ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン!再びドルトムント弱体化を狙う?香川発見スカウト部長獲得に動く!《ドイツの反応》




南ドイツ新聞】

バイエルン、再びドルトムントを弱らせるつもり


entry_img_1770.jpg


スヴェン・ミスリンタートをサッカー界でもっとも興味深い男として機関は、ブロンドと茶色がかった眉毛の下についている。ミスリンタートはその目で最初にレヴァンドフスキー、オバメヤン、そして香川真司の才能を見極めたのだ。そしてその選手をすべてボルシア・ドルトムントで獲得した。それ以来、ミスリンタートの目はダイヤモンドの目と呼ばれている。

スポンサーリンク


ミスリンタートはすでにスカウトとして10年以上働いており、現在ではプロサッカー部門の部長を務めている。彼がスカッドを計画しているのだ。しかし今週にはいってから、彼が後どれくらいドルトムントに残るのかが急に話題になり始めた。なぜならバイエルンがミスリンタートの獲得を考えているからだ。いずれにせよミスリンタートも移籍について考えているとはどこも報道していない。ミュンヘンからは、ミヒャエル・レシュケ(スカッド計画者)がシュトゥットガルトのボスとして移籍していったのだ。


アンチェロッティは、これまでのスカッド計画者を褒める発言をしている。“昨シーズンと比べて良くなったよ。”と彼はガゼッタ・デッロ・スポルトで語ったが、その背景には彼の希望であったハメス・ロドリゲスの移籍が成功した事が挙げられる。しかし当然レシュケがかかわった移籍もあり、アンチェロッティはそれにも満足しているようだ。


そういう状況なので、あたらしいスカッド計画者としては当然ミスリンタートもふさわしい存在として名が挙がった。ミスリンタートはレシュケのように国際的なネットワークを有しており、さらに自分のポジションが話題になる事を避けるという点でも共通している。ミスリンタートはバイエルンの新SDハサン・サリハミジチの存在感を削ぐことなく、彼を支えるには適任という事だ。さらにビルトの情報によると、ミスリンタートはウリ・ヘーネスの希望でもあるようだ。



しかしドルトムントは、ミスリンタートを引き離す気は全くない。ミヒャエル・ツォルクはミスリンタートを信頼しており、これまでにも多くあったミスリンタートへのオファーをすべて断っている。例えば最近ではフォルトゥーナ・デュッセルドルフだ。



またドルトムントのボスたちは、ミスリンタートをいかに評価しているかという事を示している。ミスリンタートはトーマス・トゥヘルは移籍をめぐって争い、トゥヘルは彼をトレーニング場出入り禁止にした。しかし、BVBはスカウト部長からプロサッカー部門の部長へと昇進させたのだ。


もしミスリンタートがバイエルンでのレシュケのポジションにつかなければ、それはただウリ・ヘーネスが騒いだだけで済む話だ。しかしもしミスリンタートがバイエルンイ移籍したら、いくつかの結果がついて回るだろう。ドルトムントは移籍において最も重要な男を失い、その反面バイエルンはすべてのリーガを掌握しているスカッド計画者を有することになる。でもミスリンタートはもしかしたら密かに、アンチェロッティの後にトーマス・トゥヘルが監督に就任する可能性も考えているかもしれない・・。







以上です。

他のチームから誰かを欲しい事を匂わせるのは、ウリ・ヘーネスのいつもの手口ですね。これまでもゲッツェがそうしてバイエルンに行ったわけですが、ミスリンタートだけはなんとしてもドルトムントに留めなければなりません。

昨シーズンクラブ幹部が彼を昇進させた事が効いてくると良いのですが・・。

[ 2017/08/08 07:33 ] バイエルン | TB(-) | CM(15)
これまでの信頼関係の構築が上手くいっていれば稀有の心配だと思います。
ただ、プロとしては自分をより高く評価してくれる所へ進むのもまた途の一つだとも思います。
果たして彼がどう判断するのでしょうね。バイエルンでなくともBVBで新たな契約を結ぶという方法もあるとは思いますがね。
ただ、選手と同じような駆け引きはしないで欲しいものです。
[ 2017/08/08 09:38 ] [ 編集 ]
バイヤンは強くいるためにリーグ最大の難関であるドルを弱体化したがって引き抜きしまくってるけど今のCLでもBチームのみでもよわよわしく負けまくってるのってリーグ内のクラブを一定以下に保って楽に勝とうとしてるせいだろ?そもそも香川とかを発見したようなスカウト引き抜いたって連れてこられた選手の芽は自分らが出さないと意味がないんだよ?若くていい選手みんな駄目にしてドルばっかりを羨んでも何もならない
[ 2017/08/08 09:59 ] [ 編集 ]
かと言って若手をチーム構成考えず偏って多く獲得したおかげでドルトムントは少し変な選手層になったよね

大事なのはミスリンタートの神の眼だけではなく、有能な監督とフロントが一体となった「長期プロジェクト」が最重要

現状のチーム構成の分析
ポジション毎の選手の評価から将来への補強
有望な若手選手の育成
もちろん監督への評価

一番やってはならないのが無差別な選手のパニックバイ
数撃ちゃ当たるみたいなやり方は無駄なチーム内競争(競争自体は必要だけど)と、戦術的一体感の減少と混乱を引き起こす

クロップ時代は長期プロジェクトがあり、当然修正しながらも合理的なチーム構築してたからね
トゥヘルともそういうプロジェクトを作り始めただろうけど、恐らくはトゥヘルは自分の意のままにしたかったんでしょうね
全権掌握監督になりたかったと言い換えたら分かりやすいかな
ミスリンタートとぶつかったのもそういう背景かなと

結果プロジェクトも早々に頓挫してトゥヘルは解任
フンメルスも去り、新たな仕切り直しでボシュとプロジェクト再構築スタートということではないでしょうか?

