ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!「今は無理だが、まあいつかはまた優勝するだろう・・・!」《ドイツの反応》



Spox


ヴァツケ:“BVBもまあいつかはまた優勝するだろう”



entry_img_1760.jpg


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは少なくともここ数年でボルシア・ドルトムントが優勝するとは思っていない。しかしながら長期的に見れば、バイエルンに対抗するチャンスはあると見ているようだ。


スポンサーリンク


“まあいつかはまたBVBが優勝するだろう。”とヴァツケはスポーツ・ビルトに対して語っている。この会長は将来に対しては自信を持っているようだ。しかし、それも今シーズンには当てはまらないようだ。彼はミュンヘンの方が明らかに強いと見ている。


ヴァツケにとっては、“バイエルンに勝つのは、彼らがミスを犯さない限り無理だ。だけど彼らがミスを犯すとは思っていない。バイエルンが頂点にいることを受け入れなければならないだろう。”


ヴァツケにとってはバイエルンのスカッドが大きく変わる今シーズンも、それは変らない。


彼は、そうして現監督のプレッシャーを軽減している。“新監督を呼ぶという事は、忍耐を意味する。だから誰も奇跡を期待してはならない。最初の数週間は躓いたりすることもあるだろう。特に細部の仕事に関して言えばね。”



いずれにせよ、彼はマリオ・ゲッツェとオバメヤンがチームにいて喜んでいる。“キャラクター面で最高だ。”とガボン人を表し、ゲッツェに関しては“ゲッツェはまだ道の途中だが、かなり進んでいる。”とカムバックに対して喜んでいる。








以上です。

せっかくプリシチが優勝を目指す、とやる気をみせているにも関わらず、相変わらずのヴァツケの発言でした。

やはり彼のこの発言にはファンとしては多少気持ちが萎えますね。

まあバイエルンは今のところ負けっぱなしですから、シーズンどうなるか非常に興味深いですね。チャンスがあるとしたらやはり今シーズンのような気もしますが・・。まあテストマッチで勝てていないのはドルトムントも同じですな。



[ 2017/08/02 19:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(24)
またか……
[ 2017/08/02 19:44 ] [ 編集 ]
いつもながらぐんにょりさせてくれますねヴァツケは。
新指揮官にプレッシャーを与えたくないっていうのはわかりますが
そういうのはボスと一対一の時に言えば良いことだと思います。
[ 2017/08/02 19:49 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンが断ったようにヴァツケがいる限り、国内の有望な監督は就任してくれなさそうですね。優勝目指したいのに求める選手の補強もできず若手ばかり持ってくるのであれば尚更やりたい人はなかなかいないでしょうね
[ 2017/08/02 20:00 ] [ 編集 ]
 監督のプレッシャーを緩和させる目的ですから、良いんじゃないですか。監督が言ったらまずい発言ですけど、ボシュ監督はタイトル獲得の可能性を見出していると思います。

 バイエルンは主力選手が世代交代の谷間に入っています。ゲームメイクを担っていたラームとアロンソが引退、リベリとロッベンは運動量が落ちている。付け入る隙があるかもしれない。
[ 2017/08/02 20:13 ] [ 編集 ]
株価の影響を考えての発言は相変わらずですね

内心はポカール祝勝会でのスピーチでもありましたが、チャンスがあればバイエルンを出し抜きたいと考えているといった所でしょう

もちろんチャンスというのはバイエルンの不調を意味します
[ 2017/08/02 20:25 ] [ 編集 ]
バイエルンもドルトムントも今期のリーグ優勝は無理でしょうね
それは両方のサポも感じていると思います
本命はライプチヒかな
[ 2017/08/02 20:32 ] [ 編集 ]
選手やファンの言葉と違い、ヴァツケの発言は重いですから...ヴァツケが優勝を目指すと発言してそうならなかったら、監督の進退が問われる。
監督や選手に過度のプレッシャーをかけない配慮でしょう。
[ 2017/08/02 20:40 ] [ 編集 ]
立派な夏の風物詩になりましたね
チャレンジャーらしさはまるでなく、謙虚とは違うこの姿勢
ピッチで戦う選手は同じように思ってないと思いますけどね
[ 2017/08/02 21:21 ] [ 編集 ]
幹部のスタンスとしてはいいのでは?
これがミランとかインテルみたいに会長が代わって、「こんだけつぎ込んでんだから結果出せるだろうな?」くらいに見えると選手もプレッシャーあるし、出来ないときも責任感じるだろうし。
[ 2017/08/02 22:11 ] [ 編集 ]
ドルトムントはエスパニョール、アタランタに負け。
バイエルンもミラン、リバプールにボロ負け。

