ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブンデスリーガ最高のドリブラーにドルトムントの選手が複数ランクイン!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】



クレイジーな数字だ。このデータによるとBVBの選手がリーガトップ!


entry_img_1745.jpg



ドルトムントはブンデスリーガではたった3位にしかならなかった。




しかしあるデータによるとドルトムントはかつてないぐらい素早いのだ。データー専門家のオプタ・フランツが計算したところによると、エムレ・モアとウスマン・デンベレはリーガにおいてターボドリブラーだという事だ。


スポンサーリンク


エムレ・モアは7.2分おき(成功率42%)にドリブルに挑んでいる。これほど多くドリブルをする選手はリーガでは他にはいない。そして2番目がデンベレーだ。彼は9,6分毎(成功率48%)にドリブルに挑んでいる。

3位はダルムシュタットのシドニー・サム(10.8分毎/成功率34%)そして4位にはユリアン・ブラント(11.5分/35%)の名前が挙がている。

そしてさらに5位にはドルトムントのクリスチャン・プリシチ(12分/成功率44%)がランクインしている。






以上です。

なかなか面白いデータがあるものですね。どれだけ頻繁にドリブルに挑戦するかというデータのようですが、なんとドルトムントの若手が3人もランクインしています。これは喜ぶべき数字なのでしょうか・・・その辺は微妙な所ですね。ただやはりデンベレーは成功率もなかなか良いですね。彼の個人技が大事な場面で武器になっていたのでデータでも証明されていますね。

ちなみにヨーロッパ最高のドリブラーは2017年4月の時点ではアダマ・トラオレーでドリブル挑戦回数194回で成功率が70%、2位がエデン・アザールで挑戦回数169回、成功率75%、さらに4位がネイマール(挑戦回数269回、成功率53%)、6位メッシ(挑戦回数176回、成功率57%)となっているようです(ソース:Tagesanzeiger)。








[ 2017/07/25 05:55 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(11)
うーんトップとは言ってもこのスタッツをどう評価したらいいのか……
ドリブルのチャレンジ頻度トップ5にドルトムントから3人も選出されたというのは少し異様に見えます
チームが若手ドリブラーに相当な自由を与えてとても積極的なプレーさせていたことが改めて分かりますね
ただ、チャレンジする姿勢はもちろん大切なのだけど、少しずつ状況判断力と視野の広さも兼ねていって欲しいです
[ 2017/07/25 07:44 ] [ 編集 ]
単に成功率だけでは意味不明だね。少なくとも、どういう状況で、どこのコースに、いかなるタイミングで仕掛けたのかが分からないとなんともいえない。
[ 2017/07/25 07:45 ] [ 編集 ]
三人共素晴らしい成功率。
ただ、ほか二人に比べてモルはドリブルに成功したあとの選択肢が極端に少ないのが課題ですね。
[ 2017/07/25 09:47 ] [ 編集 ]
 ドリブルをした、それが成功したという判定をどういう基準で行っているのかよくわからないのだけど、どうやって判断してるのだろう?

 それにボールをロストするリスクを負う価値がある場面に限定した仕掛けでなくてはチームにとって価値のある行動とは言えないので、この数字だけでは優れたドリブラーという評価はできません。
[ 2017/07/25 10:12 ] [ 編集 ]
あまり意味のないランク付けですね。
メッシのランクが下がるのは、それだけマークが厳しいからで、警戒度の低い選手もしくはドリブル成功後のプレーの質の低い選手には厳しいマークは付きません。
モル選手のランクが高いのはドリブル回数の多い割に、マークがそこまで厳しくないからですし、ドリブラーとしてより名声の高いアザール選手も、最近は決定力やパスの質が落ちているので、かつてほど厳しいマークがついていませんし。
[ 2017/07/25 10:44 ] [ 編集 ]
対ボーフム戦でモルがゴール前でボール持った時、前線に味方3人が入っていてパスすれば得点の形ができていたのに無理にドリブルでこねて取られて逆起点になりかけた。その後、プリシッチはそばにモルが居ても敢えてモルを避けてパスしだしていたよ…
このままではベンチかベンチ外、下位クラブやリーグで修行させた方が良いけど、そこで通用してまた勘違いしてもねえ…難しいところです。
[ 2017/07/25 14:04 ] [ 編集 ]
モルの評価と合わせると納得の結果ということでしょうか。
ドリブルを多用するけれど成功は半分以下で得点にも繋がらないと。
一方デンベレは失敗も多いけれど得点にも繋がる、そこが2人の大きな違いでしょうか。
計測方法が同じかわかりませんが、ワールドクラスの選手とは大きな開きがあるんですね。
[ 2017/07/25 14:34 ] [ 編集 ]
確かデンベレがドルに来る前欧州屈指のドルブル成功率だったような?確か70%くらい
それを考えるとリーグランク通りデンベレにとってもブンデスは簡単ではないんだな
[ 2017/07/25 18:53 ] [ 編集 ]
デンベレは相手が1人ならほぼ確実に抜いてくから凄いと思うわ
[ 2017/07/26 00:18 ] [ 編集 ]
モルの成功率が思ったより高かった(笑)
間違いなく逸材なんだけど常にデンベレ、プリシッチと比較されるのが可哀想だなあ
同ポジ、同年代で三番手だと出番が中々来ないし
[ 2017/07/26 01:41 ] [ 編集 ]
モルの成功率ってあのパスコースとタイミングを失って逆サイドまでドリブルしてしまうヤツもはいってるんかな?
たしかモルのドリブルの失敗から失点につながった事って結構あった気がしするけどその辺も数字化してほしいわ
[ 2017/07/27 00:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。