ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!メリーノとモアを放出へ!その理由とは?《ドイツ紙》



フォーカス】ドイツビジネスマン向け雑誌


ボルシア・ドルトムント、タレントを放出!



entry_img_1750.jpg



どうしてBVBはミケル・メリーノとエムレ・モアを放出するのか?



ボルシア・ドルトムントは昨夏チームががらりと変わった。3人のチームを牽引する選手が去り、多くの若き才能が移籍したのだ。しかし今二人のヤングスターが放出されようとしている。



スポンサーリンク



ボルシア・ドルトムントが若き才能を開花されるクラブとされたのは、何も最近の事ではない。ユルゲン・クロップやトーマス・トゥヘルの若き才能を開花させる手腕は有名だ。ヌリ・シャヒン、マリオ・ゲッツェそして最近ではウスマン・デンベレーなどがその成功例として上げられる。



BVBは昨シーズンこれまでにないぐらい多くの若き才能を獲得した。デンベレー(19)、モア(18)、メリーノ(21)だ。さらにフェリックス・パスラクとクリスティアン・プリシチがBVBユースからやってきた。


冬には17歳のアレクサンダー・イサークを獲得した。デンベレーはすでにヨーロッパのトップクラブが欲しがるほどの活躍を見せたが、モアとメリーノは放出間近となっている。



しかしどうしてクラブはまだ成長途中のこの2人を放出したがっているのだろうか?


新監督ペーター・ボシュはアヤックスで若手を起用したことでも有名だが、どうやらアンドレ・シュルレとセバスチャン・ローデを起用する方針のようだ。彼らは昨シーズン巨額の移籍金でやってきたが、まだ力をまったく出せていない。




メリーノ:ニューキャッスル移籍間近


BVBは水曜日にメリーノに移籍交渉の許可を出したことを公にした。このスペイン人は控えの役割に満足しておらず、ニューキャッスルに移籍するとみられている。

モアの場合はまだ少し状況が違う。このトルコ代表はトゥヘルの下で状況が難しかったにもかかわらず、チームでスタメン座を勝ち取りたいと強調していた。



アジア・ツアーではその才能を発揮したにも関わらず、ボーフム戦ではまた昔のエゴイスティックなプレーに戻ってしまった。ツォルクはキッカーに対して、“これから全体をしっかり見ていくつもりだ。”と語っていたが、これはモアの場合に関して言えば、何かしなければならないという事だろう。



若き才能を獲得してすぐに放出してしまうのは、ドルトムントの哲学には合わない。どうして巨額の移籍金でやってきたにも関わらず力を発揮できていない選手がその対象とならないのだろうか?








以上です。

まあたしかに若手を放出してしまうのは、一見BVBの哲学に合わないようにも見えますが、これまでだって若手のローン移籍は良く見られました。

本来は安全な状況で少しずつプレーをさせてゆっくり育てていくべきだと思いますが、選手本人がそういう扱いに満足せずに、プレー時間を求めて移籍するのであれば、まあ仕方ないですね。



[ 2017/07/27 17:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(8)
正直、10代の未熟な若者ばかりを抱えている状況にうんざりしますね…
ある程度、成熟した者同士が集まらないと、チームとして機能はしませんし、状況に応じた選択や柔軟なサッカーは出来ないですよ。
浦和との試合なんて、とても強豪のチームとは思えない酷い内容で、見ていて恥ずかしくなるほどでした。
若き有望なタレントは増えても、チームのサッカーの質はどんどん落ちていく一方では、見る側のストレスも溜まります。
いい加減、もう少し知性を感じるサッカーを見せてくれないものか。
まともにパスのできる足元があり、それなりのインテリジェンスも備えている選手を取ってきて欲しいですね。
[ 2017/07/27 18:14 ] [ 編集 ]
「どうして巨額の移籍金でやってきたにも関わらず力を発揮できていない選手がその対象とならないのだろうか?」って

シュールレとゲッツェの事じゃないですか!!

昨シーズンSDが選手の競争が必要とか言ってフロントが選手取りすぎたから悪いんじゃないですか?
凄い金額つぎこんだのに中途半端なチームになりましたよ。
[ 2017/07/27 19:37 ] [ 編集 ]
これがWカップ前年の影響で無い事を祈ります。シュールレ、ローデ、ゲッツエ等、良くなくてもドイツ人優遇でスタメン確定なんて事になると香川も影響受けますよね…杞憂ですかね。
[ 2017/07/27 22:38 ] [ 編集 ]
 特に方針からは外れてはいないと思います。今までも一度獲得した若者全員をトップチームで育て続ける方針ではなかった。

 現在、BVBにはプリシッチ、デンベレ、イサク、ヴァイグル、ザガドゥといった若い才能をトップチームで起用していて、そこへ、ダフートも加わります。さらに、パスラックやラーセンなども控えている。メリーノとモルを放出しても20歳前後の若い選手は沢山いる。

 モルとメリーノがパスラック達のようにU23で経験を積むことに同意するならば、放出する必要はないのですが、彼らはトップチームでの出場機会を求めている。彼らが移籍したとしても、それは仕方ない事と思います。
[ 2017/07/27 22:51 ] [ 編集 ]
多くの若手がドルトムントは次のステップに進む成長の場だと思っているが(実際実績があるので獲得できた)ドルトムントでスタメン取るのは本当に難しい。各国の代表クラスが揃っているし、結果がすぐに求められるから時間かけてミスも許されながら成長ってわけにもいかない。デンベレぐらいミスの倍、活躍してくれるならいいけど モルとメリーノはそういう訳でもない。 でも二人とも才能はあるから完全移籍ではなくてローンがいいと思う。ローデは何故獲得したのか、何故まだ残すのか未だに謎。 ローデより優秀(テクニック面で)な働き者は沢山いるし ローデはテクニックが絶望的に無いからポゼッションサッカーが滞るんだよね。
[ 2017/07/28 01:53 ] [ 編集 ]
モルもワールドカップに出たいだろうし、万年ベンチじゃ困るでしょうね。
ガラタサライあたりにレンタルで出せませんかね。
[ 2017/07/28 05:57 ] [ 編集 ]
マンチェスターシティのジェイドンサンチョ獲得という報道はありますか?
事実ならモア放出の要因にもなってるかもですね。
[ 2017/07/28 11:08 ] [ 編集 ]
モアに関しては視野の狭さや玉離れの悪さを改善して欲しいです。
どうしてもデンベレみたいな怪物がいるので比較されてしまいますが、調子良いときはメッシみたいなドリブル出来るわけで…頑張ってとしか言い様がありません。

相変わらずドルトムントもスタメン争いは激しいですね。延長を勝ちとった香川は本当に凄いと思います。
[ 2017/07/28 14:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。