ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 C.ロナルド 「僕は歴史上で最高の選手になるつもり!」独キッカー誌にてインタビュー 

ブンデスリーガがないとなかなか独国内でもニュースもありませんので、今回は他国リーグの選手を取り上げたいと思います。本日発売のキッカー木曜版にて、レアル・マドリッドのスター選手、クリスティアーノ・ロナルドのインタビューが掲載されましたので紹介したいと思います。



20141121015926a0f.jpg

“女性達と一緒のようですね・・・・”

クリスティアーノ・ロナルド(29)は今度の土曜日に12試合目にして20ゴール目を決める可能性がある。これが達成されれば1941年以来のこととなる。スターがレアル、記録、そして将来について語る。




クリスティアーノ・ロナルド、最近レアルの会長フロリアン・ペレスがあなたのことをアルフレード・ディ・ステファノの後継者に相応しいと述べましたね。この賛辞はあなたにとって何を意味しますか?


光栄ですね。ディ・ステファノは最も偉大な選手の一人です。そして僕にとっては彼と一緒に語られることはとても特別です。僕はここマドリッドで、人々が僕のことをどれだけ愛してくれているかを毎日感じています。そしてその感覚は日を追うごとに強くなります。僕はこれからもここで全てを捧げるつもりです。ゴール、アシスト、情熱。



あなたはヨーロッパの得点王として3回目のゴールデン・シューを受賞しましたね。この受賞はあなたにとってどれくらい重要ですか?

僕は個人タイトルを受賞するために一生懸命に働いています。ですから3度目のゴールデン・シューの喜びは2008年に最初に受賞した時よりも大きなものです。でも当然ですが、サッカーにおける成功は最終的にはチームの成功を意味します。つまり、カップやタイトルですね。



現在のレアル・マドリッドはあなたがプレーしたクラブの中では最高のチームですか?

こう言いましょう。ゴールデン・シューのような個人タイトルは、チームメート同士で連携がとれた、とても優れたチームでプレーした人だけが獲得することができます。昨シーズンもまさにそうでした。チャンピオンズリーグでの優勝に加えて、ポカール決勝でのバルサ戦。僕は自分がこのチームの一部であることを許されてとても幸運ですね。


もう一度、あなたはこのチームで以前のチームよりも心地よく感じていますか?

全世界がこのレアルが過去最高のものではないかと語っていますね。たしかにその通りですね。僕たちには素晴らしい選手達がいますから。しかし僕らが最終的にタイトルを獲得出来なかったとしたら、それは最高のチームではありません・・・・。でも正直に言いましょう。僕はこのチームでいくつかの大会に勝つことが出来るだろうと信じています。チームは自信に満ちていますし、アンチェロッティ監督は彼の一年目よりも僕達のことを良く知っていますから。



11試合で18得点。あなたは次にでも20得点出来そうですね。どのように感じていますか。

良いですよ。最近何ゴールか決めましたが、シーズン終了までそのままであると願っていますよ。

スポンサーリンク


4-4-2,4-3-3、カウンターかポゼッション。レアルはここ数年で異なるプレーをしていますね。あなたはどのシステムが最も心地良いですか?

今シーズンは昨シーズンと同じように縦にプレーしていますね。しかし僕たちはそれに加えてポゼッションサッカーもできます。ポゼッションにおいて対戦相手を危険にさらす事ができるのは良いですよ。全ては僕達がより多くのチャンスを得るためです。僕たちは毎日自分たちを改善するために働いています。そして僕たちはリーガ、ポカール、チャンピオンズリーグでの勝利を目指しますよ。



昨シーズンバロンドールに選ばれましたが、それはあなたにとって後押しとなりましたか?

僕は妄想に取り憑かれているようなタイプではなく、真面目で堅実な働き者です。僕はいつでも物事を良くしようと努力しています。昨シーズンだけがそうだったわけではなく、いつもそうですよ。僕は毎年よい多くのものを目指しています。それは統計データによっても示されていると思います。

201411210204045ed.jpg


あなたはサッカーの歴史において最も優れた選手だと感じていますか?

