ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ダフード、デビューもテストマッチに敗れる!《ドイツの反応》




スポーツ・ビルト


まだ模索中


BVB、ダフード・デビューもエスパニョールにやぶれる


entry_img_1754.jpg


ボルシア・ドルトムントはシーズンスタートまで3週間と迫ったが、いまだに模索中だ。エスパニョール・バルセロナとのテストではドルトムントは大部分で圧倒したにも関わらず0:1で敗れる事となった。80分にダニエル・ピアッティが得点している。


スポンサーリンク


しかし成長は明らかに見られた。6日前に2:2に終わったボーフム戦とは異なり、BVBは相手を圧倒したのだ。24分にオバメヤン、32分にゲッツェ、そして38分にカストロがチャンスを得たが、それを決めることができず、敗れる事となった。


失点の場面でのソクラティスはまったく良くなかった。このギリシア人はロングボールの後で、ポジショニングにおけるミスを犯し、ピアッティをフリーにしてしまったのだ。ピアッティは試合に出場してたった130秒しかたっていなかった。

これでペーター・ボシュ監督になってから5試合のテストマッチが行われた。この試合では現時点のスタメン候補がプレーし、デンベレーや前半で交代したマリオ・ゲッツェが説得力のあるプレーを見せている。後半にはダフードがデビューしている。

またこの試合に出場しなかった選手は来週火曜日に行われるベルガモとのテストマッチに出場するとみられている。この試合の後、チームは直接ドルトムントに戻って来る予定だ。








以上です。

テストマッチも5試合が過ぎましたが、まだ形が見つけられていないようですね。

管理人は前半は見ていたんですが、途中で食事の時間になったので、見るのをやめました。ゲッツェの調子は確かに上がってきているようですね。一方でシュルレが本当に力になれるのかちょっと心配になりました・・・。

それから昨日の試合はマティアス・ザマーが解説していましたが、結構わかりやすかったです。

[ 2017/07/29 17:43 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(8)
いやぁ、ダフードは元々BMGのときから好きな選手でしたけど、あの綺麗なターンと視野の広さには惚れ惚れします。
ギュンドガンが抜けて以降、漸く求めていた8番タイプの選手が来てくれました。
[ 2017/07/29 18:44 ] [ 編集 ]
この試合はやけにバルトラがロングボール蹴ってましたが、今回はそういう作戦だったのでしょうかね。 
さておき、もっと中盤を絡ませないとスペインのクラブから攻撃で得点を挙げることは難しかったですね。後半は雑で適当なパス、適当なクロスで、選手の姿勢としてどうなのかと疑問でした。
エスパニョールの選手はテクニックもあり、ドルトムントの選手はゲッツェとシャヒンを除いて未熟に見えてしまいました。PSMとは言え、もっと向上心を持って試合してほしいですね。プレミアの選手はPSMとはいえ、監督の指示の元もっとやる気を出して試合してました。
[ 2017/07/29 19:17 ] [ 編集 ]
そのわかりやすいザマーの解説の内容を知りたいです。
[ 2017/07/29 19:25 ] [ 編集 ]
現時点のスタメン候補でなぜプリシッチが外れているのでしょうか?
ポドルスキーが2ゴール決めましたよ
またドイツで報道があれば教えてください
[ 2017/07/29 21:35 ] [ 編集 ]
あの内容で1-0なら可だと思う。しかもPSMで新体制なわけだし。
[ 2017/07/29 23:28 ] [ 編集 ]
この試合は、サガドゥーが頻発に中に入って8番の仕事をしていましたが、中盤のカストロ、ゲッツエはそんなに上がることはありませんでした。
試合毎に形が違うのは、模索中なのでしょうか?それも敢えての戦術?
トゥヘルは、スタメンや前半は奇策が多かったですが、必ず修正して勝った試合が殆どです。ボッシュにももう少しの修正力を期待します。
[ 2017/07/30 07:38 ] [ 編集 ]
プレミアのチームであるチェルシーはインテルにやる気を出して完敗したんだね。
[ 2017/07/30 11:51 ] [ 編集 ]
プリシッチがスタメン候補に外れたのは、たぶんボーフム戦でフルだったからだと思います。ボーフム戦でほとんどのスタメン候補は75分からの出場、この試合のスタメンは試したい選手達でした。
プリシッチは合格だったのでしょうね。同じようにフルだったシュールレが(二人だけフル)エスバニョールにもスタメンだったのは、再テストかと思ってました。
[ 2017/07/31 08:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。