ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マリオ・ゲッツェ、トーマス・トゥヘル元監督を批判し、ボシュ新監督を称賛!ドイツ紙《ドイツの反応》




レヴィーア・スポーツ


マリオ・ゲッツェ、トーマス・トゥヘル元監督を批判


entry_img_1740.jpg

マリオ・ゲッツェはインタビューの中で元監督トーマス・トゥヘルを批判している。“彼と仕事をするのはいつも簡単というわけではなかった。”とゲッツェ語っている。




トーマス・トゥヘル元監督はドルトムントを解雇されてから1か月半経っているが、まだ休暇中だ。そして代表選手であるマリオ・ゲッツェはアジアツアーで“パフォーム・グループ”のインタビューに応じ、元監督に関して批判的な意見を述べている。“彼は僕たちに多くの事を要求した。それは僕たちチームと選手達にとっていつも簡単ではなかったけれど、それでもポカールで優勝し、クオリティーを示すことができたんだ。結果をみればよく機能したと言えるね。一人一人がみんな成果を出すためにそれを利用し、結果はみんな頑張ったおかげだよ。僕たちはそれでもまだこれからさらに良くなる事が分かっている。”

スポンサーリンク





マリオ・ゲッツェはトーマス・トゥヘルとの別れについての質問に対して以上のように答えている。もちろんそれに関してはこの質問に答える事が難しい事についても触れている。なぜならシーズン後半はほとんどプレーしていなかったためだ。



ゲッツェ新監督を称える。



クラブを3位に導いたトーマス・トゥヘルとの別れは多くのファンにとって理解不能のものだった。


チームとクラブ幹部はシーズン終盤にトーマス・トゥヘルと問題を抱えることになったのだ。ヴァツケ会長は4月のバス襲撃事件後、公にトゥヘルとの意見の対立を語っていた。


それに対してゲッツェはインタビューで新監督ペーター・ボシュを称えている。“彼は非常にオープンでポジティブな印象だね。監督の哲学はとても良く理解できるよ。僕だけでなくチーム全体にとっても合うと思っている。彼の元で楽しめると思っているよ。”ゲッツェの新シーズンの最大の目標はいずれにせよ、スポーツ面ではない。“まずは健康でプレーできるようでありたいね。それ以外は特に決めていないよ。”ゲッツェは代謝障害により5か月間プレーしていなかった。参集土曜日に行われた浦和レッズとのテストマッチでこの25歳はカムバックを果たしている。






以上です。

またしてもトゥヘル批判の記事が出ていました。ゲッツェのコメントを要約すると、監督との仕事は難しかったけれど、それでも一人一人あきらめずに頑張った結果がポカール優勝だ。という事でしょうか・・・。少なくとも管理人はそのように理解しました。

ボシュの戦術では8番にカストロやローデが入っていますが、香川選手やゲッツェはどの辺で起用されるかも早く見てみたいですね。8番が頻繁に上に上がるのであれば、8番でプレーするのも面白そうですが、ゲッツェサイドもあるかもしれません。いずれにせよ、万全の状態のゲッツがプレーしてくれれば、相手のマークも分散するので、スペースもできてプレーの可能性も増えますね。

[ 2017/07/19 18:20 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(37)
難しかったが批判になるのは、違和感がある
[ 2017/07/19 18:33 ] [ 編集 ]
批判?なのか??
[ 2017/07/19 18:55 ] [ 編集 ]
個人的にゲッツェは病気だったのか疑問(笑)
[ 2017/07/19 19:01 ] [ 編集 ]
内容は全く批判していないですね
釣りとしてトゥヘル批判にしているだけのような
[ 2017/07/19 19:09 ] [ 編集 ]
ゲッツエも批判というほどトゥヘル批判してないし
メディアがしつこくトゥヘル批判記事書いてるだけなんだろうな
というかフロント主導でとったゲッツェの病気が発覚したことで
トゥヘルの方も扱いに困っただろうし気の毒だった
[ 2017/07/19 19:10 ] [ 編集 ]
まあそりゃ新監督を批判する訳もないし、前監督との比較で現監督持ち上げれば 出番得られる可能性もあるし。ギンターみたいにね。ただボシュが選手に気に入られてるのはよく分かる。試合中もトゥヘルみたいにずっと叫んでる訳じゃなく 冷静に試合を見てるしそれによって選手も安心感が得られる。ただ忘れてはいけないのは結果。 トゥヘルは結果だけ見れば超優秀だったからボシュが果たしてそれを超えられるか? リーグ最低でも2位、CL最低でもベスト16進出、DFBポカール決勝進出。 これを達成出来なかったら失敗と言われても仕方が無い。期待してる。
[ 2017/07/19 19:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルは無茶振りしたけど、選手側ががんばった、でしょうか。
なんか秋ごろから選手と監督の関係がやばかったとかも聞いたし、真相が知りたいですよね

