ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン!ドルトムント残留が決定!ツォルクSDが明言!《ドイツの反応》




Sport1



ボルシア・ドルトムント!ピエール・エメリック・オバメヤン残留しなければならず!

ツォルクがオバメヤン残留を明言!


entry_img_1739.jpg


ミュンヘン:ピエール・エメリック・オバメヤンをめぐるポーカーは終わった。スポーツ・ディレクターミヒャエル・ツォルクはそれを明言している。

これまで天津やパリといった経済力のあるクラブがオバメヤンの移籍先として噂されてきた。しかし最終的にはドルトムントが要求していた7000万ユーロを提示するクラブは現れなかったようだ。

スポンサーリンク




その結果:オバメヤンは残留する。それをSDのツォルクが認めた。“もう(オバメヤンに関する)移籍市場は閉まったとみなしている。そうでなければさすがに急すぎるだろう。”とツォルクはACミランとのテストマッチ(3:1)の後で話した。



ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長は最近では、オバメヤンに対して最終通告を出していた。“今のところまだ交渉は行われていない。まだ何日か待っているところだが、そんなに長くは待てないだろう。”とヴァツケはヴェルト日曜版で語っていた。


新監督のペーター・ボシュは喜んでいるようだ。“私は彼が私のチームにいてくれて嬉しいよ。彼は素晴らしい選手だし、素晴らしいタイプだ。ミラン戦でも見せてくれたね。”と、このオランダ人監督はオバメヤンが2得点を挙げた後で語っている。


先週金曜日には中国移籍市場が閉じたため、オバメヤンの中国移籍が無くなった事ははっきりしていた。しかしこれでオバメヤンの残留もはっきりしたようだ。








以上です。

これは嬉しいニュースですが、本当に残るかどうかはまだ分かりませんね。ミランもオバメヤンを欲しがっていたようですが、オファー金額が7000万ユーロには達していなかったようです。

どこかのクラブで予想外の移籍があった場合、それを追うような形でオバメヤンにオファーをするクラブがないとは限らないので・・・。

いずれにせよ、ツォルクのコメントはかなりはっきりしたものですが、他のクラブをせかすための最終コメントのようにも感じられます。オバメヤンの残留コメントを聞くまでは安心できませんね。

[ 2017/07/19 06:00 ] オバメヤン | TB(-) | CM(18)
ガボンじゃなく他の国の選手だったら取られてたかもな
日本人選手がオバメヤンくらい活躍するなら7000万ユーロくらい別口でクラブに入ってくるだろうからね
もし活躍しなくても金銭的リスクは小さいが、ガボンじゃそっちの方は見込めない
[ 2017/07/19 06:31 ] [ 編集 ]
最高のニュースありがとうございます!
[ 2017/07/19 06:33 ] [ 編集 ]
本当なら最大の補強であり最高に嬉しいのですが
駆け引きの牽制コメントでこれで急に持って行かれたらガッカリ倍増ですね
[ 2017/07/19 07:20 ] [ 編集 ]
たしかにオーバはドルトムント残留を明言してませんね。
オーバいるいないでチーム作りは大きく変わりますから、残留確定であればいいのですが。

それにしても新たな獲得や放出の具体的な話はあまり聞かないですね。
就任時に言っていたとおり、選手を見極めているところでしょうか。
なんかそれだけでも好感が持てます。
[ 2017/07/19 08:39 ] [ 編集 ]
昨日の試合の後で、オバメアンがミランに行きたいと思うとは思えないですね…チェルシー移籍確定というのはガセだったのでしょうか?
昨夜は浦和戦よりかなりコンデションが戻ったみたいで、オバメアンも躍動してましたね。特に、決まらなかったですが走りこんで体を倒しながらも足を出してのクロスの場面はテクニカルもかなり上がっていると感じました。残ってくれたら今シーズンますます楽しみな選手です。

