ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント‼デンベレーとビュルキがトレーニング中に喧嘩!《ドイツの反応》




Sport1


ドルトムント:ウスマン・デンベレーとロマン・ビュルキが喧嘩



ドルトムント!熱く燃えている!


entry_img_1759.jpg


ボルシア・ドルトムントの合宿において二人の選手が喧嘩になった。これは現在のBVBの熱意の表れでもあるだろう。


ボルシア・ドルトムントとペーター・ボシュ監督にとっての初タイトルまであと4日となった。土曜日にBVBはスーパーカップでFCバイエルンと対戦する。


スポンサーリンク


そして選手はどうやらすでに燃えているようだ。バート・ラガーツで行われているトレーニング合宿では、デンベレーとビュルキが喧嘩になり、何人もの選手が彼らを止めに入らなければならなかった。この二人はトレーニング中に言い争いとなったようだ。


そもそも喧嘩の原因は定かではない。しかしトレーニングが終わるとその喧嘩の影響は少しも見られなかった。ビュルキは再び笑顔でトレーニング場を後にし、デンベレーも落ち着きを取り戻した。


ボシュ監督は、ライプツィヒのように選手たちが体を使ってやり合わなければ、むしろこうした事を喜んでいそうだ。


このトレーニングは新監督がシーズンを成功させるにあたって基礎となるべきとされている。土曜日にはその成果を発揮するチャンスが早速やってくる。ドルトムントは昨シーズンバイエルンに18ポイントも差をつけられた。今シーズンは有名選手が離脱することもなかったため、多くの専門家がドルトムントに期待している。




スーパーカップの成功はその最初のステップだ。



“タイトルを獲得することができるのであれば、トライしなければならない。”とこの土曜日の対決についてボシュは語っている。







以上です。

トレーニング中に熱くなることは良くあるようですが、ドルトムントでこのような話が聞こえてきたのは最近では珍しいですね。まあ熱くなるのは悪くはないように思います。

まあヨーロッパでは実力があれば年下とか年上とかはあまり関係ありませんが、日本ではやはり先輩後輩はまだあるのでしょうかね。ちょっと気になりました。







[ 2017/08/01 19:10 ] デンベレ | TB(-) | CM(16)
揉めたってことは戦術練習が始まったんだね。今夜の試合楽しみだね。
[ 2017/08/01 19:54 ] [ 編集 ]
やっぱりヨーロッパと比較したら当然上下関係はありますが、中高生の部活みたいなしょうもない上下関係は薄れてきてると思います。
[ 2017/08/01 20:14 ] [ 編集 ]
ドルトムントの練習風景は楽しくある時は度が過ぎてて監督に怒られないのが不思議なくらいの練習風景しか見てないので(まぁドルトムントのツィッターだけなんですが)、珍しいなと思ってました
現監督がこういう争いを喜んでいるならそれでOKでしょう
[ 2017/08/01 22:32 ] [ 編集 ]
 日本のプロフットボールの世界では先輩後輩の関係があります。先輩に絶対服従な上下関係のある学校部活社会で育った選手と指導者が多いのでその影響でしょう。ちなみに、極めて残念なことに学閥まであります。
 プロスポーツの世界では害でしかない価値観だと思いますが、変えようと思って簡単に変えられるものでもありませんし、世代が入れ替わっていくうちに改善されるものと私は考えています。
[ 2017/08/01 22:45 ] [ 編集 ]
デンベレはストレスを感じてるのかな。
トゥヘルの元では自由が与えられていたようだけど、ボシュは細かく指示してるようにみえる。
昨シーズンはスーパーな活躍だったけど、ボシュのスタイルではどうなるか。
[ 2017/08/01 23:14 ] [ 編集 ]
「バルセロナに移籍か!???」
って世界中で言われてますね。
メッシもデンベレを希望しているとの記事を見ました。
[ 2017/08/01 23:21 ] [ 編集 ]
前の3人が頻繁に降りてきてボールを受ける分インサイドハーフやアンカーがボールに触れないことが多いのでその辺りを残り数試合で改善してほしい
オーバはポストプレイが増えるので移籍しないで残ればプレーの幅が広がってさらに価値のある選手になれると思う
とにかく楽しみで仕方がない
モルはフィオレンティーナからオファーが来てるなら行ったほうがいいと思う
[ 2017/08/01 23:22 ] [ 編集 ]
実社会においては年齢(もしくは職歴)の上下関係はやはり根強いというか、儒教と目上に対する明確な敬語の文化がある限りはそれがなくなることはないのかなと思います。

[ 2017/08/01 23:48 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
日本でも先日、浦和で李忠成と関根が取っ組み合いになっていたことが報道されていましたね。
それなりに年の差がある二人なので、日本も以前ほど年功序列を気にする文化でなくなってきているように思います。
[ 2017/08/02 00:23 ] [ 編集 ]
実力があれば先輩後輩の関係はあまりないんじゃないですかね
逆になったりもしますし、サッカー選手が先輩の名前を呼び捨てにしててドキってするときもありますし
とくにサッカーは上下関係は薄い気します、実力があれば
でも多少のリスペクトは大事かなと思いますけどね。
[ 2017/08/02 01:13 ] [ 編集 ]
報道の仕方によって、かなりイメージが変わるんだな…と思った内容でした。他のサイトでは、これでデンベレ移籍秒読み!っぽい感じで伝えられてましたけど、ここでは今回の一件を比較的ポジティブに伝えてましたね。実際に何かが決まるまで、メディアの情報は信じちゃいけないなー、と。
[ 2017/08/02 01:24 ] [ 編集 ]
日本の中高大での先輩後輩の関係はまだまだ酷いですよ
日体大には4年は神様、3年は人間、2年は人間以下、1年はチリ・ホコリ
というカースト制度のような悪習が存在しますし
PL学園のように下級生を上級生の付き人にさせて、
一日中何を言われても、されても絶対服従の制度を監督自らが決めたり
21世紀だというのにいまだに上級生や監督からの暴力も無くなりませんから
情けない話です。
[ 2017/08/02 02:26 ] [ 編集 ]
当然ありますよ。
日本はそういう文化な訳で簡単に変わる訳がないでしょう。
どちらの考え方も一長一短があるのでどちらが良いというものでもないですしね。
[ 2017/08/02 07:01 ] [ 編集 ]
サッカーみてると上下関係はあると見てとれる事しばしばありますね。ネイマールも代表の先輩、バルサでも有名どころの先輩には服従してますしね。バルサ、レアルマドリー、ユーベ、バイエルン、マンUは試合見ててそれがわかります。香川もマンUに入ったときは鉄の掟に縛られてるなぁと感じましたし、ムヒタリアンも今その中でプレイしてるなぁというのが感じとれます。デンベレは自由奔放に過ごしてるようですが、上にステップアップするのであればいずれ経験すると思いますね。ドイツは比較的寛容ですが、スペイン、イタリアはそこら辺厳しいように見受けられます。
[ 2017/08/02 11:06 ] [ 編集 ]
試合中は先輩でも呼び捨てにした中田英寿は偉大。
さんを付ける文、指示が遅れる。
それはわかっていても、日本のような社会(特に一昔前は尚更)ではなかなか出来ない
[ 2017/08/04 11:26 ] [ 編集 ]
どうやったらこのニュースから日本社会の批判に繋げられるんだ?海外の上下関係なんて読み取れないし全く同意できない
[ 2017/08/05 08:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。