ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBオバメヤン!冬の中国行の可能性を否定せず!《ドイツの反応》




Sport.de


BVBオバメヤン!冬の中国行の可能性を否定せず!


entry_img_1767.jpg



ボルシア・ドルトムントのストライカー、ピエール・エメリック・オバメヤンはこの冬の中国行の可能性を否定しなかった。“将来何が起こるかは誰にも言えないよ。”と彼はヴェルト日曜版のインタビューで語っている。

彼は、夏に移籍の希望をクラブに伝えていた。“僕は自分の希望を伝えたんだ。別なことを試してみたいとね。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ、そしてミヒャエル・ツォルクとの話し合いはオープンで正直なものだったと思う。”と彼は語った。

スポンサーリンク



彼は中国からのオファーを受けたようだが、移籍には至らなかった。“中国のクラブにとってBVBに(BVBに要求する)オファーを提示するのに苦労していたみたいだね。”とガボン人は語る。“まだ中国ではヨーロッパと比べてそこまで物事の手順が整っていないんだ。”


特に中国人のやりとりはオバメヤンを混乱させたようだ。“僕はアントニー・モデストのニュースを聞いていたよ。僕ははっきりした事が好きなんだ。でも、そこで起こっていることは全然そうではなかったね。”



モデストはこの夏、こうした嘆かわしいやり取りの末ケルンから中国へと移籍している。



このドルトムントのストライカーはこうも語っている。“このような巨額のオファーを受けたら考えるのは当然の事だと思うよ。でも僕を欲しがっているクラブがそれを実現することができなかったんだ。”


さらに、昨シーズンの得点王はドルトムントに残ることができて嬉しいと語っている。“僕は、神と運命を信じているんだ。ここに残る事になったのには何か意味があるんだ。僕はここが好きだし、ドルトムントは故郷のように感じているよ。”



このガボン人は今シーズンの優勝を可能だと考えている。“もちろんバイエルンが他のどのクラブより大きな可能性を持っていることは事実だよ。でも基本的にはポジティブに考えている。もちろん優勝する約束はできないけれど、トライすることは可能だ。”





以上です。

やはり中国移籍も本気で考えていたようですね。

ポドルスキーは、中国移籍は代理人が間に10人も入っており、その給料がもらえることはない、と語っていました。実際中国で何が起こっているか分かりませんが、そのような事例は実際にあるのではないかと思いますね。それとは別に、中国には給料を支払った証明書を提示しないとライセンスはく奪の危機にあるクラブも多いようですね。


クラブ側は速攻で冬の移籍の可能性を否定していましたから、大丈夫だと思いますが・・・。少し心配ですね。

[ 2017/08/06 19:53 ] オバメヤン | TB(-) | CM(12)
オバメって親族の面倒みてるパターンでしたっけ?中の人は単純にフランス人
ですが、その辺がめんどくさそう
[ 2017/08/06 20:41 ] [ 編集 ]
中国は外国人選手の移籍金に対して100%の関税をかけたので移籍は成立しないんではないでしょうか
ただ、別の話になりますが、ポドルスキは選手視点で中国移籍のリスクを語っていましたが、クラブにとっても移籍金の支払いがちゃんと行われるのかというリスクがあります
なので仮に移籍するにしても、欧州移籍市場での信用や経済基盤のしっかりしたクラブに行って欲しいですね(もちろんバイエルン以外で!)
[ 2017/08/06 22:24 ] [ 編集 ]
オバメはいい選手だけど、もう"コイツ"で十分だね。
コイツの言うことは信用ならない。
故郷、神、運命だと・・・?

