ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントSDツォルク!選手放出とチームの縮小を明言!《ドイツの反応》




【Sport1】



ミヒャエル・ツォルク、チームの縮小を明言!




entry_img_1764.jpg

スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは、新シーズンに向けてさらなる放出を明言した。またゲッツェに対しては賛辞の言葉を送っている。


スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは、あと数週間でチームを縮小つもりである事を語った。


スポンサーリンク



“8月終わりまでに何人かの選手が去ることになれば良いだろうね。スカッドはどちらかと言えば大きすぎるからね。”とツォルクはBVBトタールのインタビューで語っている。


また、この54歳は代謝障害で離脱していたマリオ・ゲッツェのカムバックを特に喜んでいる。



“彼はとてもやる気に満ちているよ。彼がまたフィールド上で力を発揮することを願っているよ。彼の状態が良ければ、彼はチームに特別なクオリティーを与えてくれるだろう。”とツォルクは語った。



また新監督ボシュが、戦術をまだ完ぺきに伝えられていないことに関しては落ち着いてみている。



“まだ準備の段階だね。まずはペーター・ボシュが何を要求しているのか100%理解しなければならないよ。”と語った。



土曜日にはスーパーカップでバイエルンと対戦するが、ツォルクはこの試合を“特別な試合”と語った。








以上です。

ここまで放出をはっきり明言するのも珍しいですね。しかもBVBトタールのインタビューなので、あえて内部からこのメッセージを配信した事になります。

さていよいよ公式戦がスタートしますね。明日は誰が先発するか楽しみですが、香川選手の出場はもう少し先になるような気がします。まずは6日と13日に予定されているテストマッチあたりからでしょうか。




【おまけ今日のドイツ】

20170805013235e94.jpg

久しぶりの、おまけです。
2016年2ユーロコインのドイツ版が手に入りました。
ドレスデンのツヴィンガー宮殿のデザインです。

[ 2017/08/05 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(19)
モルとパクが去るのは確定でしょうか。
本来であれば放出したかったであろう選手も、負傷者などとの兼ね合いで複雑になってますね…
たとえばローデ、パスラックなんかはそうでしょう。
あとは、シュールレやスボティッチなども、第2節までにスタメンを取れなかった場合、どう決断をするかですね。
[ 2017/08/05 06:22 ] [ 編集 ]
本来は売れる予定や整理されてたはずだった選手も居ただろうし
昨季から特にMF過多でしたからね、前半怪我人多くて助かった点はありましたが
肩の脱臼は2~3週間ぐらいから2ヶ月ほど掛かるケースがあるみたいですね
練習ではプレーしてたしスーパーカップの後半から出てくるのではと個人的に思ってます
[ 2017/08/05 06:37 ] [ 編集 ]
香川に関してはゆっくり調整させているんでしょうね。練習には出ているので戦術は学ぶことは出来るし焦る必要はないと思います。香川の存在が必要なのは明らかですからね。まずはコンディションを万全に上げて行く事が大事。
[ 2017/08/05 08:34 ] [ 編集 ]
シュールレ残るの?
そのまえに中盤が多すぎか
[ 2017/08/05 08:37 ] [ 編集 ]
穿った見方をすれば、いま移籍話が来ている選手は容認するよと言っているようですね。
“何人かの選手が去ることになれば良いだろうね”という言葉はオバメヤンの残留が確定したことに対する安堵感も入っているような気がしました。
BVBの苦しい時期から脱出し優勝できた成功の代名詞のような選手である香川の残留も手助けしたのは想像に難しくないかと思います。

何と言いましょうか、ボシュ監督のサッカーは基礎作りに時間を要するのは周知の事実のようですね。ドルサポの我慢がどこまで続くのかは解りませんが、個人的には方向性は間違っていないような気がします。
対アタランタ戦はサブ組を主体にしたチーム構成で守備の甘さは出ましたが、ある程度はボール保持もよく出来ていたのはボシュ監督の意識が選手にあったからだと思いたいですね。
仕上げの下手さは致し方ないかと思いますが。
この後のテストマッチで主力組が出てきた時にサブ組で見せた意識が感じられるかどうかだと思います。
目先の派手さに惑わされずに安易な近道を選択せずにチームとして戦えるのかが個人的には興味があります。
評価はそれからでしょうか、軽率に結論を急ぐ必要はないかと思います。
[ 2017/08/05 09:12 ] [ 編集 ]
パクとモルは移籍でしょうね。怪我と発表されていますが、PSMであまり良くなかったシュールレ、そしてドゥルムも実は移籍先を探しているのではないかと思っています。ローデとパスラックはフロントとしては放出したいのは?怪我人の復帰や新戦力の出来次第かと。

