ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBシュメルツァー、アジア・ツアーに対する批判に疑問!《ドイツの反応》




ゴール・コム



BVBシュメルツァー、アジア・ツアーに対する批判理解できず!

entry_img_1751.jpg


BVBキャプテンのマルセル・シュメルツァーはブンデスリーガのアジア・ツアーをめぐる批判を理解することができない。彼にとっては普通の事だ。


ポカール優勝チームBVBのキャプテンシュメルツァーは、ブンデスリーガにおけるアジア・ツアーに対する批判が理解できない。“このようなツアーを行う事はトップクラブでは普通の事となっている。僕たちはこの大陸に多くのファンを持っているし、その人々の前に顔を見せる事やトレーニングの内容を見せることは一種の感謝の表れでもあるんだ。”と彼はバート・ラガーツのキャンプ地で語った。

スポンサーリンク



最近ではバイエルンの会長ウリ・ヘーネスが中国ツアーを“限界ぎりぎり”と表現していた。さらにチームとともにオーストリアに残ったライプツィヒのハーゼンヒュットル監督はこうしたツアーに対して批判を述べていた。



シュメルツァーは現在負傷中でチームメートとトレーニングすることはできないでいる。シュメルツァーは肉離れのためにあと数週間離脱すると見られている。ブンデスリーガ開幕となる8月19日のヴォルフスブルク戦に出場できるかはまだ微妙な所だ。“展望を予想するのは難しいね。これまですでに10日ぐらい離脱しているけれど、まだ走る事も出来ないし。でもリーガスタートに復帰するのはもちろん目標ではあるよ。”と彼は語った。








以上です。

ウリ・ヘーネスは中国ツアーでバイエルンが勝てなかったのがよほど悔しかったか、自分たちのツアーの日程を限界だと、批判していました。そこにライプツィヒのハーゼンヒュットル監督が加わりましたが、人に批判されるのは気に入らなかったようで、今度は、ルンメニゲがライプツィヒの監督に反論していました。

まあ周りから見ていれば非常にくだらない茶番劇ですが、そうした経緯でシュメルツァーがインタビューを受けたようですね。

まあシュメルツァーの発言は最もですね。



[ 2017/07/28 06:00 ] シュメルツァー | TB(-) | CM(19)
来てもらった日本としては何とも嬉しいコメント。
早くキャプテンには怪我を治してもらわないとね。
[ 2017/07/28 06:26 ] [ 編集 ]
選手たちの休む期間があまりに短くて気の毒ですが、ビジネスの世界かつ人気商売なので仕方ないのかもしれませんね…。

人気といえば、さっき、Instagramでドルトムントの選手たちをフォローした後、リアルタイムでどれくらいのファンが増えていっているか、“スクロール”で数えてみました。
フォロワー数のみだと分からない、今現在の注目度が分かります。
以下が結果ですが、やはりオバメヤンはダントツの人気で、上位の選手は思った通りでした。
(数字が動きやすいので、新加入選手は省いています。)

1.オバメヤン:229スクロール
2.デンベレ:153スクロール
3.ゲッツェ:123スクロール
4.モル:115スクロール
5.ロイス:109スクロール
6.バルトラ:82スクロール
7.プリシッチ:45スクロール
8.シャヒン:33スクロール
8.ゲレイロ:33スクロール
10.シュールレ:29スクロール
11.ビュルキ:24スクロール
12.ヴァイグル:21スクロール
12.ピシュチェク:21スクロール
14.香川:19スクロール
15.カストロ:17スクロール
16.シュメルツァー:16スクロール
17.ドゥルム:15スクロール
18.ヴァイデンフェラー:14スクロール
19.スボティッチ:11スクロール
20.パスラック:11スクロール
21.ローデ:8スクロール
[ 2017/07/28 07:58 ] [ 編集 ]
バイエルンのアジアツアー約2週間と長いですからね。
酷暑で食の安全のことや大気汚染もあるし、限界ギリギリには色々な意味がありそうです。新シーズンに向けてのコンディション調整には過酷でしょう。
BVBのツアーはショートトリップですがこれはこれで時差ボケの辛さなどがありますね。また日本に来てくれるなら、なんとか涼しい場所でできないものですかね...申し訳ない気持ちになるので。。
[ 2017/07/28 08:23 ] [ 編集 ]
中国ツアーでバイエルンが勝てなかったのが悔しいというよりバイエルンの中国での試合日程が酷すぎた
それで怪我人が出たりで最悪だったんじゃないかな
アジアツアーができるのも人気クラブだからできることでスケジュール調整はキッチリすることだと思う
特にこの湿気や暑さで体力消耗も半端じゃないでしょうし
[ 2017/07/28 08:24 ] [ 編集 ]
中国ツアーは金にならないね。観客ガラガラだし行く価値がない。エバートン戦満員だったアフリカの方が金持ちに見えるくらいだ
[ 2017/07/28 08:51 ] [ 編集 ]
トップチームにはマーケティング拡大の為には必要ですね。
でも願わくば青田買い含めて稼いだ資金を、優秀なメディカルスタッフやフィジカルコーチの招聘等に投資をして欲しいものです。
最近のドルトムントは、クロップ時代からの主力放出で(安く仕入れ高く売る)旨味を覚えて、そちらの路線に舵を取っている感が否めません。しかし、それでチームが安定するのは優秀な指導者が不可欠です。
新監督と新加入選手と若手ばかりのクラブが、優勝やCLベスト4入り等の成績が残せる感は皆無です。
欧州一の観客動員数にあぐらをかいて銭儲けばかりに走ると、トップチームという座から転げ落ちている事にならない様に願うばかりです。
[ 2017/07/28 08:58 ] [ 編集 ]
如何に選手が違ったとはいえ、ICCであのミランに0-4の完敗はショックだったのではと思います。自分も驚きを持って見ていました。
インテルに0-2で負けたのはさて置き、何がダメって全てダメ?とは言いませんが、中盤の粘りが感じられなかったことが残念でした。簡単にヤられ過ぎだし波状攻撃が持ち味だったバイエルンの中盤の構成が機能していなかったのが驚きでした。
しかも、前へボールが行っても肝心な所で外してしまうハメスのフィット感の無さには少し気負いがあるのかなぁと感じました。
えっ、ええーて漏れちゃいましたから。
まぁ、ハメスの外しは別にしてレバが静かだったのが気掛かりですね。
ハメスってもっと決定力あったんじゃないの。
レアルがOK出したのも解るわって感じでしたね。
[ 2017/07/28 09:08 ] [ 編集 ]
アジアツアー
ドルトムントのアジアツアーはファンを十分満足させるものだった。選手はプレーで楽しませ、スポンサーイベントでファンとふれあい、ここまでやるかと思うぐらい頑張っていた。一層、ドルトムントが好きになる瞬間だった。
[ 2017/07/28 09:31 ] [ 編集 ]
選手にとって負担なのは解ります。解るんですけど…。