ボシュの戦術も少しずつ出てきたのかな?スタッツ見ると、カストロや、ローデがかなり高い位置にいて(カストロはオバより前ローデは並び)どんどん中盤が飛び出していたので(シャヒンのゴールもそう)香川が復帰したら、間違いなく活躍しそうだと、楽しみですね。
[ 2017/07/19 09:14 ] [ 編集 ]
記事の内容とは関係が無いのですが昨日のACミラン戦で後半から途中出場したDominik Reimannの出来が物凄く良かったです。まだ20歳と若いgkで何より感心したのが足元の技術です。殆ど意図した所に中長距離のパスを通していましたし、3点目のカウンターの起点となるスローイングも素晴らしかったです。現時点でビュルキよりもパスセンスがあるのは明白です。ただシュートストップに関しては機会が少なかったので確認できませんでした。ボシュのポゼッションサッカーでは意外と重宝されて出番が貰えるかも知れません。とにかくドイツはgkの育成が素晴らしいな と思いました。
[ 2017/07/19 09:50 ] [ 編集 ]
オーバはまだコメント出していないのですね?
移籍市場は最終日まで何が起こるかわかりませんもんね。今回オーバが日本に来てくれるとは思っていなかったので嬉しかったのですが。それに後釜どないすんねんとも思いますし…
[ 2017/07/19 10:25 ] [ 編集 ]
 オバメヤンが移籍する場合、クラブ側は即戦力のストライカーを補強する交渉を急いで行わなければいけないし、その選手をすぐにチームに馴染ませなくてはならない。
 代わりの新戦力はスイス合宿に間に合わせたいところなので、逆算すると、放出リミットは今頃ってことになるのかな。

 我らが得点王には、もう一年BVBで頑張ってもらいましょう。
[ 2017/07/19 11:05 ] [ 編集 ]
ぬか喜びはまだマズイ。 それにまだ冬移籍があるかもしれんしねぇ・・  
[ 2017/07/19 11:14 ] [ 編集 ]
管理人さんご指摘の通り、夏は長いですからね
残留にしても補強は欲しいすな
イサクはまだキツイような印象です
シュールレには期待しているんですが、コンディションに不安が
よって、アラサーでもいいので実績のあるトップがもう1枚あればな、と
[ 2017/07/19 12:01 ] [ 編集 ]
嬉し様な微妙な様な
体張ってくポストしてくれないからなあオバ
[ 2017/07/19 12:29 ] [ 編集 ]
とりあえず中国が無くなってほっとしました。
昨日はコンディションが上がってきたのか、残留で気合いが入ってきたのか浦和戦よりだいぶ良かったですね。
他にもコメントしてる方がいますが、後半から出てきたGK良かったです。
「誰だこいつ?」と思ってごめんなさい…。
[ 2017/07/19 15:26 ] [ 編集 ]
正直オバメに7000は高いし、ドル側にはなからあんま売る気なかった感もあるような…
何にせよ本人的にも、もし今季リーグで40ゴールいけたら来年レアルの可能性も無いとは言えないし頑張ってもらいたいですね
[ 2017/07/19 15:51 ] [ 編集 ]
ミケル メリーノ、ローデの放出の可能性が高いことを考慮すると守備的MFの枚数が足りなくなってしまいます。なので補強の噂が上がってもおかしくないのですが……。 ガボン代表でオバメヤンの同僚であるマリオ レミナ来て欲しいなー。
[ 2017/07/19 16:38 ] [ 編集 ]
替わりに獲得するストライカーの噂を見てうーん、と思っていたので残留はよかったです
ただ、タイプの違うストライカーもみてみたいですね 
[ 2017/07/19 16:57 ] [ 編集 ]
これはドルトにとっても他のチームにとっても良い事。

オバメヤンはドルトの「チームサッカー」で点取り屋のポジションを任されているからこそ点を取れてるだけで、特段FWとして優れているワケじゃない。
他のチームに行っても、全員サッカーするチームじゃないと結果が出ないから失敗扱いされるだけ。
[ 2017/07/19 17:04 ] [ 編集 ]
正式に決定したらすごい嬉しい!
オバメヤンの笑顔は癒されるんや~~~
[ 2017/07/19 18:33 ] [ 編集 ]
オバメヤンはFWとして確実に成長しています。
ゴールへの嗅覚がよくて、ボールがこぼれてくるところによくいる印象がありますし、ゴール前での動きも生粋のFWだったみたいによくなっています。今売るのはもったいないですよ。
[ 2017/07/20 12:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。