だけどもう1度言いたい。いい選手だ。
それとバイエルンに行かない事は評価できる。(ライバルクラブに行かないのは当たり前だが、前例がひどすぎたからね・・・。)
[ 2017/08/06 23:55 ] [ 編集 ]
中国移籍に関しては今までも給料未払などが問題になっているのに
それでもまだ行こうとする選手が後をたたないことに驚く。

貧しい国の貧しい家庭の子供が、音楽やスポーツで大金を稼ぐようになると
一族郎党や友人まで経済的面倒を見ているという話はよくあるけれど
そういう環境にいると100億などという大金を提示されたら
何も考えられずに行きたい!って思ってしまうものなのかな?
一般人には到底理解できないけど。

オバはおじいちゃんの願いでマドリーに行くのが夢とか言ってたのに
例え給料がきちんと払われたとしてもたった1年契約だとしても
せっかく今まで培ってきた素晴らしいキャリアと才能を
中国レベルのサッカーに埋もれさせてしまうには
あまりにもったいないし愚かすぎる。



[ 2017/08/07 02:46 ] [ 編集 ]
結局、中国以外からオファーがなかったんでしょうね。
ブンデスリーガの得点王が…悲しいです。
やはりレバンドフスキと比べたら数段は落ちますからね。
スーパーカップでもゴール以外は消えてましたし、レバンドフスキとの存在感の差は物凄いものがありました。
本人の表情も、ゴール決めるまで引きつってましたし…
[ 2017/08/07 03:04 ] [ 編集 ]
>クラブにとっても移籍金の支払いがちゃんと行われるのかというリスクがあります

いくら中国を批判したいからって給料未払いと違って一度だってそんな話は出たことないんですからいい加減なことを想像で書くのは控えたほうがよろしいのでは?そもそも中国に移籍する場合、移籍金ってそこまで高くないですよ。給料であり得ない値段を提示して釣るわけですが、今季はオスカルを除けば欧州の適正額より少し上かなって印象のものばかりです。クラブとしては欧州のチームより安ければ売るメリットはないわけですからね。
[ 2017/08/07 03:41 ] [ 編集 ]
中国は提示額通りに支払われるかどうか分かりませんから
古くは香川の同僚だったバリオス、現在はテベスが提示額通り支払われずにトラブルになっていますね
要注意なリーグだと思います
[ 2017/08/07 03:44 ] [ 編集 ]
欧州だって異常な大金がバンバン動いてるのに、中国だけを批判など、恥ずかしくてできませんよ。
[ 2017/08/07 07:42 ] [ 編集 ]
>2017/08/07 03:41
いい加減な想像と言ってるが現実に給与未払いがリーグ全体で問題になってますよね
大切なのは一度は合意して結んだ契約を契約どおりの内容で履行してくれる相手かどうかということです
そして契約を反故にする相手の信用が低くなるのは当然です

それに中国への移籍金は高くないとあるがオバメヤンをヴァツケは安売りしないはずなので低移籍金・超高給料型の移籍は成立しないでしょう
なら移籍金そのものが5000~7000万ユーロ程度になるとして、中国へ移籍する場合は関税を含めて1億~1億4000万ユーロの支払いが買い手クラブに発生するわけですがこれは十分高額です
ここにオバメヤンへの給料が契約年数×3000万ユーロ上乗せされるわけですがこうなると天文学的金額です
これだけ莫大な金額が動くとなれば、支払い能力の限界を超えてしまうことや相手に踏み倒したいと思わせてしまうことも有り得るので、相手を厳しい目で審査するのは当然のことでしょう
[ 2017/08/07 09:09 ] [ 編集 ]
ミランもインテルも中国資本ですからね。
もはや中国や中東は、サッカー界にとって欠かせない存在となっている。
[ 2017/08/07 19:11 ] [ 編集 ]
2017/08/07 09:09

ん?私は「移籍金の支払いがちゃんと行われるのかというリスクがあります」この部分について今まで一度もありもしないものまで捏造して批判の対象にすることを指摘しただけです。推測で批判って今のネット社会で致命的すぎますよ。給料未払いとは全く関係ないですよね。
[ 2017/08/08 00:52 ] [ 編集 ]
移籍金の未払いなんてありましたっけ? 選手の給料未払いはニュースでみましたが。中国の場合は、分割拒否で一括支払いで取引するんじゃないですかね。
それに移籍金の未払いをしたら欧州クラブから総スカンくらっちゃいますからしないのではないでしょうか。
[ 2017/08/08 10:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。