今回のドルトムント来日、公開練習、試合、イベント等に行きましたが、選手もスタッフもとても感じが良くて『日本のファンに楽しんで貰いたい』という気持ちが伝わって来ました。
目が合った時にニコニコ笑って手を振ってくれたドゥルム選手大好きになっちゃいました(笑)
[ 2017/07/28 10:05 ] [ 編集 ]
バイエルンの日程はきつかったですからね。
なんであんなに詰め込んでたのか
[ 2017/07/28 11:13 ] [ 編集 ]
香川のおかげでドルトムントのアジア人気は確実に上がってるし、アジア市場の大きさや重要性を認識して水を差すようなコメントをしないあたり流石にキャプテンですね。個人的にはキャプテンはパパかシャヒンにやって欲しいのですが…。 話は変わりますが今夏は絶対的主力の流出はここまで無いですね。まだマーケットは開いているので今後どうなるかは分かりませんが昨夏の主力3人流出を考えると今は新シーズンに向けての期待と不安では期待の方が上回っています。守備の改善にもボシュは取り組んでいるみたいですし何とかして欲しいです。パパ、トプラク、バルトラ、スボティッチのCB陣も能力は高いのでチームとして連動した守備組織が構築できれば…。エスパニョール戦見たいけど日本じゃ配信されないのが残念。 ドルトムントの試合は癒しなのに。
[ 2017/07/28 11:18 ] [ 編集 ]
 BVBやバイエルンらのツアーは、ブンデスリーガの広告も兼ねてますから、ブンデスの関係者に批判される言われはないですね。ただ、今年のBVBのツアーはスケジュールが厳しすぎたかもしれない。しかも、運が悪いことに、今年の極東アジアの夏は暑いので、相当厳しかったと思います。
[ 2017/07/28 11:55 ] [ 編集 ]
いや、アジアツアーは大事ですよ。
そうでなくともブンデスリーガは地味目なのに、国内だけでやってたらジリ貧では?
[ 2017/07/28 12:15 ] [ 編集 ]
本当はシグナルイドゥナパークまで行きたいのが本音だけど、そこはわかって欲しいです。
日本やアジアで疲れすぎず良いトレーニングができるよう、招待した側も配慮して欲しいです。
[ 2017/07/28 14:05 ] [ 編集 ]
来年も来てくれたらいいなあ。
[ 2017/07/28 14:37 ] [ 編集 ]
ルンメニゲは単純に人と口喧嘩するのが大好きなんだよ 多分。
[ 2017/07/28 15:03 ] [ 編集 ]
アジアツアーに泣き言いうのはあまりに情けないですね

コンディション的にきついと思ったなら上が判断して取りやめればいいだけですし、わざわざ公言しなければこんな議論をする必要すらなかったと思います。

ドルトムントに限って言えばアジアツアーは今期を占うのに適してる気もします。以前日本で川崎を圧倒したときなどはその勢いのまま優勝には届かなくてもリーグでも素晴らしい結果を残しましたし。

・・・今回の結果は少し不安ではありますが。
[ 2017/07/28 16:49 ] [ 編集 ]
川崎戦を見に行ってから完全にドルトムントにハマってしまって、それから全試合スコアブック書いてます。直に見るのは全然違います。いつかはイグナルイドゥナパークへ…

バイエルンは日程きついのか結果も内容も怪我人も醜い事に成っているのでご愁傷様です。
[ 2017/07/28 19:15 ] [ 編集 ]
シュメルツァー本当好き
ドルのキャプテンに相応しい発言
[ 2017/07/29 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。