香川は復帰までまだ時間がかかりそうですね。練習を見ても右腕に比べて左腕を動かしていませんので。7日は無理でも12日の練習試合に出れれば良いですが。
[ 2017/08/05 11:03 ] [ 編集 ]
香川出るだろ?
カヤック漕いでたし普通に練習もしてたよ?
コンディション調整中なんかな?
[ 2017/08/05 11:13 ] [ 編集 ]
ドルトムント首脳陣は、クラブの未来をどの様に描いているんでしょうね。
確かに観客動員数や収支、財産的な価値はベスト10に入るとは思いますがマドリーやバルサ、両マンチェスターやチェルシーバイエルンのトップが当分優勝は諦めるなどと言えば大問題になると思いますし、決して許されないでしょう。
ドルトムントの場合、(破産寸前の過去を持つにしても)サポーターも普通にヴァツケの言葉を容認している感が有ります。
安く仕入れて高く売る形を、この先も続けるのでしょうか?中堅クラブのメンタリティーを続けるのでしょうか?
人員整理をいまだに言っている所に、旧型の在庫整理を如何に黒字で焼却するか語る商売人の匂いが漂います。
デンベレやヴァイグルも売るでしょう。ワクワクしたサッカーで高みを目指すのを見る事は当分無いのかな〜。
満員のホームに出場出来て、欧州の舞台も経験出来てマスコミの注目も浴び、ビッククラブへの足掛かりとなるドルトムントには今後も優秀な若手が集まる事でしょう。何人かは栄光の道へ、何人かは埋もれて出場機会すら得る事なく在庫に・・実力社会だから仕方ない事ですが、選手が腰掛け的に根付かないクラブは、監督も苦労すると思いますし、選手間のコミニュケーション、戦術的な絡みも馴染むまも無いと思います。ブンデスの優勝やCL優勝を果たすなんて事は、甘いものじゃあなく夢のまた夢だと思います。
[ 2017/08/05 11:22 ] [ 編集 ]
人員過剰で選手削減もいいけど、1000万ユーロ以上する選手はもう取って欲しくないね。結局このチームで活躍できたのは下から上がってきた選手かバーゲン価格でとってきた選手ばかりだもんね。外から来た選手はクラブに独自のスタイルがあるのでなまじ実績があるとかえって馴染みにくいんだろうね。これからは貯金に励んで下さいだね。
[ 2017/08/05 13:17 ] [ 編集 ]
 現在のファーストチームが30人前後かな。リーグとCLを戦うクラブとしては特別多いとは思わない。
 プレー機会を要求している子や才能がありすぎる子が移籍しそうですから、放出に関してサポーターに理解を求めているのかもね。
[ 2017/08/05 13:59 ] [ 編集 ]
インモービレ(1850万€)、シュールレ(3000万€)、ゲッツェ(2600万€+ボーナス)、ローデ(1000~1500万€)などは確かにドル基準では高額な移籍金の割りに見合った働きを出来てない
一方でロイス(1700万€)、オーバメヤン(1300万€)、ムヒタリアン(2500~2750万€)、デンベレ(1500万€)など1000万€以上でも成功してる選手はいる
そもそも1000万€以下なんて縛りをつけてもただ可能性が狭まるだけで、強豪クラブのドルがするべきことではない
[ 2017/08/05 18:32 ] [ 編集 ]
昨シーズンからすでに人員は過剰だったが、トゥヘルの日替わりフォーメーション&スタメンでそれなりにまんべんなく出れたから、不満を持つ選手が少なかったと思うが、この日替わりスタメンこそ問題視されている事だったし、ボシュはスタメン固定型だと聞いているから、出れない選手が多数になれば不満も多くなり雰囲気も悪くなってしまう。自分が2番手なら頑張れると思うけど、3,4番手以下なら頑張る気さえ起きないよ。だから人員削減は仕方ない事でしょうね。