そのトゥヘルは現在中国にいるみたいですが
[ 2017/07/19 19:46 ] [ 編集 ]
ま、言葉の通りですわな
トゥヘル監督下じゃ納得いかない事の方が多かったんでしょう
メディアもそろそろトゥヘル叩きはいいんじゃないかと思うけど…
色んなとこと関係がこじれてますなあ
[ 2017/07/19 20:04 ] [ 編集 ]
難しい要求の中で1人1人が頑張り結果的にポカールを取り機能した
タイトルほどの内容ではないですね

ローデカストロ+アンカーのトライアングルは動ける選手が他にいないので暫定でしょう
現状MF陣は横一線だと思います(香川は肩と8月9月の代表もあるので序盤は不利ですが)
今トップ下を使うフォーメーションを組んでるビッグクラブ自体があまりないですからね
これが時代に流れですかね
[ 2017/07/19 20:14 ] [ 編集 ]
難しいこと要求されたから皆で努力した結果チームは機能したって当たり障りないコメント言っただけでは・・・
どう思ってるかは別にしてもこのコメントがトゥヘルの批判扱いになるのはゲッツェが可愛そうだわ
[ 2017/07/19 20:35 ] [ 編集 ]
あんたずっと休んでたじゃない・・・
[ 2017/07/19 21:06 ] [ 編集 ]
 コメント事体は批判というほどではないかな。トゥヘル元監督の要求が細かすぎてやり辛かったのは確かでしょう。特に二年目のIHは要求が多くて難しかったと思います。そのくせ若い選手には自由にやらせていたので、余計にベテラン選手の負担が重かったはず。

 まぁ、今となっては結果オーライでしょう。ボシュという良さそうな監督が来てくれたのですからね。
[ 2017/07/19 21:09 ] [ 編集 ]
トゥヘルが解雇されたことを理解できないとハッキリと口にしたのは結局デンベレだけでした
トゥヘルに重宝されたロイスでさえトゥヘルの解雇に全く触れず、手術後に次のシーズンを楽しみにしているというメッセージをファンに送っただけでした
まぁトゥヘルが監督になる前から監督として実力はあるかもしれないがチームを混乱させるといわれてましたから別に驚きの発言でも何でもないですけどね
[ 2017/07/19 21:16 ] [ 編集 ]
これ批判なの?? 多くを要求したとしか言ってないし、後によく機能してたって言ってるし。
[ 2017/07/19 23:09 ] [ 編集 ]
別に批判してないような…
[ 2017/07/20 00:01 ] [ 編集 ]
浦和見た感じではシャヒンがもはやアンカーじゃなくて4123じゃなく433でした。オランダって感じ…
こうなるとゲッツェは香川よりも真ん中の3に向いてないように思いますしFWのがいいかもしれないですね
かといってロイスデンベレプリシッチがいるとかなり厳しいかなと思いますし…
[ 2017/07/20 00:13 ] [ 編集 ]
なんと言うか、こういった読み手を馬鹿にしたような煽り記事ばかり書くからサポーターは嫌気が射したんじゃないでしょうか。トゥヘル解任反対派が多数派だったのもそれが理由の1つだという気がします。こんな記事に扇動されるのはバイアスを気にしないリテラシー不足の人だけでしょう。
[ 2017/07/20 00:23 ] [ 編集 ]
ミラン戦を見て思ったんだけど、ゲッツェと香川は8番のポジションが最適とは思えない。
クロップのサッカーのような、あの素早いゲーゲンが復活していたから、ここのポジションはやっぱりカストロやダフードが最適。
インサイドハーフで使われるとしたら、運動量やフィジカル、守備力、攻守のスピードやタフさに欠けるゲッツェ、香川はサブになるのではないかと思った。
2人はもっと前で使うべきだし、ボシュのスタイルの433だと厳しいと感じた。
[ 2017/07/20 00:42 ] [ 編集 ]
>“彼は僕たちに多くの事を要求した。それは僕たちチームと選手達にとっていつも簡単ではなかったけれど、それでもポカールで優勝し、クオリティーを示すことができたんだ。結果をみればよく機能したと言えるね。一人一人がみんな成果を出すためにそれを利用し、結果はみんな頑張ったおかげだよ。