ポルトガルで最高の選手というだけでは足りませんね。僕は歴史上でも最も優れた選手になるつもりです。それが僕の目標ですし、そのために一歩一歩取り組んでいます。それは僕の頭のなかにある事です。でも僕が自分のキャリアを終えてから初めて、自分の統計データを見るでしょうね。そしたら僕がベストな選手かどうか見てみましょう。でも僕は最高の選手の一人であることは確かだと思います。でも多くの事柄は好みでもありますから。それは女性たちと同じようなものですよ。ブロンド好きもいれば、ブルネット好きもいますから。



あなたはキャリアを終えるまでレアルに留まりますか?

そうなれば良いですね。僕はこのクラブのために僕の中にあるもの全てを捧げるでしょう。契約が終わる2018年には僕は33歳になります。そこから何年契約が延長されるかどうか、まあ待ちましょう。



ここ最近でそんなに多くのゴール。あなたはゴールを決めなかった時はどう感じますか?


もちろん全試合得点を決めた選手がいない事は皆が知っている事ではありますが、決められなかったら自分自身に腹をたてますよ。でも少し家族と過ごすと、煙は徐々に消えてしまいますね。(怒りが静まる)


あなたが今度の1月に再びバロンドールに選ばれなかったとしたら驚きますか?

ゴールデン・シューを獲得したばかりですから、そうした議論を許可することは出来ませんね。僕にとってはこの答えをフィールド上で出す方が好ましいですね。でもそうですね。僕はもう一度世界最優秀選手になるつもりですよ。でもそれにとらわれているわけではありません。僕はサッカーとその周りの世界の事を良く知っていますから、もう驚かされたりはしませんよ。




以上です。

ここ数年でますます素晴らしい活躍をしていますが、インタビューを読むととても野心家であることが伝わってきますね。スター選手なのでプライベートでの話題も多いですが、サッカーの質問だけのインタビューである所はさすがキッカーだな、と感じました。

ドイツ語では~したいという時は、möchte という言葉を使うのが一般的です。しかし彼のインタビューでは全てwillという言葉が使われており、これはより強い意思を表す時に使います。もちろん彼がドイツ語で答えたわけではないと思いますから、その辺の細かいニュアンスは分かりませんが、ドイツ語で読む限りかなり強い意思表示だと思いました。


現在のバロンドール候補にはワールドカップで優勝したドイツの選手も何人もノミネートされていますからドイツでも話題になっています。12月のはじめに3人に候補が絞られますから、その中にブンデスリーガでプレーするドイツ人選手が残るかどうか楽しみですね。


【おまけ 今日のドイツ】

IMG_2509.jpg

ベルリン中央駅の巨大クリスマスツリーです。
最低気温が5度以下と寒くなってきました。来週からはドレスデンでもクリスマス マーケットが開催されますので寒さを忘れる事ができそうですね。今年もあちこちのマーケット見て回ってドイツのクリスマスを楽しみたいです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
No title
いつも良記事ありがとうございます。

>ロナルド

日本のサッカー記事ではなぜかロナウドと半ばブラジル読みで書かれますが、なぜでしょうね。

>最低気温が5度以下と寒くなってきました。

NYもここ数日氷点下という寒さで、州北は記録的な豪雪で死者も出ました。肉食中心の生活のせいか、毎年雪かき中の心臓発作でなくなる方がいます。お互い気をつけたいですね。
肉と言えば、たしかドイツは豚肉は一律国産でオーガニック、牛肉はアルゼンチンからの輸入でこちらもオーガニックでしたね。安全でうらやましいです。
アメリカも個人経営の牧場の卸した安全な肉は手に入りますが、高くて困ります。
[ 2014/11/22 07:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。