放すはずがないと、ここまで来たら最後までドルトでヨーロッパの現役を終えるぐらいやってほしい。もう一回更新があって33歳まで。
その後はセレッソじゃないJ2クラブでやって欲しいなー、ホントは俺の地元応援のJ1クラブに来てスタジアムで見てみたい。その頃にはJ2に落ちてるかもしれんし来てくれ。
[ 2017/07/15 03:57 ] [ 編集 ]
香川が世界的に有名なのを知らないのは基本的に日本サッカーしか見ないファンとサッカーに興味がない人達だけだよ。
ここにコメント書き込むような人が、香川が世界でとう見られているか知らないとは、、驚き。
[ 2017/07/15 10:20 ] [ 編集 ]
>07/15 10:20さん
小柳ルミ子さんも知らなかったんでは、とTVを見てて思いましたよ。
ピケが真司のことを知ってるって、本人に「すごいわ!」って、ビックリ発言してましたから。知ってる事を驚くって、ルミ子さん本人が見下してますよね。それを本人に言っちゃうあたり、失礼も甚だしい。

今頃ここに書いても誰も読まないかもしれませんけど、つい書いちゃいました。
[ 2017/07/18 00:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。