全然否定的じゃない気がするんだけど
[ 2017/07/20 00:58 ] [ 編集 ]
自身のコンディションが上がらなかったのも起用されなかった理由の一つなんじゃないかなーと思いますが。
今シーズンはゲッツェの完全復活、有言実行を期待しています。
[ 2017/07/20 01:01 ] [ 編集 ]
自分たちが持っていきたい方向に解釈を捻じ曲げるのはどこの国のマスコミも一緒なんだな
[ 2017/07/20 03:32 ] [ 編集 ]
ゲッツェ、CMFだとうまくいかないだろ。
サイドの方がいいよ。
[ 2017/07/20 05:20 ] [ 編集 ]
香川も水沼さんとの対談で同じようなことを言ってましたね。
選手たちは難しかったと。
それは見ていた多くの人たちが感じていたことだと思いますけどね。

ゲッツェは順調だと話してますが、あの太り(むくみ?)具合はどうなんですかね。
治ったとは言ってませんから、病気とうまく付き合っていく感じなのでしょうか。
[ 2017/07/20 06:51 ] [ 編集 ]
批判めいて聞こえないけど、ポカール優勝をトゥヘルの功績として語られることに違和感があるってことだから監督批判の一つになるかな。ゲッツェが言う権利の有無は別としてこの崖に吊るされた選手達が自ら這い上がって難題を解いた先にこのタイトルがあったって部分には個人的に賛同できる。監督の要求はそれだけ厳しく難解で称賛され功績として語られるべきはトゥヘルじゃねーぞって言いたいんだろう。ただ現在のゲッツェじゃボスでもベンチ入りは厳しいからフロント補正効いてる間に口より身体動かしておいた方がいいよ。長く試合に出てないってことは時間が止まったままってことだからね
[ 2017/07/20 07:59 ] [ 編集 ]
他の選手同様当たり障りのないことしか言ってないのにこのタイトルは…
[ 2017/07/20 08:09 ] [ 編集 ]
現地の言葉をわかる人じゃないとそこまで読み取るの難しい。この訳された文面であ~だこ~だ言い切るのは流石に滑稽。
[ 2017/07/20 08:10 ] [ 編集 ]
香川もトゥヘルに対して「監督は僕に対して凄くたくさんの事を要求してくる。こなす事が多くて大変だけど要求にこたえられるように日々練習しています」って答えてたけど、これも記事次第で「香川が監督批判!」って書かれることも有るのだなあ。
[ 2017/07/20 08:17 ] [ 編集 ]
批判ではないですよね。
こんな当たり障りのない内容でも批判とか書かれて選手も大変ですね。
余計なストレスを与えるのを、もうマスコミもいい加減にしてほしいです。