セリエ、フランスは、復権または注目を浴びること間違いなし。
ブンデスリーガが心配でなりません。
[ 2017/08/02 22:16 ] [ 編集 ]
別に今頃レヴァフンメルスムヒタリアンギュンドアンが残っていたら余裕で優勝できていますよ まあできないし残せないのは借金企業クラブドルトムントの宿命なのでしょうがないですし、バイエルンにそんな勝てないしドルトムントはいつか優勝するだろうというヴァツケの発言は分からなくもないです でも、いつまでもそんな発言してたら金があっても成り上がる気満々のデンベレはともかく見限られてプリシッチやゲレイロやヴァイグルに逃げられると思います
[ 2017/08/02 22:44 ] [ 編集 ]
アーセナルのイメージとかぶる。
大きなリスクは取らずにCL安定の堅実経営。
メガクラブのような選手の買い方使い方はファンも望まないだろうししょうがないかもねえ、、
[ 2017/08/02 23:16 ] [ 編集 ]
もちろん株価と監督への配慮です。毎度のことですね。結局は連覇するシーズンもさすがにそれは無理だろうと言ってプレッシャーを軽減していました。本当に士気が落ちるのは、トゥヘルの時のように監督が言ってしまった時。ファンクラブはいつでもどこでも私服で飛んできてくれるヴァツケを信頼していますよ。
[ 2017/08/03 00:37 ] [ 編集 ]
一年目の監督がいるのに優勝狙うなんて言えないだろう
自分から世論を動かして監督に余計なプレッシャー掛ける意味は一つもない
[ 2017/08/03 01:00 ] [ 編集 ]
いろいろと思惑があるかもしれませんが……ガッカリです
[ 2017/08/03 01:13 ] [ 編集 ]
今期のクロップに意気込みを聞かしてやりたい
       ↓
クロップ監督は新シーズンに向けたコメントとして、「優勝を目指してプレーするよ。なんの大志も抱かずにシーズンを始めるようなことはしない」と宣言。
[ 2017/08/03 03:26 ] [ 編集 ]
獲得できる予算もなく若手を買うのが経営的に正解でしょうし、監督が代わったばかり、しかも円満退任とは言えない内紛もあった年に、いきなり優勝を、と本気で言ってたら、わたしはヴァツケさん、気が確かかな?って感じますよ。普通に正直に言って、ヴァツケの言う通り、いつか、はあるけど今年じゃない。
いつか、を呼び寄せるには健全経営していかなきゃね。
即戦力としてガンガン高級とりを買うとまた、破産です。
[ 2017/08/03 08:07 ] [ 編集 ]
いいんじゃないですか。
シーズン前はリラックスしているコトが何より重要。変に肩肘を張らなくてもいいと思います。時期がくれば自ずと頂点を目指すと思いますよ。
それが勝負の世界で生きている人の本能ですから。
前任の監督は肝心な場面で逃げてましたからね。
急がば回れ、目的地へ直線的に行く時期ではないと言うコトじゃないですかね。
前任の監督就任から殆んど手が付けられていない中盤以後の守備面をボシュ監督がどう手を付け構築するのかが一番の査定ポイントだと個人的には考えています。
華やかな攻撃面ばかりに目をやるサポには正直ウンザリしていますが、課題の1つはハッキリしているのでボシュ監督にはどうにか改善策を講じて欲しいですね。
[ 2017/08/03 09:30 ] [ 編集 ]
アンチェが毎度PSM弱いことも知らずに今期は無理とか何言ってんだ
マドリー時代にPSM全敗してるっての
何の当てにもならん
[ 2017/08/03 16:09 ] [ 編集 ]
フロントがどう思ってるかはともかくドルサポは厳しい目を向けると思うよ監督にも選手にもフロントにも、地元紙のアンケでトゥヘル解任反対が多数だったから
それで解任したならちゃんと結果だすんだよなってスタンスのサポがかなり多い
[ 2017/08/03 20:02 ] [ 編集 ]
今年こそチャンスじゃないんかーい!

でも言葉より行動ですわな。移籍市場もまだまだ動きそうだし。
[ 2017/08/04 05:44 ] [ 編集 ]
仮にも組織のトップが開幕前から白旗をあげるような発言をするべきじゃない。プレッシャーかけたくないと甘い事言って、負けてもしかたがないのびのびやろうぜ、で結果がでるわけがない。相手はプレッシャーを乗り越えて結果を出し続けている常勝軍団。資金力や戦力で勝てないのは仕方がないが戦う前からこれじゃね。まぁ10年間で1・2度優勝出来れば御の字っていうクラブだから仕方がないか。
[ 2017/08/04 10:53 ] [ 編集 ]
なんでドルサポが厳しい目をしてるんですか? 私は新しいドルトムントの試合が楽しみですよ。怪我人が多い一年目なのですから、大目にみるのが正しい姿勢ではないでしょうか? 今季は移籍金も控えめでしたし、若返りをはかっていることもみてとれます。実際作季は順位を落としてるんですからテコ入れが必要ですし、CLやカップ戦の戦いぶりでは混迷がみてとれましたから、建て直しの1年とみています。
[ 2017/08/04 13:01 ] [ 編集 ]
昨季もやっぱりプレシーズンに腰がガクッと抜ける様な白旗あげる発言してたよねぇ、お爺ちゃんは。 
言わなくてもイイでしょ(汗
[ 2017/08/04 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。