ミスリンタートがどういう人物かは良く知りませんが、クラブの実力は単純に選手監督だけで決まらないですからね
上位クラブほどフロントの人材が重要だと思います
彼もいずれはどこかのクラブのSDやトップをやる人材なんでしょうね(これは個人の野心次第ですが)
ドルトムントとしては将来より高い立場を考えるべきなのかな
例えばヴァツケがオブザーバー的立場に勇退をしたらツォルクがトップでミスリンタートがSDとかね

[ 2017/08/08 10:13 ] [ 編集 ]
 ウリ・ヘーネスはもう一度、塀の中を安住の地とすべきだ。それがドイツフットボール界の為になる。
[ 2017/08/08 11:47 ] [ 編集 ]
彼が居なくなったら、ここ数年強豪として認識されてきたBVBも終わりですからね。怖いブラフですねぇ・・ BVBフロントがトゥヘルをぶった切ってまで自分を守ってくれたことは流石に効いてるでしょ~;;
 
[ 2017/08/08 12:18 ] [ 編集 ]
これこそドルトムントを揺るがす事件ですよね。どれだけタレントを奪われても次の選手を発掘できてたから何とかドルトムントは踏み留まってるわけですし。
[ 2017/08/08 13:42 ] [ 編集 ]
トゥヘル氏と距離を置かせる為のポスト変えとは言え、昇格させているし、のちに続投ラインをクリアしてたトゥヘルを解雇。日本ならよもやライバル社に転職はあり得ない状況かと思うがドイツの文化としてはどうなんでしょう。
[ 2017/08/08 14:52 ] [ 編集 ]
ええええ。トゥヘルが練習場立ち入り禁止してた人ですよね?
ドルはトゥヘル切って、スカウト取ったんだから行かないで―
[ 2017/08/08 16:11 ] [ 編集 ]
バイエルンマジで嫌い
[ 2017/08/08 17:11 ] [ 編集 ]
しかしプレシーズンマッチを見てると、お互いにボロボロで、チャンピオンズリーグ(国際試合)がヤバそうですね…
ラームとアロンソが引退したバイエルンは、崩壊しそうな気がします。(ブンデスでは優勝できても)


〜バイエルン〜
VS ホッフェンハイム 1-0 ◯
VS ブレーメン 2-0 ◯
VS アーセナル 1-1 (PK2-3) ●
VS ミラン 0-4 ●
VS チェルシー 3-2 ◯
VS インテル 0-2 ●
VS リヴァプール 0-3 ●
VS ナポリ 0-2 ●
VS ドルトムント 2-2 (PK4-5) ◯


〜ドルトムント〜
VS エッセン(4部) 2-3 ●
VS 浦和レッズ 3-2 ◯
VS ミラン 3-1 ◯
VS ボーフム(2部) 2-2 △
VS エスパニョール 0-1 ●
VS アタランタ 0-1 ●
VS バイエルン 2-2 (PK4-5) ●
VS エアフルト(3部) 5-2 ◯
[ 2017/08/08 18:26 ] [ 編集 ]
ミスリンタトは有能だけれど、バイエルンには必要ない人材じゃないですか。

バイエルンは、即戦力じゃなければ在籍できないクラブで、しかも常に優勝が義務付けられてるから、原石発掘して、辛抱強く使う時間はない。監督を含めた長期計画なんて悠長なことは言ってられない。

香川は本当にまれで、初年度からすぐに活躍したけれど、今はワールドクラスの選手たちも、少なくとも1年目とかは控え(レバもオーバも)で様子見しながら育ててるから「ダイヤモンド」になっている。デンベレだって、バイエルンだったらあんなにロストしまくっていたら、スタメンで我慢強く使ってもらえるなんてことはなかったはず。

もし彼を引き抜きたいのが本当なら、それは、今度こそ本当にドルトムントの弱体化が目的に違いない。原石を見つけ、育て、高く売却は、それこそドルトムントの今のビジネスプランの大きな柱ですから。
[ 2017/08/08 18:41 ] [ 編集 ]
いい加減にしろよバイエルン。
[ 2017/08/09 01:59 ] [ 編集 ]
↑※バイエルンは、即戦力じゃなければ在籍できないクラブ
ミスリンタートは有能だけれど、バイエルンには必要ない人材じゃないですか。

方針転換で率先力もほしいけど若手発掘もし、
育て上げたいということなのかな?

ただドルの懐刀さえ引き抜いてしまえば
ドルはとても簡単に弱体化する。
それが本来の目的では?
[ 2017/08/09 03:15 ] [ 編集 ]
>のちに続投ラインをクリアしてたトゥヘルを解雇。

それを差し引いても問題が多すぎましたね。人格上の問題から複数の選手が出て行くと言い出すし、何よりも、フロントの希望で獲った選手を無視するだけでなく、トゥヘル自身の希望で獲った選手たち(パク、シュールレ、メリーノ、ローデなど)をほとんど使えなかった。シュールレなどは大変な高額でしたし、財政上の負担は目にあまるものがあったことでしょう。
[ 2017/08/09 22:50 ] [ 編集 ]
以前読んだ鹿島の強化部長について書いた本が面白かった
この人の仕事ぶりについても興味あるわ
本とかでないかな
[ 2017/08/10 02:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。