サッカー選手の寿命は短いから、出れるクラブに行くべきだし、2チーム分位の人数(24~26人程度)が最適だと思うよ。まあ、そのほかはもっと若い有望選手をドルトムント2で育てて、普段はそちらで出場、緊急事態や合宿には合流って感じがベスト。
[ 2017/08/05 21:58 ] [ 編集 ]
パスラック放出したいって言ってる人、何もドルトムントのこと知らなさそうだね。
正直、使われてる割に全く成長してないのは事実だけどユース上がりな希少な人材だよ。
それにSBは残念ながら層が厚そうで実はそうじゃなくなってるし今の年齢で見切りをつけるなんてとんでもないなぁ。
[ 2017/08/05 22:03 ] [ 編集 ]
パスラック出しちゃうと右SBがドゥルムだけになってしまうのでは?
[ 2017/08/06 02:59 ] [ 編集 ]
パスラック放出は確かに有り得ない。
[ 2017/08/06 03:00 ] [ 編集 ]
22:03さん、パスラックはユース上がりですが、フロントのパスラックへの期待も昨シーズンに比べて下がっているように感じてましたので、放出したいのではと書いたまでです。怪我人の復帰や新戦力の出来次第ですが。パスラックは右SBが本職とはいえ左SBもできますが、ボシュはザガドゥを左SBで起用していますしね。8月末まで右SBは補強に動くかもしれませんし、個人的にはベステの方がポテンシャルを感じますので、ベステを右で育成してとも思います。スクデリに期待していたので大怪我は残念でした。
[ 2017/08/06 08:54 ] [ 編集 ]
11:22さん

ドルトムントは資産価値ランク12位で900億円ほどです。

>マドリーやバルサ、両マンチェスターやチェルシーバイエルンのトップが当分優勝は諦めるなどと言えば大問題になると思います

対してこちらのクラブはチェルシーやシティで2000億円強、ユナイテッドやレアル、バルサ、バイエルンで資産価値3000億円〜4000億円でドルトムントの3〜4倍の規模です。
ユナイテッドはCLにも出れないのに320億円の利益があります。
どれくらいすごいかと言うとバルサとレアルを合わせてもユナイテッド1チームより少ないです。

よくドルトムントは育てて売るクラブと皮肉られますが、資産価値ランク1〜4位のメガクラブやオイルマネーのシティ、PSGなど巨額の資金があるクラブとの差は歴然なんです。
これら数クラブ以外は「育てて売るクラブ」とも言えますよね。他のクラブはドルトムントのように頻繁に育てられないから高く売れないんですが。

またドルトムント自体は経営危機から脱しました。
年々選手総年俸も上がっていますし獲得する選手の移籍金も上がってます。
世間では1億ユーロ、2億ユーロなど話題ですがブンデス最高額は4000万ユーロだったと思います。
ドルトムントは3000万ユーロあたりまでは獲得に使っていますのでブンデスのクラブの中では育てて売るクラブではありません。

経営陣はいずれトップクラブに並ぶことを目標にアジアツアーなどもやっています。
現時点で資産価値が3〜4倍違うので比べるのは酷ですね。
今のところはアトレティコと同等といったところですよ。
[ 2017/08/06 10:51 ] [ 編集 ]
パスラックはSBが本職ではないです。
ユースではMFでした。
トップ昇格してコンバートされたのかもしれませんが、まだ成長の予兆はあるはずです。
[ 2017/08/06 21:54 ] [ 編集 ]
パスラックは放出候補でしたよ。
ちゃんと記事に出ていましたから、読んで下さいね。
ゲレイロに加えてシュメルツァーが怪我をしたので、急遽ストップが掛かったのです。
それから現代のSBは、もはやゲームメイクが出来ないと論外な時代に入って来ています。
ポゼッションスタイルのドルトムントに、パスラックをSBで起用しなければならないことが、どれだけ絶望か考えてみて欲しいです。
[ 2017/08/08 06:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。