さて、ゲッツェ香川ですが、運動力や攻守のスピードなど全てが他の選手に劣ってるとは思いませんね。
全て他の選手より優れてるスーパーな選手はドルにはいませんし、みんな一長一短ですね。
PSM始まったばかり、出てない選手もいるのに気が早すぎる。
誰がサブになるから前半戦が終わる頃にははっきりするでしょう。
[ 2017/07/20 08:20 ] [ 編集 ]
含むものがある発言だと思うけど、受け取り方は人それぞれですかね
批判?(ビックリマーク)位が最適だったんだろうか
[ 2017/07/20 08:44 ] [ 編集 ]
ゲッツェは、ただ大変だったが選手は頑張ったと言っただけなのでは
ミランは新加入が多すぎてまだ全然チームとして形ができてなかったから、参考にならんよね
433の香川IHって、トゥヘル初期にすごく良かったから楽しみ
あそこは香川や、ヴァイグルのようにパス成功率が高い選手でないと
あの位置でカットされたら、一気にカウンターでやられるからね
[ 2017/07/20 11:06 ] [ 編集 ]
スカッとするほどにみんなの気持ちがひとつになったコメ欄
[ 2017/07/20 11:29 ] [ 編集 ]
DAZNでゲッツェのインタビュー見たけど内容は批判を何も行ってなかった。マスコミはそう取るかぁって感じですね。それより気になったのが、顔のむくみが酷かったですね、写真なんかで取り上げられるものは言うほどか?と思っていましたが、ちゃんと整えられ場所でのインタビューだからメイクもしてるだろうし、気を使ってるはずなのに顔のむくみを隠せなかった。これはまだまだ復帰は先かなと思った。
[ 2017/07/20 15:00 ] [ 編集 ]
批判に取れないという方が多いようですが、、、
“彼は僕たちに【多くの】事を要求した。それは僕たち【チーム】と選手達にとって【いつも】簡単ではなかった、、"

【チーム戦術で多くの事をいつも選手に要求していた。】

"けれど、それでもポカールで優勝し、クオリティーを示すことができたんだ。結果をみればよく機能したと言えるね。"

【選手たちは戦術が機能していないと感じていたが、結果からみれば機能したと言える】

"一人一人がみんな成果を出すためにそれを利用し、結果はみんな頑張ったおかげだよ。"

【結果は監督(の戦術)とみんなが頑張ったおかげ】とはなっていない。
[ 2017/07/20 15:29 ] [ 編集 ]
批判ではないですね。
[ 2017/07/20 17:52 ] [ 編集 ]
上の方も書いていらっしゃいますが、ゲッツェは太っているというよりはむくんでいるということなんでしょうか?薬の副作用なのでしょうか。代謝障害の事が詳しくわかっていないのでつい想像で見てしまうのですが、身体もまだ絞りきれていないような印象です。本人は健康でいることに重点をおいているという事を日本のインタビューで見ましたので、病気と付き合いながらというところなのでしょうか。やはりロイス香川ゲッツェの並びは見たいなぁ。ゲッツェもシンジと一緒に試合に出たい、シンジとはわかりあってるとインタビューで言ってましたしね。ワールドカップチャンピオンにこう言ってもらえるのは凄いことだなぁと素直に思います。
[ 2017/07/20 18:02 ] [ 編集 ]
管理人さんのコメントが一番的確だと思います。
スカパーで香川真司のインタビューを聞いた印象と同じですかね。
香川はもう一歩、踏み込んでいて、やはり選手たちはかなり大変だった事を明かし、苦笑いしていました。
とてもアイディアのある多彩な戦術家で、そういった能力は素晴らしいし認めているけれど、やはりマネジメントの部分、あまりにコロコロ変わるために、選手側は混乱してタジタジになっていたのですね。
ボスが就任してからの、ボスとフロントの「今後やりたいサッカー」を聞くに、そこからの「解放」を意味しているのだなと思いました。
[ 2017/07/21 06:22 ] [ 編集 ]
仮に英語で答えたなら間違いなく批判ではないでしょうか。「It is difficult.」と会話で言ったら「それは無理な話です」と明確な否定になります。

日本語でもドイツ語でも訳しかた一つでしょう。

「難しい要求をされた」→「無理難題を強いられた」など、コンテクスト次第で受け止めが変わりますので。
「難しい」人間関係はいずれにしてもネガティブでしょう。

しかし、ゲッツェは発言が軽率すぎるように思います。
[ 2017/07/21 08:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。